2014年1月バックナンバー

芝浦工業大学 知能機械システム研究室では、生活支援ロボットの研究の一環として、見守りロボットと立上り支援装置の紹介を行うイベントに参加してくださる60歳以上の方を募集中です。
中でも、立上り支援装置については、より良い研究開発のために、実験評価にご協力くださる参加者を求めています。実験については、芝浦工業大学の倫理委員会の承認を得ており、個人情報についても厳重に管理されるとのことです。
申込期限は2月17日(月)17時まで、定員は先着15名で、定員になり次第締め切られます。ご興味のある方は、下記をご覧のうえ、お問い合わせ、お申し込みください。


高齢者生活支援ロボットについて
〜ロボット技術の紹介と実験評価協力のお願い〜


  • 日 時
    2014年2月18日(火) 18:00〜19:30
  • 会 場
    芝浦工業大学 豊洲キャンパス 教室棟1階 テクノプラザ
    →会場へのアクセス
  • 参加費
    無料
  • 内 容
    見守り支援ロボットの紹介および立ち上がり支援装置の紹介と実験
    当日の話し手:松日楽 信人(まつひら のぶと)教授
    芝浦工業大学・教授 博士(工学)。前職、東芝では研究開発リーダーとして宇宙、電力、医療、家庭用など種々のロボットを開発。
    松日楽教授からのメッセージ:
    SITテクノロジーカフェなどで、これまで大変お世話になって来ました。カフェがきっかけで、高齢者生活支援ロボットの研究開発も具体的に実施できるようになりました。
    まだまだ、高齢者の方が使って頂けるようになるには時間が掛かりますが、一日でも早く、使って頂けるものを開発して行きたいと考えております。
    今回の実験も、その一環ですので、是非とも皆様のご協力を頂ければ大変幸いです。
  • 申し込み方法
    Eメールにて、件名に「実験評価協力の件」と明記の上、
    (1)氏名(ふりがな) (2)住所 (3)電話番号 (4)年齢
    を記入して、sangaku [at] ow.shibaura-it.ac.jp 宛にお申し込みください。
    (※ [at] を@に置き換えてください。)
    (※複数でのご参加を希望の場合は、参加希望者全員について記載してください。)
  • 募集人数
    先着15名(実験にご協力頂ける60歳以上の方)
  • 申込締切
    2月17日(月)17時まで受け付けています。
    定員に達した場合は、その時点で受け付け終了となりますので、ご了承ください。
  • その他
    ご参加いただいた方には、粗品を差し上げます。
  • お問合せ
    芝浦工業大学 産学官連携・研究支援課
    〒135-8548 東京都江東区豊洲3-7-5
    Tel:03-5859-7180 Fax:03-5859-7181
    Eメール:sangaku [at] ow.shibaura-it.ac.jp 
    (※ [at] を@に置き換えてください。)
本誌記事や連載でもおなじみの、レゴ マインドストーム EV3ですが、その教育版セットをプログラム学習や課題研究などに利用されている大学、高専、高等学校、専門学校など、多数あるかと思います。個人で購入を検討されている方も少なくないのではないでしょうか。
そんな方々に、レゴ正規代理店の株式会社アフレルから、年度末応援キャンペーンのお知らせが届きました。
新年度のプログラミング授業に「教育版レゴ マインドストーム EV3」を。
年度末応援キャンペーン開始!
開催期間:2014年1月20日(月)〜3月27日(木)
詳しくはこちら >> http://www.afrel.co.jp/special

キャンペーン対象となるロボットキットのご購入者には先着で嬉しい特典がつきます。

  • 教育版レゴ マインドストーム EV3基本セット含むLEAD、デスクロボ商品ご購入者先着100名様に
    EV3インタラクティブサーボモーターM(3,200円相当)をプレゼント!
    (お一人様1個限り。企業、学校の場合は1団体につき1個限り。)

  • WRO2014セットご購入者全員に
    もれなくEV3カラーセンサー(4,000円相当)をプレゼント!

期間中の特別価格など詳細は、上記のキャンペーンサイトをご覧ください。 キャンペーン価格での提供は3月27日まで。プレゼントには先着順もありますので、ご希望の方はお早めにどうぞ!

■販売・お問い合せ先
株式会社アフレル カスタマーセンター
http://www.afrel.co.jp
info[at]afrel.co.jp ([at]を@に置き換えてください)
TEL:0776−25−0303 / FAX:0776−25−0309
robocoro.jpg本誌1月号の記事でも紹介した、ATSUMO(あつぎものづくりブランドプロジェクト)が開発する等身大二足歩行ロボット「ロボコロ」ちゃんの音声タレントの公開オーディションが、2月1日に開催されます。
音声タレントは「市内在学在住の児童から公明正大な手続きで選出し、ATSUMOと市民の協働によるプロジェクトの推進、及び将来の世代にATSUMOの"ものづくり"に対する精神を引き継ぐことを目的にオーディションを実施する」との目的のもと、毎年小学生から公募されます。
公募により集まった厚木市内に在学在住の小学校1年生から5年生までの児童16名の中から1名を公開オーディションにより選出します。選出された児童は2014年度中「ロボコロ」ちゃんの公式音声タレントとして活動することになります。音声タレントの任期は1年で、毎年、厚木市内の児童を選出する予定です。

※「ロボコロ」ちゃんは、ATSUMOが2015年4月に完成を目指している厚木市マスコットキャラクター「あゆコロちゃん」型の等身大二足歩行ロボットです。
※ATSUMOは厚木商工会議所会員製造業28社で組織し、オブザーバーに神奈川工科大学、東京工芸大学、神奈川県産業技術センターの研究機関や神奈川県、厚木市の行政機関が参加しています。平成25年5月の設立以来、市民協働による「あゆコロちゃん」型の等身大ロボットを開発することで平成26年度に市制60周年を迎える厚木市から"ものづくりブランド"を全国に発信する活動を行っています。



「ロボコロ」音声タレント公開オーディション 開催概要

  • 開催日
    2014年2月1日(土)14:00〜16:00(13:00〜 受付開始)
  • 会 場
    厚木商工会議所5階大会議室(厚木市栄町1-16-15)
    →厚木商工会議所へのアクセス
  • 審査員(9名)
    ・ATSUMO会員より6名(会長、副会長、理事4名)
    ・東京工芸大、神奈川工科大から各1名
    ・「あゆコロちゃん」考案者の市民
  • 審査基準
    各項目10点(合計50点)で判定
     1 明るさ
     2 言葉の聞きやすさ
     3 声の大きさ
     4 姿勢や態度
     5 メージとのマッチ度
  • オーディション内容等
    ◎自己紹介(名前、学校、学年、得意な事)、早口言葉2種類、意気込みを3分程度で話す
    ◎MANOIの声を務める岡本七海(小5)が参加者と同じ演目を行い6点/基準にする
    ◎早口言葉はオーディション当日に5種類を主催者が発表し、その中から2種類を選んで対応
    ◎姿勢や態度は音声とは関係ないが、個人への取材・出演の可能性もあり審査基準に含める
    3月末(春休み期間) 第1回の音声収録(日時、内容、会場未定)
  • タイムスケジュール
    進行(岡本ロボット開発理事)
    13:00 受付開始
    14:00 オーディション開始
    14:00 主催者挨拶
    14:05 審査員紹介
    14:10 模範演技(岡本七海)
    14:15 オーディション発表順のくじ引き抽選(到着順にくじを引く)
    14:20 オーディション(3分/人×16人)
    15:20 オーディション結果集計(待ち時間中のアトラクション)
    15:30 結果発表、認証式、記念品授与、記念撮影
    16:00 終了・解散
  • お問合せ
    厚木商工会議所地域振興課  石井 利直
    TEL:046-221-2153
これからの自動車社会は、さまざまなIT技術が活用され、社会全体が自動車とつながる未来が期待されています。特に、プローブ情報などのビッグデータ分析・活用は、安全で安心できる、自動運転をはじめとした高度な運転支援技術の発展に大きな役割を担うものとして期待されています。
一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)「ITS事業委員会」は、データサーキュレーションが次世代の自動車社会にどう活用され、どう発展していくかを考えるセミナーを、2月24日に開催します。セミナー各登壇者の視点から考える将来の自動車社会のあり方についての講演と、「2020年東京オリンピック・パラリンピック開催時に、世界にアピールする国際的な交通社会を考える」をテーマとしたパネルディスカッションが行われます。
申込期限は2月20日(木)となっています。興味のある方は、下記詳細をご確認のうえ、主催者サイトの受講申込フォームからお申し込みください。


「2020年に向けたITによる人間と車の融合」 開催概要

  • 開催日
    2014年2月24日(月)13:00〜16:25(受付開始12:15〜)
  • 場 所
    全電通労働会館 全電通ホール(多目的ホール)
    〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-6
  • 主 催
    (一社)電子情報技術産業協会/ITS事業委員会
  • 参加費
    JEITA会員5,000円(税込)/名
    非会員10,000円(税込)/名
    学生(大学生以下)無料
    *参加費は当日現金でお支払いください(領収書が発行されます)。
  • プログラム
    下記URLをご参照ください。
  • 定 員
    300名(定員になり次第締め切りとなります。)
  • 申込方法
    事前申込制。下記URLページにある「受講申込フォーム」よりお申込みください。
    http://home.jeita.or.jp/cgi-bin/page/detail.cgi?n=650&ca=1
  • 申込期限
    2014年2月20日(木)
    ※申込期限までに定員に達した場合は、その時点で締め切りとなります。
  • お問合せ
    JEITA インダストリ・システム部 担当:近藤
    E-mail:hiroshi.kondo[at]jeita.or.jp ([at]を@に置き換えてください。)
    TEL:03-5218-1057

現在発売中の最新号「ロボコンマガジン2014年1月号」は、本日より電子版が発売となりました。
より多くの方々にロボコンマガジンを知っていただけるよう、ご購入いただける電子書店も随時増設予定ですので、小誌HPをチェックしてみてください。
当面は、最新号以降を紙の雑誌の発売からひと月遅れで発売し、本誌同一価格(本体1,000円)にてご提供予定となっております。

現在、下記の電子書店にてご購入いただけます。

honto_logo

※『honto』で販売している本(電子書籍)は、PC、iPhone(iPod touch含む)、iPad・Androidスマートフォン・Androidタブレットでお読みいただけます。
詳細は、下記のとおりです。
http://honto.jp/ebook/dlinfo.html


〈ご購入に際して〉

  • 電子版のご購入方法に関しては、各電子書店サイトによって異なります。各電子書店のご利用ガイドをご覧ください。

  • 電子版は、紙の雑誌に掲載された広告ページなど、一部掲載されない場合がございます。あらかじめご了承ください。

  • 電子版につき、付録等は原則つきません。また、ハガキによる懸賞応募もできませんので、あらかじめご了承ください。

  • 広告掲載ページにつきましては、紙の雑誌の発行時点での情報となりますので、あらかじめご了承ください。

2014newyear_resize.jpg
...ちょっとご挨拶が遅くなりましたが。
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

昨日、新年早々の取材で、墨田区の浜野製作所さんを訪れました。

浜野製作所さん...あれ?どこかで聞いたことがある!と思った方、鋭いです。

板金やプレス加工で高い技術力を持つ同社ですが、昨年の11月21日?24日に房総半島沖深海実験にて、世界初7,800mの深海での生物撮影に成功したあの「江戸っ子1号プロジェクト」にも参画、昨年12月に放送された日本テレビの「リアルロボットバトル 日本一決定戦!」でも、等身大の二足歩行ロボットを製作したことでも、注目されています。

同社は、2000年に起こった工場火災で転機をむかえます。その後、学生のインターンシップを受け入れるなど、新しい風が吹き込まれ、新たなステージへと踏み出しています。
町工場さんに行くと、なんだかパワーをもらえますね。今年も頑張れそうな気がします。

本記事は、ロボコンマガジン2014年3月号の連載「マンガ ワザモノ探訪」にて掲載予定です。
ワザモノ探訪第2回(2012年7月号)で、江戸っ子1号プロジェクトの関連記事が載っていますので、合わせてご覧ください。

株式会社浜野製作所
http://www.hamano-products.co.jp/

ロボット検定

国際ロボット展

リバスト

タマディック

アフレル

三和電気計器

ツクモROBOT王国

ヴイストンロボットセンター

秋月電子通商

近藤科学

Robotma.com

双葉電子工業

 

ヒューマンアカデミー
ロボットカレッジはこちら!

ヒューマンアカデミーロボットカレッジ

関連書籍新刊

アクリルロボット工作ガイド
アクリルロボット復刻!工作のアイデアが満載の一冊
ロボット考学と人間
─未来のためのロボット工学─

ロボットづくり、ものづくりの神髄はここに!
新しい機械の教科書 第2版
これからもの作りをはじめる人のための「機械の教科書」決定版
MATLAB/Simulinkによるモデルベースデザイン入門
数値解析ソフトのデファクト「MATLAB/Simulink」によるモデルベースデザイン入門書!
タミヤ工作パーツで作る しくみがわかるロボット工作教室
手軽にチャレンジ!簡単ロボット工作
PICではじめる! RCサーボロボット製作入門
複数のRCサーボの制御でユニークなロボットたちを動かそう!
災害とロボット ―大震災から見えてきたロボットのあり方―
3.11以降、日本の災害対応ロボットに求められたものとは
ARプログラミング ―Processingでつくる拡張現実感のレシピ―
ARで実世界をコントロール!
ロボコン部品ガイドブック
自作ロボットユーザーのための、部品の選び方、使い方ガイド
人工衛星をつくる
―設計から打ち上げまで―

次世代のはやぶさを作りたい人に贈る!人工衛星製作の解説本!
ロボットテクノロジー
最新のロボット技術を一望できる!
アンドロイドを造る
アンドロイドの構造を大公開!
モジュール化で理解する
電子工作の基本ワザ

「モジュール化」というマイコンの新しい楽しみ方を提案