本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

2012年版 応用情報技術者試験 合格テキスト

2012年版 応用情報技術者試験 合格テキスト

  • 定価3,132円 (本体2,900円+税)
  • 判型A5
  • 616頁
  • ISBN978-4-274-21143-0
  • 発売日2011/12/23
  • 発行元オーム社

試験合格のために必要な知識を密度高くまとめた受験者必携の一冊!

応用情報技術者試験は試験範囲が非常に広く、広範な知識が求められます。そこで本書は、基本情報までで問われる内容はポイント的にまとめ、応用情報技術者試験で出題される内容を詳細に解説。密度の高い充実したテキストとしてまとめました。
 また、試験範囲を午後試験に基づいて整理しているため、難しい午後試験対策として、より扱いやすくなっています。
 脚注には、略語や別名のほか、過去問題から厳選した短問を掲載しているので、テキストを進めながら数多くの過去問をチェックすることができます。
はじめに―本書の使い方―
第1章 ハードウェアとコンピュータ構成要素
1.1 ハードウェア
 電気・電子回路
 機械・制御
 構成部品および要素と実装,論理設計
1.2 プロセッサ
 コンピュータの種類と構成
 プロセッサのアーキテクチャ
 プロセッサの構造と方式
 プロセッサの動作原理
 マイクロプログラムとワイヤードロジック
 プロセッサの性能と高速化技術
 並列処理
 マルチプロセッサシステム
1.3 メモリ
 メモリの種類と特徴
 主記憶装置の構成と記憶階層
 メモリのアクセス方式
 メモリの容量と性能
 記録媒体の種類と特徴
1.4 バス
 バスの種類と特徴
 バスのシステムの構成
 バスの制御方式・アクセスモード・標準規格
1.5 入出力デバイス・入出力装置 23
 入出力インタフェース
1.6 入出力装置
 入力装置
 出力装置
 補助記憶装置
 その他の入出力装置
演習問題
第2章 ソフトウェア
2.1 オペレーティングシステム(OS)
 OSの種類と特徴
 OSの機能と構成
 ジョブ管理
 タスク管理
 データ管理
 入出力管理
 記憶管理
 ネットワーク制御
 運用の管理
 ユーザ管理
 セキュリティ制御
 障害管理
 プログラムの形態と性質
 サービスプログラム
 OSの動向
2.2 ミドルウェア
 ミドルウェアの役割と機能
 シェルの役割と機能
 API
 ライブラリ
 コンポーネントウェア
2.3 ファイルシステム
 ディレクトリ管理とファイル管理
 ファイルシステムの種類と特徴
 ファイル編成とアクセス手法
 検索手法
 バックアップ
2.4 開発ツール
 開発ツールの種類と特徴
 言語処理ツールの種類と特徴
2.5 オープンソースソフトウェア(OSS)
 OSS の種類と特徴
 UNIX 系OS
2.6 マルチメディア技術
 マルチメディア
 音声処理
 静止画処理
 動画処理
 情報の圧縮・伸張
2.7 マルチメディア応用
 マルチメディア応用
演習問題
第3章 情報理論
3.1 離散数学
 基数
 数値の表現
 算術演算と精度
 集合
 論理演算
3.2 応用数学
 確率
 統計
 数値計算
 数式処理
 数値解析
 グラフ理論
 待ち行列理論
 最適化問題
3.3 情報に関する理論
 情報理論
 符号理論
 文字の表現
 述語論理
 形式言語
 オートマトン
 正当性理論
 計算量
 人工知能
 コンパイラ理論
 プログラミング言語論・意味論
3.4 計測・制御に関する理論
 信号処理
 制御に関する理論
3.5 ヒューマンインタフェース技術
 インフォメーションアーキテクチャ
 ヒューマンインタフェース
 GUI
演習問題
第4章 開発技術
4.1 システム要件定義
 システム要件定義のタスク
 システム要件の定義
 システム要件の評価
4.2 システム方式設計
 システム方式設計のタスク
 システムの最上位レベルでの方式確立
 システム結合テストの設計
 システム方式の評価
4.3 ソフトウェア要件定義
 ソフトウェア要件定義のタスク
 ソフトウェア要件の確立
 ソフトウェア要件の評価
 業務分析や要件定義に用いられる手法
4.4 ソフトウェア方式設計・ソフトウェア詳細設計
 ソフトウェア方式設計とタスク
 ソフトウェア詳細設計とタスク
 インタフェース設計
 ソフトウェアユニットのテストの設計
 ソフトウェア結合テストの設計
 ソフトウェア設計評価
 ソフトウェア品質
 ソフトウェア設計手法
 オブジェクト指向設計
 コンポーネントの設計
 モジュールの設計
 部品化と再利用
 デザインパターン
 レビュー
4.5 ソフトウェアコード作成およびテスト
 ソフトウェアコード作成およびテストのタスク
 ソフトウェアコード作成
 ソフトウェアコードおよびテスト結果の評価基準
 コーディング基準
 コードレビュー
 デバッグ
 ソフトウェアユニットのテスト
 ソフトウェアユニットのテストの手法
4.6 ソフトウェア結合・ソフトウェア適格性確認テスト
 ソフトウェア結合のタスク
 ソフトウェア適格性確認テストのタスク
 ソフトウェア結合テスト
 ソフトウェア適格性確認テスト
 テスト結果の評価
4.7 システム結合・システム適格性確認テスト
 システム結合のタスク
 システム適格性確認テストのタスク
 システム結合テスト
 システム適格性確認テスト
 テスト結果の評価
4.8 ソフトウェア導入
 ソフトウェア導入のタスク
 ソフトウェア導入計画の作成
 ソフトウェア導入の実施と利用者支援
4.9 ソフトウェア受入れ
 ソフトウェア受入れ支援のタスク
 受入れレビューと受入れテスト
 ソフトウェア製品の納入と受入れ
 教育訓練
 利用者マニュアル
4.10 ソフトウェア保守
 ソフトウェア保守の意義と規格
 ソフトウェア保守の形態
 ソフトウェア保守の手順
4.11 インタフェース設計
 画面設計
 帳票設計
 コード設計
 Web デザイン
 人間中心設計
 ユニバーサルデザイン
4.12 開発プロセス・手法
 ソフトウェア開発手法・ソフトウェア開発モデル
 ソフトウェアライフサイクルプロセス
 プロセス成熟度
 ソフトウェア再利用
 リバースエンジニアリング
 構造化手法
 形式手法
 マッシュアップ
4.13 知的財産適用管理
 著作権管理
 特許管理
 ライセンス管理
4.14 開発環境管理
 開発環境構築
 管理対象
4.15 構成管理・変更管理
 構成管理
 変更管理
演習問題
第5章 システムアーキテクチャ
5.1 システムの構成
 システムの処理形態・利用形態・適用領域
 システム構成
 ハイパフォーマンスコンピューティング
 クライアントサーバシステム
 Webシステム
 RAID
 ストレージ関連技術
 信頼性設計
5.2 システムの評価指標
 システムの性能指標
 キャパシティプランニング
 システムの信頼性特性と評価
 システムの経済性の評価
演習問題
第6章 アルゴリズムとプログラミング
6.1 データ構造
 データ構造
 データ構造の種類①変数・構造体・配列
 ②リスト
 ③スタックとキュー
 ④木構造
6.2 アルゴリズム
 流れ図
 整列・併合・探索のアルゴリズム
 再帰のアルゴリズム
 グラフのアルゴリズム
 文字列処理のアルゴリズム
 ファイル処理のアルゴリズム
 その他のアルゴリズム
 アルゴリズム設計
6.3 プログラミング
 プログラミング
 文法の表記法
6.4 プログラミング言語
 プログラム言語の種類と特徴
 プログラム言語の制御構造
 プログラム言語の記憶域
 プログラム言語の記述
6.5 その他の言語
 マークアップ言語
 その他の言語
演習問題
第7章 データベース
7.1 データベース方式
 データベースの種類と特徴
 データベースのモデル
 関係データモデル
 データベース管理システムの目的
7.2 データベース設計
 データ分析
 データベースの設計
 データの正規化
 データベースのパフォーマンス設計
 データベースの物理設計
 データベースの作成手順
 データベースの評価・運用
 オブジェクト指向データベース
7.3 データ操作
 データベースの操作
 データベース言語の種類
 データ定義言語
 データ操作言語(SELECT文)
 その他のデータ操作言語(更新系)
 埋込型SQL
7.4 トランザクション処理
トランザクション管理
 排他制御
 障害回復
 データベースの性能向上
 データ制御
7.5 データベース応用
 データベースの応用
 分散データベース
 データ資源の管理
演習問題
第8章 ネットワーク
8.1 通信に関する理論
 伝送理論①伝送路
 ②変復調方式
 ③多重化方式
 ④誤り検出・訂正
 ⑤信号同期方式
 ⑥その他
8.2 ネットワーク方式
 通信ネットワークの役割
 ネットワークの種類と特徴
 有線LAN
 無線LAN
 交換方式
 回線に関する計算
 インターネット技術
8.3 データ通信と制御
 ネットワークアーキテクチャ①ネットワークトポロジ
 ネットワークアーキテクチャ②OSIモデル
 ネットワークアーキテクチャ③標準化の実例
 伝送方式と回線
 LAN間接続装置
 伝送制御
 メディアアクセス制御
8.4 通信プロトコル
 TCP/IP
 データリンク層のプロトコル
 ネットワーク層のプロトコル
 トランスポート層のプロトコル
 アプリケーション層のプロトコル
 LANとWANのインタフェース
 CORBA
8.5 ネットワーク管理
 ネットワーク運用管理
 ネットワーク管理ツール
 SNMP
8.6 ネットワーク応用
 電子メール
 Web
 ファイル転送
 検索エンジン
 イントラネット
 エクストラネット
 ネットワークOS
 通信サービス
 その他のネットワーク応用技術
演習問題
第9章 情報セキュリティ
9.1 情報セキュリティ
 情報セキュリティの目的と考え方
 情報セキュリティの重要性
 情報セキュリティに関する技術①暗号化技術
 情報セキュリティに関する技術②認証技術
 情報セキュリティに関する技術③利用者確認
 情報セキュリティに関する技術④生体認証技術
 情報セキュリティに関する技術⑤公開鍵基盤
9.2 情報セキュリティ管理
 情報セキュリティ管理
 脅威
 脆弱性
 リスク分析と評価①情報資産の調査
 リスク分析と評価②情報資産の重要性による分類
 リスク分析と評価③リスク評価
 リスク分析と評価④リスク対策
 情報セキュリティポリシ
 企業活動のセキュリティ規程の作成
 情報セキュリティマネジメントシステム
 セキュリティ機関
9.3 セキュリティ技術評価
 セキュリティ評価基準
 ISO/IEC 15408
9.4 情報セキュリティ対策
 人的セキュリティ対策
 技術的セキュリティ対策
 物理的セキュリティ対策
9.5 セキュリティ実装技術
 セキュアOS
 ネットワークセキュリティ
 データベースセキュリティ
 アプリケーションセキュリティ
演習問題
第10章 組込みシステム
10.1 組込みシステムのハードウェア
 組込みシステムの構成部品
 組込みシステムの消費電力
10.2 組込みシステムのソフトウェア
 リアルタイムOS
演習問題
第11章 プロジェクトマネジメント
11.1 プロジェクト統合マネジメント
 プロジェクトマネジメントの目的と考え方
 プロジェクトの体制と自己管理
 プロジェクト統合マネジメントの目的と考え方
 プロジェクト統合マネジメントのプロセス
11.2 プロジェクトスコープマネジメント
 プロジェクトスコープマネジメントの目的と考え方
 WBS
 プロジェクトスコープマネジメントのプロセス
11.3 プロジェクトタイムマネジメント
 プロジェクトタイムマネジメントの目的と考え方
 プロジェクトタイムマネジメントのプロセス
 代表的な管理手法
11.4 プロジェクトコストマネジメント
 プロジェクトコストマネジメントの目的と考え方
 プロジェクトコストマネジメントのプロセス
 代表的なコスト見積手法とコスト管理手法
11.5 プロジェクト品質マネジメント
 プロジェクト品質マネジメントの目的と考え方
 プロジェクト品質マネジメントのプロセス
 代表的な品質マネジメントの手法
11.6 プロジェクト人的資源マネジメント
 プロジェクト人的資源マネジメントの目的と考え方
 プロジェクト人的資源マネジメントのプロセス
 外部人材の管理
11.7 プロジェクトコミュニケーションマネジメント
 プロジェクトコミュニケーションマネジメントの目的と考え方
 プロジェクトコミュニケーションマネジメントのプロセス
11.8 プロジェクトリスクマネジメント
 プロジェクトリスクマネジメントの目的と考え方
 プロジェクトリスクマネジメントのプロセス
11.9 プロジェクト調達マネジメント
 プロジェクト調達マネジメントの目的と考え方
 プロジェクト調達マネジメントのプロセス
演習問題
第12章 サービスマネジメント
12.1 サービスマネジメント
 サービスマネジメントの目的と考え方
 ITIL
 システム運用管理者の役割
 SLA
 運用評価指標の評価・検証
 運用引継ぎ
12.2 運用設計・ツール
 スケジュール設計
 障害時運用設計
 システムの導入
 システムの移行
 運用支援ツール
12.3 サービスサポート
 サービスサポートの目的と考え方
 サービスサポート①サービスデスク
 サービスサポート②インシデント管理(障害管理)
 サービスサポート③問題管理
 サービスサポート④変更管理
 サービスサポート⑤リリース管理
 サービスサポート⑥構成管理
 リスク管理
 コンピュータの運用・管理
12.4 サービスデリバリ
 システムの操作
 サービスデリバリ①SLM
 サービスデリバリ②キャパシティ管理
 サービスデリバリ③可用性管理
 サービスデリバリ④ITサービス継続性管理
 サービスデリバリ⑤ITサービス財務管理
 ユーザ管理
 システムの資源管理
12.5 サービスマネジメント構築
 サービスマネジメント構築の考え方
 サービスマネジメント構築手法
12.6 ファシリティマネジメント
 ファシリティマネジメントの目的と考え方
 施設管理・設備管理
 施設・設備の維持保全
演習問題
第13章 システム監査
13.1 システム監査
 監査業務
 システム監査の目的
 システム監査の手順
 システム監査の対象業務
 システムの可監査性
 システム監査計画
 システム監査の実施
 システム監査の報告
 システム監査の評価
 その他のシステム関連の監査①情報セキュリティ監査
 その他のシステム関連の監査②個人情報保護監査
 その他のシステム関連の監査③コンプライアンス監査
 システム監査関連法規①システム監査基準
 システム監査関連法規②情報セキュリティ関連法規
 システム監査関連法規③個人情報保護関連法規
 システム監査関連法規④知的財産権関連法規
 システム監査関連法規⑤労働関連法規
 システム監査関連法規⑥法定監査関連法規
13.2 内部統制
内部統制
 ITガバナンス
 法令遵守状況の評価・改善
演習問題
第14章 情報戦略
14.1 情報システム戦略
 情報システム戦略の目的と考え方
 情報システム戦略の策定手順
 情報システム戦略の策定の留意事項
 情報システム戦略における組織形態
 全体システム化計画
 情報化投資計画
 システム化計画
 企業経営システムのモデル
 エンタープライズアーキテクチャの目的と考え方
 ビジネスアーキテクチャ
 データアーキテクチャ
 アプリケーションアーキテクチャ
 テクノロジアーキテクチャ
 プログラムマネジメント
 オーナ
 フレームワーク
 品質統制
 情報システム戦略実行マネジメント
14.2 業務プロセス
 業務プロセスの改善と問題解決
 ビジネスプロセスマネジメント
 ビジネスプロセスリエンジニアリング
 ビジネスプロセスアウトソーシング
 業務プロセスの可視化の手法
14.3 ソリューションビジネス
 ソリューションビジネス
 SaaS
 その他のソリューションサービス
14.4 システム活用促進・評価
 システム活用促進と評価の目的と考え方
 情報リテラシ
 データ活用
 普及啓発
 情報システム利用実態の評価・検証
 情報システム廃棄
14.5 システム化計画
 システム化構想
 システム化計画
 システム化計画における検討項目
14.6 要件定義
 要求分析の手順
 要求分析の手法
 要件定義の目的
 要件の定義
 要件定義の手法
 利害関係者要件の確認およびシステム戦略との整合性の検証
14.7 調達計画・実施
 調達の前提
 調達計画
 外部資源の利用
 ソフトウェア資産管理
 調達の方法
 情報提供依頼書
 提案依頼書
 提案書・見積書
 調達選定と調達リスク分析
 契約締結
演習問題
第15章 経営戦略
15.1 経営戦略手法
 経営戦略
 全社戦略の策定
 プロダクトポートフォリオマネジメント
 競争戦略の策定
 SWOT分析
 バリューチェーン分析
 成長マトリクス
15.2 マーケティング
 マーケティング分析
 マーケティングミックス
 製品戦略
 CS(顧客満足)
 マーケティング手法
15.3 ビジネス戦略と目標・評価
 ビジネス戦略と目標の設定・評価
 BSC(バランススコアカード)
 ニーズ・ウォンツ分析
 競合分析
 その他の目標設定および評価のための手法
15.4 経営管理システム
 経営管理システム
15.5 技術開発戦略の立案
 技術開発戦略の目的と考え方
 価値創出の三要素
 技術開発戦略の立案手順
 外部資源活用戦略
15.6 技術開発計画
 技術開発計画
 技術開発のロードマップ
15.7 ビジネスシステム
 社内業務支援システム
 基幹業務支援システムおよび業務パッケージ
 行政システム
 公共情報システム
15.8 エンジニアリングシステム
 エンジニアリングシステムの目的と考え方
 生産の自動制御
 生産システム
 コンピュータ支援システム
15.9 e-ビジネス
 EC①電子受発注システム
 EC②電子決済システム
 EC③e-ビジネスの進め方
 EDIの仕組みと特徴
 データ交換での標準
15.10 民生機器
 民生機器
15.11 産業機器
 産業機器
演習問題
第16章 企業活動
16.1 経営・組織論
 企業活動
 経営管理
 経営管理の理論と展開
 ヒューマンリソースマネジメント
 行動科学
 リスクマネジメント
 経営組織
 経営環境の変化
16.2 OR・IE
線形計画法
 在庫問題
 日程計画
 ゲーム理論
 IE(経営工学)分析手法
 検査手法
 品質管理手法
 需要予測
 業務分析・業務計画
16.3 会計・財務
 企業活動と会計①売上と利益の関係
 企業活動と会計②企業会計の手順
 企業活動と会計③決算の仕組み
 企業活動と会計④財務諸表
 財務会計と管理会計
 財務諸表の分析
 キャッシュフロー会計
 資金計画と資金管理
 資産管理
 経済性計算
演習問題
第17章 法務
17.1 知的財産権
 知的財産権
 著作権法
 産業財産権法
 その他の知的財産権に関連する法律
17.2 セキュリティ関連法規
 不正アクセス禁止法
 電子署名及び認証業務などに関する法律
 プロバイダ責任法
17.3 労働関連・取引関連法規
 労働基準法
 労働者派遣法
 労働関連のその他の法律
 下請法
 民法
 商法
 その他の取引関連の法規
 企業間の取引にかかわる契約
17.4 その他の法律・ガイドライン・技術者倫理
 IT基本法
 コンプライアンス
 情報倫理・技術者倫理
 個人情報保護法
 ネットワーク関連法規
 情報セキュリティに関する基準
 金融商品取引法
 会社法
 税法
 e-文書法と電子帳簿保存法
 PL法
 刑法
 情報公開法
17.5 標準化関連
 日本工業規格
 国際規格
 その他の標準
 デファクトスタンダード
 開発と取引の標準
 ソフトウェアの標準
 データの標準
 国際認証の枠組み
演習問題
索引