本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

DIRECTOR MX Lingoスーパーマニュアル

DIRECTOR MX Lingoスーパーマニュアル

  • 著者大重 美幸
  • 定価4,950円 (本体4,500円+税)
  • 判型B5変
  • 698頁
  • ISBN978-4-274-06547-7
  • 発売日2003/11/27
  • 発行元オーム社

Lingoの全機能を具体例を通して徹底解説 !

本書は、Directorにおけるオーサリングに欠かせないスクリプト言語「Lingo」について徹底解説します。Lingoによる基本的なムービーのコントロールをはじめ、FlashオブジェクトやWebサーバーとの連携、Flash MX Communication ServerやXMLの活用など、オンラインエンターテインメントを視野に入れたタイトル制作のためのテクニックを詳しく紹介します。
Chapter 1 Lingoの仕組み
1-1 Lingoにチャレンジ
1-2 Lingoスクリプトとは
1-3 イベントとメッセージ
1-4 スクリプトの作り方と書き方
1-5 デバッグの方法
Chapter 2 Lingoのシンタックス
2-1 変数と定数
2-2 ユーザ定義のコマンドと関数
2-3 プロパティの操作
2-4 if文による条件分岐
2-5 case文による条件分岐
2-6 repeat文による繰り返し
2-7 リニアリストを使う
2-8 プロパティリストを使う
2-9 初期イベントハンドラ
2-10 パペットの機能
2-11 ドットシンタックスとブラケットアクセス
Chapter 3 ビヘイビアの知識
3-1 ビヘイビアとは
3-2 プロパティ変数を用意する
3-3 ビヘイビアスクリプトの初期化と後始末
3-4 パラメータダイアログボックスを作る
3-5 スプライトにメッセージを送る
3-6 ライブラリパレットの作り方
3-7 ビヘイビア作りの考え方
Chapter 4 インスタンスの活用
4-1 ビヘイビアインスタンスを取り出して使う
4-2 親スクリプトと子オブジェクト
4-3 アンセスタスクリプト
4-4 インスタンスのグループ化
4-5 再生中にビヘイビアをアタッチする
Chapter 5 ムービーのナビゲーション
5-1 フレームの移動
5-2 ムービーの移動
5-3 プロジェクタの終了
Chapter 6 マウスで操作する
6-1 メンバーを入れ替える
6-2 スプライトのドラッグ
6-3 動かせる範囲を制限する
6-4 スプライトの重なりを変える
Chapter 7 座標移動と透過
7-1 点と領域
7-2 直線移動
7-3 加速度移動
7-4 曲線移動
7-5 非表示とフェードアウト
Chapter 8 スプライトの変形
8-1 スプライトの反転と傾斜
8-2 スプライトの回転
8-3 スプライトの変形
8-4 カラーオブジェクト
8-5 ステージカラーとスプライトカラー
Chapter 9 疑似3Dアニメーション
9-1 投影面への透視変換
9-2 スプライトの変形を使った3D描画
Chapter 10 イメージの加工
10-1 イメージ合成
10-2 イメージの描画
10-3 ステージのスナップショット
Chapter 11 ベクターシェイプの加工
11-1 ベクターシェイプの変形
11-2 ベクターシェイプの色を変える
11-3 グラフを作る
Chapter 12 ストリングデータとテキスト書式
12-1 ストリングとチャンク
12-2 テキストの文字書式と段落書式
12-3 テキストの選択とコピー
12-4 HTMLとハイパーリンク
Chapter 13 キーボードで操作する
13-1 キー入力を使った操作
13-2 編集可能なテキストへの入力
Chapter 14 サウンドの制御
14-1 警告音とパペットサウンド
14-2 サウンドオブジェクト
14-3 音量の調整
14-4 外部サウンドファイルの再生
14-5 キューポイントの活用
14-6 ボイスの再生
Chapter 15 時間の管理
15-1 日付と時間の計算
15-2 タイムアウトイベント
15-3 タイムアウトオブジェクト
Chapter 16 ウィンドウ内ムービー(MIAW)
16-1 MIAWを開く
16-2 ウィンドウのプロパティ
16-3 MIAWの制御
Chapter 17 ネットワークLingo
17-1 サーバーからのテキスト読み込みとCGIの利用
17-2 データをダウンロードする
17-3 ShockwaveムービーのLingo
Chapter 18 Flashとの連携
18-1 Flashスプライトの操作
18-2 ActionScriptからの命令と活用
18-3 ActionScriptオブジェクトのイベントのコールバック
18-4 カメラとマイクを使う
Chapter 19 Flash Communication Serverを使う
19-1 FCSとの接続とムービー間の通信
19-2 サーバーサイドスクリプトとの通信
19-3 ビデオと音声の配信と受信