Home > 事業・会社案内 > 事業沿革
Ohmushaからのご挨拶会社概要事業沿革部署別電話番号関連・海外提携会社のご紹介

事業沿革

1914年
電力技術の勃興期に『OHM』創刊と共に廣田精一によってオーム社創業(東京神田)。
1918年
『百故障失策』−書籍第1号−刊行。
1923年
関東大震災で東京事務所全焼、『OHM』誌大阪で発行。
1924年
東京事務所社屋新築、印刷工場も新設。
1936年
電気工事人免許試験施行、『電気工事読本(全3巻)』ベストセラーとなる。
1939年
創業25周年を記念し、電検第一種合格者に対し第1回オーム奨学賞授与(1998年まで毎年授与)。
1943年
出版企業整備要綱発令。社名を株式会社電気日本社と変更。
1946年
自然科学書協会設立とともに加盟。
1947年
社名を株式会社オーム社に復す。電験三種の受験指導雑誌『新電気』創刊。
1948年
当社の提唱により工学書の版元25社が集い工学書協会設立。
1953年
アジア文化交流出版会(現(社)出版文化国際交流会)設立、事務所をオーム社内におく。
サンフランシスコ講和を記念したオーム技術賞第1回贈呈式。
1954年
G.S.Ohm没後100年祭を東京銀座ヤマハホールで挙行。
『Georg Simon Ohmその生涯と業績』発行。
1955年
(社)日本電気技術者協会が設立され事務所をオーム社内におく。
1957年
日本書籍出版協会設立とともに加盟。
『検定 電気一般』―文部省(現文部科学省)検定教科書第1号―刊行。
1958年
電験三種解答速報会開始。
1960年
電気と工事』創刊、創刊号を増刷する異例のスタート。
1962年
科学技術庁(現文部科学省)の外郭団体として(財)電気科学技術奨励会設立。
1964年
創業50周年記念講演会ほか多彩な行事実施。
『新版 無線工学ハンドブック』『薄膜工学ハンドブック』『自家用電気主任技術者ハンドブック』『シーケンス自動制御便覧』『ハンディブック電気』『建築スタディブック』ほか10大ハンドブック刊行。
1965年
PR誌『OHM BULLETIN』創刊。
1966年
第1回電験三種試験突破研究会(無料講習会)を東京、大阪、高松で開催。
日本電気計器検定所の『電気検定所技報』の発行を引受ける。
1967年
ビル・工場のための『設備と管理』誌創刊。
1968年
第1回電気工事士試験突破研究会を東京、大阪で開催。
1978年
神田錦町に現在の本社ビル完成。
電気の学際的研究功績者のための「大山松次郎賞」設定(財団法人電気科学技術奨励会)。
1979年
書籍見本市フランクフルト・ブックフェアにブースを開設。
1982年
『ワードプロセッサ読本』―FD原稿による電子出版わが国第1号。
1983年
英文学術ジャーナル”New Generation Computing”創刊、Springer社発売。
訪問販売商品<現代電気工事大系(全46巻)>刊行。
1986年
『New DIAMOND』『人工知能学会誌』の制作発売開始。
1989年
創業75周年記念パーティーを東京丸の内パレスホテルで挙行。
1991年
オームビル新館竣工。<スーパービギナーシリーズ>パソコン実用書の登場。
1993年
総合電気雑誌『OHM』通巻1000号を迎える。
1994年
創業80周年―記念講演会を有楽町朝日ホールにて開催。
<テクノライフ選書>刊行開始。
1996年
インターネット・ホームページ開設。
1998年
ロボコンマガジン』創刊。
2001年
『電気工学ハンドブック第6版』刊行(電気学会編)、13年ぶりの改訂。
「読書のめぐみ運動」50周年記念式典にて、法務大臣より感謝状を受く。
2002年
オーム技術賞(電気科学技術奨励賞)創設50周年/財団法人電気科学技術奨励会設立40周年記念しての講演会・贈呈式開催。
2003年
ナノテクノロジーハンドブック』『デジタル放送ハンドブック』等刊行。
2004年
マンガでわかるシリーズ>刊行。
2007年
現代電力技術便覧』『原子力ハンドブック』刊行。
2009年
創業95周年記念講演会を一ツ橋記念講堂で開催。
2013年
電気工学ハンドブック 第7版』刊行(電気学会創立125周年記念出版)刊行。
2014年
11月1日でオーム社創業100周年を迎え、11月7日に「100周年記念祝賀会」を東京會舘において開催。また、『OHM』100周年記念号の発行、および「オーム社100冊プロジェクト」、記念読者見学会、「オーム社100周年フェア」を実施。