本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

地球温暖化防止技術読本

地球温暖化防止技術読本

  • 著者金島 正治
  • 定価2,750円 (本体2,500円+税)
  • 判型A5
  • 194頁
  • ISBN978-4-274-20364-0
  • 発売日2007/02/20
  • 発行元オーム社

購入はこちら

書籍
常備書店一覧

お問合せ

京都メカニズムを実務に即して平易に解説!

COP11(気候変動枠組条約第11回締約国会議)時代の地球温暖化防止対策について、省エネ・新エネ等の技術面から京都メカニズム・排出権取引等の政治・経済・社会面までにわたり、全体的枠組みや相互関係を正しく理解できるように、図解を交えてわかりやすく解説する。
第1章 地球温暖化と温暖化防止
 1.1 地球温暖化の原因
 1.2 温暖化防止の世界的取り組み
 1.3 京都議定書目標達成計画―地球温暖化対策推進法― 
 1.4 産業界の対応
 1.5 温室効果ガス排出量の推移
第2章 温暖化防止技術
 2.1 省エネルギー技術
 2.2 新エネルギー技術
 2.3 技術活用と行政対応
 2.4 建築物総合環境性能評価システム(CASBEE)
 2.5 省エネルギー建築の実際
 2.6 地域エネルギーネットワーク
第3章 排出権取引
 3.1 排出権取引の仕組み
 3.2 プロジェクトの組成と実施フロー
 3.3 プロジェクト推進のポイント
 3.4 プロジェクトの実際
 3.5 排出権の活用
第4章 地球温暖化防止の将来
 4.1 エネルギー自由化と地球温暖化防止
 4.2 地球温暖化ガス削減の課題
 4.3 発展途上国問題
第5章 エネルギー供給の仕組み
 5.1 新・国家エネルギー戦略
 5.2 エネルギー供給システム
 5.3 エネルギー需要データと都市エネルギーシステムの変遷
<参考文献・引用文献>