本文へスキップします。

セミナーDB:詳細

昭電主催・オーム社「電気と工事」共催【無料】セミナー「設計・施工者向け!雷害対策 最新のJIS・IEC規格に対応した最新SPD講座」

昨今では、温暖化などの影響でゲリラ豪雨(雷雨)と呼ばれる激しい雷雨が多発し、年間を通じて雷被害が拡大しています。それに伴い雷害対策製品の需要・導入も増加傾向にあります。その一方で、SPDの故障による電源短絡事故が原因で火災になるトラブルも発生しています。また、JISやIEC規格が改訂され、以前の雷害対策設計とは、設計方法も大きな変更が必要となることもあります。

そこで、皆さまに最新の雷害対策について半日で学んでいただくべく本講習会を企画いたしました。設備設計や施工者向けに最新の関連規格およびSPDをご紹介いたします。ぜひこの機会にご参加ください。


東京会場の様子(昨年度)
第1講 電気設備雷被害の実態とSPDによる雷保護の最新動向
講師
(株)昭電 雷対策システム部   次長 鈴木 淳一
[受賞歴]第41回発明大賞 考案功労賞 受賞
時間 13:30~14:30(60分)
講演内容 地球温暖化により落雷頻度が増加している今日、電気設備の雷リスクが高まり建築電気設備への雷害対策の実施は必要不可欠なものとなっています。
本講では、JISを用いた雷害対策の概要とSPDの選定および施工方法について解説します。
  1. 雷被害実態
  2. 雷害対策JISの概要
  3. SPDによる雷対策設計
  4. SPDの施工、保守
第2講 最新のJIS・IEC規格の概要とSPDに必要な定格
講師
(株)昭電 雷対策システム部 課長代理 垣内 健介
[受賞歴]第41回発明大賞 考案功労賞 受賞
[委員歴]SC37A国内委員会 WG3主査、SC37A幹事/IEC SC37A WG3,WG4,WG5エキスパート
時間 14:45~15:45(60分)
講演内容 2014年以降、最新IECと整合をとるため、雷保護(JIS Z 9290シリーズ)およびSPD(JIS C 5381シリーズ)のJIS改訂が実施されました。特に電源用SPDでは、SPDの安全性に関する要求が大幅に追加され、従来の規定では最新のJISに対応できないケースが増えてきています。さらにIECでは新たにPV用SPDの規格が制定されるなど雷保護の考え方が変わっています。
本講では雷保護及びSPDに関する最新のJISおよびIECの要求事項を詳しく解説し、SPDに必要な定格と安全性についてご説明します。
  1. 雷保護に関するJISの改訂(JIS Z 9290シリーズ)
  2. SPDに関するJISの改訂(JIS C 5381シリーズ)
  3. 電源用SPDに要求する性能
  4. 通信用SPDに要求する性能
  5. PV用SPDに要求する性能
第3講 最新のSPD技術
講師
(株)昭電 雷対策システム部 課長代理 垣内 健介
時間 16:00~16:40(40分)
講演内容 昭電は、2010年に分離器内蔵SPDを発表した後、直流の遮断技術、全領域遮断技術、通信用SPDの故障検知技術等、革新的な技術を導入してきました。今回更なる新技術を搭載したSPDを発表するにあたり、その特徴と機能をご説明します。
  1. 昭電の革新的なSPD技術
  2. 新技術を搭載したSPD

※休憩時間とセミナー終了後に雷害対策相談コーナーをご用意。もちろん、本講の内容以外でも雷害に関する質問にお答えします。

昨年度同講習受講者アンケートより

非常にわかりやすく勉強になりました。次のステップセミナーを期待しています。

配布資料のボリュームの多さ、実践的な内容。大満足です。

とても勉強になる内容でした。質問窓口で実務で困っていることを相談させていただき大変参考になりました。

現在、施工を考える際に、SPDの重要性が大きいのでセミナーに参加してよかったです。

雷害対策セミナーの最新版!好評につき今年も開催!

開催日 2018年7月12日(木)
開催時間 13時30分~16時40分
開催場所 オーム社 BF1ゼミルーム
東京都千代田区神田錦町3-1 オームビル地下1階(地図
主 催 株式会社昭電
共 催 株式会社オーム社「電気と工事」編集部
受講料 無料
定 員 50名(申し込み多数の場合は、抽選とさせていただきます。なお、同業者の方は、お断りさせていただきますのでご了承ください)
申込み 6月28日(木)17:00まで
主な対象者 設備設計・施工担当者
問い合わせ先 株式会社オーム社 セミナー業務室
TEL:03-3233-0680/FAX:03-3291-1322