本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

絵とき 遺伝学の知識

絵とき 遺伝学の知識

  • 著者松澤 昭雄
  • 定価2,484円 (本体2,300円+税)
  • 判型A5
  • 194頁
  • ISBN978-4-274-13109-7
  • 発売日1997/08/26
  • 発行元オーム社

「生命」の本質を考えるために読む、現代遺伝学の「いま」と「明日」がわかる本

 本書は、「遺伝とは何か」という基本的問い掛けから、最新の分子生物学、免疫学まで、現在の遺伝学の全体像に迫る内容を、絵ときでわかりやすく解説している。
 生物学や医学を学ぶ学生の方々だけでなく、生命科学、とくに遺伝学に関心のある一般の方から、医療・看護・バイオテクノロジー関係の現場で活躍中の方まで、広く読んでいただける内容である。
第1章 遺伝学のあけぼの
 1・1 遺伝の規則性の発見
 1・2 データの科学的分析
 1・3 2つのちがう性質の遺伝
 1・4 メンデルの法則に合わないように見える遺伝
 1・5 多くの遺伝子が関係する複雑な遺伝
 1・6 分離しない2つの遺伝子
 1・7 メンデルの幸運と不運
第2章 染色体が遺伝子を運ぶ
 2・1 細胞のつくり
 2・2 細胞のふえ方
 2・3 染色体の親から子どもへの伝達
 2・4 遺伝子の連鎖
 2・5 染色体の交差
 2・6 染色体地図
 2・7 染色体の変化と遺伝子
 2・8 染色体をめぐって
第3章 遺伝子も物質である
 3・1 死んだ細菌による形質転換
 3・2 性質を変える物質
 3・3 ハーシェイ-チェイスの実験
 3・4 RNAも遺伝物質となる
 3・5 高等生物における遺伝物質
第4章 遺伝子は自分のコピーをつくることができる
 4・1 DNAのつくり
 4・2 DNAは巨大な分子である
 4・3 DNAの塩基の含有量
 4・4 DNAの二重らせん構造
 4・5 DNAの相補性
 4・6 DNAの複製
 4・7 メセルソンとスタールの実験
 4・8 真核細胞における半保存的複製
 4・9 複製の開始点
第5章 遺伝子はこうはたらく
 5・1 RANのつくり
 5・2 RNAとタンパク質の合成
 5・3 一遺伝子一酵素説
 5・4 DNAとRNAとタンパク質の関係
 5・5 DNAからRNAへ-転写
 5・6 暗号の解読-RNAからタンパク質へ-翻訳
 5・7 メッセンジャーRNA(mRNA)と翻訳
 5・8 転写のしくみ-DNAからmRNAへ
 5・9 RNAのプロセシング
 5・10 翻訳のしくみ-mRNAからポリペプチドへ
第6章 遺伝子は変わる
 6・1 遺伝子の突然変異
 6・2 突然変異の分子的基礎
 6・3 鎌状赤血球症
 6・4 放射線による突然変異
 6・5 化学物質による突然変異
 6・6 DNAの修復
 6・7 体細胞の突然変異
 6・8 組換えDNA技術による突然変異
第7章 性も遺伝で決まる
 7・1 性染色体
 7・2 ヒトの性染色体
 7・3 雄性を決める物質
 7・4 X染色体の不思議
 7・5 ライオンの仮設
 7・6 ショウジョウバエの性染色体
 7・7 常染色体のバランス
第8章 遺伝子の変化が病気を起こす
 8・1 がんを起こすウイルス
 8・2 メンデルの法則で遺伝するがん
 8・3 正常な細胞にあるがん遺伝子
 8・4 がん遺伝子をもたないレトロウイルスによる発がん
 8・5 がん遺伝子をさがす
 8・6 家族性がんとがん抑制遺伝子
 8・7 X線や化学物質によるがん
 8・8 ハンチントン舞踏病の遺伝子
第9章 遺伝子の変化が生物を進化させる
 9・1 タンパク質と進化
 9・2 DNAと進化
 9・3 ミトコンドリアと進化
 9・4 塩基の変化と進化
 9・5 新しい遺伝子の誕生
第10章 遺伝子をあやつる
 10・1 遺伝子をふやす
 10・2 PCR法
 10・3 物質をつくる
 10・4 病気を診断,治療する
 10・5 品種を改良する
 10・6 人を見分ける
 10・7 ヒトのゲノムを解き明かす