本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

水の科学 -水の自然誌と生命、環境、未来-

水の科学 -水の自然誌と生命、環境、未来-

  • 著者清田 佳美
  • 定価2,268円 (本体2,100円+税)
  • 判型A5
  • 138頁
  • ISBN978-4-274-21719-7
  • 発売日2015/03/21
  • 発行元オーム社

さまざまな視点から水の科学を丁寧に解説した教科書

水はわれわれの身近にあり、生活環境に多くの影響を及ぼす存在でありながら、意外とその正体は知られていません。また、最近では未曾有の水不足の危機が叫ばれるなど、環境問題の面からも水に対する関心は一般的なレベルで高まっています。
本書では、そもそも水とは何なのか、水と生体の関係、水の循環が地球環境に及ぼす影響、水危機といったトピックを取り上げ、前提知識がなくともわかるような内容の程度と範囲で、わかりやすく解説しています。
また、大学学部における水に関する教養科目用の教科書にもなっています。
序章 水の自然誌への誘い
1 水の自然誌
2 水の研究史と博物学
3 人類と水の関わり
1章 生命の星、地球
1・1 液体の水が存在する惑星条件
1・2 地球の水の歴史
1・3 生命誕生と水
  (1) 水、エネルギーと有機物
  (2) 生命誕生の場所
  (3) 液体の水
  (4) 海の存在
1・4 生命誕生の起源諸説
  (1) 生命の定義
  (2) 起源物質
  (3) 地球起源説
  (4) 宇宙起源説
  (5) 化学進化説の復活
  (6) 生命への飛躍
1・5 地球外生命の探査
●章末問題
2章 水という物質の科学
2・1 構造と特異な特性
  (1) 水の構造
  (2) 構造から生まれる特異な特性
2・2 特異性がもたらすこと
  (1) 自然における役割
  (2) 生物における役割
  (3) 生活における効用
●章末問題
3章 地球の水の姿
3・1 分布と動態
3・2 循環する水
3・3 海 水
  (1) 構造と組成
  (2) 水 温
  (3) 深層水
  (4) 動 態
3・4 河 川
3・5 湖
3・6 地下水
3・7 氷 河
  (1) 氷河の特徴と生成条件
  (2) 氷河に見られる異変
  (3) 日本の氷河
●章末問題
4章 水の気象と脅威
4・1 降 水
  (1) 大気中の水蒸気
  (2) 降水のメカニズム
  (3) 降水の分類と特徴
  (4) 雨の成分
4・2 水の災害と防災
  (1) 台 風
  (2) 集中豪雨、ゲリラ豪雨
  (3) 土砂崩れ、土石流、深層崩壊
  (4) 津 波
4・3 防 災
  (1) 気象観測網
  (2) 災害対策
  (3) 警報と注意報
●章末問題
5章 水が織りなす造形美とその科学
5・1 水・氷の造形
  (1) 水が生み出す自然美
  (2) 雪片、樹氷、氷瀑
5・2 水が生み出す音
  (1) 音を見分けるスペクトル
  (2) 水の音
5・3 流水がつくる世界
  (1) 自然の水の流れ
  (2) 水の流れの造形美
  (3) 間欠泉
●章末問題
6章 水と文明
6・1 文明の興亡における水の関わり
  (1) 古代文明
  (2) 都市化による衰退の構図
  (3) 近 代
6・2 水との共生
  (1) 下水活用
  (2) 水環境保全
●章末問題
7章 生命と水の科学
7・1 生体の水
  (1) 水のはたらき
  (2) 体の水
  (3) 水の状態
7・2 美味しい水、体にいい水
  (1) 水の評価指標
  (2) 美味しい水の条件
  (3) いろいろな水
●章末問題
8章 水と暮らし
8・1 浄水・下水処理
  (1) 浄水場と下水処理場のしくみ
  (2) 水質汚染の判定指標
8・2 水とエネルギー
  (1) 発 電
  (2) 海洋エネルギー
  (3) 燃 料
8・3 水と文化
  (1)暮らしの中の水利用の多様化と高度化
  (2) 水の癒し
  (3) 温泉の科学
8・4 水管理・制御技術
  (1) 消 防
  (2) 水族館における水管理
  (3) 養殖、栽培
●章末問題
9章 資源としての水
9・1 水資源の実態と評価
9・2 世界の水事情
9・3 日本の水事情
  (1) 水資源
  (2) 水使用状況
  (3) バーチャルウォーター
9・4 水の世紀、未来
  (1) 水問題の摩擦
  (2) 国際社会の動き
●章末問題
●参考資料
●索  引