2012年2月バックナンバー

こんにちは、編集長です。

ETロボコン2012の記者発表会が2月14日に行われました。詳細は検討中という部分もありましたが、競技内容や走行体の紹介、モデル審査のポイント、そして開催スケジュールなどが発表されました。また、国際展開についても触れられました。

ETロボコンは、設計モデル審査と走行競技からなるロボットコンテストです。ソフトウェア設計が重視されている大会で、組込みシステム開発分野の若手技術者や高校生以上の学生たちが多く参加しています。

コンテスト内容としては、モデル部門と競技部門、前記2部門をあわせた総合部門があります。
走行部門は自律型ライントレースロボットの走行競技による性能を競うもので、ロボットやバッテリーは指定のものとなります。ロボットはLEGO MINDSTORMS NXTを使用して製作される、二輪の倒立振子ライントレースロボットです。
モデル部門は、UMLなどで記述された、ロボットの走行システムの分析や、ソフトウェア設計モデル内容の評価で審査される部門です。
総合部門は上記でも紹介しましたが、走行部門とモデル部門をあわせた総合結果になります。ただし、足して2で割る相加平均ではなく、バランスで求める調和平均での評価となります。
参加する場合には、競技部門、モデル部門両方への参加が必須になります。どちらかだけの参加はできません。

今年の競技規約は4月中旬に公開される予定だそうですが、ETロボコン2011の競技規約をベースにした変更になるようです。基本的な競技内容は変わらず、ベーシック・ステージとボーナス・ステージの2ステージ制も継続だそうです。ただし、ボーナス・ステージの難所は変更を検討中とのこと。

ロボット自体は、2011年大会から変更しない方針で、二輪倒立振子ですが、2011年大会のときに登場したしっぽ部分を使った走行は禁止しないそうです。ただ、二輪倒立振子による走行が必要になるエリアや難所は設定されます。

et_robot.jpg
ETロボコンの競技部門のロボット(2011年度のもの)。今年も基本的には変更がありません。

et2012robot.jpg
ロボットの詳細

et2012couse.jpg
競技部門のコース(2011年大会のモノ)

開発環境については、nxtOSEK(C/C++)、TOPPERS/JSP(C/C++)、TOPPERS/ASP(C/C++)、UTOS(C/C++)、leJOS(Java)となります。これ以外の開発環境で参加したい場合は、申込前に事務局に相談が必要になります。

モデル部門については、初期の頃はシンプルだったモデルも、最近ではかなり複雑なものになってきていて、審査もかなり大変のようです。モデル審査基準としてはモデルの書き方、モデルの内容、オリジナリティ、追加課題という大きな4つのカテゴリがあり、審査委員会が審査をしていました。
2012年大会では、審査委員だけでなく、参加チームからの投票を受け付けるといった、全員参加のモデル審査を考えているとのこと(まずはチャンピオンシップ大会からの採用を検討中)。最終評価としては、審査委員会の評価と参加チームの投票結果により決定することになるようです。

et2012model.jpg
2002年に開催された第1回大会からのモデルの進化の様子

2001model.jpg
2004年大会で優勝したチームのモデル

2011model.jpg
2011年大会のエクセレントモデル。2004年の優勝モデルと比べると、その複雑さは桁違いですね...

また、モデリング初心者向けの教育をしていきたいとのこと。現在はどちらかというとスキルアップに近い印象で、初心者が挑戦するにはハードルが高くなっていました。そのため、まずはモデリングの価値を実感してもらおうということで、あらかじめ用意されたモデルを使って、まずは動かして、楽しさを実感してもらえるようなものになりそうです。

ETロボコン2012の参加申込は本日3月5日から4月6日の17:00まで。ETロボコンの大会参加申込ページから登録します。まずは地区大会からとなります。全国11カ所での開催となるので、近くで開催されている地区大会にエントリーしてみてください。

なお、実施説明会ははじまっています。関心のある方はぜひ参加してみてください。

それから、国際展開については、台湾で2013年にETロボコンを開催する予定だそうです(1地区大会として開催)。3月に台北市コンピュータ協会(Taipei Computer Association)でETロボコンを紹介する予定で、以降、アジア地域で海外地区大会を増やしていく予定だそうです。

こんにちは、バレンタインデーにインフルエンザだった編集長です。珍しく流行に乗りました。いきなり高熱がでるので、皆さんもお気をつけください...

さて、近藤科学のBluetoothモジュール「KBT-1」は、アプリをダウンロードすればAndroid端末からでも操縦ができるようになるのですが、Androidマーケットよりダウンロードがはじまりました。価格は315円。アプリ提供元はアイ・ビーです。

KBT-1とのペアリングの方法や、デバイスとの接続といったマニュアルは、アイ・ビーの「KRC for Androidの紹介」に掲載されています。

krc_for_android_c.jpg
krc_for_android_m.jpg
KRC for Androidのコントローラのスキンは2種類あります。

KBT-1はすでに発売されています。これで、Android端末を使って操縦ができるので、まず試してみてはいかがでしょうか。

こんにちは、Kです。
会社では、インフルエンザがじわじわと流行はじめていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
普段から、免疫力をつけておかないといけませんね。

さて、株式会社リバストで、ロボマガの最新号発売に合わせたロボットキットプレゼントキャンペーン第2弾がはじまりました!
今回の対象ロボットは、オムニホイールを使った4輪駆動タイプの移動型ロボット「マーキュリー Omni 4WD 08」です。

DSC09603.JPG

大きさは、350×350×100(W×D×H)mmです。
マイコン・IO拡張・エンコーダ付DCモータを搭載しているので、各車輪の回転速度と方向を変えることによって、ロボット自体の向きを変えずにあらゆる方向へ移動することができます。オムニホイールの動作原理を学習するのに最適なキットではないでしょうか?
応募ページで動画を見ることができます。

こちらのロボットを、抽選で2名の方にプレゼントします。ただし、応募資格は高校・高専・大学関係の方となります。
応募方法は、リバストのキャンペーンページで、必要な情報を入力して、「応募する」をクリックします。
締切は2012年3月15日(木)までです。

授業や研究などで使いたいと考えている方、是非ご応募ください。なお、このキャンペーンは今後のロボコンマガジンの発売に合わせて合計で6回行われますので、引き続きチェックしていてくださいね!

2012_03.jpg

ROBOCON Magazine 2012年3月号

■定価:980円(税込)
■判型:A4変形判 120頁
■発売日:2012年2月15日
■雑誌09761

ご購入は、こちらからどうぞ。
定期購読のお申し込みは、こちらからお願い致します。

表紙のロボット:本田技研工業株式会社の「新型ASIMO」。関連記事は、6ページ。
表紙提供:本田技研工業株式会社


立ち読みコーナーは現在営業中です。

記事名の横にのアイコンがあるものは、記事の一部を閲覧することができます。閲覧にはAdobe Acrobat Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロードして下さい。


お知らせ
●お詫びと訂正

・40頁、50頁の『姫路ロボ・チャレンジ「第13回大会2011年冬の陣」』に誤りがありました。
40頁左段の写真キャプション
(誤)姫路城築城に成功したseven(沖健太さん/神戸市立科学技術高校)
(正)姫路城築城に成功したseven(藤本佳寿馬さん/神戸市立科学技術高校)

50頁左段「姫路で「二足歩行ロボットの甲子園」を!」の見出し下1行目
(誤)両クラスで神戸科学技術工業高校が総合優勝した。
(正)両クラスで神戸市立科学技術高校が総合優勝した。

50頁左段下から1行目
(誤)神戸科学技術工業は、
(正)神戸市立科学技術高校は、

50頁右段写真上のキャプション
(誤)エントリークラス総合優勝のseven。左から沖健太さん、藤本佳寿馬さん、顧問の神永先生。
(正)エントリークラス総合優勝のseven。左から藤本佳寿馬さん、沖健太さん、顧問の神永先生。

関係者並びに読者のみなさまにはご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げるとともに、ここに訂正いたします。

特 集
新型ASIMOの技術を探る
  • 誰も知らないホンダ「新型ASIMO」のひみつ
  • ASIMOの技術が応用されている作業アームロボット

ロボットコンテスト
  • アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2011
  • WRO 2011アブダビ国際大会
  • 姫路ロボ・チャレンジ「第13回大会2011年冬の陣」
  • 鹿児島で第19回全国高等学校ロボット競技会開催
  • ジャパンマイコンカーラリー2012全国大会
  • 第23回全日本ロボット相撲大会 全日本の部
  • 第32回全日本マイクロマウス大会
  • 第20回全国専門学校ロボット競技会
  • YOKAロボまつり23・バトル大会 リアル・スティールカップ開催
ロボット News
  • 「Heart To Heart4」新バージョン登場
  • ヒューマノイドオープンプラットフォームの黒船『DARwIn-OP』日本上陸
Topics
  • 人と人をつなぐ介護ロボットをつくりたい 早稲田大学・吉藤健太朗氏インタビュー
  • つくばチャレンジ2011
組み立てプログラムができるロボットセット LEGO® MINDSTORMS®
  • LEGO® MINDSTORMS®で作る ロボコン入門編
    〈最終回〉第33回 四足歩行ロボット
  • LEGO® MINDSTORMS®で作る テクニック上級編
    〈最終回〉第35回 デジタル数字表示器
ロボット製作・工作
  • CNCフライス盤を使用したロボットパーツ製作―部品設計から組立てまで― 前編
  • Jin Sato の田園工房 第32回
  • 中学生からはじめる! オリジナルロボットを作ろう 第65回 シンプルでいこう!〜シンプル・掃除ロボ〜
  • 電子工作への新たな提案 第5回 A4サイズに収めた「電気実験玉手箱」
  • 〈最終回〉超!入門 二足歩行ロボットモーション作りのコツのコツ 第6回
  • 多脚ロボットのいる日常 第2回
連 載
  • ロボットホビー最前線 トランスフォーマー プライム1stエディション大好評発売中!
  • ロボマガ映画館 「ヒューゴの不思議な発明」
  • ロボット考学と人間 第32回 不気味の谷その後
  • Cubeくんと行く!超小型衛星の未来 第4回 日本初の超小型衛星メーカーに潜入
  • 日本ロボット学会協力企画 最新ロボット事情
    第28回 鉱山坑道跡探査ロボット
  • 関西ロボット情報局
  • ロボットがあるけん、福岡タイ!
  • Pick Up!
  • 新刊案内
  • BOOK REVIEW 『謎のチェス指し人形「ターク」』
  • ロボマガひろば/読者プレゼント
  • 編集後記


◆本誌記事に関するお問い合わせは、左のサイトマップより「ご意見・お問い合わせ」のページからお願いいたします。
◆本誌への広告掲載についてのお問い合わせは、オーム社広告部(TEL 03-3233-0531)で承ります。
◆定期購読のお申し込みは、オーム社販売部(TEL 03-3233-0643)で承ります。

Microsoft、Windows、MS-DOSは、米国Microsoft社の米国およびその他の国における登録商標です。
Macintoshは、米国AppleComputer社の米国およびその他の国における登録商標です。
レゴはレゴグループの登録商標です。レゴシステムはレゴグループの商標です。
ROBO-ONEは(株)ベストテクノロジーの登録商標です。

こんばんはKです。今日のつくばは朝から快晴。ちょっと朝は寒かったですが、すがすがしい空気の中、今日は、つくば市、柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK)、柏の葉セグウェイクラブ共催で、日本初のセグウェイツアー公道実験がつくば市で開催されました。
つくば市といえば、2011年3月25日に、日本で初めてモビリティロボット特区として認定されましたよね。詳しくは、ロボコンマガジン2011年7月号の記事をご覧いただきたいのですが、その後、6月から、特区におけるモビリティロボット公道実験が開始され、セグウェイを使った防犯パトロール実験などが行われてきました。

そこで、今回は、ツアーということで、全国から参加者を募り、募集をかけたところ、48名定員のところ、550名を超える応募があったとのこと。
今日は、厳選なる抽選をくぐり抜けた、ラッキーな8名の方々と、ツアーを体験してきました。
なお、各回8名で午前午後1回ずつツアーが開催され、今日から12日(日)まで行われます。

ツアー開始に先立って、つくば市およびロボット特区実証実験推進協議会会長である、市原健一つくば市長が、インフォメーションセンターで冒頭挨拶を行い、さっそうとセグウェイに乗ってつくば市庁舎まで通勤されました(途中は、公共交通機関を使用)。パフォーマンス?かと思いきや、今日は、茨城県内はノーマイカーデーだからとのこと(そんなのあるんですね?)。

DSC_0303.JPG
さっそうとセグウェイに乗る、市原健一つくば市長

午前の部参加の男女4名ずつの計8名の方々は、うかがってみると、全員セグウェイ初体験とのこと。もともとセグウェイの存在を知っていて、ずっと乗りたかったという方や、子どもがロボット教室に参加して教えてくれたので応募したお母さんもいらっしゃいました。
セグウェイは、実は誰でも乗れるわけではなく、体重制限があったり、普通自動車二輪免許または普通自動車免許を所有していなくてはならないんですね。

はじめは、ワクワクしながら控え室で待っていた方も、初めの講習会がはじまると、皆さん真剣な表情に...。
インストラクターさんの指示に従って、実際にセグウェイを使って、
・傾きのチェック
・片足を乗せて人間を感知するかどうかのセンサチェック
・乗る練習
・その場回転練習
・線に沿った、90度回転練習
・スラローム練習
などを、約30分かけて行いました。
最初は、乗るのにぐらついていた方も、下を見ずに、徐々に安定して走行できるようになっていました。
ポイントは、回る方向に顔を向けること。決してハンドルで操作はしない、だそう。

DSC_0327.JPG
講習会の様子

そして、いよいよ、ツアー開始。
8名+インストラクター2名が一列に並びながら、インフォメーションセンターを出発しました。

DSC_0336.JPG
インフォメーションセンターを出発

DSC_0348.JPG
早々に待ち受ける、スロープのあるペデストリアン

DSC_0354.JPG
中央公園の中にある、エキスポセンターの前で記念撮影

その後、松見公園に向かう途中の横断歩道で...おや?皆さんセグウェイから降りてしまいました。
実は、公道といっても、横断歩道は、乗ったまま走行してはいけないんだそうです。
ツアー中、他に、3カ所横断歩道を渡りましたが、すべて降りての走行です。
セグウェイ自体は、50kgくらいですが、意外にも、乳母車を押しているくらいの感覚で押せるそうです。

DSC_0360.JPG
歩道は降りて、セグウェイを押しながら横断

続いて、大きな池のある松見公園をぐるっと一周。このあたりから、みなさんなれてきたようで、スピードがのってきます。さすがに、歩きで追いかけるのはつらいので、少し休憩(笑)。ちなみに、セグウェイは、20km/h出せる能力を持っていますが、今回のツアーでは、9.5km/hの制限を設けているそうです。

その後、車の通りの激しい道路の歩道を走行し、駅前の交番まで行きました。横断歩道を渡り、駅前ロータリーへ。

DSC_0381.JPG
脇はバスも通る大通りの歩道を走行。狭いので、歩行者の方は譲ってくれたりもしました

DSC_0393.JPG
駅前ロータリー。お昼時ともあって、通行人も多い

その後、急坂を突破し、商業施設へ。

DSC_0400.JPG
終盤にさしかかり、参加者も手を振る余裕も出てきました

DSC_0402.JPG
急坂の走行

DSC_0410.JPG
商業施設の街路を走行

最後、インフォメーションセンターに戻り、約1時間半のツアーを終えました。
ここまでレポートにお付き合いいただきありがとうございました。

終了後、何人かの方にお話を伺いましたが、すがすがしい表情で、一様に楽しかったという意見が聞かれました。
歩くことにおっくうとなっている方などのリハビリなどに効果がありそう、といった意見もありました。身体の拡張というか、自分の足となってどこまでもいけるような魅力があるということでしょうか。
一方で、荷物をしょいながら走行というのが、自転車とは違って負担になったりするので、単なる移動のツールとしてはやはり自転車などに軍配があがるようで、ツアーの域を出ないという意見もきかれました。
また、女性の方の意見ですが、背筋が伸びて、インナーマッスルが鍛えられそうとか、自転車と違って体をあまり動かさないので、指先・足先が冷たいなどの意見がありました。
今後、こういった実証実験の成果を元に、特区実現の緩和に向けて、他の自治体の参考となるようなデータをとっていくことが重要課題のようです。
なお、この実験を踏まえた成果報告会が、「つくばロボットフォーラム2012」にて開催されるようです。
皆さんのお住まいの町でも、セグウェイが公道で走れる日が近いうちにやってきそうですね。

つくばロボットフォーラム2012
日時:3月13日(火)13:30-18:00
場所:秋葉原ダイビル2F 秋葉原コンベンションホール
内容:基調講演:「ものづくり」から「ことづくり」へ 奥山清行 氏
実験報告プレゼンテーション
パネルディスカッション」:ロボットによる新しい社会システムづくりを目指して
ほか
主催:つくば市、ロボット特区実証実験推進協議会、つくば技術開発クラブ
参加:無料(事前登録制)
http://sp.nikkan.co.jp/trob/

こんにちは、編集長です。

株式会社ゼットエムピーが、カーロボティクス・プラットフォームRoboCar1/10の、MATLAB/Simulink用アプリケーションの最新版「RoboCar1/10 MATLABコネクション2」の販売を開始しました。

RoboCar1/10は、充実した環境認識戒能を持つ実車の1/10サイズの自動車研究開発プラットフォームであり、自動運転や予防安全技術などの運転支援技術の研究開発や、自律移動を題材とした研究、教育などで使われています。

「RoboCar1/10 MATLABコネクション2」は、RoboCar1/10をMATLAB/Simulinkプログラムにより現在位置から任意の位置と向きまでの経路を設計することができます。
例えば、自動駐車や車線変更、障害物回避などの自動走行の研究開発の場合、目標の位置と向きに従って最適な経路を算出し、車両二輪モデルを用いてMATLAB/Simulinkにより操舵角の推定を行います。この操舵角に基づき、MATLAB/Simulink上でのシミュレーションを行うことができ、計画した経路とシミュレーション結果との比較や、その際に基づく経路制御が可能となります。同じMATLAB/SimulinkプログラムによりRoboCar1/10の実機の動作が可能なため、シミュレーションおよび実環境でのセンサデータを用いた実験を効率的に行うことが可能になります。
robocarimage.jpg
経路設計のイメージ

robocar2.jpg
設計経路とシミュレーション結果・RoboCar1/10軌跡の比較

価格は、一般40,000円(税別)、アカデミック30,000円(税別)です。

【アプリケーション】
●経路設計
 任意の位置と向きに向けた経路の算出を行い、車両二輪モデルにより操舵角を推定し、シミュレーションおよび実機の走行ができます。設計経路とシミュレーション結果、RoboCar1/10の軌跡の確認が可能です。
●RoboCarシミュレーション
 操舵角、速度の入力値により得られるシミュレーション結果の軌跡と、RoboCar1/10の実際の操舵角、速度による走行の軌跡をグラフ上に重ね合わせて表示します。
●RoboCarコントローラ(1)
 RoboCar1/10をMATLABにてリアルタイム操作可能なアプリケーションです。操舵角と速度の制御および赤外線測距センサによる障害物回避動作が可能です。
●RoboCarコントローラ(2)
 「RoboCarコントローラ(1)」に機能にくわえ、赤外線測距センサ、ジャイロセンサ、加速度センサの計測値をリアルタイムに表示することが可能です。
●レーザーレンジセンサ
 RoboCarに搭載されたレーザーレンジセンサ(オプション)の値を100msで更新、表示します。水平面上での表示にくわえ、障害物までの距離をグラフ化して表示します。
●軌跡追従デモ
 RoboCar1/10を遠隔操作した際の軌跡を記録し、自動走行を行うことができます。

robocarsimu.jpg
RoboCar1/10シミュレーション

【動作環境】
 PC:OS Windows XP/7
 ソフトウェア:MATLAB/Simulink(32bit) 動作確認済みバージョン 2006、2007、2010、2011

【価格】
■RoboCar 1/10 & RoboCar 1/10 SDK2011 + RoboCar 1/10 MATLAB コネクション2
 一般 840,000 円(税別)/アカデミック 658,000 円(税別)
 (RoboCar 1/10 とMATLAB コネクション2 のセットです)
■RoboCar 1/10 MATLAB コネクション2
 一般 40,000 円(税別)/アカデミック 30,000 円(税別)
 (すでにRoboCar 1/10 をお持ちの方向けのオプションです)

※上記価格にMATLAB/Simulinkは含まれません。

こんにちは、ふたたび編集長です。
冷蔵庫を買い換えたいなーと思っていたんですが、それより先に掃除機を買い換えたいです。

さて、掃除機つながり(無理矢理)ですが、学研の『大人の科学マガジン』最新号が「卓上ロボット掃除機」ですね。その発売イベントが開催されます。

『大人の科学マガジンVol.33 卓上ロボット掃除機』発売記念イベント
ロボット掃除機祭!

開催日時:2012年2月18日(土) Open:12:00 Start:12:30 End:14:30(予定)
会場:東京カルチャーカルチャー
入場料:前売り券1800円 当日券2300円(飲食代別途必要・ビール600円など)

イベント内容:
【第1部】
大人の科学マガジン本誌で紹介している改造記事で付録改造を行った方々から、付録ロボット掃除機の特徴をふまえて、どのように改造を行ったのか、改造作品を見ながらお話を伺います。

【第2部】
ロボット掃除機の代名詞“ルンバ”の販売代理店であるセールス・オンデマンドの技術部門の方をゲストに、「ルンバはどこまでの段差に耐えられるのか」「どれだけゴミを集められるのか」などなど、実演を交えて、サイエンス・ライターの森山和道さんがルンバの秘密に迫ります。 また、ルンバを開発・製造している米国アイロボット社のそのほかのロボットたちもお目見え。プールを掃除するロボットや雨樋を掃除するロボットなど、日本ではお目にかかれない専門的ロボットの現物にも触れることができます。ただの家電ではない「ロボット掃除機」の世界を存分に堪能できる内容となっています。

出演者:大人の科学マガジン編集部、セールス・オンデマンド社技術部門担当者、森山和道(サイエンス・ライター)
司会:テリー植田(東京カルチャーカルチャー・プロデューサー)

イベント詳細 http://tcc.nifty.com/cs/catalog/tcc_schedule/catalog_120128203835_1.htm
ご興味のある方はぜひ。

こんにちは、編集長です。

さて、現在、稲城市立iプラザで「大河原邦男作品展」が開催されています。大河原邦男さんといえば、『機動戦士ガンダム』や『勇者シリーズ』のメカデザインで有名な方ですよね...なんて、説明不要なくらい有名な方です。

ookawara.jpg

展覧会は1月21日から開催されていて、現在は後期が開催中です。ガンダムやヤッターマンやボトムズなどなど、さまざまな作品の原画や立体作品が展示されています。

さて、その大河原邦男展のなかで、大河原メカに扮したロボットたちがバトルを繰り広げる「大河原メカ バトルトーナメント」が行われます。日程は2月18日の13時から。会場はiプラザホールです。入場は無料ですが、当日の10時より、1階チケット販売カウンターで整理券が配布されます。

ちなみに参加者一覧も公開されていますが、ガンダムとかジムとかヤッターワンとか登場するみたいです。
このイベント、あくまでも「大河原メカ」なので、別に二足である必要はないと思うんですが、二足が多いですねえ。

こんにちは、シネコンに行ったところ、AKB48のファンと、ゴーカイジャーを見に来たファミリーの集団に巻き込まれた編集長です。なかなかの人混みに圧倒されていましたが、私の見た映画はがらがらでした。

さて、来週開催とすぐのわりとすぐのお話になるのですが、2月14日(火)と15日(水)に、大阪大学 豊中キャンパス内の21世紀懐徳堂スタジオとギャラリースペースで「ロボティクス演劇祭」が開催されます。
以前ロボマガ本誌でも紹介したアンドロイド演劇『さようなら Ver.2』や、こちらも本誌で紹介しました船場ロボットファッションコンテスト参加者による「ロボスター」の他、ロボットをテーマやモチーフにした演劇作品の上演と、ロボットの専門家の先生方や舞台で活躍するアーティストとのカフェ形式の対話イベントなどが行われます。
入場は無料ですが、事前予約制になります。

具体的なスケジュールは以下の通り。

<2月14日(火)>
●スタジオ
プログラムA
13:30-    受付開始
13:50-    搭乗(これまでに受付をお済ませください)
14:00-15:30 「劇団衛星のコックピット」

プログラムB
18:00-     受付開始
18:20-     搭乗(これまでに受付をお済ませください)
18:30-18:40  「ロボスター」
18:45-19:00  「夢みるロボット」
19:10-20:45  「劇団衛星のコックピット」

●ギャラリー
13:30-21:30 ポスターセッション/ビデオ展示
15:45-16:30 「劇団衛星のコックピット」アフタートーク
21:00-21:30 トークカフェ1「ロボットのいる暮らし?」
ゲスト:谷口忠大(立命館大学准教授)

<2月15日(水)>
●スタジオ
プログラムC
13:30-    受付開始
14:45-    開場
15:00-15:25 アンドロイド演劇「さようなら Ver.2」
15:25-16:00 アフタートーク

プログラムD
18:00-    受付開始
18:15-    開場
18:30-18:55 アンドロイド演劇「さようなら Ver.2」
休憩
19:10-19:20 「ロボスター」
19:25-19:40 「夢みるロボット」

●ギャラリー
10:00-21:00 ポスターセッション/ビデオ展示
19:25-21:00 トークカフェ2「ロボットに何ができるか」
ゲスト:浅田稔(大阪大学教授)

【演目紹介】
●劇団衛星『劇団衛星のコックピット』
巨大人型ロボット「装甲魔神ヘラクレス」。その原寸大の操縦室がそのまま「舞台」になって、さらに客席も一体となった完全可搬型劇場。あたかも遊園地のパビリオンのように、観客自身がコックピット内部に乗り込んで、その中で展開する物語を味わう。「小劇場でしか絶対表現できない舞台表現」を極めるべく、京都を拠点に全国で活動中の劇団衛星が贈る新感覚“体験”演劇!
上演時間:90分

●NPO法人 ダ・ヴィンチミュージアムネットワーク『ロボスター』(ロボットファッションコンテスト)
ロボットとファッションの融合。そんな関西(大阪船場)のユニークな発想をイタリアのレオナルド・ダ・ヴィンチ科学技術博物館の精神と、日本のロボットビルダーの技術、服飾専門学校の感性とのコラボで、ロボットファッションコンテストとして実現させました。今回はその受賞演技を披露します。小さな機体に込められた若い世代のロボットへのメッセージをご覧ください。
上演時間:10分

●いいむろなおきマイムカンパニー『夢みるロボット』
マイムを中心とした表現手法による作品づくりを行うため、いいむろなおき+複数のメンバーで活動中。 関西を中心に、東京やその他の地域、海外でも舞台公演を行っている。 今回は、「夢みるロボット」をモチーフに、言葉を使わない演劇、マイム作品としての短編新作を上演。
上演時間:15分

●平田オリザ+石黒浩研究室 アンドロイド演劇『さようなら Ver.2』
死を目前にした女性に、ただ詩を読み続けるアンドロイド。 人間にとって、ロボットにとって、生とは? 死とは?  大阪大学石黒浩研究室が昨年開発した、実在のモデルそっくりのロボット「ジェミノイドF」と人間俳優が共演。 <科学×演劇>の融合の臨界点を示す「ロボット演劇プロジェクト」最新作を上演。
上演時間:15分

アンドロイド演劇祭
http://www.fringe-tp.net/robofes/index.html

こんにちは、編集長です。

近藤科学から、Bluetoothモジュール「KBT-1」が発売されます。こちらは、コントロールボードRCBシリーズやKCB-1TOPCを、Bluetoothで無線通信するためのモジュールです。それに、アプリをダウンロードすれば、Android端末からでも操縦ができるようになります。
kbt1.jpg
対応製品:
 RCB-3HV(Ver.1.1a)、RCB-4HV、KCB-1、RCB-3JはRCB-3 RXモードのみ対応
対応電圧:6-12V
通信速度:115200bpsまで
サイズ:30×35mm
出力クラス:CLASS2(見通しの良いところで約10m)
対応プロファイル:SPP

セット内容:
 ・KCB-1HONTAI
 ・二又コードII×1
 ・ZH接続ケーブルB(三色ケーブル)100mm×1
 ・ZH接続ケーブルB 100mm×1
 ・ZHクロスケーブルB(赤色コネクター) 100mm×1
 ・取り付けネジ(2-5低頭タッピングビス)×6
 ※PC側に取り付けるBluetooth USBアダプターはセットに付属しておりません。

特徴:
・KHRとPCがワイヤレスで通信
 今までシリアルUSBアダプターを介してケーブルで通信していましたが、KBT-1をロボットに搭載すればBluetoothを使用して、ワイヤレスで命令を送れます。もちろん、Heart To Heartのデータも送受信可能なので、トリムやモーションの調整もケーブルに邪魔されることなく行えます。

・KBC Commander
 Heart To Heart4の機能の一つである「KBC Commander」を使用すれば、PCからでも無線コントローラーのように操縦できるほか、PC経由でゲームパッドでも操縦できます。

・モードチェンジで対応ボードを変更
 ディップスイッチの切り替えで、簡単にモードチェンジが可能です。RCB-4HVモード(KHR-3HVやKMR-M6など)とRCB-3HVモード(KHR-2HVアップデート済みセット)に切り替えられ、さらにUARTモードにすればPCからのデータをそのまま受け取ることも可能です。
また、マスターモードにすれば、スレーブモードのKBT-1とも双方向通信可能です。
※RCB-4HV/3HVの両モードでは、ボードに最適なタイミングで通信するように設定されています。

・Android携帯から無線操縦
 Android携帯用の送信機アプリ『KRC for Android』を使えば、無線機のようにロボットを動かすことができ、最大6台まで同時に遊べます。動作範囲は最大10mまでです。
 操作画面は2種類から選択でき、アナログスティックにも対応しています。
 『KRC for Android』はAndroidマーケットからダウンロードできます。本製品の発売後にダウンロードを開始します。
krc_android.jpg
『KRC for Android』のイメージ

android_cotr.jpg
『KRC for Android』をインストールしたAndroid携帯から操縦するとこんな感じですかね。

・省スペースのボード
 本体はKHRのバックパックに収まるサイズになっています。ネジ止めも可能です。

価格は税込12,600円。2月中旬の発売予定です。

クリエイティブ(創造的・独創的)なものづくりができる人が世界を制す!

板橋区と板橋産業連合会では、日本のものづくりをより強いものにするため、クリエイティブ(創造的・独創的)なものづくりができる人を育てていくために、レゴロボットを利用した「現代版からくり人形(ロボット)を作ろう!」講座を開催します。

開催日時:
1日目:2012年2月4日(土) 14:00-18:00
2日目:2012年2月5日(日)  8:00-18:00
会場:板橋産連会館
参加費:無料
対象:ものづくりに興味がある中学生・高校生
定員:10名
主催:板橋産業連合会・板橋区産業振興課

教材:
パソコン、レゴ マインドストームなど材料などはすべて主催者側で用意します。
講師:
埼玉大学教授 山本利一氏
株式会社ピルクス 取締役 内村弘人氏
株式会社大野精密 代表取締役 大野勇太郎氏
板橋区立赤塚第三中学校 教諭 佐藤正直氏
コンテスト内容:
創意工夫し、斬新なアイデアで茶運びロボットを製作します。その運び方のアイデアを審査し、優勝、準優勝、審査員特別賞を決定し表彰します。

申込み・問合せ先:
板橋産業連合会 担当:二村
TEL:03(3962)0131 FAX:03(3962)0133
板橋区産業振興課 担当:風間・内山
TEL:03(3579)2171 FAX:03(3579)9756
板橋産業連合会 ロボットコンテスト告知ページ
http://www.itabashisanren.org/index.php/event/robotcontest.html
※こちらから申込書(Wordファイル)がダウンロードできますので、こちらを利用してお申し込みください。

その他:
2日目の昼食は持参してください。会場内で飲食可能な部屋を用意します。
実施についての詳細は、参加者の皆さんに板橋産業連合会からご連絡をします。

 

日本機械学会が主催する「ロボットグランプリ」はものづくりを「知的スポーツ」としてとらえて、参加者にはものに触れながら、創造的な組み合わせによって与えられた機能を達成するマシンを創る喜びを知ってもらい、一般の方々には競技を楽しんで観戦してもらえるようにすることで、ものづくりを大衆化しようと考え、開催している大会です。
今回はロボットグランプリとして各競技を行うほか、小型ロボットの操縦体験ができるコーナーを予定しています。

開催日:
 2012年3月24日(土) 大道芸ロボット競技会
 2012年3月25日(日) ロボットランサー競技会、ロボットスカベンジャー競技会
会場:
 科学技術館
 東京都千代田区北の丸公園2-1
 東京メトロ東西線 「竹橋」駅 下車(1b出口)徒歩7分、「九段下」駅 下車(2番出口) 徒歩7分
入場料:無料(競技会観戦と併設ロボット展示見学は無料。科学技術館常設展示見学は別料金が必要です)

主催:一般社団法人日本機械学会
企画:一般社団法人日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門

競技内容:
●大道芸ロボット競技会
daidougei.jpg
 大道芸ロボットとは、道端で通行人を楽しませる大道芸人のように観客を魅了する楽しいロボットです。これまでは、ラーメンを作るロボットや、切り絵をするロボット、ギターを弾くロボットなど幅広い芸をするロボットが登場しました。今年はどんな芸を行うロボットが登場するかご期待ください。

●ロボットランサー競技会
lancer.jpg
エネルギー源と制御装置を内蔵し自律で動く、槍を装備した槍騎兵(ランサー)ロボットが、円周状のコースラインを周回しながら、コースラインの左右にある標的を次々と突いていく競技です。それぞれの標的にはあらかじめ得点が決められており、標的を突くたびに得点が加算されていきます。ある一定時間内に獲得した総得点数を競う競技です。

●ロボットスカベンジャー競技会
sukabenja.jpg
1チーム2名で、あらかじめ車両キットを基本とした2台の車両を作り、さらに家庭にある材料でアームやバケットなどを作ります。競技会当日は、それぞれのチームが手作りしてきたロボットをリモコンで操縦しながら、一定の時間内に、ごみと資源ごみに見立てたピンポン玉を2つのゴールに分別して集めます。それぞれのごみには点数が決められており、獲得した得点を競います。

ロボットグランプリホームページ
http://www.robotgrandprix.com/

こんにちは、編集長です。
次号のロボマガの編集の山場が過ぎたと思ったら、まわりが風邪にやられはじめています。私はいつも流行に乗り遅れて後からひく人なので、気をつけたいと思います。インフルエンザの予防接種も受け損ねたし...

さて、1月21日にロボットゆうえんちから発表された「KHR-3HVコンプリート ROBO-ONEカスタム」ですが、そのときに撮ったデモの動画です。

横歩きとか速いんですよねえ。動きが速いのはサッカーに役立ちそうですが、こちらはROBO-ONEカスタム、つまりバトル向けなので、サッカーモーションは入ってないんですよね。

3月24日、25日に第20回ROBO-ONEが開催されます。市販ロボットそのままで参加できるROBO-ONE Lightの開催についてはまだわからないのですが、購入して練習すれば優勝も狙えそうです。

khr-3hvroboone.jpg
KHR-3HVコンプリート ROBO-ONEカスタム(左)とKHR-3HVノーマル

kaikyaku.jpg
KHR-3HVの開脚フレームセットを採用しているので、股関節の可動範囲が広がっています。

leg_hikaku.jpg
ROBO-ONEカスタム(左)とノーマルとは足の構造が違っています。

価格は税込273,000円。コンプリートなので完成品が届きます。出荷は2月28日予定で、初回生産数は5体。なにしろ手作りなんです。お問合せはロボットゆうえんちまで。ツクモロボット王国などロボットショップでも予約を受け付けているようですよ。

ちなみに、ロボットゆうえんち公式ブログでは、開発状況が公開されています。こちらも読んでみてはいかがでしょう。

リバスト

タマディック

アフレル

三和電気計器

ツクモROBOT王国

ヴイストンロボットセンター

秋月電子通商

近藤科学

Robotma.com

双葉電子工業

ロボット検定

国際ロボット展

 

ヒューマンアカデミー
ロボットカレッジはこちら!

ヒューマンアカデミーロボットカレッジ

関連書籍新刊

アクリルロボット工作ガイド
アクリルロボット復刻!工作のアイデアが満載の一冊
ロボット考学と人間
─未来のためのロボット工学─

ロボットづくり、ものづくりの神髄はここに!
新しい機械の教科書 第2版
これからもの作りをはじめる人のための「機械の教科書」決定版
MATLAB/Simulinkによるモデルベースデザイン入門
数値解析ソフトのデファクト「MATLAB/Simulink」によるモデルベースデザイン入門書!
タミヤ工作パーツで作る しくみがわかるロボット工作教室
手軽にチャレンジ!簡単ロボット工作
PICではじめる! RCサーボロボット製作入門
複数のRCサーボの制御でユニークなロボットたちを動かそう!
災害とロボット ―大震災から見えてきたロボットのあり方―
3.11以降、日本の災害対応ロボットに求められたものとは
ARプログラミング ―Processingでつくる拡張現実感のレシピ―
ARで実世界をコントロール!
ロボコン部品ガイドブック
自作ロボットユーザーのための、部品の選び方、使い方ガイド
人工衛星をつくる
―設計から打ち上げまで―

次世代のはやぶさを作りたい人に贈る!人工衛星製作の解説本!
ロボットテクノロジー
最新のロボット技術を一望できる!
アンドロイドを造る
アンドロイドの構造を大公開!
モジュール化で理解する
電子工作の基本ワザ

「モジュール化」というマイコンの新しい楽しみ方を提案