震災復興支援活動『カーデザイナーにできること』始動

東日本大震災の影響は、いまだ収束を見せておりませんが、多方面でさまざまな活動が展開されています。
ありがとうボランティアなんていう言葉も、今回の震災で初めて知った私ですが、たしかに、現地に行くことだけが、支援ではないという見方もわかる気がします。
日本中の皆さんが、今、自分に何ができるか、というのを考えるだけでも、世の中が違ってくるのではないでしょうか??

さて、そんないろんな形の支援の中で、znug design取締役の根津孝太氏が発起人となり、カーデザイナーを中心としたクリエイター有志を募り、ものづくりの喜びを体験することを通して、被災地の子どもたちに笑顔を取り戻してもらえるよう、また未来への希望を抱いてもらえるようにと、『カーデザイナーにできること』と題して活動をはじめました。

具体的には、クリエイターにミニ四駆をベースにしたオリジナル作品の制作をよびかけ、避難所で子どもたちのための展示会、および無料ミニ四駆教室の開催を計画しているそうです。また、都内のデザインギャラリーなどでのチャリティー展示会も開催し、クリエイターの作品と共に、避難所の子どもたちの作品を展示することで、被災地とそうでない地域の架け橋となるような企画にすることを考えているそうです。
現時点で決定している、企画内容は、以下のとおりです。

<展示会などの開催日程>
■避難所でのクリエイター作品展示会+無料ミニ四駆教室
第1回目:5月初旬を目処に調整中
第2回目以降:月に1回のペースで継続的に実施予定

■都内展示会
日時:4月21日(木)?24日(日)
場所:タミヤ プラモデルファクトリー 新橋店
内容:プレ展示イベント(活動告知)

最新の情報は、下記のURLをご覧下さい。
http://www.mobilabo.net/cdd/

国際ロボット展

リバスト

タマディック

アフレル

三和電気計器

ツクモROBOT王国

ヴイストンロボットセンター

秋月電子通商

近藤科学

Robotma.com

双葉電子工業

ロボット検定

 

ヒューマンアカデミー
ロボットカレッジはこちら!

ヒューマンアカデミーロボットカレッジ

関連書籍新刊

アクリルロボット工作ガイド
アクリルロボット復刻!工作のアイデアが満載の一冊
ロボット考学と人間
─未来のためのロボット工学─

ロボットづくり、ものづくりの神髄はここに!
新しい機械の教科書 第2版
これからもの作りをはじめる人のための「機械の教科書」決定版
MATLAB/Simulinkによるモデルベースデザイン入門
数値解析ソフトのデファクト「MATLAB/Simulink」によるモデルベースデザイン入門書!
タミヤ工作パーツで作る しくみがわかるロボット工作教室
手軽にチャレンジ!簡単ロボット工作
PICではじめる! RCサーボロボット製作入門
複数のRCサーボの制御でユニークなロボットたちを動かそう!
災害とロボット ―大震災から見えてきたロボットのあり方―
3.11以降、日本の災害対応ロボットに求められたものとは
ARプログラミング ―Processingでつくる拡張現実感のレシピ―
ARで実世界をコントロール!
ロボコン部品ガイドブック
自作ロボットユーザーのための、部品の選び方、使い方ガイド
人工衛星をつくる
―設計から打ち上げまで―

次世代のはやぶさを作りたい人に贈る!人工衛星製作の解説本!
ロボットテクノロジー
最新のロボット技術を一望できる!
アンドロイドを造る
アンドロイドの構造を大公開!
モジュール化で理解する
電子工作の基本ワザ

「モジュール化」というマイコンの新しい楽しみ方を提案