本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

基礎から理解! 甲種危険物試験

基礎から理解! 甲種危険物試験

  • 著者オーム社
  • 定価2,530円 (本体2,300円+税)
  • 判型A5
  • 272頁
  • ISBN978-4-274-20751-8
  • 発売日2009/10/26
  • 発行元オーム社

基礎からミッチリ!これでバッチリ!

 平成20年度より受験資格が変わり、乙種危険物(6種類)のうち、4種類を合格すれば甲種危険物の受験資格が得られるようになり、高校生や専門学校が受験可能となった。
 本書では、こうした新しい受験者層に向け、基礎知識をしっかりと理解できることを目指したテキストと問題集の融合型の受験対策書。問題を解くことにより、どこに重点を置いて学習すればよいのかが明確になり、効率的に学習できる構成になっている。
受験ガイダンス
1章 危険物に関する法令
 1-1 出題傾向
 1-2 危険性と危険物
 1-3 消防関係法令の仕組み
 1-4 消防の組織
 1-5 危険物等
  1-5-1 危険物
  1-5-2 火災予消火活動上の支障物質の届出
  1-5-3 指定数量未満の危険物等の貯蔵・取扱い
 1-6 危険物規制の仕組み
  1-6-1 危険物の貯蔵・取扱いの制限
  1-6-2 指定数量 
  1-6-3 製造所等の種類
  1-6-4 製造所の設置・変更許可手続き
  1-6-5 完成検査・完成検査前検査
  1-6-6 品名・数量等の変更手続き
 1-7 保安管理体制
  1-7-1 危険物保安統括管理者
  1-7-2 危険物保安監督者
  1-7-3 危険物取扱者
  1-7-4 危険物施設保安員
  1-7-5 予防規程
  1-7-6 保安検査
  1-7-7 定期点検
  1-7-8 自衛消防組織
  1-7-9 運搬・移送・事故時の応急措置等
 1-8 製造所等の位置・構造・設備の基準
  1-8-1 製造所等に共通の基準
  1-8-2 製造所
  1-8-3 屋内貯蔵所
  1-8-4 屋外タンク貯蔵所
  1-8-5 屋内タンク貯蔵所
  1-8-6 地下タンク貯蔵所
  1-8-7 簡易タンク貯蔵所
  1-8-8 移動タンク貯蔵所
  1-8-9 屋外貯蔵所
  1-8-10 給油取扱所
  1-8-11 販売取扱所
  1-8-12 移送取扱所
  1-8-13 一般取扱所
 1-9 消火設備・警報設備・避難設備の基準
  1-9-1 消火設備の設置基準
  1-9-2 警報設備の基準
  1-9-3 避難設備の基準
 1-10 基準の特例
 1-11 貯蔵・取扱いの基準
  1-11-1 通則
  1-11-2 貯蔵基準
  1-11-3 取扱基準
 1-12 運搬・移送の基準
  1-12-1 運搬基準
  1-12-2 移送基準
 1-13 維持・遵守義務と違反措置
 1-14 事故時の措置
2章 物理学及び化学
 2-1 出題傾向
 2-2 危険物の取扱作業の保安に必要な物理学
  2-2-1 基礎事項
  2-2-2 水の性質
  2-2-3 空気の性質
  2-2-4 気体の体積と圧力の関係
  2-2-5 物質の三態
  2-2-6 熱と温度
  2-2-7 静電気
 2-3 危険物の取扱作業の保安に必要な化学
  2-3-1 物質の構成(原子と分子)
  2-3-2 物質の物理・化学変化
  2-3-3 色々な化学反応
  2-3-4 水溶液の性質(酸,塩基,塩,pH)
  2-3-5 火災に関係する酸化還元反応
  2-3-6 熱化学
  2-3-7 化学の一般法則
  2-3-8 有機化合物と無機化合物
  2-3-9 金属と非金属
 2-4 燃焼及び消火に関する理論
  2-4-1 燃焼
  2-4-2 燃焼の形態
  2-4-3 燃焼範囲
  2-4-4 引火点
  2-4-5 可燃物の燃焼と危険性
  2-4-6 消火
  2-4-7 消火設備
  2-4-8 危険物火災予防及び消火の方法
  2-4-9 混載禁止
3章 危険物の性質・火災予防・消火方法
 3-1 出題傾向
 3-2 すべての種類の危険物の性質に関する概論
 3-3 火災予防及び消火の方法
  3-3-1 第1類の危険物
  3-3-2 第2類の危険物
  3-3-3 第3類の危険物
  3-3-4 第4類の危険物
  3-3-5 第5類の危険物
  3-3-6 第6類の危険物
4章 模擬試験
 危険物に関する法令
 物理学及び化学
 危険物の性質・火災予防・消火方法