Home2016年版第一種電気工事士技能試験材料セットのご案内

2016年版第一種電気工事士技能試験材料セットのご案内

2016年12月20日

 ※『2017年版 第一種電気工事士技能試験材料セット』は、2017年5月下旬頃発売予定です。

毎年合格者続出の『2016年版 第一種電気工事士技能試験公表問題の合格解答』に準拠した技能試験練習用材料セットです。さまざまな受験者様のニーズに応えられるよう、各種セットをご用意しております。
受験者の皆さまの一発合格を心よりお祈りします。

このセットの
ポイント
・好評の『2016年版 第一種電気工事士技能試験公表問題の合格解答』に準拠した、候補問題全10問をひと通り練習するための材料セットです。
・器具は、練習後に取り外し再利用することを念頭においた数量でのご提供です(ただし、一部の器具については予備を加えた数量となります)。
・ケーブルは、全13問を回数分練習できる長さでのご提供です。

※器具の仕入れ状況により、下記の器具につきまして一覧PDF(2016d1set.pdf)の写真と外観等が異なる場合がございます。施工の方法は変わりませんので、そのままお使いいただきますようお願い致します。

『2016年版 第一種電気工事士技能試験材料セット』の器具・ケーブル等の名称、及びそれぞれの数量については、以下のPDFをご確認ください。
2016d1set.pdf(2016年版 第二種電気工事士技能試験材料セット内訳;PDF形式 約2.5MB)
一種電工
技能試験練習の
ポイント
★単線図、施工条件等より、複線図を正確に短時間で書けるようにします。実試験の施工条件に対応できる力が付くよう、関連する書籍等をよくお読みいただき、丸暗記ではなく仕組をよく理解して試験に臨みましょう。実際の電気工事にも役に立ちます。
★余裕を持って試験時間内に完成できるよう、不得意作業がなくなるようにします。1種類の作業を何度も集中的に練習するのもよいでしょう。
★試験問題の課題の寸法は、作品を上から見た寸法です。切断したケーブルの寸法が多少異なっても、ケーブルへのクセ付け等により、課題の寸法へ近付けることが可能です。クセ付けの練習もしておきましょう。
★実際の試験では作業ミスも発生するものです。そのときに役に立つのが「器具の再利用」技術です。すみやかに取り外せるように練習しておきましょう。
★絶縁被覆の剥ぎ取り寸法は書籍や指導者によって、20mmや30mmと幅があります。最終的には、リングスリーブの場合は余った心線を切断しますし、差込形コネクタの場合はストリップゲージに合わせて切断しますので、20mmから30mmの間でご自身のクセにあった長さにするとよいでしょう。
★作業時間短縮のため、はぎ取り等の長さは、目分量でも合うようにしておくとよいでしょう。

器具類の再利用
等について

・器具は、練習後取り外し、再利用をお願いします。
・器具は、実際の試験とはメーカ等が異なる場合があります。
・工具「マーベルMDK-17DXC」に付属の収納バッグは、ファスナー付バッグタイプです。
商品お受取り後
のお願い
 到着次第、練習開始前に、内容物をご確認ください。破損・不足等は弊社直販サービス課までご連絡ください。練習開始後はお受けできませんので、ご容赦ください。
発送予定
 受注後約2〜6営業日程度に発送します。
ご注文等の
お問い合わせ先
(大量注文、オーダーメイド含む)
 東京都千代田区神田錦町3-1
 株式会社オーム社直販サービス課
 FAX 03-3233-3440
 E-Mail