本文へスキップします。

セミナーDB:詳細

【東京開催】昭電主催・オーム社「電気と工事」共催【無料】セミナー「設計・施工者向け!雷害対策 最新のJIS・IEC規格に対応した最新SPD講座」

昨今では、温暖化などの影響でゲリラ豪雨(雷雨)と呼ばれる激しい雷雨が多発し、年間を通じて雷被害が拡大しています。それに伴い雷害対策製品の需要・導入も増加傾向にあります。その一方で、SPDの故障による電源短絡事故が原因で火災になるトラブルも発生しています。また、JISやIEC規格が改訂され、以前の雷害対策設計とは、設計方法も大きな変更が必要となることもあります。

そこで、皆さまに最新の雷害対策について半日で学んでいただくべく本講習会を企画いたしました。設備設計や施工者向けに最新の関連規格およびSPDをご紹介いたします。ぜひこの機会にご参加ください。


東京会場の様子
第1講 雷保護、SPDに関する最新情報
講師
(株)昭電 雷対策システム部 課長 垣内 健介
[受賞歴]第41回発明大賞 考案功労賞 受賞
[委員歴]SC37A国内委員会 WG3主査、SC37A幹事/IEC SC37A WG3,WG4,WG5エキスパート
時間 13:30~14:30(60分)
講演趣旨

 2014年以降、国際電気標準会議(IEC)が制定する最新の国際規格と整合をとるため、雷保護(JIS Z 9290シリーズ)及びSPD(JIS C 5381シリーズ)のJIS改正がありました。このJIS改正を受け、国内の雷保護に関する規定、基準も変更された結果、古い基準での雷保護設計では、最新の基準に適合しない問題が生じています。
 本稿では、雷保護及びSPDに関する最新JIS、規定、基準の情報を解説し、最新の基準に適合した雷保護設計の文章化について説明します。

【プログラム】
  1. 雷保護(JIS Z 9290シリーズ)最新情報
  2. SPD(JIS C 5381シリーズ)最新情報
  3. その他、雷保護に関する最新の規定、基準の情報
  4. 雷保護設計の文章化
第2講 最新の規格に適合した雷保護設計
講師
(株)昭電 雷対策システム部 課長 垣内 健介
時間 14:45~15:35(50分)
講演趣旨

 電源設備、通信設備、太陽光発電設備における、最新の規格に適合した雷保護設計を詳しく説明し、各ケースにおける具体的な設計例を示します。この講演で配布する最新の雷保護設計を記した図面は、貴社における雷保護設計、及び基準構築をサポートします。

【プログラム】
  1. 電源設備の雷保護設計
  2. 通信設備の雷保護設計
  3. 太陽光発電設備の雷保護設計
第3講 SPDの施工、保守と最新SPDの紹介
講師
(株)昭電 雷対策システム部 次長 鈴木 淳一
[受賞歴]第41回発明大賞 考案功労賞 受賞
時間 15:50~16:40(50分)
講演趣旨

 SPDは電源線や通信線に接続するだけでは、十分な効果はありません。接続電線長、接地線の接続、等電位ボンディング、配線ルート等、SPDは施工により性能が大きく変わります。そのため、SPDによる雷保護のためには適切な施工が必ず必要です。
 本稿では、SPD施工の注意点、保守(メンテナンス)の重要性、それから最新SPDの紹介を行います。

【プログラム】
  1. SPD施工の注意点
  2. 保守
  3. 最新SPDの紹介

当日は、講義の進行により、講演内容とタイムテーブルの変更がある場合があります。

東京開催セミナー受講者アンケートより

最新の技術やJIS等を学ぶ事ができ、勉強になりました。

なかなかこういう話を聞く機会がないので、ためになりました。

規格の概要はよく調べないとわからない事が多く、資料がわかりやすいと感じた。

SPDの重要性、定期的な点検等が必要であることをよく理解できました。

開催日 2019年7月10日(水)
※詳しい講義項目は、こちら からご確認ください。
開催時間 13時30分~16時40分
開催場所 秋葉原UDX NEXT-1
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX 4F NEXT-1 地図
主 催 株式会社昭電
共 催 株式会社オーム社「電気と工事」編集部
受講料 無料
定 員 130名
(申し込み多数の場合は、抽選とさせていただきます。なお、同業者の方は、お断りさせていただきますのでご了承ください)
申込み期限 6月20日(木)17:00まで
主な対象者 設備設計・施工担当者、設備管理者
問い合わせ先 株式会社オーム社 オームセミナー室
TEL:03-3233-0680/FAX:03-3291-1322