本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

Excelで学ぶ測量

Excelで学ぶ測量

  • 著者内山 一男内山 峯雄
  • 定価3,300円 (本体3,000円+税)
  • 判型B5変
  • 372頁
  • ISBN978-4-274-06563-7
  • 発売日2004/05/26
  • 発行元オーム社

購入はこちら

書籍
常備書店一覧

お問合せ

測量に必要な計算知識が身に付く!

本書は測量を基礎からやさしく解説しつつ、測量計算用ワークシートを作成するもの。測量の基礎知識から、実務に合致する測量(GPS測量や最新の測量計算)、各種計算方法をていねいに解説する。
はじめに
第1章 Excelの基本操作
1.1 加 減
1.2 乗 除
1.3 指数計算
1.4 符号と四捨五入
1.5 条 件
1.6 角度計算
1.7 座標から面積計算
1.7.1 座標計算
1.7.2 座標から距離と方向角の計算
1.7.3 座標からの面積計算
第2章 マクロの使い方
2.1 マクロによる「三辺から面積」の計算
2.1.1 マクロの記録機能
2.1.2 操作開始の「スタート」ボタンを作る
2.1.3 マクロで入力・計算・書き込み
2.2 シートの保護とマクロのセキュリティ
2.2.1 シートの保護
2.2.2 マクロのセキュリティ
第3章 測量の基礎
3.1 測量の種類
3.1.1 基本測量(測量法第四条)
3.1.2 公共測量(測量法第五条)
3.1.3 基本測量および公共測量以外の測量(測量法第六条)
3.2 地球の形状
3.2.1 わが国の地球原子
3.2.2 ジオイド
3.3 距離のいろいろ
3.3.1 球面距離
3.3.2 平面距離
3.3.3 斜距離
3.3.4 水平距離
3.3.5 傾斜補正(斜距離を水平距離に補正する)式いろいろ
3.3.6 2地点間の距離
3.4 角度のいろいろ
3.4.1 水平角
3.4.2 斜角
3.4.3 高度角
3.4.4 夾角
3.5 角度の定義
3.6 測量で使う数学の基礎
3.6.1 直角三角形
3.6.2 三角比(一般角の場合)
3.6.3 三角比の性質
3.6.4 辺と角度の関係
3.6.5 sinα、cosα、tanαの逆関数
3.6.6 角度の基礎
3.6.7 面積と体積
3.6.8 勾配の基礎
3.7 誤差論
3.7.1 誤差とは何か
3.7.2 平均の意味
3.7.3 誤差の区分
3.7.4 確率と観測
3.7.5 回帰と相関
第4章 座 標
4.1 直角(交)座標
4.2 極座標
4.3 3次元直交座標
4.4 経緯度座標
4.5 新平面直角座標
4.6 データの取得
4.6.1 角度を取り込む
4.6.2 距離を取り込む
第5章 基準点を設ける
5.1 基準点およびその背景
5.2 三角測量
5.2.1 選点
5.2.2 造標
5.2.3 観測
5.2.4 観測手法で誤差を消す
5.2.5 偏心
5.3 位置の決め方いろいろ
5.3.1 前方交会法
5.3.2 ポテノー法(後方交会法)
5.4 トラバース測量
5.4.1 結合トラバース測量
5.4.2 無方向トラバース測量
5.4.3 閉合トラバース測量
5.4.4 カラカサトラバース測量
5.4.5 開放トラバース測量
第6章 区画整理の測量
6.1 円と直線の交点の計算
6.2 円と円の交点の計算
6.3 垂線長の計算
6.4 隅切計算
6.5 面積の割込計算
6.6 境界線の整正
第7章 水準測量(レベル)
7.1 高さの考え方
7.2 水準測量とは
7.2.1 水準点の種類
7.2.2 水準測量の作業工程
7.2.3 水準測量の誤差
7.2.4 水準測量の用語
7.2.5 水準測量の器械、器材
第8章 ハイテク測量
8.1 測量界の転機
8.2 GPS測量
8.2.1 GPS測量概説
8.2.2 GPS測量による位置の測定
8.2.3 GPS測量の実際
8.2.4 GPS測量を行う
8.2.5 時刻系
8.3 リモートセンシング
8.3.1 リモートセンシング概説
8.3.2 リモートセンシングの利用
8.3.3 データの取得手法
8.3.4 データ処理
8.4 GIS
8.4.1 GIS概説
8.4.2 データベースの構築
8.4.3 GISの利用
8.4.4 GISの今後
8.5 電子平板測量
8.5.1 電子平板測量概説
8.5.2 電子平板測量のシステム
8.5.3 トータルステーション
第9章 応用測量
9.1 道路に関する測量
9.2 単曲線(Simple Curve)
9.2.1 単曲線の基礎
9.2.2 プラス杭の標示
9.2.3 単曲線の設置
9.2.4 単曲線の座標変換
9.2.5 幅杭位置の計算(千鳥)
9.3 クロソイド曲線
9.3.1 クロソイド曲線の基礎
9.3.2 クロソイド曲線の解析
9.3.3 凸形クロソイド曲線の計算
9.3.4 卵形クロソイド曲線の設計計算
9.3.5 複合形クロソイド曲線の設計計算
9.3.6 クロソイド曲線の座標変換
9.3.7 クロソイド曲線幅杭の計算
9.3.8 サイン逓減曲線(半波長)
9.3.9 サイン逓減曲線
第10章 特殊な測量
10.1 日影図を描く
10.2 土地の傾斜による射影の補正計算
10.3 太陽観測
10.3.1 太陽観測による方位の測定
10.3.2 太陽観測の実際
10.4 回帰の問題
10.5 流量観測
10.5.1 流量観測概説
10.5.2 流量観測の実際
10.5.3 流速計測法
参考文献
索 引

ここでは、測量に役立つVBAプログラムを、圧縮ファイル(lzh形式)で提供しています。圧縮ファイル(surveyex.lzh;約2,572KB)をダウンロードし、解凍してご利用ください。

  • 本ファイルは、本書をお買い求めになった方のみご利用いただけます。本書をよくお読みのうえ、ご利用ください。また、本ファイルの著作権は、本書の著作者である、内山峯雄氏に帰属します。
  • 本ファイルを利用したことによる直接あるいは間接的な損害に関して、著作者およびオーム社はいっさいの責任を負いかねます。利用は利用者個人の責任において行ってください。また、ソフトウェアの動作・実行環境、操作についての質問には一切お答えすることはできません。

各章で紹介したVBAプログラムを収録しています。なお、ファイル名は書籍で紹介したものと同一です。