ROBOCON Magazine 2014年1月号

2014_01.jpg

特別付録!
ロボマガ オリジナル
卓上カレンダー2014
cal2014_1_small.jpg

ROBOCON Magazine 2014年1月号
■定価:1050円(税込)
■判型:A4変形判 128頁
■発売日:2013年12月14日
■雑誌09761

紙版のご購入は、こちらからどうぞ。
電子版のご購入は、こちらからどうぞ。
定期購読のお申し込みは、こちらからお願い致します。

表紙:秋葉原ディアステージで活躍中のでんぱ組.inc古川未鈴ちゃん。組み立てているのは、人気コミック「よつばと!」でおなじみのキャラクター「ダンボー」をロボット化した『ロボダンボー』(ヴイストン株式会社)
表紙撮影=其田益成
撮影協力=東京大学先端科学技術研究センター/ヴイストン株式会社
ヘアメイク=光野ひとみ
表紙/目次デザイン=岩郷重力+WONDER WORKZ。


受付は終了いたしました。たくさんのご応募、ありがとうございました!


go_dl.gif
下記の目次のgo_dl_s.gifマークをクリックすると、ロボマガダウンロードサービスのコーナーにジャンプしますので、 → [Download] のリンクをクリックするとダウンロードが開始されます。

・ロボコンマガジン電子版のお知らせ
2014年1月15日より、電子版『ロボコンマガジン2014年1月号』の発売を開始しました。
電子版の掲載内容やご購読方法などの詳細は、こちらの記事をご参照ください。


ありがとう、創刊15周年!
でんぱ組.inc古川未鈴とアイデアプロトタイピング!go_dl_s.gif
第1回 アイデアスケッチ
2013国際ロボット展 総力特集
  • 国際ロボット展20回のあゆみ
  • 2013国際ロボット展にみるロボット最新動向
  • インターナショナルロボットハイスクール2013
  • IROS2013が東京で開催
  • 韓国の国家戦略ロボット展RobotWorld2013 in KINTEX
進む自動車のロボット化
〜ここまで来ている無人走行技術
  • ロボットメーカーの視点からみた自動車のロボット化
    ──株式会社ゼットエムピー
  • 大学の視点からみた自動車のロボット化
    ──金沢大学/早稲田大学/東京理科大学
  • 自動車メーカーの視点からみた自動・自律運転への取組み
    ──日産自動車株式会社/トヨタ自動車株式会社/本田技研工業株式会社ほか
  • 次世代の自動化・自律化の要素技術はどう変わる?
    ──【人工知能編】東京大学 神崎・高橋研究室
    ──【カメラ編】日本電気株式会社
  • 身体運動をアシスト&トレーニングするロボット関連製品が多数出展
    「国際福祉機器展 H.C.R 2013」開催!
  • 第31回日本ロボット学会 学術講演会開催
  • 横攻撃禁止ルールで勢力図が大きく変化
    第23回ROBO-ONE&第7回ROBO-ONE Light開催
  • Maker Faire Tokyo2013&Rome開催
  • ヒューマノイドロボットパルロを動かすためのアプリケーション開発入門
    第4回 PALROとの「やくそくごと」を作る
  • ものづくり教育への新たな提案
    第4回 立体配線による電子キューブ工作方式 〜ハンダレスを目指して〜
  • LEGO MINDSTORMSであそぼう!
    第11回 リテール版EV3でつくる二足歩行ロボット
  • 中学生からはじめる! オリジナルロボットを作ろう
    第76回 カラクリ大好き! 〜カラクリ・キツツキ〜
  • アクリルロボット研究所
    第9回 ライントレーサー その1「電子回路を作る」
  • ロボットはじめます
    第6回 持っていく杖と白フクロウが無い
  • RTミドルウェアで「賢い」ロボット入門
    第4回 再利用性の高いロボットの目を作ろう!
  • 池澤春菜のSFロボ×リアルロボ
    第4回 梶田秀司さん —後編—
  • おれたちロボ部!
    第7回 金沢工業大学夢考房プロジェクト メカニカルサポート/ロボットプロジェクト ロボコン班
  • ロボットホビー最前線
    『フレームアームズ』
  • ロボマガ映画館
    『マンボーグ〈日本劇場公開特別版〉』
  • Cubeくんと行く! 超小型衛星の未来
    第15回 宇宙の卒業試験を調査!
  • 日本ロボット学会協力企画 最新ロボット事情
    第39回 多指ハプティックインターフェイスロボット
  • マンガ ワザモノ探訪
    第十一回 ベクトル株式会社 小山久枝さん、矢崎徹さん、大熊栄一さん
  • BOOK REVIEW
    『ロボットを通して探る子どもの心 デベロップメンタル・サイバネティクスの挑戦』
  • ジャパンオープン VEX Robotics Competition 2013-2014
  • 第9回全国学生室内飛行ロボットコンテスト
  • 千葉工大・三菱重工業、独自に開発した原子力分野向けロボット「櫻弐號」を生産・販売
  • あつぎものづくりブランドプロジェクト、身長170cmの大型ロボット「ロボコロちゃん」を開発
  • CEATEC JAPAN 2013
  • 産総研オープンラボ2013
  • NEC、卓上サイズになった「PaPeRo petit」を使ったクラウド活用サービスを開始
  • 関西ロボット情報局
  • ロボットがあるけん、福岡タイ!
  • 新製品情報
  • ロボマガ編集部からのお知らせ
  • 読者プレゼント
  • 編集後記


ロボマガダウンロードサービス

  • 『でんぱ組.inc古川未鈴とアイデアプロトタイピング! 第1回 アイデアスケッチ』

    本連載で紹介した、アイデアスケッチに必要な3つのシート(「だれ?/いつ?」スケッチ/「だれ?/いつ?7×7マトリクス」スケッチ/「だれ?/いつ?」スケッチ)です。A4判でダウンロードしてご使用ください。

    データ一式:idea_sketching_worksheets_3.pdf(PDFファイル) → [Download]
    (発案者の、情報科学芸術大学院大学准教授 小林茂氏、同・James Gibson氏より許可を得て、掲載するものです)

  • [免責事項]
    これらのファイルの著作権は、オープンソースのプログラムを除き、著作者に帰属します。本ファイルを利用したことによる直接あるいは間接的な損害に関して、著作者およびオーム社はいっさいの責任は負いかねます。利用は利用者個人の責任で行ってください。

    ◆本誌記事に関するお問い合わせは、左のサイトマップより「ご意見・お問い合わせ」のページからお願いいたします。
    ◆本誌への広告掲載についてのお問い合わせは、オーム社広告部(TEL 03-3233-0531)で承ります。
    ◆定期購読のお申し込みは、オーム社直販サービス課(TEL 03-3233-0536)で承ります。


    本誌に掲載する著作物の複製権・翻訳権・上映権・譲渡権・公衆送信権(送信可能化権を含む)は株式会社オーム社が保有します。
    本誌に掲載されている会社名、および製品名は、一般に各社の登録商標または商標です。

    ロボット検定

    国際ロボット展

    リバスト

    タマディック

    アフレル

    三和電気計器

    ツクモROBOT王国

    ヴイストンロボットセンター

    秋月電子通商

    近藤科学

    Robotma.com

    双葉電子工業

     

    ヒューマンアカデミー
    ロボットカレッジはこちら!

    ヒューマンアカデミーロボットカレッジ

    関連書籍新刊

    アクリルロボット工作ガイド
    アクリルロボット復刻!工作のアイデアが満載の一冊
    ロボット考学と人間
    ─未来のためのロボット工学─

    ロボットづくり、ものづくりの神髄はここに!
    新しい機械の教科書 第2版
    これからもの作りをはじめる人のための「機械の教科書」決定版
    MATLAB/Simulinkによるモデルベースデザイン入門
    数値解析ソフトのデファクト「MATLAB/Simulink」によるモデルベースデザイン入門書!
    タミヤ工作パーツで作る しくみがわかるロボット工作教室
    手軽にチャレンジ!簡単ロボット工作
    PICではじめる! RCサーボロボット製作入門
    複数のRCサーボの制御でユニークなロボットたちを動かそう!
    災害とロボット ―大震災から見えてきたロボットのあり方―
    3.11以降、日本の災害対応ロボットに求められたものとは
    ARプログラミング ―Processingでつくる拡張現実感のレシピ―
    ARで実世界をコントロール!
    ロボコン部品ガイドブック
    自作ロボットユーザーのための、部品の選び方、使い方ガイド
    人工衛星をつくる
    ―設計から打ち上げまで―

    次世代のはやぶさを作りたい人に贈る!人工衛星製作の解説本!
    ロボットテクノロジー
    最新のロボット技術を一望できる!
    アンドロイドを造る
    アンドロイドの構造を大公開!
    モジュール化で理解する
    電子工作の基本ワザ

    「モジュール化」というマイコンの新しい楽しみ方を提案