ROBOCON Magazine No.24

no24.jpg

ROBOCON Magazine No.24

■定価:880円(税込み)
■判型:A4変形判 140頁
■発売日:2002年10月15日
■ISBN:4-274-08732-8
好評につき完売いたしました。ご了承下さい。

定期購読のお申し込みは、こちらからお願い致します。

表紙のロボット:第2回ROBO-ONEで優勝した森永英一郎さん製作「Metallic Fighter」。詳細は本号10〜17頁。
表紙の撮影:其田益成


立ち読みコーナーは現在営業中です。記事名の横にpdf.gifのアイコンがあるものは、記事の一部を閲覧することができます。閲覧にはAdobe Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロードして下さい。
お知らせ
※お詫びと訂正 「BOOK REVIEW」P.135でゲッターロボについて「ご存じのように3機の小型飛行機が合体して21体のロボットになって、敵役の機械獣たちと戦う。」とありますが、正しくは「ご存じのように3機の小型飛行機が合体して21体のロボットになって、敵役のメカ ザウルスたちと戦う。」となります。関係者ならびに読者の皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げるとともに、ここに訂正致します。東京都の浜村さん、御指摘有り難うございました。

「ABUアジア太平洋ロボットコンテスト2002東京大会」P.132の豊橋技術科学大学の自動制御ロボット「直線番長」の紹介記事に紹介において、写真が全て「直線番長」ではなく、「WADA-R」の写真となっておりました。正式には以下の写真で9番スポット(トップスポット)にボールを入れているのが「直線番長」です(写真をクリックすることで元のサイズでご覧になれます)。関係者ならびに読者の皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げるとともに、ここに訂正致します。

SC00059.jpg

SC00088.jpg

「第2回レスキューロボットコンテストレポート」P.85のTUTロボコン同好会 R 2ndの紹介において、「ベストオペレーションは、木製のマスターアームとヘッドマウントディスプレイの組み合わせ。帽子に取り付けた傾斜角センサによりカメラのコントロールも行うなど、最新のテクノロジーを装備。」とありますが、文中で使われている「傾斜角センサ」は正しくは「角加速度センサ」となり、「帽子」は正しくは「ヘッドフォン」となります。関係者ならびに読者の皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げるとともに、ここに訂正致します。

「清水先生のRobocon Basic Study」P.121で「無人探査機のシステムは母船と、母船からワイヤーで釣り下げられる大きな探査機アルゴとここから放たれ海底を自由に動き回ジェイソンからできていました。」とありますが、正しくは「無人探査機のシステムは母船と、母船からワイヤーで釣り下げられる大きな探査機アルゴとここから放たれ海底を自由に動き回るジェイソンからできていました。」となります。関係者ならびに読者の皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げるとともに、ここに訂正致します。

ロボコンマガジン コンテンツ
  • 早くも第2回大会が開催! 白熱! 第2回ROBO-ONEレポート
  • ロボット開発に携わる企業 その5 村田製作所
  • ヒューマノイドロボットプロジェクトの新しい成果 HRP-2Pが起き上がり動作を獲得!
  • ロボット相撲10kg級にチャレンジ!! 第1回 みんな集まれ! ロボコンやろうぜ!!
  • 日本工学院八王子専門学校ロボット科
  • 手作りバーチャルリアリティを競う IVRC2002東京予選が開催
  • しゃべるAIBOにスピードボードに乗るAIBO。AIBOのこれから
  • エンタテインメントロボットフォーラム
ロボット コンテスト レポート
  • ABUアジア・太平洋ロボットコンテスト2002東京大会
  • 第9回かわさきロボット競技大会
  • 第2回 レスキューロボットコンテスト
  • 第4回電子ロボと遊ぶアイデアコンテスト
LEGO® MINDSTORMS®
  • Jin SatoのMINDSTORMSな日々 第22回 パソコンでRCXをコントロールしてみよう(パート2)
  • Joe NagataのLEGO® MINDSTORMS®製作テクニック 第13回 歩く箱
  • LEGO® MINDSTORMS®のギアを使いこなす 第7回
  • レゴスタジオで映画監督になろう! 第7回
  • 年に一度のレゴファンのお祭り 第6回 LEGO® MINDSTORMS®フェスティバル
  • おとなもこどもも夢中! レゴ マインドストームキャンプレポートロボット製作・工作
ロボット製作・工作
  • 初心者のための二足歩行ロボットの作り方 第6回
  • ロボット相撲超ウルトラスーパービギナーズテック 第5回
  • 中学生からはじめる! オリジナルロボットを作ろう 第9回 プッシュライトロボットを作ろう!
  • 工作キットワールド 第22回 エアシューターを作るぞ!
連 載
  • SONY OPEN-R SDKプログラム AIBOでロボコンできちゃうかも! 第2回 いきなり見せ場がやってきた!
  • art+ROBOT 第17回 ロボットの幽霊はどこへ行く 岡 美里
  • ロボットゲーム最前線 「ギガンティック ドライブ」
  • 電動王国 第14回 走る!?ロボット
  • ロボットの構造を手軽に解析! メカシム〜Mechanic Simulation〜 第16回
  • 近藤敏信のSFおもちゃ館 第23回 ミニラジコン戦車編
  • ロボット博士の創造への扉 第23回 台所に学ぶロボット新化学工場――パイプレス工場――
  • 清水先生のRobocon Basic Study 最終回 自由な発想と新しいものへ挑戦してみる気持
  • ロボット知的財産権教室 第2回
  • サイエンスプロデューサー米村傳治郎のおもしろ科学館 地球にやさしい太陽熱活用術
  • 日本ロボット学会協力企画 名物研究者から未来の研究者へのメッセージ
  • 第7回 東京大学大学院 情報理工学系研究科 知能機械情報学専攻 佐藤 知正 教授
  • イングリッシュ道場 生体ロボットRatbots
  • ロボマガ映画館 ジェイソンX 13日の金曜日
  • BOOK REVIEW ロボットマンガは実現するか
  • Robot News Clip
  • ロボマガひろば
  • 読者プレゼント
  • 次号予告
  • 全国ロボコンマップ

◆本誌記事に関するお問い合わせは、左のサイトマップより「ご意見・お問い合わせ」のページからお願いいたします。
◆本誌への広告掲載についてのお問い合わせは、オーム社広告部(TEL 03-3233-0531)で承ります。
◆定期購読のお申し込みは、オーム社販売部(TEL 03-3233-0643)で承ります。

Microsoft、Windows、MS-DOSは、米国Microsoft社の米国およびその他の国における登録商標です。
Macintoshは、米国AppleComputer社の米国およびその他の国における登録商標です。
レゴはレゴグループの登録商標です。レゴシステムはレゴグループの商標です。
ROBO-ONEは(株)ベストテクノロジーの登録商標です。

リバスト

タマディック

アフレル

三和電気計器

ツクモROBOT王国

ヴイストンロボットセンター

秋月電子通商

近藤科学

Robotma.com

双葉電子工業

ロボット検定

国際ロボット展

 

ヒューマンアカデミー
ロボットカレッジはこちら!

ヒューマンアカデミーロボットカレッジ

関連書籍新刊

アクリルロボット工作ガイド
アクリルロボット復刻!工作のアイデアが満載の一冊
ロボット考学と人間
─未来のためのロボット工学─

ロボットづくり、ものづくりの神髄はここに!
新しい機械の教科書 第2版
これからもの作りをはじめる人のための「機械の教科書」決定版
MATLAB/Simulinkによるモデルベースデザイン入門
数値解析ソフトのデファクト「MATLAB/Simulink」によるモデルベースデザイン入門書!
タミヤ工作パーツで作る しくみがわかるロボット工作教室
手軽にチャレンジ!簡単ロボット工作
PICではじめる! RCサーボロボット製作入門
複数のRCサーボの制御でユニークなロボットたちを動かそう!
災害とロボット ―大震災から見えてきたロボットのあり方―
3.11以降、日本の災害対応ロボットに求められたものとは
ARプログラミング ―Processingでつくる拡張現実感のレシピ―
ARで実世界をコントロール!
ロボコン部品ガイドブック
自作ロボットユーザーのための、部品の選び方、使い方ガイド
人工衛星をつくる
―設計から打ち上げまで―

次世代のはやぶさを作りたい人に贈る!人工衛星製作の解説本!
ロボットテクノロジー
最新のロボット技術を一望できる!
アンドロイドを造る
アンドロイドの構造を大公開!
モジュール化で理解する
電子工作の基本ワザ

「モジュール化」というマイコンの新しい楽しみ方を提案