ロボット・アスリートCUP2010 in 多摩六都科学館

開催日時:2011年1月30日(日) 11:00-開始予定(参加者受付開始9:30予定)
会場:多摩六都科学館 地下1階イベントホール
主催:多摩六都科学館、ロボット・アスリートCUP実行委員会
運営:株式会社MANOI企画
後援:京商株式会社・近藤科学株式会社・有限会社姫路ソフトワークス

参加資格:
 MANOI(京商)、KHRシリーズ(近藤科学)、ZEROシリーズ(姫路ソフトワークス)
 これらの機体であれば、改造は自由。

競技内容:
●ダンス競技
 2分間の制限時間で、ダンスを披露します。審査員による審査を行います。
 複数機体でのエントリーも可能。

●自由パフォーマンス
 3分間の制限時間で、自由に演技(パフォーマンス)を披露します。ロボット以外の道具を活用することも可能ですが、公認機体(参加資格のあるロボット)以外のロボットを登場させる場合は、そのロボットは動いてはなりません。複数機体でのエントリーも可能。
 審査員による審査を行います。

●自律ビーチフラッグ競技
 直径10cm、高さ30cmの円筒形パイロンの高さ25cm部分の四方に、到達距離5m以上の超音波送信機を装着させたものをビーチフラッグとします。ロボットは白い布テープで仕切られたスタートラインより後に、足裏をゴールに向け、かつ顔を下に向けた形で横たわります。スタッフのホイッスルでロボットを起動させて、5m先のゴールとなるパイロンを倒す競技です。

●自律20m走行競技
ビーチフラッグ競技のパイロンをスタート&ゴールラインと、5m先のターン地点に配置し、その外周を2周する競技です。参加機体が1体ごとに走行し、ゴールラインに足がかかるまでのタイムを競います。参加機体ごとに3回走行して、最も早いタイムを出した機体の優勝となります。スタート&ゴールラインは白い布テープです。

●ドレスアップ賞
 開会式の際に審査員が優勝機体を選出し、表彰式に公表/表彰します。

参加申込:
『アスリートCUP』運営事務局
(株)MANOI企画 担当:岡本
エントリー申込はメールでの事前受付となります。
okamoto(at)kyosho.co.jp ※メール送付の際に、(at)を@に変換してください。

大会の詳細は以下のホームページでも公開されます。
ロボットゆうえんち
http://www.robotyuenchi.com/

国際ロボット展

リバスト

タマディック

アフレル

三和電気計器

ツクモROBOT王国

ヴイストンロボットセンター

秋月電子通商

近藤科学

Robotma.com

双葉電子工業

ロボット検定

 

ヒューマンアカデミー
ロボットカレッジはこちら!

ヒューマンアカデミーロボットカレッジ

関連書籍新刊

アクリルロボット工作ガイド
アクリルロボット復刻!工作のアイデアが満載の一冊
ロボット考学と人間
─未来のためのロボット工学─

ロボットづくり、ものづくりの神髄はここに!
新しい機械の教科書 第2版
これからもの作りをはじめる人のための「機械の教科書」決定版
MATLAB/Simulinkによるモデルベースデザイン入門
数値解析ソフトのデファクト「MATLAB/Simulink」によるモデルベースデザイン入門書!
タミヤ工作パーツで作る しくみがわかるロボット工作教室
手軽にチャレンジ!簡単ロボット工作
PICではじめる! RCサーボロボット製作入門
複数のRCサーボの制御でユニークなロボットたちを動かそう!
災害とロボット ―大震災から見えてきたロボットのあり方―
3.11以降、日本の災害対応ロボットに求められたものとは
ARプログラミング ―Processingでつくる拡張現実感のレシピ―
ARで実世界をコントロール!
ロボコン部品ガイドブック
自作ロボットユーザーのための、部品の選び方、使い方ガイド
人工衛星をつくる
―設計から打ち上げまで―

次世代のはやぶさを作りたい人に贈る!人工衛星製作の解説本!
ロボットテクノロジー
最新のロボット技術を一望できる!
アンドロイドを造る
アンドロイドの構造を大公開!
モジュール化で理解する
電子工作の基本ワザ

「モジュール化」というマイコンの新しい楽しみ方を提案