2011年8月バックナンバー

こんにちは、2点差からの逆転試合を仕事で見逃した編集長です。

さて、今日は「Google LUNAR XPRIZE」に参加する「ホワイトレーベルスペース」の発表会に行ってきました。なにそれ?と思った方、ロボマガの2011年5月号をぜひ読んでください(ちなみに第1報は2008年6月号です。こちらもぜひ)。
簡単に言うと、民間資本による月面探査を競う、総額3,000万ドル(約24億円)の賞金レースです。
ミッションは2015年までに12月31日あまでい月面に民間開発の無人探査機を着陸させて、着陸地点から500m以上走行、指定された高解像度の動画や静止画データを地球に送信することです。このミッションを最初に達成したチームには優勝賞金2,000万ドル(約16億円)が与えられます。

このミッションに挑戦する「ホワイトレーベルスペース」は日本とヨーロッパの国際チームです。2008年にオランダでアンドリュー・バートン博士を中心として設立され、現在は宇宙工学の専門家だけでなく、アーティストといった方々など、世界10カ国以上、50名以上のメンバーがいるそうです。
今回は、月面探査ローバーのプロトタイプがお披露目されました。こちらを開発しているのは、東北大学大学院工学研究科 航空宇宙学専攻の吉田和哉教授です。

wls.jpg
「ホワイトレーベルスペース」の月面探査ローバーのプロトタイプと吉田教授

今回はプロトタイプなので、動作機能の確認が主になるそうです。実機までには温度や熱、放射線の問題をクリアしなくてはなりません。とはいえ、2013年頃の打ち上げを目指しているそうです。
詳しくは10月15日発売のロボマガ2011年11月号で記事を掲載予定です。

ちなみに、ローバーなどの開発、月への打ち上げを含めた費用、約50億円は出資を募るのですが、個人でも「応援金」な「ルナーマイレージ」といったかたちで参加することができます。ルナーマイレージは購入したマイレージ数に応じて特典に応募ができます。現在は、月面探査ローバーの操縦権の応募権が公開されていますね。
興味のある方は「ホワイトレーベルスペース」のホームページを見てみてください。

こんにちは、最近きゃりーぱみゅぱみゅにメロメロのKです。ご無沙汰しております。
映像クリエイターというか、見せ方も含めて、センスを感じます。

さて、来年1月14日に、矢口史靖監督で映画『ロボジー』が公開されるそうです。
http://www.robo-g.jp/

なんとなく、「鈴木重光(73)職業・ロボット」というキャッチが気になります。ストーリーにも関係するのですが、職業・ロボットって...。

ロボットの風貌がどことなく、どことなくつくば万博の時に出展していたロボットに似ています。
roboji.JPG
浜松科学館にて撮影

ロボット系の映画といっても、いろいろとありますが、こういうコメディーもありかといった感じです。
公開が楽しみです。

こんにちは。編集長です。
雨が降ったら涼しくなったのですが、また暑さが戻りましたね。もう体温並みの最高気温は勘弁してほしいです。

さて、8月21日に、築地本願寺ブディストホールで開催されたROBOT JAPAN 2ndを見てきました。競技内容はロボットバトル(フライ級・バンタム級)と一発芸コンテストとロボット・ダンス・コンテスト。

ロボットバトルのフライ級は前回優勝の「オサル5号」(チームさるやま)が1回戦で敗退するという波乱がありました。優勝したのは「バルト」(千葉工業大学文化会総合工学研究会 佐藤)です。1回戦の時のインタビューで「自作回路なんですが、さっきまでうまく動かなくて...」と答えていたのに、優勝しました。いやいや、すごいものです。

バンタム級の優勝は「ガル?」(くまま)。実は優勝賞品がメロン(丸ごと1個)なのですが、それを聞いたくままさんの目が光ったとか光らなかったとか。
「ガル?」は1回戦で「流血仮面」(ミステル・タマオ)と対戦しているのですが、またこの試合がとてもおもしろく、エンターテイメントという面では一番の試合だと思いました。この試合は午前に行われていたので、午後にいらっしゃった方はもったいないことをしたかも。
robotjapan2.jpg
ガルー対流血仮面の試合で、ガルーのジャーマンスープレックス。角度が悪くてすみません...

一発芸は今回はエントリーが2チームで、ともに技術を披露した内容でした。それはそれでおもしろいとも思うのですが、アイデア勝負みたいなネタっぽいのもあってもよかったかも、と思いました。2チームというのも少し寂しかったですし、次回はもっとたくさんエントリーしてくれればと思います。優勝したのは「さいとう工房」。開発中の電動車いすの機能を披露していましたが、なにがすごいって、リンボーダンスをしたことでした。

ダンスは、「トコトコ丸」(ちーむトコトコ)が優勝したのですが、連獅子がすごかったです!その辺は動画を見ていただければ。

なお、来年のRoboGamesへ招待されるMVPは「さいとう工房」が受賞しました。
次回のROBOT JAPAN 3rdは来年1月8日の開催予定です。ここでのMVPもRoboGamesに招待されるそうです。アメリカで自分のロボットを披露したい方はぜひチャレンジしてみてください。

こんにちは編集長です。
今日は雨が降ってぐっと気温が下がっていますが、昨日は暴力的ともいえる暑さでしたね。このまま涼しくなってほしいものです...

さて、8月5日に開催された「RoboFesta2011 頑張れ福島」を見に行っていました。このRoboFesta、福島県の中学生と、埼玉県、東京都の中学生、広島県の小学生と一緒にロボットを製作するのですが、そのお披露目でもある競技会を見に行ったのです。RoboFestaの開催期間は8月3日から5日の3日間で、その間で参加者たちはテーマに沿ったロボットを、設計から材料集め、製作までをこなして、5日の午後から開催された競技会に参加していたのです。
robofesta2011.jpg

参加した生徒さんたちは、その場でチームを作ります。今回は住んでいるところも、学校も違う、その日初めてあった人同士でチームを作るのですが、そのチームで、テーマに沿ったロボットを製作します。製作期間は実質1日半だったそうですよ。ちなみに1チームにつき3から4人で、全部で5チームでした。

競技テーマは「Save Energy! 節電型ロボットによるメッセージタワーの建設」です。制限時間内に2台のロボットで紙コップを積んでいきます。高く積んだ方が高得点なのですが、実は、競技中に消費電力もはかっていて、消費電力がよりすくない(=残量が多い)とポイントが加算されるところが「Save Energy」ですね。
ちなみに、積み上げる紙コップにはメッセージが書いてあり、積み上げたときにそのメッセージがちゃんと読めるとやはりポイントが加算されていました。
ctv.jpg
このように、紙コップを積み上げていきます。このCTVチームは「さあ未来へはばたけ」というメッセージができあがっています。メッセージの内容はチームごとに違います。

momosima.jpg
競技中は、ロボットの操縦者、ケーブルを取り回す担当、紙コップの位置を指示する担当...など、チーム全員が頑張っていました!ちなみに、電池が切れると新しい電池に取り替えられるのですが、充電池のため、誰かが手回し充電器で充電しなければならない...というのもありました。

さて、実質1日半の製作期間とはいえ、どのチームのロボットも外装までちゃんと作られていました。大学生や先生がアドバイザーとしてついていたとはいえ、初対面の人同士で、しかも短い時間でちゃんと動くロボットが作ることができたことは、参加したみなさんにも自信になったのではないかなーと思いました。

しかし、さすが中学生&小学生。元気いっぱいで圧倒されました。
このRoboFestaについては、10月15日発売の11月号でレポートを掲載予定です。3日間で、みんながどんなふうにロボットを作り上げていったのかがわかります。

sankasya.jpg
カメラを向けたらあっという間にみんなが集まって記念撮影になりました。みんな元気いっぱい!

こんにちは、編集長です。
夏休みが終わったのですが、休んだ感じがあまりありません...

さて、ちょっとお知らせです。
9月18日(日)に大阪の阪急ターミナルスクエア・17の「ふじ」にて、自然科学書協会講演会が開催されます。私も関わっておりまして、たぶん受付とかつたない司会とかをしていると思います...

講演者と、講演内容は以下になります。

クニマスは生きている?伝説から科学へ?
 講師 中坊 徹次 京都大学 総合博物館 教授

ロボットが環境適応能力を持つには?なぜ小さなアリが大きな蟻塚を作れるのか?
 講師 大須賀 公一 大阪大学大学院 工学研究科 機械工学専攻 教授

今回は、大阪大学の大須賀教授による、ロボットに関連した話題もあります。また、京都大学の中坊教授は、絶滅したとされていた「クニマス」の再発見についての講演ですが、このクニマスの再発見も話題になりましたよね。

受講料は無料です。会場も阪急梅田駅に直結している便利なところなので、興味ある方はぜひご参加ください。事前に申込をしていただいた方がよいので、自然科学書協会の申込ページより申し込んでいただければと思います。

よろしくお願いします。

2011_09.jpg

ROBOCON Magazine 2011年9月号

■定価:980円(税込)
■判型:A4変形判 128頁
■発売日:2011年8月12日
■雑誌09761

ご購入は、こちらからどうぞ。
定期購読のお申し込みは、こちらからお願い致します。

表紙のロボット:日立建機株式会社の双腕機「ASTACO NEO(アスタコ ネオ)」。関連記事は、16ページ。


立ち読みコーナーは現在営業中です。

記事名の横にのアイコンがあるものは、記事の一部を閲覧することができます。閲覧にはAdobe Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロードして下さい。

お知らせ
●お詫びと訂正

・5頁の『目次』に誤りがありました。

(誤)不連続ロボット漫画「たくみさん」第48回
(正)不連続ロボット漫画「たくみさん」第49回

・11頁の『特集』の図26の回路図に誤りがありました。
右上のL7809CVからのOUTがmbedのVINにつながります。正しい図は、以下のようになります。

RM1109_p11z26r.jpeg
関係者並びに読者のみなさまにはご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げるとともに、ここに訂正いたします。

特 集
mbedでガーデニングロボットを作ろう
  • 基本編/製作編/プログラム編
ロボットコンテスト
  • ロボカップ2011イスタンブール世界大会レポート
  • NHK大学ロボコン2011 〜ABUアジア・太平洋ロボコン代表選考会〜
  • 姫路ロボ・チャレンジ「第12回大会2011年夏の陣」
ロボット News
  • 第1回アンドロイドの館in大阪空堀 築100年の町屋でジェミノイドFと楽しくおしゃべり
  • ロボットを支える基礎技術が目白押し「日本ものづくりワールド2011」が開催!
  • 昭和大学、歯科患者シミュレーターロボット「昭和花子2」を開発
  • ROBOTECH第2回次世代ロボット製造技術展開催
  • 東京おもちゃショー2011レポート
Topics
  • 日立建機の双腕機「ASTACONEO」、宮城県の被災地で瓦礫撤去作業を実施
  • 原子力災害ロボットのこれまで、現状、そしてこれから
  • ブラウザカルネージハートProgrammingSoldier ロボットプログラミングゲームの最高峰「カルネージハート」がオンラインゲームになって蘇える。
組み立てプログラムができるロボットセット LEGO® MINDSTORMS®
  • LEGO® MINDSTORMS®で作る ロボコン入門編 第30回 小型四足歩行ロボット
  • LEGO® MINDSTORMS®で作る テクニック上級編 第32回 重心移動型二足歩行ロボット
ロボット製作・工作
  • 〈新連載〉V-Sidoでモーションレスロボット制御 第1回
  • Jin Sato の田園工房 第29回
  • 中学生からはじめる! オリジナルロボットを作ろう 第62回 シンプルでいこう!〜シンプル・発電車〜
  • 〈最終回〉C#でセンサーぎみ ガス検知システムとGPS
  • ロボットの無線通信の問題について 〜高専ロボコンの事例より〜 第3回
  • 超!入門 二足歩行ロボット モーション作りのコツのコツ 第3回
  • 就職に役立つ技術を学ぼう MATLAB/Simulinkを用いたロボットアームの制御
    第2回 ロボットと基礎的な数学―ロボットで学ぼう!微分方程式と幾何学―
  • 電子工作への新たな提案 第2回 簡単なリレー回路で鉄道模型の自動運転にチャレンジ
連 載
  • ロボットホビー最前線 新感覚!ガンダムAGEゲイジングバトル登場!!
  • ロボマガ映画館 「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」
  • ロボット考学と人間 第29回 性格の先天性と後天性
  • 〈新連載〉Cubeくんと行く!超小型衛星の未来
    第1回 超小型衛星ってなぁに?
  • 日本ロボット学会協力企画 最新ロボット事情 第26回 レーザ測域センサが開く世界
  • 〈最終回〉SFおもちゃ館 「バーチャルトイ編」
  • 不連続ロボット漫画 「たくみさん」第49回
  • 関西ロボット情報局
  • ロボットがあるけん、福岡タイ!
  • Pick Up!
  • 新刊案内
  • BOOK REVIEW 『ダイナミックフィギュア上・下』
  • ロボマガひろば/読者プレゼント
  • 編集後記

◆本誌記事に関するお問い合わせは、左のサイトマップより「ご意見・お問い合わせ」のページからお願いいたします。
◆本誌への広告掲載についてのお問い合わせは、オーム社広告部(TEL 03-3233-0531)で承ります。
◆定期購読のお申し込みは、オーム社販売部(TEL 03-3233-0643)で承ります。

Microsoft、Windows、MS-DOSは、米国Microsoft社の米国およびその他の国における登録商標です。
Macintoshは、米国AppleComputer社の米国およびその他の国における登録商標です。
レゴはレゴグループの登録商標です。レゴシステムはレゴグループの商標です。
ROBO-ONEは(株)ベストテクノロジーの登録商標です。

バトル競技、ダンスコンテスト、一発芸コンテストなど多彩な競技の他、ロボットエンタメ集団・築地go!go!go!によるロボットショーなどを取り揃えた、まさに参加者全員が主役の劇場型ロボットイベント。
世界初のロボット落語家・築地亭小呂助の新作創作落語もお披露目予定です。ロボット界の巨匠の手による、Youtubeで話題のあのダンスも生で見られるかも? こうご期待!
RJ1_MVP.jpg
ROBO JAPAN 1stでMVPを獲得したTeam Veltrobotのダンス

■開催日時:
 2011年8月21日(日)
 11:00 予選開始(10:30開場)
 14:00 メインイベント開始
■会 場:
 築地本願寺・ブディストホール
  東京都中央区築地3-15-1 築地本願寺内第一伝道会館2F
  最寄:東京メトロ日比谷線 築地駅
  http://buddhisthall.com
■一般入場料:
 11:00?14:00予選会 500円 自由席(再入場可)
 14:00?メインイベント 1200円 自由席(再入場可)
 一日通しチケット 1500円 自由席(再入場可)
■主 催:マゼル・ジャパン
■協 力:近藤科学、他
■制 作:ロクスリー

■競技内容
1.バトル
 重量別にRJバンタム級とRJフライ級のトーナメントを開催します。
1対1で相手から3回ダウン(攻撃によって倒す)を奪えば勝ちという単純明快なルール。
さらに、レフリーはロボット格闘界のルールブックことレフリー小林が担当。
前回、フライ級ではなんと中学生が優勝を飾りました。
RJ1_b1.jpg
RJバンタム級バトル

RJ1_b2.jpg
RJフライ級バトル

2.ダンスコンテスト
 1体もしくは複数のロボットで音楽にあわせてダンスを行ないます。
ロボットは人型である必要はありません。ロボットなら何でもOK。 
さらにロボットと人間が競演するのもアリです、エンターテイメントの可能性を追求するという意欲的な競技です。
RJ1_dance.jpg
1stのダンスコンテストで優勝したサイコログレート

3.一発芸コンテスト
 ルールは単純明快、「ロボットが何かすること」。ステージ上で何をするかは参加者の自由です。 
「うちの子を自慢したい」、「ロボットを通じて世間に物申す!」、「ロボット持っているけどまだ大会に参加する自信がない」、「ロボットを通じて仲間を作りたい」、そんなあなた、ためしに参加してみませんか?
一発芸コンテストに限り当日の飛び入り参加もOK!
ロボット初心者に優しいコンテストを目標にやらせていただいております。
RJ1_gei.jpg
1stの一発芸コンテストで優勝したBLACK TIGER NEO。中身の入ったペットボトルを自律ロボットが認識して倒していくという芸を披露した。

■問い合わせ先
ROBOT JAPAN
http://robotjapan.jp

福島研の中学生たちを東京に招待し、首都圏を中心とした中学生たちとの混成チーム約20名により、3日間で製作した節電型ロボットによる競技会を開催します。

開催日時:2011年8月5日(金) 14:00-15:30
会場:科学技術館 6階 第3会議室
    東京都千代田区北の丸公園2-1
    最寄り駅:東京メトロ東西線「竹橋」駅
主催:NPO法人国際ロボフェスタ協会
運営:RoboFesta2011頑張れ福島!実行委員会

競技内容:「Save Energy」
設定された電力量内で復興の願いを込めたメッセージタワーを3分間で建設します。

問い合わせ:NPO法人国際ロボフェスタ協会
 TEL:03-6912-1302  FAX:03-6912-1305
 robofesta-inquiry(at)robofesta.org ※メールを送る際は、(at)を@に変換してください。
 http://www.gijyutu.com/jr-robo2009/

ロボット検定

国際ロボット展

リバスト

タマディック

アフレル

三和電気計器

ツクモROBOT王国

ヴイストンロボットセンター

秋月電子通商

近藤科学

Robotma.com

双葉電子工業

 

ヒューマンアカデミー
ロボットカレッジはこちら!

ヒューマンアカデミーロボットカレッジ

関連書籍新刊

アクリルロボット工作ガイド
アクリルロボット復刻!工作のアイデアが満載の一冊
ロボット考学と人間
─未来のためのロボット工学─

ロボットづくり、ものづくりの神髄はここに!
新しい機械の教科書 第2版
これからもの作りをはじめる人のための「機械の教科書」決定版
MATLAB/Simulinkによるモデルベースデザイン入門
数値解析ソフトのデファクト「MATLAB/Simulink」によるモデルベースデザイン入門書!
タミヤ工作パーツで作る しくみがわかるロボット工作教室
手軽にチャレンジ!簡単ロボット工作
PICではじめる! RCサーボロボット製作入門
複数のRCサーボの制御でユニークなロボットたちを動かそう!
災害とロボット ―大震災から見えてきたロボットのあり方―
3.11以降、日本の災害対応ロボットに求められたものとは
ARプログラミング ―Processingでつくる拡張現実感のレシピ―
ARで実世界をコントロール!
ロボコン部品ガイドブック
自作ロボットユーザーのための、部品の選び方、使い方ガイド
人工衛星をつくる
―設計から打ち上げまで―

次世代のはやぶさを作りたい人に贈る!人工衛星製作の解説本!
ロボットテクノロジー
最新のロボット技術を一望できる!
アンドロイドを造る
アンドロイドの構造を大公開!
モジュール化で理解する
電子工作の基本ワザ

「モジュール化」というマイコンの新しい楽しみ方を提案