ROBOCON Magazine 2010年7月号

2010_07.jpg

ROBOCON Magazine 2010年7月号

■定価:980円(税込)
■判型:A4変形判 152頁
■発売日:2010年6月15日
■雑誌09761

ご購入は、こちらからどうぞ。
定期購読のお申し込みは、こちらからお願い致します。

表紙のロボット:ロボットクリエイターの高橋智隆氏が手がけた二足歩行ロボット「ROPID」。関連記事は、40頁。


立ち読みコーナーは現在営業中です。

記事名の横にのアイコンがあるものは、記事の一部を閲覧することができます。閲覧にはAdobe Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロードして下さい。

お知らせ
●お詫びと訂正

・3頁の『ロボコンカレンダー』中に誤りがありました。

【7】第8回「わんだほー ろぼっとか〜にばる」!
(誤)2010年7月18日(日)
(正)2010年7月11日(日)

【20】WRO JAPAN 2010決勝大会
(誤)2010年9月11日(土)
http://www.wroj.org/2010/index.html
(正)2010年9月12日(日)
http://www.wroj.org/2010/wroj/index.html

・37頁の『ロボカップジャパンオープン2010大阪』の記事中、ロボカップジュニア・サッカーチャレンジAライトリーグで準優勝した「シューティングスター」の出身校に誤りがありました。

(誤)シューティングスター(京滋奈:彦根市立中央中学校)
(正)シューティングスター(京滋奈:彦根市立中央中学校、彦根市立彦根南中学校)

・4頁目次、40頁の『東京大学先端科学技術研究センター高橋智隆研究室』の記事サブタイトルに誤りがありました。

(誤)ちょっと未来の「ロボットのいるライフルスタイル」を研究する
(正)ちょっと未来の「ロボットのいるライフスタイル」を研究する

・106 頁「RobovieMaker2 活用事例(15)」の「図1 足踏みモーションプログラム」のブレークポイントの位置に誤りがありました。正しくは、下記の図となります。
足踏みモーション_訂正前.jpgのサムネール画像足踏みモーション_訂正後.jpgのサムネール画像
         (誤)                                 (正)

関係者並びに読者のみなさまにはご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げるとともに、ここに訂正いたします。

特 集
サービスロボットの安全に迫る
  • サービスロボットの安全性確保のために
  • 浜松科学館で活躍中!運用のメリットと安全性をバランス設計した「案内」ロボット ALSOK『An9-PR』
  • 講習によるモラル向上で「移動」を楽しませる セグウェイジャパン『セグウェイ』
  • <総括>安全と安心を考えた設計
ロボットコンテスト
  • 米国の高校生たちが参加するロボコンに迫る!「FIRST Robotics Competition(FRC)」
  • 第1回ROBO-ONE Light&第17回ROBO-ONE
  • 第13回ロボットグランプリ
  • ロボカップジャパンオープン2010大阪
ロボット News
  • IRS、千葉工大、東北大、新型災害対応支援ロボット「Quince」を開発
  • 二足歩行「通天閣ロボット」が、大阪の観光大使として活躍中!!
  • 昭和大学ほか、歯科教材用患者シミュレーターを開発、導入へ
  • 実在女性をモデルにした遠隔操作アンドロイド「ジェミノイドF」を発表
  • 世界初のロボット結婚式「I-FAIRY」が人前式の立会人代表となる
  • 高齢者・障がい者向け研究開発プラットフォーム「Robovie-R Ver.3」 発売開始
  • イクシスリサーチとパイオニア、「カーナビ連動型ナビゲーションロボット」を開発
  • 第13回組込みシステム開発技術展 ESEC2010
Topics
  • ちょっと未来の「ロボットのいるライフスタイル」を研究する 東京大学先端科学技術研究センター 高橋智隆研究室
  • 東京消防庁で活躍する消防ロボットたち
  • ヒューマノイドロボットNAOを用いた研究事例紹介 Webインテリジェンスの研究の一環としてロボットの対話システムに活用―慶應義塾大学理工学部管理工学科山口研究室
  • ビジネスと研究のマッチングを目指す「ロボティクス・フォーラム2010 in 大阪」開催
組み立てプログラムができるロボットセット LEGO® MINDSTORMS®
  • LEGO® MINDSTORMS®で作る ロボコン入門編 第24回 機械的な自動制御の車
  • LEGO® MINDSTORMS®で作る テクニック上級編 第25回 大型二足歩行ロボット
ロボット製作・工作
  • 優勝ロボットを解剖しよう 第17回ROBO-ONEスーパーディガーII
  • 〈最終回〉オリジナルロボットの外装の作り方
  • Jin Sato の田園工房 第22回
  • 〈新連載〉KCB-3WLで自律ロボットにチャレンジ その1
  • 〈新連載〉LabVIEWで楽々ロボット開発 第1回
  • 中学生からはじめる! オリジナルロボットを作ろう 第55回 シンプルでいこう!〜サスペンション・ロボ〜
  • 多機能マイコン学習用教材 ミニマイコンカー製作キットVer.2 のすべて【6】
  • 初心者限定! おー先生と作るロボット教室 第19回
  • RobovieMaker2 活用事例(15) 「アナログスティックで全方向移動モーション」リターンズ!
  • Beauto Racerではじめる 中学生技術・家庭科「計測と制御」 第2回
  • ロボットとおしゃべりを楽しもう! 音声対話システム「GoTalkヴイストンLite」<後編>
  • シリアルコマンド方式サーボモータの先駆け ROBOTIS社の「DYNAMIXEL」アクチュエータ
連 載
  • あのロボットを作った人に会いたい! 第12回 災害対応支援ロボットQuinceの開発秘話
  • ロボットアニメ最前線 ロボットアニメに新たな可能性 レガシーズの今後の展開に期待
  • ロボマガ映画館 「ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション」
  • ロボット考学と人間 第22回 指が示す宇宙の重層構造
  • 日本ロボット学会協力企画 最新ロボット事情 第19回 ひらひら飛ぶ小型はばたきロボットの実現を目指して
  • 新・電動王国 第21回 水中モーター応用工作<前編>
  • 不連続ロボット漫画 「たくみさん」 第42回
  • 近藤敏信のSFおもちゃ館 第69回 「小型ラジコンカー編」
  • 関西ロボット情報局
  • ロボットがあるけん、福岡タイ!
  • Pick Up!
  • 新刊案内
  • BOOK REVIEW 『あのスーパーロボットはどう動く―スパロボで学ぶロボット制御工学―』
  • ロボマガひろば/読者プレゼント
  • 編集後記


◆本誌記事に関するお問い合わせは、左のサイトマップより「ご意見・お問い合わせ」のページからお願いいたします。
◆本誌への広告掲載についてのお問い合わせは、オーム社広告部(TEL 03-3233-0531)で承ります。
◆定期購読のお申し込みは、オーム社販売部(TEL 03-3233-0643)で承ります。

Microsoft、Windows、MS-DOSは、米国Microsoft社の米国およびその他の国における登録商標です。
Macintoshは、米国AppleComputer社の米国およびその他の国における登録商標です。
レゴはレゴグループの登録商標です。レゴシステムはレゴグループの商標です。
ROBO-ONEは(株)ベストテクノロジーの登録商標です。

リバスト

タマディック

アフレル

三和電気計器

ツクモROBOT王国

ヴイストンロボットセンター

秋月電子通商

近藤科学

Robotma.com

双葉電子工業

ロボット検定

国際ロボット展

 

ヒューマンアカデミー
ロボットカレッジはこちら!

ヒューマンアカデミーロボットカレッジ

関連書籍新刊

アクリルロボット工作ガイド
アクリルロボット復刻!工作のアイデアが満載の一冊
ロボット考学と人間
─未来のためのロボット工学─

ロボットづくり、ものづくりの神髄はここに!
新しい機械の教科書 第2版
これからもの作りをはじめる人のための「機械の教科書」決定版
MATLAB/Simulinkによるモデルベースデザイン入門
数値解析ソフトのデファクト「MATLAB/Simulink」によるモデルベースデザイン入門書!
タミヤ工作パーツで作る しくみがわかるロボット工作教室
手軽にチャレンジ!簡単ロボット工作
PICではじめる! RCサーボロボット製作入門
複数のRCサーボの制御でユニークなロボットたちを動かそう!
災害とロボット ―大震災から見えてきたロボットのあり方―
3.11以降、日本の災害対応ロボットに求められたものとは
ARプログラミング ―Processingでつくる拡張現実感のレシピ―
ARで実世界をコントロール!
ロボコン部品ガイドブック
自作ロボットユーザーのための、部品の選び方、使い方ガイド
人工衛星をつくる
―設計から打ち上げまで―

次世代のはやぶさを作りたい人に贈る!人工衛星製作の解説本!
ロボットテクノロジー
最新のロボット技術を一望できる!
アンドロイドを造る
アンドロイドの構造を大公開!
モジュール化で理解する
電子工作の基本ワザ

「モジュール化」というマイコンの新しい楽しみ方を提案