本文へスキップします。

セミナーDB:詳細

電験三種 パワーエレクトロニクス基礎講座

  • 電験三種受験に必要なパワーエレクトロニクスの基礎力を習得するための講座です。
  • 電験三種合格に必要となるパワエレの基本を学びたい方はもちろん、電験二種以上をめざす受験者にも再学習、基礎力強化に最適な内容となっています。

前年度同講習受講者アンケートより

  • 本講習の内容が実際の仕事にはどのように使用されているかの説明があり、わかりやすかった。また、質問時間をとって回答いただいてためになった。
  • 難しい式を使わずにわかりやすく各回路の動作の基本を説明してもらい、よく理解できた。用語で覚えていた部分も仕組みを知ることができてよかった。
  • 記号や公式など難しく独学ではわからないものが多かったが、スイッチなどに等価して考えるなどわかりやすく解説されていた。特に作図からの公式の導き出しがとてもよかった。
  • 電流の大きさを図で表すなど、数字・数式を多用せずに説明しているのがよかった。段階を踏んだ教え方でわかりやすかった。
開催日 2018年3月3日(土)および4日(日)
開催時間 各日共 9時30分~17時00分
開催場所 オーム社 ゼミルーム
東京都千代田区神田錦町3-1 オームビル地下1階(地図
講義内容

第1日目:3月3日(土)

1)
主なパワエレ素子(ダイオード、トランジスタ、IGBT、サイリスタ)の動作の考え方。
2)
パルス電圧・電流に対するR・L・Cの作用。
3)
直流チョッパ(降圧、昇圧、昇降圧)回路の動作原理、出力電圧計算方法。
4)
ダイオード整流回路(単相半波、FD付単相半波、二相半波、単相ブリッジ、三相ブリッジ)の動作原理、出力電圧計算方法。
5)
サイリスタ整流回路(単相半波、単相ブリッジ、単相混合ブリッジ)の動作原理、出力電圧計算方法。
上記2)~5)の問題演習

第2日目:3月4日(日)

6)
サイリスタ単相交流電力調整回路とTCRの動作原理、出力電圧計算方法。
7)
単相2パルスIGBTインバータ回路の動作原理と出力電圧・電流の計算方法。
8)
PWM制御(三角波比較方式、ヒステリシス方式)の原理と正弦波交流基本波成分の見方。
9)
電圧型PWMインバータ回路(単相、三相)の動作原理。
10)
単相電圧形PWM整流回路とSTATCOMの動作原理。
上記6)~9)の問題演習
受講料(税込) 22,000円
*テキスト代・昼食代は含みません。また欠席の場合は返金いたしません。
定員 44名(定員になり次第締め切ります)

関連セミナー

  • 電験三種受験セミナー -実力養成コース-(2018年1月~3月/12日間)
  • 電験三種受験セミナー -合格特訓コース-(2018年3月下旬~6月上旬開講/10日間)
  • 電験三種受験セミナー -直前問題演習コース-(2018年7月~8月上旬開講予定/8日間)

お支払いについて

  • 受講料は銀行振込または、現金書留にてお支払いください。
  • テキストご希望の方は受講料に加えてテキスト代の合計額をお送りください。
  • 入金確認後に受講確認メールをお届けいたします。

振込先:下記のいずれかの銀行にお振込みください。振込手数料は、お客様にてご負担ください。

三井住友銀行 神田支店 普通預金 0930623
みずほ銀行 神田支店 普通預金 1066649
三菱東京UFJ銀行 神田支店 普通預金 0173400
口座名義 株式会社オーム社
カ)オームシャ