「Noby」と「M3-kindy」

こんにちは、編集長です。
ワールドカップが始まったので、うちのテレビはサッカーの試合ばかり映っています(笑)

6月11日に、JST ERATO浅田共創知能システムプロジェクトは認知発達研究用の乳児型ロボット「Noby」と、子ども型ロボット「M3-kindy」を開発したと発表しました。

浅田共創知能システムプロジェクトでは「認知発達ロボティクス」という研究を行っています。これは、人間が成長していく過程でさまざまな機能を学習・発達させていくメカニズムを、ロボットを通じて理解しようとするものです。そのためには、学習・発達プログラムを試すための共通基盤(プラットフォームが)鍵になります。それも、専門性の少ない研究者でも容易に使える「普及型研究用プラットフォーム」と、ロボットと実際の人間の認知発達データをより高い精度で対応づけるための「高精度プラットフォーム」のそれぞれが必要になります。今回発表された2種類のロボットは、それらを達成するものとなります。

乳児型ロボット「Noby」は、浅田共創知能システムプロジェクトの対人共創知能グループ(グループリーダー:國吉康夫 東京大学 大学院情報理工学系研究科 教授)、子ども型ロボット「M3-kindy」は社会的共創知能グループ(グループリーダー:石黒浩 大阪大学 大学院基礎工学研究科 教授)が行った研究の成果として発表されました。

「Noby」は「Nine-month Old Baby」の略で、その名の通り9ヶ月児の身体特性と感覚運動機能を高精度に再現したロボットです。身長は71cmで、体重が7.9kg。全身を覆う皮膚には600個の触覚センサーが、頭部には視聴覚としてのカメラ2個とマイクロフォンが2個搭載されています。自由度は30です。身長や体重、身体各部の重量配分などは9ヶ月児の平均値に合わせて作られています。関節は、乳児並みの可動域があり、筋骨格系特有の運動特性を再現することができます。
Nobyを使うことで、例えば全身触覚センサーのデータから乳児が感じていることのシミュレートや、目新しい対象物に対する好奇心の発達モデルなどを調べることができます。最終的には、人間の初期発達原理をモデル化してNobyに実装し、Nobyの振る舞いや発達の過程を人間と比較することで、発達モデルの検証や修正を行う予定だそうです。

noby.jpg
「Noby」の目の前でおもちゃを動かすと、「Noby」は注意を惹かれ、そのおもちゃを見つめるといった反応を示します。

「M3-kindy」は5歳児程度の大きさのロボットで、ロボットに対する専門知識がない研究者でも容易に使いこなせる普及研究用のプラットフォームです。身長は約110cm、体重は約27kg。自由度は42。子どもの動的で複雑な動きを再現することができます。センサー類は頭部にカメラ2個と、マイクロフォン2個、全身に109個の触覚センサーが搭載されています。外装は発泡ウレタンを使用しています。
「M3-kindy」はロボット専用のOSを持たず、特殊なアクセス環境を必要としないので、ユーザーが自由な環境で制御プログラムを設計・開発することができます。なお、搭載されているCPUは「Intel Core2Duo TS5600 1.83GHz)で、モータ制御用は「ARM7 60MHz」を2つ使用しています。
m3-kindy.jpg
浅田稔先生(浅田共創知能システムプロジェクト 研究総括/大阪大学 大学院工学研究科 教授)と手をつなぎながら登場するM3-kindy。

kindy_01.jpg
人見知りのデモ。M3-kindyは、知らない人が来ると、悲しそうな顔をして、そばにいる知っている人にしがみつきます。何度も笑いかけると、やがて安心してほほえみを見せます。

なお、3月に報道発表された「M3-Neony」と「M3-Synchy」がヴイストン株式会社より販売がはじまっています。
「M3-Neony」は身長が505mm、体重が約3.5kgで、高い運動性能と、多数の感覚を持つ赤ちゃんロボットで、赤ちゃんの発達過程でみられる運動学習や、身体接触を伴う介助による学習などの研究用途に使用できます。

m3-neony.jpg
「M3-Neony」

「M3-Synchy」は身長約30cm、重量約2.3kgの、机上などの身近な環境での運用を想定した小型ロボットです。顔や表情を変化させて、社会的な関わりが持てる子どもロボット群です。
m3-synchy.jpg
「M3-Synchy」

今回発表された「Noby」と「M3-kindy」については、発表会のあと行われたシンポジウムの関連内容も含めて、8月発売の9月号で掲載します。

タマディック

アフレル

三和電気計器

ツクモROBOT王国

ヴイストンロボットセンター

秋月電子通商

近藤科学

Robotma.com

双葉電子工業

ロボット検定

国際ロボット展

リバスト

 

ヒューマンアカデミー
ロボットカレッジはこちら!

ヒューマンアカデミーロボットカレッジ

関連書籍新刊

アクリルロボット工作ガイド
アクリルロボット復刻!工作のアイデアが満載の一冊
ロボット考学と人間
─未来のためのロボット工学─

ロボットづくり、ものづくりの神髄はここに!
新しい機械の教科書 第2版
これからもの作りをはじめる人のための「機械の教科書」決定版
MATLAB/Simulinkによるモデルベースデザイン入門
数値解析ソフトのデファクト「MATLAB/Simulink」によるモデルベースデザイン入門書!
タミヤ工作パーツで作る しくみがわかるロボット工作教室
手軽にチャレンジ!簡単ロボット工作
PICではじめる! RCサーボロボット製作入門
複数のRCサーボの制御でユニークなロボットたちを動かそう!
災害とロボット ―大震災から見えてきたロボットのあり方―
3.11以降、日本の災害対応ロボットに求められたものとは
ARプログラミング ―Processingでつくる拡張現実感のレシピ―
ARで実世界をコントロール!
ロボコン部品ガイドブック
自作ロボットユーザーのための、部品の選び方、使い方ガイド
人工衛星をつくる
―設計から打ち上げまで―

次世代のはやぶさを作りたい人に贈る!人工衛星製作の解説本!
ロボットテクノロジー
最新のロボット技術を一望できる!
アンドロイドを造る
アンドロイドの構造を大公開!
モジュール化で理解する
電子工作の基本ワザ

「モジュール化」というマイコンの新しい楽しみ方を提案