本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

コンピュータサイエンス探偵の事件簿 データ構造と探索アルゴリズムが導く真実

コンピュータサイエンス探偵の事件簿 データ構造と探索アルゴリズムが導く真実

  • 著者Jeremy Kubica鈴木 幸敏
  • 定価2,700円 (本体2,500円+税)
  • 判型A5
  • 272頁
  • ISBN978-4-87311-843-7
  • 発売日2018/06/20
  • 発行元オライリー・ジャパン

CSの基礎「検索とデータ構造」を推理小説仕立てで解説!

私立探偵、フランク・ランタイムが、警察署から盗まれた書類の犯人を追うというストーリーの中で、犯人像に迫る過程で、検索アルゴリズムや適切なデータ構造を選択するという行動を通して、コンピュータサイエンスの基本を身につけていきます。取り上げる検索アルゴリズムは、線形探索、最良優先探索、深さ優先探索、幅優先探索、並列化、二分探索、全数検索など。データ構造は、文字列、配列、スタック、キューについて解説します。