本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

絵ときでわかる 機械制御

絵ときでわかる 機械制御

  • 著者宇津木 諭
  • 定価2,592円 (本体2,400円+税)
  • 判型A5
  • 220頁
  • ISBN978-4-274-20287-2
  • 発売日2006/09/15
  • 発行元オーム社

機械制御の基礎がよくわかる入門書の決定版!

イラストや図を用いて機械工学をわかりやすく解説する「絵ときでわかる」シリーズの一冊として、初めて機械制御を学ぶ方を主対象に、制御の基本知識をわかりやすくまとめた入門書。難しい概念や数式もていねいに解説することにより、初学者にもわかりやすい内容にまとめている。
*この本には改訂版があります
『絵ときでわかる 機械制御(第2版)』
第1章  自動制御の概要
 1.1  制御の必要性
 1.2  自動制御とその種類
 1.3  シーケンス制御
 1.4  フィードバック制御
章末問題
第2章  機械の制御の解析方法
 2.1  線形と非線形
 2.2  重ね合わせの考え方
 2.3  ラプラス変換の定義
 2.4  ラプラス変換基本法則
 2.5  ラプラス逆変換の定義
 2.6  t-空間からs-空間へ
 2.7  s-空間からt-空間へ
 2.8  伝達関数
章末問題
第3章  基本要素の伝達関数
 3.1  機械のモデル化の基本要素
 3.2  比例要素の伝達関数
 3.3  積分要素の伝達関数
 3.4  微分要素の伝達関数
 3.5 一1次遅れ要素の伝達関数
 3.6 二次遅れ要素の伝達関数
 3.7  むだ時間の伝達関数とまとめ
章末問題
第4章 ブロック線図
 4.1  ブロック線図の考え方
 4.2  ブロック線図の基本結合則
 4.3  ブロック線図の等価変換
 4.4  ブロック線図に関する応用例
章末問題
第5章  過渡応答
 5.1  制御要素の応答と入力信号
 5.2  基本要素の過渡応答
 5.3 一次遅れ要素のインディシャル応答
 5.4 一次遅れ要素のインパルス応答
 5.5 二次遅れ要素のインディシャル応答
 5.6 二次遅れ要素のインパルス応答
章末問題
第6章  周波数応答
 6.1  周波数応答の考え方
 6.2  周波数応答の考え方表示とボード線図
 6.3  基本要素の周波数応答
 6.4 一次遅の周波数応答
 6.5 二次遅の周波数応答
 6.6  過渡応答と周波数答の関係
章末問題
第7章  フィードバック制御系
 7.1  フィードバック制御の特徴
 7.2  フィードバック制御の特性評価
 7.3  閉ループ制御系のステップ応答
 7.4  閉ループ制御系の周波数応答
 7.5  フィードバック制御系の安定性
 7.6  PID制御
章末問題
第8章 センサとアクチュエータの基礎
 8.1  制御量の検出と制御対象の操作
 8.2  抵抗の変化を利用したセンサ
 8.3  発生する起電力等を利用したセンサ
 8.4  直動形アクチュエータ
 8.5  回転運動形アクチュエータ
章末問題
練習問題の解答
付録1 基礎的な数学の知識
付録2 ラプラス変換・逆変換表
付録3 機械の基礎知識
付録4 基礎的な電気の知識