2009年4月バックナンバー

こんにちは。編集長です。ニュースではゴールデンウィークがはじまったとのことですが、朝の電車は相変わらずのラッシュでした。

さてNo.62で紹介したインターネットにつながるウサギ型ロボット「Nabaztag」の、「ザ・コンランショップ」での店頭販売が4月29日からはじまるそうです。オンラインショップではすでに販売がはじまっていて、「GIFTS」の「TECHNO BOY」のところに掲載されています。

Nabaztagの価格は24,800円。日本語でのサービスもはじまったので、より使いやすくなったのではと思います。

ザ・コンランショップは東京だと丸ビルと新宿パークタワーにありますね。あとは名古屋と福岡。とりあえず見てみたい、というかたは店舗に行ってみるのもいいかもしれません。

ロボットアイドル・一之瀬まゆさんが1日店長として来店!


  • 日時
    5月6日(水・祝) 13:00?15:00

  • 内容
    ロボットセンターのオープンを記念して、ロボットアイドル・一之瀬まゆさんが1日店長として来店されます!


エンジニアアワード説明会


  • 日時
    5月30日(土) 13:00?15:00

  • 内容
    エンカフェによるSNSを活用した新しい技術コンテスト「エンジニアアワード」Beauto部門の説明会


※イベント詳細については、ヴイストン株式会社(電話:03-3256-6676)までお電話ください。
ヴイストンロボットセンター
http://www.vstone.co.jp/top/robotcenter/

工作教室のお申し込みはこちらまで!
E-mail: infodesk(at)vstone.co.jp
電話:03-3256-6676
※諸事情により、日程や内容が変更される場合があります。
※小学校低学年以下のお子様のご参加には、保護者の同伴が必要です。


■教材を使った工作教室
教材を組み立てる工作教室です。


  • 4/29(水)
    開店中随時(人数:制限なし 料金:無料 教材:ぷるぷるシリーズ(3種類))
    ※オープニングイベント!
    先着30名様タミヤ社ぷるぷるシリーズ(3種類各10体まで)無料で組み立ていただけます!

  • 4/30(木)
    13:00−14:30(人数:10名 料金:840円 教材:ぷるぷるキツネ)
    ※振動で滑るように動き出すキツネを組み立てる工作教室です。

  • 5/1(金)
    13:00−14:30(人数:10名 料金:1,890円 教材:スクローラー)
    ※回転しながら自走する不思議なメカを作る工作教室です。

  • 5/2(土)
    13:00−14:30(人数:10名 料金:1,050円 教材:DIYペット・ウサギ)
    ※モーターで動くウサギを組み立てる工作教室です。
    15:00−17:00(人数:8名 料金:5,985円 教材:Beauto Chaser)
    ※台車型ロボットBeauto Chaserを組み立てる工作教室です。教材はお持ち帰りいただけます。

  • 5/3(日)
    13:00−14:30(人数:10名 料金:1,050円 教材:DIYペット・カメ)
    ※モーターで動くカメを組み立てる工作教室です。

  • 5/4(月・祝)
    13:00−14:30(人数:10名 料金:840円 教材:ぷるぷるネズミ)
    ※振動で滑るように動き出すネズミを組み立てる工作教室です。
    15:00−17:00(人数:8名 料金:5,985円 教材:Beauto Chaser)
    ※台車型ロボットBeauto Chaserを組み立てる工作教室です。教材はお持ち帰りいただけます。

  • 5/5(火・祝)
    13:00−14:30(人数:10名 料金:2,310円 教材:メデューサネオ)
    ※センサーで音に反応して4本足で歩き出すロボットを組み立てる工作教室です。

  • 5/7(木)
    10:30−17:00(人数:4名 料金:69,300円 教材:Robovie-XLite)
    ※人気のヒューマノイドロボットキットRobovie-XLiteを組み立てる工作教室です。

  • 5/8(金)
    13:00−14:30(人数:10名 料金:840円 教材:ぷるぷるテントウムシ)
    ※振動で滑るように動き出すテントウムシを組み立てる工作教室です。

  • 5/9(土)
    13:00−14:30(人数:10名 料金:1,050円 教材:DIYペット・カエル)
    ※モーターで動くカエルを組み立てる工作教室です。
    15:00−17:00(人数:8名 料金:5,985円 教材:Beauto Chaser)
    ※台車型ロボットBeauto Chaserを組み立てる工作教室です。教材はお持ち帰りいただけます。

  • 5/10(日)
    13:00−14:30(人数:10名 料金:1,890円 教材:スクローラー)
    ※回転しながら自走する不思議なメカを作る工作教室です。

  • 5/16(土)
    13:00−14:30(人数:10名 料金:1,050円 教材:DIYペット・ウサギ)
    ※モーターで動くウサギを組み立てる工作教室です。
    15:00−17:00(人数:8名 料金:5,985円 教材:Beauto Chaser)
    ※台車型ロボットBeauto Chaserを組み立てる工作教室です。教材はお持ち帰りいただけます。

  • 5/17(日)
    13:00−14:30(人数宇:10名 料金:1,260円 教材:ソーラーカモメ)
    ※太陽の光を当てると動き出すカモメの工作教室です。

  • 5/23(土)
    10:30−17:00(人数:4名 料金:69,300円 教材:Robovie-XLite)
    ※人気のヒューマノイドロボットキットRobovie-XLiteを組み立てる工作教室です。

  • 5/24(日)
    13:00−14:00(人数:10名 料金:1,260円 教材:ソーラーF1)
    ※太陽の光を当てると勢いよく走り出すF1カーの工作教室です。

  • 5/31(日)
    13:00−13:30(人数:10名 料金:945円 教材:ソーラーバッタ)
    ※太陽の光を当てると動き出すバッタの工作教室です。


■Beauto Chaserプログラミング教室
台車型ロボットBeauto Chaserのプログラム作成を体験します。各回とも、人数4名、料金無料、教材のBeauto Chaserはレンタルです。


  • 4/30(水)
    15:00−17:00

  • 5/1(金)
    15:00−17:00

  • 5/3(日)
    15:00−17:00

  • 5/5(火・祝)
    15:00−17:00

  • 5/7(木)
    13:00−15:00

  • 5/8(金)
    15:00−17:00

  • 5/10(日)
    15:00−17:00

  • 5/17(日)
    15:00−17:00

  • 5/23(土)
    13:00−15:00

  • 5/24(日)
    15:00−17:00

  • 5/30(土)
    15:00−17:00

  • 5/31(日)
    15:00−17:00

こんにちは。編集長です。サッカーを見に行っていると、選手のチャントはたいていなにかの替え歌なので、元歌を聴くとチャントのほうを歌いたくなるのが困りものです。どうでもいいですね。すみません。

さて、昨日は取材で産総研でした。カメラマンさんも一緒だったのですが、撮影テクニックというか、ほほうと思うことがありました。
撮影は基本的にもうデジタルカメラなんですが(実はちょっと前までは、大判フィルムカメラを使って撮影していました。それはそれで良かったんですけどね)、デジカメ一眼のレンズはやっぱりデジタル用のレンズを使いますよね(私もそうですが)。

ところが、今回は銀塩カメラ用のレンズをデジタル一眼のボディにつけて撮影。ピントを合わせたり調整は大変らしいですが、デジタル用レンズとは違った効果が出るそうです。

私も実は銀塩カメラをもっているのですが、銀塩はキヤノンで、デジカメはニコンなので、銀塩のレンズをデジタルで使ってみる、ということができません。先に買ったのが銀塩なので、デジタルもキヤノンにすれば良かったんですが、デジタル一眼購入当時、EOS Kissの評判が良くなかったんですよね...D70の評判が高くて、結局D70にしてしまいました。

というわけで、今回の取材では、写真の撮影というところでもいろいろ勉強になりました。
写真の撮影一つとっても、奥が深いですよねぇ。

あのASIMOがやってくる! ロボットを作ろう! ロボットで遊ぼう!

二足歩行ロボットASIMOのショーや、ミニロボットの工作教室、操作体験など楽しさ盛りだくさん!
お子様から大人まで、ご家族みんなで楽しめます!

開催期間:2009年5月2日(土)、3日(日) 10:00-17:00
会場:ヨンデンプラザ・サンポート
    香川県高松市サンポート2番1号
アクセス:JR高松駅から徒歩3分/ことでん高松築港駅から徒歩5分/高松自動車道 高松中央IC車で約20分/高松空港から空港連絡特急バス 高松駅行き乗車 40分
入場料金:無料

開催内容:
*ASIMOショー(両日とも)
 11:00-11:30,13:00-13:30,14:30-15:00,16:00-16:30
*スプリングファイト in RoboCountryIV(両日とも)
 協力:香川ヒューマノイドロボット研究会
 11:30-12:00,13:30-14:00,15:00-15:30
*わくわく!マイクロボット工作教室
 協力:香川大学 学生ロボット研究所
 5月2日(土) 10:00-12:00/5月3日(日) 13:30-15:30
 ※事前のお申し込みが必要です。お電話にてお申し込みください。先着10名
 ※対象:小学生(保護者同伴でご来場ください)
*簡単ロボット教室
 協力:詫間電波高等専門学校 TEAM ARK
 5月2日(土) 13:30-15:30/5月3日(日) 10:00-12:00
 ※事前のお申し込みが必要です。お電話にてお申し込みください。先着10名
 ※対象:小学生(保護者同伴でご来場ください)
*摩訶不思議!窓清掃ロボットの展示デモ(両日とも)
 協力:香川大学 石原研究室
 随時実施
*香川衛星打ち上げ成功!! 宇宙からロボットの「声」を聞こう!(両日とも)
 協力:香川サット推進クラブ
 11:30-,13:30-

問合せ先:ヨンデンプラザ・サンポート
       TEL:0120-459-010(フリーダイヤル)/087-811-3744
       http://www.yonden.co.jp/corporate/b_esta/sunport/index.html
       香川ヒューマノイドロボット研究会
       http://www.robocountry4.com/

2009_05.jpg

ROBOCON Magazine 2009年5月号

■定価:980円(税込)
■判型:A4変形判 150頁
■発売日:2009年4月15日
■雑誌09761

ご購入は、こちらからどうぞ。
定期購読のお申し込みは、こちらからお願い致します。

表紙のロボット:クラフトハウス株式会社から発売の二足歩行ロボット用フレームキット「メリッサ」。関連記事は38頁。


go_dl.gif
・6頁の『特集:マイコンで作るはじめての電子工作』
・102頁の『自律バトルに挑戦!』
で紹介しているプログラムのダウンロード
下記の目次のgo_dl_s.gifマークをクリックすると、ロボマガダウンロードサービスのコーナーにジャンプしますので、 → [Download] のリンクをクリックするとダウンロードが開始されます。

立ち読みコーナーは現在営業中です。
記事名の横にのアイコンがあるものは、記事の一部を閲覧することができます。閲覧にはAdobe Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロードして下さい。

robo_flash.gif Flash版の立ち読みコーナー(β版)はこちらです(PDF版と同様に、記事の一部のみ閲覧できます)。

お知らせ
・お詫びと訂正

3頁の『ロボコンカレンダー』で紹介している「第12回全国海岸清掃ロボットコンテスト2009」のURLに誤りがありました。

(誤) http://www.tamano.or.jp/usr/annai/e3r2obocon
(正) http://iseem.fc2web.com/(最新情報は、5月中に更新予定)

100〜101頁の「RobovieMaker2活用事例(8)」にて、「図2 自動モーターオンプログラム」が、掲載の内容だと一部不具合が起こる可能性があります。したがいまして、プログラムの内容を以下に修正いただきますよう、お願いいたします。
F03.jpg

関係者ならびに読者のみなさまにはご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げるとともに、ここに訂正いたします。

特 集
マイコンで作るはじめての電子工作go_dl_s.gif
  • 工作の準備
  • 簡易サーボモータを作る
  • 車型ロボットを作る
  • 二足歩行ロボットを作る
ロボットコンテスト
  • 第9回全国中学生創造ものづくり教育フェア 創造アイディアロボットコンテスト全国中学生大会
  • 第4回高校生ロボットアメリカンフットボール全国大会
  • ファースト・レゴ・リーグ ジャパンオープン2008
  • 第11回ROBO-ONE テクニカルカンファレンス「お手伝いロボット編」開催
  • ROBO-ONE on PC/Sat. 3rd 開催
ロボット News
  • ターミネーター展 戦いか、共に生きるか?─ロボットとボクらの未来─日本科学未来館で開催中
  • 「めざロボ」&「めざロボ・ジャンボ」のヒミツ
  • NEDO、2015年の事業化を目指す6種類のロボットを発表
  • "オール・イン・ワン"タイプのセンサ学習教材「e-nuvo SEN」
  • 月6万円の受付ロボットや移動型監視ロボットが出展 セキュリティショー2009 ─第17回セキュリティ・安全管理総合展
  • ロボカップジャパンオープン2009 大阪 5月8日-10日京セラドーム大阪で開催!!
  • 車椅子ロボットで未来のまち歩き 東京ユビキタス計画の公開実験で搭乗型移動ロボットも登場
Topics
  • 脳に一歩近づいたロボット─「計算脳プロジェクト」の最終成果
  • 「次世代ロボット共通プラットフォーム」とこれからのRT 市場
  • 「FLY TO THE FUTURE 100 年先の未来をつくろう!」開催
  • アートが生みだすサバイバル.ロボット─河口洋一郎アート@湯島聖堂
  • 英国の先端サービスロボット
組み立てプログラムができるロボットセット LEGO® MINDSTORMS®
  • LEGO® MINDSTORMS®で作る ロボコン入門編 第18回 イモムシロボット
  • LEGO® MINDSTORMS®で作る テクニック上級編 第19回 全方向移動ロボット
ロボット製作・工作
  • スーパーマシンへクラスアップ可能な二足歩行ロボットパーツセット メリッサ製作記
  • KCB-2でロボット作ってみよう 〈前編〉
  • オリジナルロボットの外装の作り方 第13回
  • Jin Satoの田園工房 第15回
  • 中学生からはじめる! オリジナルロボットを作ろう 第48回 テニスボールを運ぼう!
  • 自律型ロボット製作キットTop Junior 3 めざせ!! ロボカップ・ジュニア世界大会 第2回
  • 初心者限定! おー先生と作るロボット教室 第12回
  • RobovieMaker2 活用事例(8) 操作マップV2を活用して、ビーチフラッグプログラムを作成
  • 〈最終回〉 自律バトルに挑戦!go_dl_s.gif
  • リバース エンジニアリング道 第20回 ROBO-Q
  • これから制御を学ぶ人のための 初めての制御 第7回 いくつもの条件分岐を考える
連 載
  • あのロボットを作った人に会いたい! 第6回 バラエティ豊かで独創的な倒立振子型ロボットの研究室に潜入
  • ロボットアニメ最前線 ジャパニメーションの常識を突き破る河森正治ニュープロジェクト始動!「バスカッシュ!」
  • ロボマガ映画館 「バビロンA.D.」
  • ロボット考学と人間 第16回 賢明な自動化と愚かな自動化
  • 日本ロボット学会協力企画 最新ロボット事情 第12回 バイオメカトロニクス―可能性が広がる生物型ロボット
  • 新・電動王国 第14回 メタルフットの販売戦略
  • 不連続ロボット漫画 「たくみさん」 第35回
  • サイエンスプロデューサー米村傳治郎のおもしろ科学館 何で決まる?物体の浮き沈み
  • 近藤敏信のSF おもちゃ館 第62回「極小ラジコン編」
  • 関西ロボット情報局
  • ロボットがあるけん、福岡タイ!
  • Pick Up!
  • 新刊案内
  • BOOK REVIEW 『瀬名秀明ロボット学論集』
  • ロボマガひろば/読者プレゼント
  • 編集後記


ロボマガダウンロードサービス


「特集:マイコンで作るはじめての電子工作」

内容:micon_archive(zip形式)

・ 21.0 KB:firmware(簡易サーボモータ用ファームウェア)
・ 14.6 KB:pcsoft(簡易サーボモータ用通信プログラム)
・ 14.5 KB:testprog(簡易サーボモータ用のテストプログラム)
・ 27KB:シャッター板.pdf(13頁シャッター板の型紙)
・ 2KB:readme.txt

→ [Download]


「自律バトルに挑戦! 最終回」

内容:auto_battle06(zip形式)

・ 22KB:自律用アイドリング4.txt
・ 2KB:ReadMe.txt

→ [Download]

◆本誌記事に関するお問い合わせは、左のサイトマップより「ご意見・お問い合わせ」のページからお願いいたします。
◆本誌への広告掲載についてのお問い合わせは、オーム社広告部(TEL 03-3233-0531)で承ります。
◆定期購読のお申し込みは、オーム社販売部(TEL 03-3233-0643)で承ります。

Microsoft、Windows、MS-DOSは、米国Microsoft社の米国およびその他の国における登録商標です。
Macintoshは、米国AppleComputer社の米国およびその他の国における登録商標です。
レゴはレゴグループの登録商標です。レゴシステムはレゴグループの商標です。
ROBO-ONEは(株)ベストテクノロジーの登録商標です。

こんにちは、編集長です。
今年の桜は予想以上に長持ちしたのでは、と思うこの頃です。開花したのは良かったけど、その後ずいぶん冷え込みましたしねえ?

さて、今回はちょっとお知らせです。
ロボコンマガジンは4月15日発売の最新号より、雑誌となります。

ここで、「ロボマガって雑誌じゃなかったの?」と思う方がほとんどだと思います。が、実は出版流通上では「ムック」という分類でして、書籍扱いだったんですね。「オームムック」というムックのシリーズの中の1冊だったんですよ、ずっと。
とはいえ、ムックで10年も定期的に発行しているのは珍しいらしいですが。

で、雑誌になったら何か変わるの?と思われるでしょうが、価格や発行時期なんかは変わりません。定価は980円ですし、隔月刊です。
変わるのは、今まで通巻で呼んでいたのが、月号表記になることくらいでしょうか...(えー、社内での手続きとか細かいところは変わっているんですが、あんまり読者のみなさまには影響がない部分ですので...)。なので、最新号は「No.63」ではなく、「2009年5月号」と呼ぶことになります。

一番混乱しそうなのはお問い合わせいただくときに、通巻と月号とどっちがいいのというところだと思います。通巻の番号も小さくですが掲載していますので、そちらを参照していただければと存じます。いずれにせよ、No.62以前は通巻で呼ぶしかないので、ご面倒をおかけして申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

ロボマガそのものが大きく変わるわけではないのですが、今後とも充実した誌面作りに努めていきたいと思います。定期雑誌としてのロボコンマガジンを、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

こんにちは。編集長です。

さて、日本科学未来館の3階常設展示「技術革新と未来」が本日よりリニューアル公開となりました。ロボットなどの展示があるフロアですね。
HullやHalluc IIなどの展示はそのままですが、「想像から創造へ、そして技術革新がもたらす新しい社会へ」をテーマにした展示が新しいものとなります。一見するとオブジェのようなイメージの展示です。

この展示は科学技術の発展を「水の循環」になぞらえています。個人の願望や社会のニーズといった「想像」を実現するためには基礎研究や技術開発における「創造力」が必要です。この創造力によって作り出された新しい「技術」が社会に受け入れられたとき、そこから生じる新しい文化や価値を見出し、また新しい願望が生まれていくというように、科学技術も循環しながら新しい社会へ進んでいっている、というわけです。

展示ではゾーン1とゾーン2があり、ゾーン1は「想像から創造へ」。ここでは古代から現代にいたるまで、想像と創造を繰り返してきた様子を映像で紹介しています。空を飛ぶ鳥を見て「空を飛びたい」と思うところから飛行機が開発されるといった内容になっています。

zone1_1.jpg
zone1_2.jpg
「空を飛びたい」という願望がグライダー技術や飛行機につながっていく流れを表現しています。

ゾーン2は「技術革新の原動力」。すべての技術革新の原動力である「願い」(想像力)が湧き出る「願いの泉」から、「むすびつける」「くみあわせる」「ひらめく」「まねをする」「きりかえる」という5つの「創造力」を川に見立てて、過去の科学技術例と、先端の科学技術例を体験型展示などで紹介しています。

zone2.jpg
ゾーン2の全体。ちなみに天井に浮いている銀色のボールは雨をイメージしたオブジェ。「豊饒の海」から水蒸気となり、また泉に雨となって降り注ぐ(これで循環する)ことを表しています。

ここで紹介されている例は以下のようなものです。
「むすびつける」:一見異なるもの同士の間に関連性を見出し、結びつけることで新しいものが生み出される。古典例:たき火の煙から思いついた熱気球の発明 先端例:量子コンピュータ
「くみあわせる」:異なる地域領域が集まり、有機的に統合されて新しいものが生み出される。 古典例:トーマス・エジソンの研究所 先端例:Lab-on-a-Chip
「ひらめく」:予期せぬきっかけから、価値あるものを探し出す能力。古典例:偶然の発見から生まれた薬、ペニシリン 先端例:導電性ポリマーの発見
「まねをする」:すでにあるものの機能や形を観察して、それに近づけることでこれまで不可能だったことを成し遂げる 古典例:鳥に学んだ飛行術、グライダー飛行 先端例:人工光合成
「きりかえる」:一つの価値観にとらわれず、これまでと違う発想・手法で取り組む。古典例:ル・コルビジェの壁に頼らない建築 先端例:印刷技術による製造技術

izumi.jpg
「願いの泉」では、赤いボールを投げ込むと、いろいろな願いが湧き出てくるという体験ができます。

minarau.jpg
loc.jpg

それぞれの創造力から生まれた技術(古典的な例と先端例)をわかりやすく紹介しています。

この「創造力の川」は「豊饒の海」にたどり着きます。これは来館者が「海」に浮かぶたくさんの技術を組み合わせて、こんな新しいことができるのでは?というアイデアを表現するところになります。例として「モテたい!」という願望を実現するための「自由に好きな顔になれる顔面プリンタ」といった感じです。
umi.jpg
下にある丸い板のようなものにさまざまな技術で、それを組み合わせて新しいものをつくるという仕組みです。

それぞれの技術の解説も、実際に実験できたり、映像で解説していたりと、楽しみながら学べる工夫がされています。アニメーションやクイズ形式など、わかりやすく解説されているので、私もいろいろ勉強になりました。「ターミネーター展」も開催していることですし、行ってみてはいかがでしょう。

こんにちは。負けてないけれど勝っていない某J1チームを応援している編集長です。第4節終わって0勝4分0敗です。リーグ戦初勝利を早くみたいものです...

さて、そんな私のぼやきはともかく、今年のつくばチャレンジについてスケジュールやコースが発表になりました。
今年はなんと、つくばエキスポセンターをスタート地点として、「つくば中央公園」を周回するというコースです。つくばチャレンジのホームページでコースイメージが公開されています(詳細は変更の可能性があり)が、うっそうと木が茂っているところもあれば、視界が開けるところもあり、道の幅も、路面の材質も違います。通行する一般の方と出会うこともさらに増えるのでしょうね。

参加登録は開始されていまして、締切は6月30日です。

主催:静岡模型教材協同組合
会場:ツインメッセ静岡
会期:2009年5月14日(木)?17日(日)
    業者商談会 5月14日?15日 9:00?16:30
    一般公開日 5月16日 9:00?17:00 5月17日 9:00?16:00
入場料:無料
ホームページ http://www.hobby-shizuoka.com/

一般公開日(5月16日、17日)には先着1,000名様にプラモデル等をプレゼント(中学生以下)

<同時開催イベント>
#第20回モデラーズクラブ合同作品展(5月16日、17日)
全国のモデラーが自慢の作品を持ち寄る作品展。台湾、韓国などの海外クラブも合わせ162のクラブが参加、発表作品数は5,000を上回る世界最大級の模型展示会。

#ボックスアート展?第2回プラモデルパッケージ・飛躍の'70年代?in 静岡(5月14日?17日)
各社のプラモデルの商品パッケージに使用されたイラスト原画(ボックスアート)を一堂に集めた展覧会。今年は前回の黎明期(1960年代)に続き1970年代にスポットをあて、数々のボックスアートを手がけた小松崎茂、上田毅八郎、高荷義之、大西将美、小池繁夫といった巨匠たちが若かりし頃の作品約80点を通してその時代を振り返る。
会場:ツインメッセ静岡 北館4階レセプションルーム
開館時間:14・15日 9:30?17:00/16日 9:00?17:00/17日 9:00?16:00(いずれも入場は閉館の30分前まで)
入場料:一般300円、中学生以下100円

#自衛隊広報コーナー(5月16日、17日)
普段はお目にかかれない陸上自衛隊の車両展示や制服の試着コーナー(お子様向け)など。

#デコトラ展示(5月16日、17日)
デコトラ(デコレーショントラック)の展示。

小さなものを見る技術?電子顕微鏡技術の誕生と技術発展

我々が日常的に利用する物質は原子や分子からできています。この原子や分子の大きさはナノメートルの大きさで肉眼はおろか光学顕微鏡でも見えません。1930年代に発明された電子顕微鏡はこの原子や分子を見ることができる顕微鏡です。この電子顕微鏡誕生のいきさつからその後の技術発展について紹介します。

■日 時
平成21年(2009年)7月11日(土) 14時00分〜16時00分

■会 場
国立科学博物館(上野) 地球館 3階講義室

■講 師
小島 建治(元・産業技術史資料情報センター主任調査員)

■募 集
40名(高校生以上一般向)

■入館料
入館にあたり、下記の通常入館料が必要です。
一般・大学生 600円
高校生・満65歳以上の方は無料(年齢が分かる証明書等を提示)

■申込方法
往復はがきもしくは電子メールで受付
平成21年(2009年)6月20日締切(消印有効)

〒169-0073
新宿区百人町3-23-1
国立科学博物館 新宿分館 研究推進課
TEL:03-3364-7103(月〜金) 03-5814-9875(土・日・祝日)
メールアドレス:sts2006(at)kahaku.go.jp
※(at)をアットマークに書き換えてください

往復はがきまたは電子メールで下記をご記入下さい。

(1)7月11日:産業技術史講座
(2)参加者氏名
(3)住所(返信用にも)・メールアドレス
(4)電話番号
(5)年齢
(6)職業または学年
応募者多数の場合は抽選。
グループで参加希望の場合は、参加者全員の氏名・年齢を記入。
関連ホームページ 国立科学博物館 - 産業技術史資料情報センター
http://sts.kahaku.go.jp/

ロボット検定

国際ロボット展

リバスト

タマディック

アフレル

三和電気計器

ツクモROBOT王国

ヴイストンロボットセンター

秋月電子通商

近藤科学

Robotma.com

双葉電子工業

 

ヒューマンアカデミー
ロボットカレッジはこちら!

ヒューマンアカデミーロボットカレッジ

関連書籍新刊

アクリルロボット工作ガイド
アクリルロボット復刻!工作のアイデアが満載の一冊
ロボット考学と人間
─未来のためのロボット工学─

ロボットづくり、ものづくりの神髄はここに!
新しい機械の教科書 第2版
これからもの作りをはじめる人のための「機械の教科書」決定版
MATLAB/Simulinkによるモデルベースデザイン入門
数値解析ソフトのデファクト「MATLAB/Simulink」によるモデルベースデザイン入門書!
タミヤ工作パーツで作る しくみがわかるロボット工作教室
手軽にチャレンジ!簡単ロボット工作
PICではじめる! RCサーボロボット製作入門
複数のRCサーボの制御でユニークなロボットたちを動かそう!
災害とロボット ―大震災から見えてきたロボットのあり方―
3.11以降、日本の災害対応ロボットに求められたものとは
ARプログラミング ―Processingでつくる拡張現実感のレシピ―
ARで実世界をコントロール!
ロボコン部品ガイドブック
自作ロボットユーザーのための、部品の選び方、使い方ガイド
人工衛星をつくる
―設計から打ち上げまで―

次世代のはやぶさを作りたい人に贈る!人工衛星製作の解説本!
ロボットテクノロジー
最新のロボット技術を一望できる!
アンドロイドを造る
アンドロイドの構造を大公開!
モジュール化で理解する
電子工作の基本ワザ

「モジュール化」というマイコンの新しい楽しみ方を提案