Home雑誌>2007年03月号(第4巻第3号)
Bionics2007年03月号

『Medical Bio』のホームページ
バックナンバー常備店
AD LINK
編集部宛メール
オーム社トップページ


最新号
バックナンバー


バックナンバー
2007年2月号
【特集】未来医療を実現するバイオ計測技術
● DNA解析技術● 網羅的タンパク質解析●1分子操作と計測● オミックブラウズ● バイオデバイス● 顕微質量分析装置
【解説】モーター分子は一本足で歩行する


2007年1月号
【特集】細胞感覚とセルセンサー
細胞膜フェロモンセンサー/細胞膜電位センサー/細胞膜電位センサー/細胞膜温度センサー
【よみがえる心臓】心臓の再生医療


2006年12月号
【特集】がん幹細胞と発がんのメカニズム
【科学エッセイ1】薬剤耐性化のなぞにせまる
─多剤排出トランスポーターの薬剤認識・排出機構
【科学エッセイ2】組換え植物による医薬品生産
─世界動向と日本の状況
【科学エッセイ3】ナノ粒子をめぐる健康リスク
─日本でも高まる警戒感
【特設】バイオフィルムを制御して,病原菌の耐性獲得を抑制

2006年11月号
【特集】神経と心の分子生物学
【科学エッセイ】高性能ライブイメージングによりゴルジ体におけるタンパク質輸送の大論争を解決
【よみがえる心臓】世界最小の人工心臓
【現場で役立つバイオイメージング】原子間力顕微鏡(応用編)

2006年10月号
【特集】ケミカルバイオロジー:タンパク質機能を調節する小分子の世界
【科学エッセイ】脳の高次機能をささえるアストロサイト:脳のなかの新しい風景
【現場で役立つバイオイメージング】原子間力顕微鏡(基礎編)

2006年9月号
【特集】生物時計:リズムを使った生体内コミュニケーション
【科学エッセイ】冬眠メカニズムを探る:将来は宇宙旅行への応用も
【科学エッセイ】哺乳類プロモーターの構造と進化:新しい「ブロード型」調節領域を発見
【よみがえる心臓】心臓病の子どもを救え
【現場で役立つバイオイメージング】光ピンセット(応用編)

2006年8月号
【特集】生命を運ぶ分子モーター
【科学エッセイ】デンドリマーを用いたドラッグデリバリキャリアの構築
【現場で役立つバイオイメージング】光ピンセット(基礎編)

2006年7月号

【特集】ナノテクの医療応用ナノメディシン
【科学エッセイ】脳神経科学とニューロエシックス
【よみがえる心臓】国産人工心臓,ヨーロッパへ
【現場で役立つバイオイメージング】細胞内蛍光1分子可視化法(応用編)

2006年6月号
【特集】タンパク質のかたちと病気
【科学エッセイ1】優良な農業品種を守り,育てる知財戦略
【科学エッセイ2】レトロトランスポゾンが胎盤をつくる
【特別企画・誌上対談】RNA医薬とドラッグデリバリーシステムの可能性
【現場で役立つバイオイメージング】細胞内蛍光1分子可視化法(基礎編)

2006年5月号
【特集】脳情報を利用するニューロインフォマティクス
【科学エッセイ】名馬ディープインパクトの強さの秘密
【よみがえる心臓】日本発,次世代型人工心臓EVAHEART
【現場で役立つバイオイメージング】全反射蛍光顕微鏡による1分子イメージング(応用編)

 ( >>さらに過去のバックナンバー )




定価1470円
<2007年03月号の見どころ>
2007年3月号 2月22日発売
定価1470円(本体1400円)

Special Issue【特集】
細胞死の生物学
─アポトーシスシグナルからみえてきた新しい生理機能

記事概要

@細胞死の新たな生体機能と調節機構
 …三浦正幸:東京大学大学院薬学系研究科
記事概要

Aストレスシグナルによるアポトーシス制御
 …入山高行 武田弘資 一條秀憲:東京大学大学院薬学系研究科
記事概要

BTGF-βによる細胞死制御と生理機構
 …大串雅俊 黒木俊介 米原 伸:京都大学大学院生命科学研究科
記事概要

C細胞死制御による脳の性差決定
 …木村賢一:北海道教育大学岩見沢校生物研究室
記事概要

D細胞を殺さない,カスパーゼの新機能
 …倉永英里奈 三浦正幸:東京大学大学院薬学系研究科遺伝学教室
記事概要

Eポリグルタミン病における神経変性機構
 …柴田 護:国立病院機構東京医療センター神経内科
記事概要


よみがえる心臓
日本の人工心臓を引っ張った男

 …東嶋和子:科学ジャーナリスト
記事概要


Mining Column1【科学エッセイ1】
アクチンフィラメント端の伸長制御機構
 …成田哲博:科学技術振興機構ERATO
記事概要


Mining Column2【科学エッセイ2】
マウス胚の左右軸形成過程に数理モデルで迫る
 …中村哲也:大阪大学大学院生命機能研究科
中口悦史:大阪大学大学院情報科学研究科

記事概要


Mining Column3【科学エッセイ3】
インスリンシグナルと学習記憶
 …飯野雄一 富岡征大:東京大学遺伝子実験施設
記事概要


News Review【ニュース】

@結核菌ワクチンのBCGがアレルギーを抑制

Aカエルの箱船─ツボカビ菌からカエルを守れ

B生物多様性インフォマティクスの創成とその可能性

C末梢血管障害の治療を可能にするRNAi製剤

D遺伝子組換え植物工場が稼動

E数字でみるニッポンの真実
─日本の教育はほんとうに荒廃したのか

FBioventure Watch
─生活改善を応援するサービスが急増中

GNPOサイコムの「科学技術政策」ここが焦点
─2007年度予算と科学技術のゆくえ


Topics Review【トピックス】

・抗がん作用, 免疫抑制作用をもつ血液細胞「HOZOT」

 …中村修治 木畑正義:株式会社林原生物化学研究所研究センター

Series Articles【連載】

新ミクログラフィア

腺房の海に浮かぶランゲルハンス島
 …牛木辰男:新潟大学教育研究院医歯学系顕微解剖学

ルポ・先端人

吉岡芳親氏( 岩手医科大学先端医療研究センター)
MRIで計測した深部体温の変化から脳の活動量をとらえる
 …斉藤勝司:サイエンスライター

石浦教授のEnjoy!生命科学

生命科学クロイツフェルトヤコブ病は輸血でうつる!
 …石浦章一:東京大学大学院総合文化研究科

研究者になるためのサイドメニュー

領域横断研究の悩み─脳には限界がある
 …和田昭允:理化学研究所 ゲノム科学総合研究センター特別顧問


DATABASE
Information


Book Shelf【書評】
『ヒトの進化』『 飛び道具の人類史』『 人間の尊厳と生命倫理・生命法』『 ゲノム進化を考える』


Cinema Bionics【映評】
『DOA/デッド・オア・アライブ』


なぜなぜバイオニクス
「からだ」のなかを見る技術でなにがわかるか?

Copyright © 1996-2017 Ohmsha, Ltd.  All Rights Reserved.