本文へスキップします。

セミナーDB:詳細

電験三種受験セミナー -実力養成コース-

  • 電力・機械・法規を理解する基本の「理論」を充実!
  • 出題傾向に即した講習内容・徹底した指導で実力アップが図れます。
  • 科目別の受講ができます。
理論 講義内容のポイントはこちらから
公式の意味と問題への応用法を的確に解説します。とりわけ交流回路を「三角関数」、「べクトル」、「複素数」で扱う方法は、充分な理解が得られるように重点項目として力を注ぎます。
数学の苦手な方は、12月3日(土)、4日(日)に実施する「電験三種 数学基礎講座」の受講をお薦めします。実力養成コースでは数学基礎の講義は行いません。
電力 講義内容のポイントはこちらから
電気の発生から電力の流れ、電力の消費に至る一連の流れの中で、それぞれの時点で必要な公式と関連問題について解説します。
法規 講義内容のポイントはこちらから
電気事業法関連法規及び電気設備技術基準、同基準・解釈の意味するところを重点解説し、施設管理では、電気設備を保守する上で必要となる計算問題等について解説します。
機械 講義内容のポイントはこちらから
出題の中心を成す「変圧器・誘導機・直流機・同期機」の特徴を的確に理解し、「自動制御」を中心とした電気応用分野に必要な公式と関連問題について、その考え方、解き方を解説します。

(前年度同講習受講者アンケートより)

理論
  • とてもわかりやすく、よく理解できた。
  • テブナンの定理の使い方が難しかった。
  • 計算はとにかく、考え方の方法が丁寧でわかりやすかった。
  • 交流回路も直流回路と同じ様にオームの法則が適用できることがわかり、目からウロコが落ちた。
電力
  • 電力は写真等の資料があり、わかりやすかった。本番の試験に出題されそうな問題から解説していただいたので、今後の勉強で的を絞ることができる。
  • 資料が配られるので、ノートをとる必要がなく講義に集中はできた。
  • 話し方がゆっくりで、丁寧で聞き易かった。出題傾向の高い問題を解きながら解説してくれた。勉強不足でも、簡単な問題が解けるようになりました。
法規
  • 重要ポイントがわかって良かった。資料が充実していた。
  • 範囲を上手く絞ってくれていた。
  • 学習計画の立て方、過去問の出題範囲分析が良かった。
  • 実務的な話もして頂き、良かった。(短絡電流の計算)をノートに書いて頂き分り易かった。
機械
  • 計算で必要な公式だけでなく、図を使った解法、考え方が良かった。
  • 自分のレベルを確認できると共に、自分が潜在的に苦手で避けていた項目に気付きました。モチベーションを維持する起爆剤にもなりました。
  • 重要なポイントがわかり、覚えなくて良い所がハッキリしたのが良かった。
  • 丁寧な解説。試験問題作りの際に、どの様な観点から作られるのかを聴けたので対策ができそう。テキストのわからない所を教えてくれたので助かった。
開催日
理 論 平成29年1月14日(土) 直流回路・交流回路(1) ≪終了≫
平成29年1月15日(日) 交流回路(2) ≪終了≫
平成29年1月21日(土) 静電気・磁気 ≪終了≫
平成29年1月22日(日) 電子工学・電子計測 ≪終了≫
電 力 平成29年2月4日(土) 発電 ≪終了≫
平成29年2月5日(日) 送電・変電 ≪終了≫
平成29年2月11日(土) 配電・電気材料 ≪終了≫
法 規 平成29年2月18日(土) 電気法規・施設管理 ≪終了≫
平成29年2月19日(日) 計算問題・電気施設管理 ≪終了≫
機 械 平成29年3月4日(土) 電気・電子機器(変圧器・誘導機) ≪満員≫
平成29年3月5日(日) 電気・電子機器(直流機・同期機・パワーエレクトロニクス) ≪満員≫
平成29年3月12日(日) 電気・電子機器(電力応用) ≪満員≫
※「機械」は定員に達したため申込締切
開催時間 各日共 9時30分~17時00分
開催場所 オーム社 ゼミルーム
東京都千代田区神田錦町3-1 オームビル地下1階
受講料
(税込)
【全科目】
 106,000円

【科目別】
 理論:38,000円 ≪終了≫
 電力:28,000円 ≪終了≫
 法規:22,000円 ≪終了≫
 機械:28,000円 ≪定員に達したため締切≫

*テキスト代・昼食代は含みません。また欠席の場合は返金いたしません。
定 員 44名(定員になり次第締め切ります)

関連セミナー