2011年7月バックナンバー

こんにちは、編集長です。

新着ロボコン情報でお知らせしていますが、8月6、7日に神戸市の神戸サンボーホールで、「inrevium杯 第11回レスキューロボットコンテスト」の競技会本選が開催されます。6月26日に予選が行われて、それを通過した以下のチームが本選に参加、レスキュー活動を競います。

【本選参加チーム】
 MS-R (金沢工業大学 夢考房)
MCT (松江高専 機械工学科)
がんばろうKOBE (神戸市立高専)
救命ゴリラ!S (大阪電気通信大学 自由工房)
救命ゴリラ!B (大阪電気通信大学 自由工房)
SHIRASAGI (兵庫県立大学 ロボット研究会)
大工大エンジュニア (大阪工業大学 ロボットプロジェクト)
太助隊プラス (産業技術短期大学)
なだよりあいをこめて(神戸市立科学技術高校 科学技術研究会)
都工機械電気 (大阪市立都島工業高校 機械電気科)
メヒャ! (岡山県立大学 ロボット研究サークル)
レスキューHOT君 (近畿大学 産業理工学部)
レスキューやらまいか(静岡大学 ロボットファクトリー)
六甲おろし (神戸大学)

なお、競技会の他に、特別企画、併催イベントも行われます。特別企画は「震災復興応援特別企画」として、パネルディスカッションや講演、写真展が行われます。

第11回レスキューロボットコンテスト 震災復興応援特別企画
(1) パネルディスカッション「がんばろう日本!」レスコンからのメッセージ
 開催日:8月6日(土) 15:15-16:15
(2) 講演「速報:東日本大震災におけるロボット技術を用いた支援活動」
 開催日:8月7日(日) 16:00-16:45
(3) 東日本大震災チャリティー報道写真展「子どもたちの笑顔と絆」
 開催日:8月6日(土)、7日(日)
(4) チャリティーグッズ販売
 開催日:8月6日(土)、7日(日)

詳細はホームページで確認してください。

また、神戸サンボーホールの1階では、「あそぼう!まなぼう!ロボットランド」が開催されます。このイベントでは、レスキューロボットの試作機の展示、企業や消防団体の展示、操縦体験、工作教室などが行われます。

あそぼう!まなぼう!ロボットランド
【参加型イベント】
(A)レススコンシーズジャンボリー2011
 開催日:8月6日(土)、7日(日) 10:00-16:00
 対象:小学生以下
 当日随時受付・無料
(B)親子ロボット工作教室(初級)
 開催日:8月6日(土) 10:00-16:30
 対象:小学4年生から中学3年生 定員:12組
 ※事前受付のみで、すでに受付は終了しております。
(C)ミニレスキューロボットを作ろう!
 開催日:8月7日(日) 10:00-16:00
 対象:小学生以上(一部はんだごて作業あり。保護者同伴が望ましい)
 当日随時受付・無料
(D)レスコンロボット操縦体験(2階)
 開催日:8月7日(日) 12:30-13:30
 対象:小学生以下
 当日受付(受付時間 10:00-11:30 1階で抽選)・無料
【展示】
(1)レスコンの目指すもの(レスキューロボットコンテスト実行委員会)
(2)目玉おやじのボール追跡、ラジコンヘリなど各種展示(東京エレクトロンデバイス株式会社)
(3)Advacing Fire Safety(日本消防検定協会)
(4)主催自治体コーナー
(5)レスコンの遠隔操作テクノロジーを体験しよう!(サンリツオートメイション株式会社)
(6)高性能リチウムイオン電池と充電器(株式会社ウィングス)
(7)レスキューロボット「UMRS2010:とレスキューロボットの技術を応用したシロアリ防除ロボット「ミルボ」の展示(NPO法人国際レスキューシステム研究機構)
(8)かがくかんロボットMAP2011

レスコン本選で、各チームのレスキューロボットの活躍を見たり、ロボットを自分で作ってみたり、体験操縦をしたりと、いろんなロボットを楽しんでみてはいかがでしょうか。

inrevium杯 第11回レスキューロボットコンテスト競技会本選
開催日時:  8月6日(土)・7日(日)10:00?17:00(入場は9:30?16:30)
場所: 神戸サンボーホール(神戸市中央区浜辺通5-1-32)
併催行事:あそぼう!まなぼう!ロボットランド
主催: レスキューロボットコンテスト実行委員会、兵庫県、神戸市、(株)神戸商工貿易センター、読売新聞大阪本社
入場料: 無料
http://www.rescue-robot-contest.org/11th-contest/index.html

日本ロボット学会ロボット工学セミナー
第66回シンポジウム

動物に見る賢さと巧みさ-新しいロボットへの道標-

 ロボットに限らずほとんどの機械は,動物の賢さと巧みさを観察し,記述し,再現することで実現されてきました.聴講者が動物の賢さと巧みさについて理解を深めることが,本セミナーの狙いです.本セミナーで得られた新しい知識は,きっと新しいロボット創成へのインスピレーションとなることでしょう.本セミナーでは,「時間と空間の認知と利用」という側面から,様々な動物の生態と認知能力について明るい先生方にご講演頂きます.

■日時
 2011年9月14日(水)11:00-18:05
■会場
 東京大学 本郷キャンパス 工学部2号館 3階 32A2室(231講義室)
 (東京都文京区本郷7-3-1)
 アクセス:
 http://www.mech.t.u-tokyo.ac.jp/kikaiB/map.shtml
 http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_03_j.html
 http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/map01_02_j.html
 「本郷三丁目駅」(丸ノ内線,大江戸線)徒歩15分,
 「湯島駅」(千代田線) 徒歩10分,「東大前駅」(南北線)徒歩12分

■定員
 50名(定員になり次第締め切ります)
■参加費
  会員/協賛学会員8,400円,学生(会員・非会員を問わず)4,200円,会員外12,600円(税込)

■オーガナイザー
 オーガナイザー:鍋嶌厚太氏(CYBERDYNE(株))

■講演内容
11:00-11:05 開会挨拶・講師紹介

11:05-12:35
第1話 生体における発声制御と聴覚の関連:コウモリおよび小鳥をモデルとした研究
同志社大学 小林耕太氏
 ヒト,コウモリおよび鳴禽類(Songbird)では正常な発声をおこなうために,自身の発した音声を聴きながら(聴覚フィードバック)発声制御することが不可欠である.これらの動物は共通して極めて精緻な時間周波数構造を持つ発声をおこない,聴覚を剥奪された場合には,この音響構造が維持できなくなる.その発声における重要性に比して聴覚フィードバックが発声を制御する,生理メカニズムについて,ヒトを含め,知見は極めて限定的である.
本講演では神経生理機構の研究が容易なコウモリの一種キクガシラコウモリおよび鳴禽類の一種ジュウシマツを用いて,私たちがおこなってきた聴覚フィードバックによる発声の生体制御メカニズム研究について紹介したい.ジュウシマツの発声は複数の音素から構成され彼らはこの音素を様々な順番で組み合わせて歌をうたう.一方コウモリは超音波発声によるエコーロケーション(こだま定位)をおこなう.特にキクガシラコウモリはエコーの周波数を一定に保つよう実時間で聴覚フィードバック制御をおこなっている.解剖学的には両種で共通して,発声の運動パタンの生成は大脳を起点とするネットワークによりなされ,聴覚フィードバック回路は運動パタン出力を修飾するように接続される.このフィードバック制御回路はジュウシマツでは大脳に存在し音素の順列制御に関与する.一方コウモリではフィードバック回路は脳幹部に存在し,発声の周波数と発声持続時間の制御に関与するとともに,これら2つのパラメータ(時間・周波数)は解剖学的に独立する回路で処理さることがわかった.これらの発声制御回路が音声知覚に関与する可能性についても考察したい.

12:35-13:30 休憩(昼食)

13:30-14:30 
第2話 イルカに見る感覚と知能の妙-水棲生活への適応
東海大学 村山司氏
 イルカ類は高度に水棲生活に適応した哺乳類である.彼らは,水中を高速で泳ぐための物理的特性を体に秘め,水陸両用の眼と,光を効果的に利用できるように仕組まれた光覚機能を有し,そして「音感の動物」といわれるように,秀でた聴覚システムと超音波を駆使し「音で見る」能力を持つなど,水の中で巧みに生き抜いていくための優れた特性や能力を有している.そこで本講演ではイルカのそのような特性,とくに視覚と聴覚に見られる水中生活に適応した種々の能力とそのメカニズムを紹介する.
 また,イルカは「賢い」と言われて久しい.巨大な脳を持ち,そこに存在する神経細胞のネットワークから,高等な霊長類にも匹敵する知的能力があることが明らかにされつつある.そこでイルカの「賢さ」について実験的に検証した成果について,演者が行っている「イルカとヒトとの会話」の可能性の観点から紹介したい.

14:30-14:45 休憩 

14:45-16:15
第3話 霊長類の社会知性を考える
理化学研究所 藤井直敬氏
 これまでの神経科学で最も大きな問題は何でしょうか.それは,これまでの神経科学が,脳を単体で機能するシステムだと捉えていた事であるように思えます.しかし,脳を社会環境から切り離すことはできません.
 わたしたちヒトは,他者を含むあらゆる環境条件において適応的に振る舞うことが出来るという知性を持っています.そのような他者の行動への適応を含む,社会適応的な行動選択のメカニズムを,これまでの神経科学では殆ど取り扱う事がありませんでした.その最大の理由は技術的な困難にありました.複数の個体が相互作用を行うような現実的な実験環境での脳機能計測は大変困難ですし,そのような実験環境では行動課題の統制も非常に難しいからです.
 しかし,現実環境における他者のもつ予測不確定性は,膨大な認知的負荷をわたしたちの脳に与えています.そのような,瞬間の環境文脈と他者との関係性に基づいて行動を決定する脳機能を社会的脳機能(ソーシャルブレイン)といい,その負荷に対する脳の進化的適応が,わたしたちの脳の知性の源だという考え方を社会脳仮説と言います.その考え方に拠るなら,ヒト知性の脳内メカニズムを解明するためには,個体間相互作用を許す,現実的社会空間を実験環境に導入する必要があります.
 本講演では,そのようなソーシャルブレイン研究を,霊長類を用いて行うために必要な考え方や具体的な技術について議論します.

16:15-16:30 休憩

16:30-18:00
第4話 ヒトの聴覚による空間認知のメカニズム?音源定位と視覚障害者の障害物知覚?
産業技術総合研究所 関 喜一氏
 本講演では,ヒトの聴覚による空間認知のメカニズムについて概説する.聴覚には,音を発する物体の位置を知覚する"音源定位"の他に,音を発しない物体の存在を知覚する"障害物知"と呼ばれる能力もある.前者は日常の中で誰もが経験するが,後者は主に視覚障害者に積極的に利用されている.
 音源定位は,水平面定位,正中面定位,距離知覚の3つのメカニズムにより3次元の位置を特定する.水平面定位は左右方向を特定するメカニズムであり,左右耳に音が到達する際の時間差および強度差を利用している.水平面定位は上下前後方向を特定するメカニズムであり,耳介などの形状によって決定される頭部伝達関数と呼ばれる周波数特性の方向による違いを利用している.距離知覚は距離を特定するメカニズムであり,距離減衰などを利用している.
 障害物知覚は,物体によって音が反射したり遮音されたりすることを利用して,音を発しない物体を知覚する能力である.大きく分けて,環境音を利用する場合と,自発音(足音など)を利用する場合がある.メカニズムとしては,物体の接近によって反射音の遅延時間が短くなることにより起こる音像の変化や音色の変化を利用する.障害物知覚は学習によって獲得される能力であり,視覚障害者のリハビリテーションにおいても訓練が行われている.

18:00-18:05 閉会挨拶

■問い合わせ先
一般社団法人 日本ロボット学会 ロボット工学セミナー係
〒113-0033 東京都文京区本郷2-19-7 ブルービルディング2階
TEL 03-3812-7594 FAX 03-3812-4628
seminar[at]rsj.or.jp ※[at]を@に置換えて下さい。
http://www.rsj.or.jp/events/Seminar/2011/RSJ_Sympo_66.htm
 

こんばんは、編集長です。
今日は急に涼しくなりましたね。外よりも、電車の中のほうが蒸し暑くて、うーんと思ってしまいました。地下鉄だと特にそうですよね。

さて、今日は日本原子力研究開発機構に行きまして、お話を伺ってきました。
先週、東京ビッグサイトで開催された「ROBOTEC」で、福島支援本部の川妻伸二さんがご講演されたのですが、もっと詳しいお話をお伺いしたいとのお願いをしていたものです。
結局、予定時間を1時間もオーバーした取材となりました。お忙しいのに、本当に感謝いたします。

おかげで、なかなかおもしろいお話が聞けました。原子力ロボットの開発に昔から関わられていたとのことで、たぶん知らない人も多いんじゃないかなーという話もあります。
次号の9月号に掲載予定です。ちなみに、夏休み進行で発売日がちょっといつもより早いです。
8月12日発売なので、お間違えなく。

こんばんは、編集長です。

株式会社バンダイが、ガンプラ作り世界一を決めるコンテスト「ガンプラビルダーズワールドカップ2011」というのをはじめるそうです。ガンプラの工作技術、塗装技術、アイデアを競うそうです。

...そういえば、プラモデルのガンダムにモータとかを仕込んで動かしていた方がいらっしゃいましたね。ああいうのもアリなんでしょうか。すごいアイデアだとは思いますが...

でも、応募方法が、写真を撮影してバンダイホビーサイトにある専用ページにある応募フォームから応募するんですよね。しかも写真も2MB程度のJPEGという指定だし...
動くモノは表現できないですね。ああ残念。

ちなみに「ワールドカップ」と称しているだけあって、中国、韓国、台湾、シンガポールをはじめ、オーストラリアやアメリカ、イタリアなどの世界13カ国・地域で開催されるそうです。すごいですね、ガンプラ。


こんにちは、編集長です。
なでしこジャパンすごいですね!今回の女子サッカーW杯は早朝に起きられず見ていなかったんですが、決勝は頑張って起きようかな、18日は祝日だし...

さて、昨年東京サマーランドにソフトクリームを作るロボット「やすかわくん」が登場しましたが、今年は池袋の「ナムコ ナンジャタウン」でかき氷を作るロボット「メカナジャヴ」が登場するそうです。こちらも7軸の双腕ロボットです。

なんでもナンジャタウンの15周年を記念して、株式会社ナムコが、三井物産株式会社と株式会社安川電機と協力して開発したロボットだそうです。
やすかわくんもTwitterで「ぼくの兄弟が北九州と東京でお仕事を始めたでやす♪」とつぶやいていたので、この東京の兄弟がメカナジャヴなんでしょうね。

メカナジャヴはナンジャタウンの「アイスクリームシティ」に7月16日(土)から8月21日(日)までかき氷を作っているそうです。「ナジャヴのかき氷」は1杯350円。

こんにちは、編集長です。
暑いですね、ものすごく暑いですね。
先週は東京国際ブックフェアに行っていました。電子出版関連はすごい人混みで、暑いし人酔いはするしで、へろへろになりながら回っていました。ちなみに、20%オフで本も買い込んでしまいました...つい2日前に買った書籍が安くなっていてショックを受けたのは秘密です。

さて、大阪で「第1回アンドロイドの館」が開催されています(16日まで)。
大阪空堀にある築100年の長屋にアンドロイドが住んでいて、そこにお邪魔できるそうです。

なお、完全事前予約制で、1時間入れ替え制になるそうです。参加費は無料ですが、入り口でワンドリンク(500円)を支払う必要があります。あまり混雑する時間帯だと、予約ができないこともあるそうなので、興味のある方はお早めに。

大阪なので、さすがに私は行けないのですが、「第1回」としているところを見ると、次もありそうですよね。東京近郊での開催でしたら、ぜひ行ってみたいです。

そういえば、今日から東京ビッグサイトでROBOTECHもはじまりましたね。私は明日行く予定です。

見延町なかとみ現代工芸美術館 夏休み向けの企画展
「 -未来を拓く 技術に挑む- 平成のロボットたち」を開催

今回の企画展「-未来を拓く 技術に挑む- 平成のロボットたち」では、ABUアジア・太平洋ロボコン2010最高技術賞受賞、NHK大学ロボコン2010優勝など、最先端のロボット研究で知られる金沢工業大学ロボティクス学科の教授や学生が製作したロボット約20点を展示します。
障害物までの距離を自分で計測し、よけながら目的地まで進む探査ロボットをはじめ、地震の被害を受けたアクアマリンふくしま(福島県いわき市)と協同開発し、同水族館に展示予定だったシーラカンスロボットのほか、細長い形状で倒壊した建物のがれきの隙間を移動し生存者を見つける移動型ロボット、人間の筋肉の配置を模した二足歩行ロボットなどを紹介します。会場では実際にロボットが動く様子も披露。また、工作教室や同大教授による講演会も開催いたします。

会期:2011年7月24日(日)-2011年9月22日(木)
    ※開幕式・特別観覧 7月24日(日) 午前10時から
会場:見延町なかとみ現代工芸美術館
    山梨県南巨摩郡見延町西嶋345
    TEL:0556-20-4556
    http://www.town.minobu.lg.jp/washi/shisetu.php
観覧料:一般 500円(450円)、大・高校生 300円(270円)、小・中学生 100円(90円)
     ※()は20人以上の団体料金
開館時間:午前9時30分-午後5時(入館は4時30分まで)
休館日:毎週火曜日

協力:金沢工業大学工学部ロボティクス学科

<高速!ザリガニロボをつくろう!>
日 時:7月10日(日)
?10:00?12:00
?13:30?15:30

<くるっとターンロボをつくろう!>
日 時:7月24日(日)
?10:00?12:00
?13:30?15:30

主 催:株式会社リバネス
場 所:リバネスロボティクス研究所
〒101-0021東京都千代田区外神田5-6-15 1階
(末広町駅からJR線路方面に50m歩き、左手の花屋の角を曲がって30mです(徒歩1?2分))。
http://www.robo-lab.jp/access/

対 象:小学校3年生?6年生
人 数:各回 最大10名
条 件:説明会がありますので保護者の方の同伴が必要です。
費 用:無料
申し込み方法:下記HPの申し込みフォームよりお申し込みください。
http://www.robo-lab.jp/2011/06/29/7-10-24/

978-4-274-21061-7.jpg本日、『モジュール化で理解する 電子工作の基本ワザ』が発売となりました!ロボマガでもWROやFLL、ETロボコンなどの記事や電子工作系の特集でおなじみの松原拓也氏による、"モジュール化"という概念を用いて、電子工作の基本を学べる本です。
これまで、基板を買ってきていろいろとやってきたものの、ブラックボックス化されている壁にぶちあたって挫折してしまった、あなたとか、あなたとか、わたしとか・・・におすすめです!
マイコン基板や、バッテリ基板、入力基板などのモジュールを組み合わせて、電圧計や障害物検出ロボットなどの製作方法を紹介します。
時間がとれる夏休みの工作にもいいかもしれませんね!


ご購入はこちらから↓
http://ssl.ohmsha.co.jp/cgi-bin/menu.cgi?ISBN=978-4-274-21061-7

こちらからプログラムダウンロードや書籍の紹介ムービーも見られます↓
http://www.ohmsha.co.jp/data/link/978-4-274-21061-7/

日本ロボット学会ロボット工学セミナー
第65回シンポジウム

実用ロボット-誕生秘話と今後の展望

 近年,ロボット技術への関心や期待は非常に高く,ロボットに関する研究・開発は世界中で盛んに行われ,その成果は飛躍的に進歩しています.しかし,ロボット技術を実用化し,広く普及させるためには,高度な技術の実現だけでなく,法規制・安全性・コストなど様々な問題を克服する必要があります.そこで本セミナーでは,既に実用化した,あるいは実用化を見据えたロボットについて,開発中に直面した問題や課題,克服事例の紹介と市場における今後の展望を解説頂きます.
※本シンポジウムは第29回日本ロボット学会学術講演会に連動して,前日に芝浦工業大学にて開催します。

■日時
 2011年9月6日(火) 10:30-18:00
■会場
 芝浦工業大学 豊洲キャンパス 交流棟401
 (〒135-8548 東京都江東区豊洲3-7-5)
 アクセス:http://www.shibaura-it.ac.jp/about/pdf/access_toyosu.pdf
 東京メトロ有楽町線豊洲駅1aまたは3番出口から徒歩7分,ゆりかもめ豊洲駅から徒歩9分,JR京葉線越中島駅2番出口から徒歩15分

■定員
 80名(定員になり次第締め切ります)
■参加費
 会員/協賛学会員8,400円,学生(会員,非会員問わず)4,200円,会員外12,600円(税込)

■オーガナイザー
 日高 洋士氏(富士通研究所),十倉 征司氏(東芝)

■講演内容
10:30-10:35 開会挨拶・講師紹介

10:35-11:15
第1話 ロボット市場の現状と次世代ロボット普及への課題
社団法人日本ロボット工業会 専務理事 冨士原寛氏
 現在ロボット市場の大半は産業用ロボットである.国際ロボット連盟の統計によれば,2009年末に全世界で稼働している産業用ロボットは102万台で,年間出荷台数は10万台を超える.他方,サービスロボットの販売は,家庭用の掃除ロボットや娯楽ロボットを除くと累計でも8万台未満である.政府は,我が国のロボット産業は2035年に9.7兆円まで市場拡大し得るとの予測を示し,産業構造ビジョン2010においてロボット産業を戦略5分野の一つに位置づけた.しかし,現状を見る限りその水準の達成は容易ではない.本講演では,次世代ロボットの普及促進上の課題について述べる.

11:15-12:15
第2話 ロボット掃除機 ヒット商品の裏側
セールス・オンデマンド株式会社 取締役 徳丸順一氏
 「Change the world. われわれの技術で世界を変える」というマサチューセッツ工科大学(MIT)発のロボット開発ベンチャー アイロボット社の理念の元,2002年に誕生し米国で大ヒットしたロボット掃除機「ルンバ」.これまで存在しなかった家庭用ロボットカテゴリー商品であるルンバは,日本では当初消費者からまったく受け入れられなかった.そのハードルをひとつひとつ,どのように乗り越えて,日本のマーケットに根付かせていったか,また日本の消費者のパーセプション変化を,アイロボット社,及びルンバ以外のアイロボット社のロボット達と共に紹介する.

12:15-13:15 休憩(昼食)    

13:15-14:15
第3話 大和ハウスのロボット事業と実用化に向けた課題
大和ハウス工業 ロボット事業推進室長 田中一正氏
 大和ハウスでは,生活支援ロボットのプロバイダーとして又メーカーとして,人のためになり社会が必要とするロボットの普及に注力し,ひとが心豊に生きる社会を目指している.そんな日本の社会に必要なものを三点あげると,一点目が障がい者・高齢者の自立を支援するロボット技術である.当社が販売している人支援ロボットスーツ「HAL」(Hybrid Assistive Limb),メンタルコミットロボット「パロ」などがそれである.二点目は女性・高齢者の社会進出支援(生産重作業支援).三点目は居住環境内でのIRT技術の導入(見守り・健康管理・家事支援・省エネなど)である.これらの話題に加え,住宅メーカーとして開発した建物点検診断補修ロボットを紹介する.

14:15-15:15
第4話 医療福祉ロボットシステムの実用化の開発現場
パナソニック(株) ロボット事業推進センター 主事 高橋里枝氏
高齢社会のくらしに向けて,パナソニックでは医療福祉ロボットシステムの事業化に挑んでいる.一人ひとりのいきいきとした毎日や医療・介護施設の良好な経営への貢献を目指し,ケアを必要とする人の自立や,ケアを提供する人のケア業務を支援するロボットシステムをこれまで開発してきた.開発の中で,ケア当事者の困りごとの解決案を形にしただけのものから真に望まれるものへと前進するために行ってきた,構想検討や有用性検証,安全性やユーザビリティの追求,ソリューションの考え方の深堀りなど,具体的な取組について紹介する.

14:15-15:30 休憩 

15:30-17:00
第5話 役立つロボット作りを目指して
株式会社テムザック 代表取締役 高本陽一氏
 実用ロボットは新産業であり,技術開発はもちろんのこと,拡販ひとつをとっても,白地図すらない白紙である.テムザックは,それでも過去にも現在にもない未来を創造しようと企んでいる.これまでに,レスキューロボット,受付案内ロボット,家庭用お留守番ロボットなど約30種類のロボットの開発を手がけ,ユーザの要望に応えてきた.これらのロボット開発を例に,実用化に向けた取組みを紹介する.

17:00-17:05 閉会挨拶 

<展示デモ> 
12:15-13:15,17:05-18:00
 昼食休憩時間および講演終了後,第2話?第5話に関連するロボットの動展示・操作体験・ビデオ展示を実施致しますので,講演とあわせてご覧下さい.

■問い合わせ先
一般社団法人 日本ロボット学会 ロボット工学セミナー係
〒113-0033 東京都文京区本郷2-19-7 ブルービルディング2階
TEL 03-3812-7594 FAX 03-3812-4628
seminar[at]rsj.or.jp ※[at]を@に置換えて下さい。
http://www.rsj.or.jp/events/Seminar/2011/RSJ_Sympo_65.htm


 本シンポジウムは、WRO Japanの目的に沿い、特に小中高校生向けに自律型ロボットを使った科学技術教育の実践を行っている指導者、支援者のための情報発信、発表および情報交換、交流の場とし、指導者の増加と指導者の実践力のレベルアップを目指します。主に小中高校の教員、指導者を対象とし、さらに小中高校生および教員を支援する高専、専門学校、大学、科学館、企業、NPO等、また社会教育の一環としての実践企業、団体による活発な活動の広がりを目指します。

開催日:2011年7月23日(土)
会場:科学技術館
主催:NPO法人 WRO Japan
共催:WRO Japan実行委員会

参加者:
小中高校の教員、およびそれらをサポートする機関(大学、科学館等)また人材育成として取り組んでいる機関(企業、NPO等)
参加費:一般 2,500円/NPO法人 WRO Japan会員 1,500円/学生 1,000円
申込:参加申込フォームよりお申し込みください
参加募集締切:2011年7月18日(月)

内容:
ロボットを活用した教育カリキュラム、体制、手法等。基調講演(調整中)、各現場における教育実践内容発表、交流ワークショップ
終了後、会場近隣にて懇親会あり(有料、希望者のみ)申込フォームにて参加を申し込まれた方には、別途ご案内を差し上げます。

開催スケジュール(予定):
9:45-9:50   開会式
9:50-10:40  基調講演
 ロボット探査機「はやぶさ」の挑戦 新しい宇宙探査の幕開け
 講師:久保田 孝(宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 教授)
10:40-12:20 事例発表(昼食休憩 約1時間)
13:20-14:30 ワークショップ(休憩 約10分間)
 【チームで発想ワークショップ】
 テーマ:発想と発想を実現する技術(テクノロジー)
 講師:
 松原 拓也((有)ニコ 取締役/ロボジョイくらぶ ロボジョイ・マスター)
 五十川 芳仁(イソガワスタジオ(株)代表取締役/ロボジョイくらぶ ロボジョイ・マスター)
14:40-16:20 事例発表
17:00-19:00 懇親会(予定)
(全体の時間配分は発表件数によって変わることがあります)

科学技術におけるロボット教育シンポジウム(WRO Japan)
http://www.wroj.org/2011info/symposium/int/gaiyou.html

工学院大学創立125周年記念事業・記念シンポジウム
第1回医薬工3大学包括連携推進シンポジウム
医学薬学工学の連携で広がる新しい世界

 工学院大学と東京薬科大学、東京医科大学の三大学は、2010年9月に包括連携協定を締結しました。
 この協定は、三大学の特長を活かして、医学、薬学および工学の連携による広範な教育・研究を共同で進めていくという、国内でも例の少ないもので、相互の教育及び研究の一層の進展をめざすとともに、地域貢献、産学官連携、国際交流などの活動を通じて、我が国及び地域の発展と人材の育成に寄与することを目的としたものです。
 今回、この協定の具体的取り組みとして、「医学薬学工学の連携で広がる新しい世界」と題したシンポジウムを計画し、相互の連携を開始する手がかりとして、ロボットをテーマとした3件の特別講演と合計20件のポスター発表を行います。

開催日時:2011年7月9日(土)13:00-17:00
会場:工学院大学 新宿キャンパス 3階 アーバンテックホール

内容:
<特別講演>
1 昆虫に学ぶマイクロシステム
  工学院大学工学部機械システム工学科 鈴木健司
2 ヒトを知るためのロボット研究
  工学院大学工学部機械システム工学科 高信英明
3 日本におけるロボット支援技術の現状と将来展望
  東京医科大学泌尿器科 堀口 裕、吉岡邦彦、橘 政昭

<ポスター発表>
 ロボットシステムを用いた生体関節バイオメカニクスの研究/電子線トモグラフィーと画像処理による3次元微細構造解析/人工股関節への使用を目的としたβ-Ti合金の摩耗特性評価/血管新生を制御する化合物の合成研究 ほか20件

工学院大学 創立125周年記念サイト
http://www.kogakuin.ac.jp/125/index.html


こんばんは、編集長です。
降ってわいた(わけではないんでしょうけど)某選手の移籍ニュースにちょっと動揺気味です...(イヤ頑張ってほしいですよ、せっかくのチャンスなんだし)

さて、LEGO Education正規代理店で、技術サポートを行っている株式会社アフレルで、「技術教育支援キャンペーン2011夏」と「夏休み応援キャンペーン」の2つのキャンペーンが開催されています。LEGO MINDSTORMS NXTのセットなどがお得に購入できたりするので、この機会にぜひいかがでしょう。

技術教育支援キャンペーン2011夏
アフレル設立5周年記念キャンペーン第3弾

その1:技術支援 エンジニアリングセットキャンペーン
 プログラム作成ソフトウェアのテキストを付属。制御実習・開発演習のPBL教材として使用できます。C言語・Javaには環境設定手順書が付属しています。

エンジニアリングセットA:51,100円(税込53,655円) ※参考標準価格:税込58,905円
エンジニアリングセットB:51,100円(税込53,655円) ※参考標準価格:税込59,955円
エンジニアリングセットC(教育機関向け C言語):40,800円(税込42,840円) ※参考標準価格:税込44,205円
エンジニアリングセットC-2(教育機関向け Java):40,800円(税込42,840円) ※参考標準価格:税込44,205円
エンジニアリングセットD(企業向け C言語):41,300円(税込43,365円) ※参考標準価格:税込44,755円
エンジニアリングセットD-2(企業向け Java):41,300円(税込43,365円) ※参考標準価格:税込44,755円
エンジニアリングセットE:52,800円(税込55,440円) ※参考標準価格:税込み56,175円

その2:書籍・レゴ しんかい6500が付属の特別セット
レゴ マインドストームのセットに、「レゴ しんかい6500」と入門LEGO MINDSTORM【第2版】、WROJapan公式ガイドブック「初めてのロボコン」が特別セットになりました。

書籍セットA:64,400円(税込67,620円) ※参考標準価格:税込72,611円
書籍セットB:15,400円(税込16,170円) ※参考標準価格:税込20,531円

その3:NXT拡張センサ(HiTechnic社製)特別販売
円高還元で昨年値下げした拡張センサが、今回特別価格になってさらにお求めやすくなっています。
・ジャイロセンサ(HT社製)NXT Gyro:5,600円(税込5,880円) ※標準価格5,800円(税込6,090円)
 倒立振子制御に威力発揮。ETロボコン新走行体、MATLAB®/Simulink®によるモデルベース開発実践用制御チャレンジセットに採用
・加速度センサ(HT社製)NXT Acceleration / Tilt Sensor:5,600円(税込5,880円) ※標準価格5,800円(税込6,090円)
・コンパスセンサ(HT社製)NXT Compass Sensor:5,600円(税込5,880円) ※標準価格5,800円(税込6,090円)
・カラーセンサ(HT社製)NXT Color Sensor:5,600円(税込5,880円) ※標準価格5,800円(税込6,090円)
・IRSeeker V2(HT社製)NXT IRSeeker:4,800円(税込5,040円) ※標準価格5,000円(税込5,040円)
・光距離センサ(HT社製)EOPD Sensor:5,600円(税込5,880円) ※標準価格5,800円(税込6,090円)
・IRLink(HT社製)NXT IRLink:5,600円(税込5,880円) ※標準価格5,800円(税込6,090円)
・WROフットボールキット(HT社製)WRO Football Kit :17,300円(税込18,165円) ※標準価格17,500円(税込18,375円)
 以下の3点が含まれています。
 IRBall ×1/コンパスセンサ ×1/IRSeeker ×1

なお、「エンジニアリングセット」「書籍対応セット」キャンペーン対象商品を3セット購入ごとに、「レゴ しんかい6500」を1つプレゼントします。

ホームスクーリング デスクロボ 夏休み応援キャンペーン
家庭学習用セットとして販売中の教育用レゴ マインドスームNXTを使ったホームスクーリング「デスクロボ」シリーズを、夏休みでの製作にむけた特別価格でご提供します。

デスクロボ「レゴ しんかい6500編・ロボリフター」:特別価格54,200円(税込56,910円) ※通常販売価格57,000円(税込59,850円)
 ・教育用レゴ マインドストームNXT基本セットV2
 ・教育用NXT ソフトウェア2.1シングルライセンス
 ・DCアダプタ
 ・「レゴ しんかい6500」組立てキット
 ・「レゴ しんかい6500編・ロボリフター」テキスト

なお、このキャンペーンは7月31日までの期間限定となっています。購入はアフレル・オンラインストアでできます。ご希望の方はお早めにチェックしてくださいね。

こんにちは、編集長です。

ニュースにもなっていましたが、福島第一原子力発電所の3号炉の原子炉建屋で、Warriorを使って掃除が行われたみたいですね。線量低減のためだそうです。7月2日に清掃をして、7月3日にPackBotで線量測定を行ったところ、少し下がったみたいですね。平均で1割程度下がったとか。

とはいえ放射能汚染はいろいろな要素が絡んでいるとのことなので、1回掃除したから、劇的に下がる、というものでもないそうです。でも確実に線量が下がっているので、成果はあるんだと思います。

なお、福島原発への投入について、iRobot社にインタビューした記事が7月号に掲載されていますので、興味のある方はぜひ読んでみてください。


リバスト

タマディック

アフレル

三和電気計器

ツクモROBOT王国

ヴイストンロボットセンター

秋月電子通商

近藤科学

Robotma.com

双葉電子工業

ロボット検定

国際ロボット展

 

ヒューマンアカデミー
ロボットカレッジはこちら!

ヒューマンアカデミーロボットカレッジ

関連書籍新刊

アクリルロボット工作ガイド
アクリルロボット復刻!工作のアイデアが満載の一冊
ロボット考学と人間
─未来のためのロボット工学─

ロボットづくり、ものづくりの神髄はここに!
新しい機械の教科書 第2版
これからもの作りをはじめる人のための「機械の教科書」決定版
MATLAB/Simulinkによるモデルベースデザイン入門
数値解析ソフトのデファクト「MATLAB/Simulink」によるモデルベースデザイン入門書!
タミヤ工作パーツで作る しくみがわかるロボット工作教室
手軽にチャレンジ!簡単ロボット工作
PICではじめる! RCサーボロボット製作入門
複数のRCサーボの制御でユニークなロボットたちを動かそう!
災害とロボット ―大震災から見えてきたロボットのあり方―
3.11以降、日本の災害対応ロボットに求められたものとは
ARプログラミング ―Processingでつくる拡張現実感のレシピ―
ARで実世界をコントロール!
ロボコン部品ガイドブック
自作ロボットユーザーのための、部品の選び方、使い方ガイド
人工衛星をつくる
―設計から打ち上げまで―

次世代のはやぶさを作りたい人に贈る!人工衛星製作の解説本!
ロボットテクノロジー
最新のロボット技術を一望できる!
アンドロイドを造る
アンドロイドの構造を大公開!
モジュール化で理解する
電子工作の基本ワザ

「モジュール化」というマイコンの新しい楽しみ方を提案