本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

Blender Advanced Guide

Blender Advanced Guide

  • 著者田﨑 進一斉藤 寛中村 達也
  • 定価4,180円 (本体3,800円+税)
  • 判型B5変
  • 376頁
  • ISBN978-4-274-06467-8
  • 発売日2003/11/20
  • 発行元オーム社

購入はこちら

書籍
常備書店一覧

お問合せ

オープンソースの高機能3DCG制作環境「Blender」の本格的解説書!

Blenderは、動画やゲームを制作できる統合型3DCG制作環境。オランダのNaN社が開発し、現在はBlender Foundationからオープンソースソフトウェアとして公開されている。対応プラットフォームはWindowsや、Linux、Mac OS XなどをはじめとするUnix系OS。
本書は、「Blender」でCG作品を制作するための、基本事項や制作のコツを紹介する、国内では数少ない解説書のひとつ。
■Chapter 1  インストールとセットアップ
1-1  Blenderの概要
1-2  ファイルフォーマット
1-3  Blenderのインストール
1-4  Blenderの起動と終了
1-5  Blenderのコンパイル
■Chapter 2  Blenderの基礎知識
2-1  Blenderのインターフェイス
2-2  ウィンドウのカスタマイズ
2-3  ボタンの種類と機能
2-4  Blenderの基本操作
2-5  3D Viewportでの操作
2-6  Buttonsウィンドウ
2-7  Blenderの初期設定
■Chapter 3  データブロック
3-1  Blenderのデータ構造
3-2  OOPS Schematicウィンドウ
3-3  データのリンク
3-4  Library
■Chapter 4  アニメーション
4-1  キーフレームアニメーション
4-2  Blenderのキーフレーム
4-3  Ipo Curve Editor
4-4  IPOカーブの編集作業
4-5  ペアレントとトラッキング
4-6  「Animation」ボタン
4-7  Vertexキーによるアニメーション
4-8  NLA Editor
4-9  コンストレイン
■Chapter 5  エフェクト
5-1  エフェクトの概要
5-2  インターフェイス
5-3  Buildエフェクト
5-4  Particleエフェクト
5-5  Waveエフェクト
■Chapter 6  モデリング
6-1  Blenderモデリングの基礎
6-2  Meshによるポリゴンモデリング
6-3  CurveとTextツールによるモデリング
6-4  Surfaceによるモデリング
6-5  Mataball
6-6  アニメーションパスモデリング
■Chapter 7  デフォーマ
7-1  Lattice
7-2  Armature
7-3  キャラクターセットアップ
7-4  Latticeとの併用
■Chapter 8  マテリアルとテクスチャ
8-1  オブジェクト作成の基本概念
8-2  Materialの作成方法
8-3  Materialのインターフェイス
8-4  Materialのアニメーション
8-5  Textureの作成方法
8-6  Textureのインターフェイス
8-7  環境マッピング
8-8  Halo
8-9  その他の応用設定
■Chapter 9  ライティング
9-1  Lampの設定
9-2  Lampの種類と特徴
9-3  光源のオプション
9-4  Shadowの設定
9-5  ボリュームライトとボリュームシャドウ
9-6  テクスチャの使用
9-7  ラジオシティ
■Chapter 10 カメラ
10-1 Cameraの設定
10-2 Cameraの操作
10-3 フライモード
10-4 Cameraのトラッキング
10-5 Emptyを利用したCameraアニメーション
10-6 Cameraのパスアニメーション
10-7 複数のCameraアニメーション
■Chapter 11 ワールド
11-1 Worldのインターフェイスと主な作例
11-2 Worldの設定方法
11-3 Worldの設定項目
11-4 背景用テクスチャの設定
11-5 Worldアニメーションのチュートリアル
■Chapter 12 レンダリング
12-1 インターフェイス
12-2 モーションブラー
12-3 Alphaチャンネル
12-4 SceneとSet
12-5 Ftype出力
■Chapter 13 シーケンスエディタ
13-1 インターフェイス
13-2 Strip情報
13-3 Stripの種類
13-4 Video Sequence Editorの操作
13-5 フィルタエフェクト
13-6 フェードイン、フェードアウト
13-7 スーパーインポーズ
13-8 クロマキー合成
13-9 被写界深度
13-10 マスク合成
13-11 Audio Timeline
■Appendix A ゲームブレンダ
A-1  Gameメニュー
A-2  User Preference
A-3 Dynamic
A-4 Property
A-5 LogicBrick
A-6 Sensor
A-7 Controllers
A-8 Actuators
A-9 Material
A-10 フェイス属性
■Appendix B Pythonによるスクリプティング
B-1  Pythonとは
B-2  Pythonの利用方法
B-3 インターフェイス
B-4  モジュール
■Appendix C Meshモデリング
C-1  下絵の準備
C-2  モデリング作業

  ここでは、本書のチュートリアルを作成するときに必要な参照ファイルを、圧縮ファイル(zip形式)で提供しています。各圧縮ファイルを用途に応じてダウンロードし、解凍してご利用ください。ご利用に際しましては、各フォルダのreadme.txtをお読みください。各フォルダの中身は、以下のとおりです。

  • 本ファイルは、本書をお買い求めになった方のみご利用いただけます。本書をよくお読みのうえ、ご利用ください。また、本ファイルの著作権は、本書の著作者である、 田﨑進一氏・斉藤 寛氏・中村達也氏に帰属します。
  • 本ファイルを利用したことによる直接あるいは間接的な損害に関して、著作者およびオーム社はいっさいの責任を負いかねます。利用は利用者個人の責任において行ってください。また、ソフトウェアの動作・実行環境、操作についての質問には一切お答えすることはできません。
  • 本書はBlender 2.27および2.28(一部2.23)をベースに執筆されています。
Chapter05.zip
(20KB)
5-3「Buildエフェクト」
Quick 5-3.blend Buildエフェクトの設定例です。
Chapter08.zip
(2.45MB)
8-2「Materialの作成方法」
8-2.blend 複数のフェイスにMaterialを適用する設定例です。

8-3-5「テクスチャに関するボタン」
8-3-5.blend Stickマッピング(P158)です。
8-3-5.tga 「8-3-5.blend」のレンダリングイメージです。

8-4「Materialのアニメーション」
8-4.blend Materialのアニメーションの完成例です。
8-4.tga 「8-4.blend」のレンダリングイメージです。

8-7「環境マッピング」
8-7(1).blend 環境マッピングを設定した完成例です。
8-7(1).tga 「8-7(1).blend」のレンダリングイメージです。
check.jpg 「8-7(1).blend」で使用しているテクスチャです。
8-7(2).blend 鏡のような平面に環境マッピングを設定した例です。
8-7(2).tga 「8-7(2).blend」のレンダリングイメージです。

8-9-2「VertexPaint」
8-9.blend VertexPaintの設定例です。
8-9.tga 「8-9.blend」のレンダリングイメージです。

Chapter09.zip
(2.33MB)
9-7-2「ラジオシティの操作」
9-7-2.blend ラジオシティの設定例です。
9-7-2.tga 「9-7-2.blend」のレンダリングイメージです。
Chapter10.zip
(92KB)
10-4「Cameraのトラッキング」
10-4.blend Cameraのトラッキングの設定例です。

10-5「Emptyを利用したCameraのアニメーション
10-5.blend EmptyとCameraを組み合わせて、Cameraを360°回転させるアニメーションです。

10-6「Cameraのパスアニメーション」
10-6.blend パスを利用してパスアニメーションを作成します。

10-7「複数のCameraアニメーション」
10-7.blend シーンに複数のCameraを配置した場合の切り替え方法です。
Chapter11.zip
(1.02MB)
11-5「Worldアニメーションのチュートリアル」
11-5.blend 夕暮れから夜に変化するアニメーションの完成例です。
11_5_001~5.tga 「11-5.blend」のレンダリングイメージです。

Chapter12.zip
(1.72MB)
12-2「モーションブラー」
12-2.blend モーションブラーの設定例です。
12-2.tga 「12-2.blend」のレンダリングイメージです。

12-4「SceneとSet」
12-4.blend 別々のSceneに作成したキャラクターと背景を「Set」を使って合成した例です。
12-4.tga 12-4.blend」のレンダリングイメージです。


12-5「Ftype出力」
12-5.blend Ftype出力の説明で使用するシーンです。
grayscal_8bit.tga Ftype出力の説明で使用するグレースケールのTargaファイルです。
grayscal-8bit-after.tga Targa(8bit)のレンダリングイメージです。
Chapter13.zip
(3.98MB)
13-6「フェードイン、フェードアウト」
13-6.blend Monkeyがフェードイン、フェードアウトするムービーです。

13-7「スーパーインポーズ」
13-7.blend スーパーインポーズのムービーです。

13-8「クロマキー合成」
13-8.blend クロマキー合成で作成した、飛行機が空を飛ぶシーンです。
sky.bmp 空の背景イメージです。
「cromakey」フォルダ クロマキー合成で使用する、飛行機のアニメーションデータです。
「halo」フォルダ クロマキー合成で使用する、Haloアニメーションデータです。

13-9「被写界深度」
13-9.blend 被写界深度の設定例です。

13-10「マスク合成」
13-10.blend マスク合成を使ったアニメーションの作成例です。
AppendixC.zip
(556KB)
AppendixC「Meshモデリング」
2cv.blend 3面図を利用した自動車のモデリングです。
2cv_side.tga モデリングに使用する自動車の下絵(側面図)です。
2cv_front.tga モデリングに使用する自動車の下絵(正面図)です。
2cv_top.tga モデリングに使用する自動車の下絵(上面図)です。
2cv.tga 「2cv.blend」のレンダリングイメージです。