本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

登録販売者のための 実務ポケットブック

登録販売者のための 実務ポケットブック

  • 著者森下 宗夫佐藤 光利
  • 定価2,484円 (本体2,300円+税)
  • 判型A5
  • 264頁
  • ISBN978-4-274-20763-1
  • 発売日2009/09/04
  • 発行元オーム社

薬事法改正に対応した内容で登録販売者の方には必携の書!

薬事法の改正により、2009年夏から一般用医薬品の販売制度が大きく変わった。
 本書は、登録販売者の方のために、医薬品の基礎知識はもちろん、販売制度から売り場づくりなどの実務面まで、登録販売者が必ずおさえておきたい知識を、わかりやすくコンパクトな構成にまとめ、いつでも手軽に参照できるよう工夫したポケットブックである。
1章 販売時のコミュニケーション
  1 セルフメディケーション
  2 販売時のコミュニケーション
  3 重大な薬害の歴史
2章 添付文書の活用法
  1 添付文書の読み方
  2 製品表示の読み方
3章 医薬品の特性
  1 薬の作用
  2 薬の体内での運命
  3 医薬品の剤型
  4 薬の体内での動き
  5 症状から見た主な副作用
4章 人体の構造と疾病の関係
  1 胃・腸,肝臓,肺,心臓,腎臓などの内臓器官
  2 目,鼻,耳などの感覚器
  3 皮膚,骨・関節,筋肉などの運動器官
  4 脳や神経系の働き
5章 主な医薬品とその作用,情報交換
  1 精神神経に作用する薬
  2 呼吸器官に作用する薬
  3 胃腸に作用する薬
  4 心臓などの器官や血液に作用する薬
  5 排泄に関わる部位に作用する薬
  6 婦人薬
  7 アレルギー用薬(鼻炎用内服薬を含む)
  8 鼻に用いる薬(鼻炎用点鼻薬)
  9 眼科用薬
  10 皮膚に用いる薬
  11 歯や口中に用いる薬
  12 禁煙補助剤
  13 滋養強壮保健薬
  14 漢方処方製剤・生薬製剤
  15 公衆衛生用薬
  16 一般用検査薬
6章 一般用医薬品の販売制度
 1 一般用医薬品販売業の種類
  2 対面販売の原則
  3 一般用医薬品のリスク区分
  4 一般用医薬品の情報提供
  5 容器・外箱,添付文書などへの記載事項
  6 医薬品の販売に関する法令遵守
  7 行政庁の監視指導,苦情相談窓口
  8 医薬品としての取扱い
  9 一般用医薬品と医療用医薬品,毒薬・劇薬など
付録