本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

Excelで学ぶ デリバティブとブラック・ショールズ

Excelで学ぶ デリバティブとブラック・ショールズ

  • 著者藤崎 達哉
  • 定価3,456円 (本体3,200円+税)
  • 判型B5変
  • 240頁
  • ISBN978-4-274-06605-4
  • 発売日2005/05/26
  • 発行元オーム社

金融商品のリスク管理、デリバティブをExcelで実践!

Excelを使ったデリバティブ(金融派生商品)の解説書。特に分かりにくいとされているブラックショールズモデル(オプション価格付けモデル、オプションは対象商品を売買する権利のこと)を図解と背景にある数学理論をExcelで分かりやすく解説する。
目次
はじめに
第1章 先渡価格形成のメカニズム理解する
■■1-1 空売りと先渡価格の形成
1.1.1 デリバティブとは何か
1.1.2 デリバティブ市場の規模とOTCデリバティブ
1.1.3 市場の機能と構造
■■1-2 デリバティブ・プライシングは原価計算なり
1.2.1 キャッシュ&キャリーと現先取引
1.2.2 外国通貨のキャリーと複製方法
第2章 金融市場のバックボーンとしてのスワップ取引
■■2-1 なぜ変動金利と固定金利の交換が可能なのか(金利スワップ取引とは何か)
2.1.1 そもそも金利とは何か?
2.1.2 先渡価格から先渡金利へ
2.1.3 ディスカウント・ファクターの意義
2.1.4 FRA取引
2.1.5 スワップ概念の成立とマネー・マーケット・スワップ
■■2-2 イールドカーブと金利の期間構造
2.2.1 想定元本方式と金利スワップの現在価値
2.2.2 ブートストラッピング法
■■2-3 誤解の多い通貨スワップ
2.3.1 外国為替市場におけるスワップ取引
2.3.2 クーポン・スワップのプライシング
第3章 オプション・プライシングの論理
■■3-1 オプションと保険(オプション取引とは何か)
3.1.1 オプションの分類
3.1.2 保険と統計学
3.1.3 2項分布と正規分布
■■3-2 オプション・プライシングに確率・統計は必要か
3.2.1 対象金融資産を利用したオプションの複製
3.2.2 オプション複製のための数学モデル
3.2.3 コックス・ロス・ルービンシュタイン・モデルの導出
第4章 ブラック・ショールズ・モデルの意味について考える
■■4-1 ブラック・ショールズ・モデルはポートフォリオを意味している
4.1.1 ブラック・ショールズ・モデルを鑑賞する
4.1.2 標準正規分布の累積密度関数
4.1.3 ディスカウント・ファクターの再定義
■■4-2 ブラック・ショールズ・モデル改造のポイント
4.2.1 外国通貨のキャリー・コストとガーマン・コールヘーゲン・モデル
4.2.2 金利オプションのキャリー・コスト
4.2.3 スワップションのプライシング
第5章  とてもやっかいな対数正規分布
■■5-1 対数正規分布完全マスター
5.1.1 対数正規分布の平均値
5.1.2 満期時における資産価格の期待値
■■5-2 ブラック・ショールズ・モデルを導き出す
5.2.1 ブラック・ショールズ・モデル導出
5.2.2 最終的な変形
5.2.3 ブラック・ショールズ・モデルと企業価値
第6章 リスク・コントロールと古典力学
■■6-1 価格変動性は速度・勾配概念のアナロジーである
6.1.1 残存期間から価格変動性分析へ
6.1.2 1階微分係数の意味
■■6-2 価格変化の二次的影響
6.2.1 加速度概念の必要性
6.2.2 速度と加速度の関係
■■6-3 オプションのリスク・パラメーター
6.3.1 デルタとガンマそしてベガ
6.3.2 ガンマとセータの二律背反
6.3.3 中長期オプションにおけるローのインパクト
第7章 スプレッドシート・プライシングの実際
■■7-1 ディーリング・ルームはリッチ・クライアントが常識
7.1.1 デリバティブ・トレーディングにシン・クライアントは似合わない
7.1.2 Excel関数の限界
7.1.3 スプレッド・シート・リスク
■■7-2 目的によって異なるイールドカーブ構築
7.2.1 バリュー・アット・リスク(VaR;Value at Risk)
7.2.2 ユーロ金利先物ストリップ
第8章 理論は現場から生まれる
■■8-1 ブラック・ショールズ・モデルは時代遅れか
8.1.1 資産価格変動の一般的性質
8.1.2 理論/モデルにおける外部適合性と内部整合性.
■■8-2 マーケットの需給要因と理論価
8.2.1 短期資金需給とFRAプライシング
8.2.2 需給だけでは説明できないケース
■■8-3 短期金利先物のコンベキシティー・バイアスとは何か
8.3.1 変動証拠金効果
8.3.2 ランダムな短期金利変動による摂動
8.3.3 t期のスポット・イールドとt期の先渡金利
8.3.4 おわりに
補遺
参考文献
デリバティブ・プライシングに関する論文
索引

 ここでは、本書の課題ファイルを、圧縮ファイル(lzh形式)で提供しています。圧縮ファイル(derivatives.lzh;約1082KB)をダウンロードし、解凍してご利用ください。

  • 本ファイルは、本書をお買い求めになった方のみご利用いただけます。本書をよくお読みのうえ、ご利用ください。また、本ファイルの著作権は、本書の著作者である、藤崎達哉氏に帰属します。
  • 本ファイルを利用したことによる直接あるいは間接的な損害に関して、著作者およびオーム社はいっさいの責任を負いかねます。利用は利用者個人の責任において行ってください。また、ソフトウェアの動作・実行環境、操作についての質問には一切お答えすることはできません。

 各章の例題ファイルのExcelのシートを収録しています。解凍後、必ずReadme.txtをご覧くださいますようお願いします。