本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

Excelで学ぶやさしい数学  三角関数から微積分まで

Excelで学ぶやさしい数学  三角関数から微積分まで

  • 著者高橋 幸久渡邊 八一
  • 定価2,090円 (本体1,900円+税)
  • 判型B5変
  • 272頁
  • ISBN978-4-274-06552-1
  • 発売日2004/01/23
  • 発行元オーム社

高校数学の代数分野をExcelを使って学習する!

Excelを使って、高校課程の数学のうち、特に代数分野について初歩から解説している。Excelを使用する利点として、解法の筋道をワークシートに展開することで、要点を整理しやすくできることにある。Excelで問題を解く上でのワークシートとして活用できる。
まえがき
サンプルファイルの利用について
サンプルファイルのダウンロード方法
分析ツールのセットアップ
第1章 Excelの基本とはじめての計算
1.1  ワークシートとセル
1.1.1  ワークシートの概要
1.1.2  データの入力、種類、表示形式
1.1.3  セルの書式設定
1.1.4  ヘルプの利用
1.2  基本的な数式の作成
1.2.1  Excelでの四則計算
1.2.2  セル参照
1.3  Excelの関数を使った数式
1.3.1  Excelの関数
1.3.2  エラー値と対処方法
第2章 方程式・関数とそのグラフ
2.1 1次方程式とグラフ
2.1.1  1次方程式
2.1.2  グラフの作成
2.1.3  連立1次方程式
2.1.4  連立1次方程式と逆行列
2.1.5  連立1次方程式の解とグラフ
2.2  因数分解と平方根
2.2.1  因数分解
2.2.2  平方根の利用
2.3  2次関数のグラフ
2.3.1  y=ax2のグラフとy=ax2+qのグラフ
2.3.2  y=a(x-p)2のグラフとy=a(x-p)2+qのグラフ
2.3.3  y=ax2+bx+cのグラフ
2.3.4  Excelで描くグラフの正確さ
第3章 三角関数
3.1  三角関数のグラフ
3.1.1  三角比と弧度法
3.1.2  y=sinqのグラフ
3.1.3  y=cosqのグラフ
3.1.4  y=tanqのグラフ
3.2  三角関数の加法定理
3.2.1  三角関数の加法定理と2倍角・半角の公式
3.2.2  三角関数の合成
第4章 指数関数と対数関数
4.1  指数と指数関数
4.1.1  指数関数とそのグラフ
4.1.2  指数関数と方程式
4.1.3  指数関数と不等式
4.2  対数と対数関数
4.2.1  対数関数とそのグラフ
4.2.2  対数関数と方程式
4.2.3  対数関数と不等式
4.2.4  対数目盛のグラフ
第5章 数 列
5.1  等差数列・等比数列
5.1.1  等差数列
5.1.2  等比数列
5.2  等差数列の和・等比数列の和
5.2.1  等差数列の和
5.2.2  等比数列の和
5.3  いろいろな数列
5.3.1  階差数列
5.3.2  漸化式
第6章 ベクトルと複素数
6.1  図形のベクトル・空間のベクトル
6.1.1  ベクトルの大きさと2点間の距離
6.1.2  内積と成分
6.1.3  ベクトルのなす角
6.2 複素数
6.2.1  複素数とその演算
6.2.2  Excelを使った複素数演算
6.3  複素数平面
6.3.1  複素数の極形式
6.3.2  積の極形式・商の極形式
6.3.3  ド・モアブルの定理
6.3.4  平面図形と複素数
第7章 いろいろな曲線
7.1  円と楕円
7.1.1  円の方程式とグラフ
7.1.2  楕円の方程式とグラフ
7.2  放物線と双曲線
7.2.1  放物線の方程式とグラフ
7.2.2  双曲線の方程式とグラフ
第8章 微分・積分とその応用
8.1  微分(1)--導関数
8.1.1  導関数とそのグラフ
8.1.2  導関数の応用
8.1.3  2次曲線と接線
8.2  微分(2)--高次の導関数
8.2.1  第2次導関数
8.2.2  最大・最小
8.3 積分
8.3.1  不定積分
8.3.2  区分求積法と定積分
8.3.3 曲線の長さ
索 引
  • 本ファイルは、本書をお買い求めになった方のみご利用いただけます。本書をよくお読みのうえ、ご利用ください。本ファイルの著作権については、株式会社オーム社および本書の著作者である高橋幸久氏・渡邊八一氏に帰属します。
  • 本ファイルを利用したことによる直接あるいは間接的な損害に関して、著者およびオーム社はいっさいの責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

 本書で使用するサンプルファイルを圧縮したファイルです。解凍ツールで解凍いただければ「やさしい数学」というフォルダが作成され、その中で本書で使用するサンプルファイルが作成されます。