2012年11月バックナンバー

Device2Cloudコンテストは、組込みアプリケーションの分野において、グローバルな視点で製品の企画・開発ができる人材の育成を目的に開始しました。高校生以上の学生を対象にした、組込アプリケーション開発コンテストであり、マイコン搭載ボードとセンサ搭載ボードを利用し、組込みアプリケーションの企画・開発、そしてプレゼンテーションによるコンテストです。予選を通過した5チームによるデモンストレーションを含むプレゼンテーションを実施し、技術および伝える力を競います。

■開催日時:2012年12月8日(土) 13:00-17:00(13:00開場)
■会場:東京電機大学 東京千住キャンパス 丹羽ホール 1号館2F
■主催:東京エレクトロンデバイス株式会社
■内容
 予選を通過した5チームによるプレゼンテーション(デモンストレーション含む)
 審査結果の発表、表彰など
 参加チーム、協賛企業によるデモ展示も実施します。
■入場料:無料。見学は自由です。
※USTREAMによる中継を実施予定

■問合せ先:
 D2Cコンテスト事務局
 E-mail:info(at)d2c-con.com ※メール送信の際には(at)を@に変換してください
 http://www.d2c-con.com/

モビリティロボットに興味を持つ研究者・技術者の方々を対象に、屋外フィールドの走行に必要なロボティクス・メカトロニクス技術の開発の一助としていただくため、つくば市のモビリティロボット実験特区におけるロボットの実証実験の見学会を開催致します。皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。

■開催日時:2012年12月5日(水) 13:00-16:30
■会 場:茨城県つくば市 モビリティロボット実験特区
■主催:一般社団法人日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門
■参加費:無料

■募集人数:30名(定員に達し次第締め切ります)
■申込み締切:2012年11月30日(金)
■申込み方法:
[No.12-162 つくば市モビリティロボット実験特区見学会参加申込み]と表記し、(1)氏名、(2)会員資格の有無、(3)所属(勤務先・部署/大学・学部)、(4)連絡先住所・電話番号・FAX番号・E-mailアドレスを明記の上、下記申込先にお申し込み下さい。
■その他
ロボットによっては、普通自動二輪免許または普通自動車免許が必要となりますので、お持ちの方は当日持参して下さい。
屋外フィールドを走行するため、雨天の場合は安全を考慮し中止とさせていただきます。
何とぞご了解下さいますようお願い申し上げます。

■問合せ先・申込先
 株式会社日立製作所 小野幸彦
 E-mail:yukihiko.ono.qr@hitachi.com
 http://www.jsme.or.jp/event/detail.php?id=2097

多くのクリエイターが応募している「電子工作コンテスト」ですが、コンテストの受賞作品の表彰のほか、応募作品の中から優れた作品を紹介する展示、応募したクリエイターによるプレゼンテーションステージ、初心者にも楽しめるワークショップをが予定されているイベント、「電子工作フェスティバル」が開催されます!
作品の応募期間は終了しましたが、電子工作コンテストのホームページで応募作品の動画を見ることができます。

■開催日時:2012年12月9日(日) 12:00開始予定
■会場:3331 Arts Chiyoda 体育館
    〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14
     http://www.3331.jp/
 アクセス:東京メトロ銀座線 末広町駅4番出口より徒歩1分
       東京メトロ千代田線 湯島駅6番出口より徒歩3分
       都営大江戸線上野御徒町駅A1出口より徒歩6分
       JR御徒町駅南口より徒歩7分
       JR秋葉原駅電気街口より徒歩8分
■主催:株式会社ピーバンドットコム
■運営:電子工作コンテスト2012実行委員会

■入場料:無料(電子工作ワークショップの参加は別途有料です)

■問合せ先:
 電子工作コンテスト2012実行委員会
 E-mail:info(at)elecontest.com
 http://elecontest.com/
       

■開催日時:2013年1月26日(土)、27日(日)
■会場:はまぎんこども宇宙科学館 1F企画展示室
     神奈川県横浜市磯子区洋光台5-2-1
     アクセス:JR京浜東北・根岸線 洋光台駅 徒歩3分
     http://www.sciencemuseum.jp/yokohama/  
■主催:はまぎんこども宇宙科学館、ロボット・アスリートCUP実行委員会
■運営:株式会社MANOI企画

■参加資格・機体規定
 KYOSHO/KONDO/姫路ソフトワークス等の市販ロボットをベースにしていること。
既に販売が中止された市販ロボットの参加も認めるが、部品供給の問題に配慮して推奨しな
い。以上の機体であれば改造は自由。ただし、一般的に『公共性に反する』、『運営上危険』
と運営サイドが判断した場合は、競技に参加する事ができない。不安がある参加者は必ず事
前に事務局に確認のこと。
■参加費:1エントリーあたり1000円(高校生以下500円)

■競技内容
●二足歩行ロボット・ダンス競技
 制限時間2分でダンスを披露する競技です。審査員の審査により順位が決まります。
●二足歩行ロボット・自由パフォーマンス
 制限時間3分で参加者が自由にパフォーマンスを披露する競技です。審査員の審査により順位が決まります。
●自律ビーチフラッグ競技(多脚ロボットクラス/2足歩行ロボットクラス)
 5m先のゴールに置かれたビーチフラッグを倒す時間を競います。ビーチフラッグは、直径約10cm、高さ30cmの円筒型パイロン(超音波送信機を搭載)となります。ロボットは自律型のみの参加となります。
●自律20m走行競技(多脚ロボットクラス/2足歩行ロボットクラス)
 ビーチフラッグ競技のパイロンをスタート&ゴールラインと、5m先のターン位置に配置し、その外周を2周する走行競技です。参加機体が一体ごとに走行し、ゴールラインに足がかかるまでのタイムを競います。参加機体ごとに3回走行して最も速いタイムを出した機体が優勝です。
●ドレスアップ賞
 開会式の際に、審査員が外装・塗装/見た目の美しさ、かっこよさを独自の視点で審査し、優勝機体を選出します。

■申込先
 「アスリートCUP」運営事務局
 株式会社MANOI企画 担当:岡本
 なお、エントリー申込みはメールでの事前受付となります。
 http://www.robotyuenchi.com/athlete-cup2013.html
 


   

リバスト

タマディック

アフレル

三和電気計器

ツクモROBOT王国

ヴイストンロボットセンター

秋月電子通商

近藤科学

Robotma.com

双葉電子工業

ロボット検定

国際ロボット展

 

ヒューマンアカデミー
ロボットカレッジはこちら!

ヒューマンアカデミーロボットカレッジ

関連書籍新刊

アクリルロボット工作ガイド
アクリルロボット復刻!工作のアイデアが満載の一冊
ロボット考学と人間
─未来のためのロボット工学─

ロボットづくり、ものづくりの神髄はここに!
新しい機械の教科書 第2版
これからもの作りをはじめる人のための「機械の教科書」決定版
MATLAB/Simulinkによるモデルベースデザイン入門
数値解析ソフトのデファクト「MATLAB/Simulink」によるモデルベースデザイン入門書!
タミヤ工作パーツで作る しくみがわかるロボット工作教室
手軽にチャレンジ!簡単ロボット工作
PICではじめる! RCサーボロボット製作入門
複数のRCサーボの制御でユニークなロボットたちを動かそう!
災害とロボット ―大震災から見えてきたロボットのあり方―
3.11以降、日本の災害対応ロボットに求められたものとは
ARプログラミング ―Processingでつくる拡張現実感のレシピ―
ARで実世界をコントロール!
ロボコン部品ガイドブック
自作ロボットユーザーのための、部品の選び方、使い方ガイド
人工衛星をつくる
―設計から打ち上げまで―

次世代のはやぶさを作りたい人に贈る!人工衛星製作の解説本!
ロボットテクノロジー
最新のロボット技術を一望できる!
アンドロイドを造る
アンドロイドの構造を大公開!
モジュール化で理解する
電子工作の基本ワザ

「モジュール化」というマイコンの新しい楽しみ方を提案