Home
Home > 資格試験 合格のためのワンポイントアドバイス 電験二種 OHM編
2013年4月12日更新
資格試験 合格のためのワンポイントアドバイス 電験二種 OHM  

平成25年度試験日程
  一次試験 二次試験
試験日 平成25年8月31日(土) 平成25年11月24日(日)
郵便窓口による受付期間 平成25年5月20日(月)〜6月7日(金)
インターネットによる受付期間 平成25年5月20日(月)10:00〜6月14日(金)17:00まで
合格発表日 平成25年10月中旬(予定) 平成26年2月上旬(予定)
受験料 12800円
(インターネット申込みの場合:12400円)
一次試験 学習計画

9月〜翌年5月 実力練成期

 電験は、出題範囲が広く、覚えることがたくさんあるので、要領よく整理しておきたい。公式などは基本となる式を覚え、その基本式から試験に用いる各種公式が誘導できるぐらいになるまで演習したい。

あなたを合格に導く参考書

6月〜8月 直前錬成期

 過去問題を集めて出題傾向を分析してみる。出題頻度の高い問題から手をつけていけば、合格は以外と身近になってくる。
 新制度の科目合格制度を活用して順番に取っていく方法も考えられる。一次試験の有効期間は3年なので、1年目に電力科目と法規科目を、2年目に理論科目を、3年目に機械科目と順に確実にクリアしていくことも考えられる。「合格するまであきらめない!」これが合格するための秘訣。

あなたを合格に導く参考書
二次試験 学習計画
 論説問題の対策としては、最新技術情報(「OHM」誌の“電気技術者のためのキーテクノロジー精選など)を入手し、これをまとめておくとよい。新技術導入の背景、特徴、従来技術と比較したときの利害得失、問題点などのポイントを押さえておくことが重要。
あなたを合格に導く参考書
受験勉強の10ポイント
  1. スケジュールを立てて計画的に学習する。
  2. 勉強する時間を捻出する
  3. 少しの時間でもよいので毎日勉強
  4. 夜のつきあいも程々に
  5. たまには思い切りリフレッシュ
  6. 他人に受験することを吹聴し、自分自身にハッパをかける
  7. 過去20年間の出題傾向を分析する
  8. トレンド問題対策は、「OHM」や「新電気」のニュースや記事が最適
  9. 過去問題20年分を出題頻度の高い問題から演習する
  10. 要点はノートにとっておく
ページトップへ戻る