2015年9月バックナンバー

「国際ナノ・マイクロアプリケーションコンテスト(iCAN)は、MEMSデバイスを用いたアプリケーションを提案し、試作した成果を競う国際コンテストです。対象は高校生、高専生、専門学校生、大学生、大学院生のチームです。世界各国・地域で予選を行い、2016年7月にパリで本選を行います。日本予選会は2016年の4月に開催が予定されていますが、今回参加者を募集します。ぜひ奮ってご参加ください!
展示(郡山北高).JPG展示風景(東北大学・大阪大学).jpg
第6回での展示の様子

第7回国際ナノ・マイクロアプリケーションコンテスト(iCAN'16)

■主催
 MEMSパークコンソーシアム、東北大学マイクロシステム融合研究開発センター(?SIC)
■開催日
【国内予選】
・1次審査(書類審査)
 2015年10月30日(金)         一次応募締め切り
 2015年11月16日(金)         一次審査結果発表
・2次審査(試作、発表)
 2015年11月下旬?2015年12月  試作のためのMEMSデバイス配布
 2015年12月?2016年4月      グループ毎で試作
 2016年4月17日(日)         日本予選会開催(試作の成果を発表) @エルパーク仙台
【世界大会】
 2016年7月6(月)?8日(水)     フランス・パリ(ESIEE Paris)・・・パリの工業大学
■参加資格
 高校生、高専生、専門学校生、大学生、大学院生で構成された2?4名のチーム

■国内1次審査
 事務局より提供可能なデバイス、または、参加者が用意するMEMSデバイスを利用したアプリケーションを提案してください。利用するMEMSデバイスは1個でも結構ですし、複数個、複数の種類でも結構です。申込書をホームページからダウンロードして入力した後、電子メールに添付してiCAN'16日本事務局まで送ってください。
■事務局から提供可能なMEMSデバイス
 非接触温度センサ(IRセンサ)、フローセンサ(有償)、絶対圧センサ、ゲージ圧力センサ (オムロン社)、加速度センサ、磁気センサ(MEMSIC社)、シリコンマイク、圧力センサ(MEMSensing社)
■審査基準
  アイデアのユニークさ、社会に役立つか、などのポイントについて審査します。

■国内2次審査
 1次審査を通過したチームに対して、申込書に書かれたMEMSデバイスを配布しますので、チーム毎に実際にアプリケーションを試作してください。その成果を日本予選会で発表していただきます。審査の結果、最も優秀な成績を収めた1?2チームがフランス・パリ開催の世界大会に進みます。
■世界大会
 ESIEE Paris (現地大学)にてチーム毎に発表を行います。審査の結果、上位入賞チームが決まります。

■費用について
 1次審査を通過したチームにはMEMSデバイスを無償で提供します。
 パリで行う本選の旅費、宿泊費の全部については、MEMSパークコンソーシアムが負担します。
■注意事項
 提案するアイデアは学生チームが発案したオリジナルのものに限ります。
特許などの知的財産として出願が必要と考えられる場合は、それぞれが所属する機関のルールに従い、手続きを行ってください。申込書を事務局に提出する前に、アドバイザーの先生や知的財産の担当者に相談することをお勧めします。
■参考資料
 第5回国内予選・世界大会の模様がYouTubeで公開されていますので、ぜひご覧ください。
【国内予選】 www.youtube.com/watch?v=h5w2jnXd9dY
【世界大会】 www.youtube.com/watch?v=h5w2jnXd9dY
 https://www.youtube.com/watch?v=Q4vP1QKdFWc
【視察ツアー】 https://www.youtube.com/watch?v=HkmhWgDT9xg

■申込み・問合せ先
iCAN'16日本事務局ホームページ
 http://www.mu-sic.tohoku.ac.jp/ican/summary.html
メールアドレス:ican.japan@mems.mech.tohoku.ac.jp

ohr2015-poster1.jpg
 ヒト型レスキューロボットコンテストとは、2000年から毎年開催されている「レスキューロボットコンテスト」の新たな展開を目指し、ヒト型ロボット1台と操縦者1名で参加できるロボット競技です。ヒト型ロボットを遠隔操縦して、約4m×2mのフィールド内で「トンネルくぐり」「段差乗り越え」「ガレキ除去」「要救助者搬送」の四つのタスクを順にクリアし、かかった時間の短さを競います。また、各タスクに対する審査員による評価も重視されます。要救助者には、身長320mmのデッサン人形を用います。

 今回は、2014とタスクの内容は同じですが、各タスクに制限時間を設けて、参加者に全てのタスクにチャレンジしていただくことにしました。また、初めて参加される方のために、ノウハウ集や見本のモーション(動きのプログラム)も提供しています。

「OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2015」

■開催日時:
 2015年11月1日(日)
 10:00?12:00 ミーティング、ロボット検査、練習
 12:00?17:30 競技(変更の可能性あり)
■場所:大阪電気通信大学 駅前キャンパス 1階 101号室
(大阪府寝屋川市早子町12-16、京阪寝屋川市駅から徒歩3分)
■主催:ヒト型レスキューロボットコンテスト実行委員会
■共催:一般社団法人日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門(依頼中)、
     大阪電気通信大学 自由工房、一般社団法人R×Rコミュニティー
■参加費:無料
■申込み・問合せ先:humanoid-resconあgooglegroups.com
             (「あ」を「@」に置き換えてください)
 公式Facebookページ https://www.facebook.com/humanoid.rescon
 公式Twitter https://twitter.com/HumanoidRescon
■申込み方法:
 参加を希望される方は、以下のURLにある募集要項と競技規定をご覧になった上で、2015年10月16日(金)必着で所定の様式のファイルを電子メイルでお送りください。
http://jiyukobo-oecu.jp/?page_id=2764

■参考資料:
 ●ノウハウ集 http://jiyukobo-oecu.jp/?page_id=2973
 ●2009年から2014年の競技の記録
 2009年 http://jiyukobo-oecu.jp/?page_id=117
 2010年 http://jiyukobo-oecu.jp/?page_id=300
 2011年 http://jiyukobo-oecu.jp/?page_id=308
 2012年 http://jiyukobo-oecu.jp/?page_id=326
 2013年  http://jiyukobo-oecu.jp/?page_id=348
 2014年 http://jiyukobo-oecu.jp/?page_id=368
 


 

日本ロボット学会主催のロボット工学セミナー第96回「神経生理から理解するリハビリテーション・ロボティクス」が,11月17日(火)に開催されます.

セミナー口上
 質的にも量的にもますますの充足が求められるリハビリテーション(理学療法)において,ロボティクス分野の研究者らが果たすべき役割は大きい.本セミナーでは,運動と感覚に関する神経生理学を始め,神経生理およびロボティクスによるリハビリテーション技術の開発に従事されている研究者をお招きし,同分野の基礎から現状までを,研究例に基づきご解説頂きます.

講演内容,タイムスケジュール,申込み方法など,くわしくは以下のWebサイトをご確認ください.
日本ロボット学会第96回ロボット工学セミナー

■遠隔セミナー
本セミナーの有料ネット配信を行います.参加者募集開始は10月中旬の予定です.


神経生理から理解するリハビリテーション・ロボティクス

■オーガナイザー
岡本正吾(名古屋大学)

■日時
 2015年11月17日(火)10:00?16:50(開場9:30)
■会場
 名古屋大学 東山キャンパス VBLホール(愛知県名古屋市千種区不老町)
 最寄り駅:名古屋大学駅(地下鉄名城線)徒歩3分
 会場へのアクセス
■主催
 一般社団法人 日本ロボット学会
■定員 
 100名(定員になり次第締め切ります)
■参加費(税込)
 当学会及び協賛学会の正会員(個人)/8,500円,会員外(一般)/13,000円
 当学会及び協賛学会の学生会員(個人)/3,000円,会員外(学生)/4,500円
 当学会賛助会員 招待券ご利用/無料,優待券ご利用/3,000円,
 左記サービス券なし/13,000円
 特別優待券使用の場合:学生(RSJ会員非会員問わず)/無料,学生以外/3,000円
 ※賛助会員招待券/優待券および特別優待券の詳細は下記ご案内ページをご確認ください.
   http://www.rsj.or.jp/seminar/ticket

■講演内容
10:00-10:10 <開会挨拶・講師紹介>

10:10-11:10 
第1話 運動と感覚の基礎:神経生理に基づくリハビリテーションに向けて
国立精神・神経医療研究センター 関 和彦
 全ての身体運動は不可避的に末梢感覚を引き起し,その末梢感覚も不可避的に中枢神経系の運動情報処理に統合される.我々の身体運動は,このような感覚?運動のループが重層的に働く事によって制御されていると考える事ができる.従って,例えば運動系のリハビリテーションは病態の直接原因となる運動系だけでなく,上記ループを経由して影響を及ぼす感覚系を意識した方法を考える必要がある.本講演では,随意運動時における感覚情報処理に関する神経生理学的な実験結果を紹介しながら,リハビリテーションに必要な感覚-運動系の基礎について解説する.

11:10-11:20 <休憩>

11:20-12:20 
第2話 人工神経接続による機能再建
国立生理学研究所 西村 幸男
 神経損傷による運動・体性感覚機能の消失は,大脳皮質と脊髄間を結ぶ神経経路が切断されるためであるが,損傷の上位及び下位に位置する神経構造はその機能を失っているわけではない.本セミナーでは,神経損傷後に残存した神経構造同士を,損傷領域を跨いで人工的に神経接続する"人工神経接続"により,失った四肢の随意制御の機能再建に成功した例を紹介する.人工神経接続は生体信号を記録し,それをリアルタイムに電気刺激へ変換し,物理的に離れた神経構造を電気刺激する神経活動依存的電気刺激である.このパラダイムを用いて,麻痺肢の機能再獲得による学習メカニズムについて議論する.

12:20-13:20 <休憩(昼食)>

13:20-14:20 
第3話 リハビリテーション支援を指向したヒト?ヒト間インタフェースと運動機能評価法
横浜国立大学 島 圭介
 運動機能リハビリテーションは,療法士が患者の運動機能を評価しながら必要な訓練を繰り返し行うことで実現される.ロボット技術を用いた効果的なリハビリテーションの支援には,療法士が患者の運動機能を適切に評価できること,および療法士と患者間で適切かつ効果的な情報伝達を行えることが必要不可欠である.本講演では,ヒトの基本的なメカニズムに基づく運動機能評価法について概説するとともに,生体信号インタフェース技術をベースとしたヒト?ヒト間インタフェースについて紹介し,ロボット技術のリハビリテーションへの応用可能性について最近の研究成果を踏まえて議論する.

14:20-14:30 <休憩>

14:30-15:30 
第4話 脳卒中片麻痺患者の運動機能回復のためのニューロリハビリテーションロボット
名古屋工業大学 森田 良文
 リハビリテーション現場では,これまでできなかった治療効果の「みえる化」,負担軽減のための「治療支援」,さらには「新たな治療技術の開発」が求められている.そこで,医療関係者も開発者の一員として医工産学官連携体制を作り,メカトロニクス技術やロボット技術を駆使して,現場ニーズを具現化している.本講演では,脳卒中片麻痺患者の上肢運動機能回復のためのニューロリハビリテーションロボットの開発経緯,開発状況,臨床評価について紹介する.ここでは,慢性期患者の共同運動パターンからの分離運動の学習効果や痙性麻痺の減弱効果などが明らかになっている.また,起立トレーニングのための支援ロボット,把握動作評価トレーニング装置についても簡単に紹介する.

15:30-15:40 <休憩>

15:40-16:40 
第5話 歩行分析に基づく歩行補助ロボットの制御システムの開発
名古屋大学 香川 高弘
 運動障害に対するリハビリテーションや自立動作支援を目的として,さまざまなロボットが開発・実用化されている.補助する動作の中でも歩行運動は定型的な動作を繰り返すため,一見ロボットによって補助することが容易であるように思える.しかしながら,歩行のバランスや効率性,ユーザ動作との協調など解決すべき問題がある.これらの問題に対して,健常者と下肢麻痺者の歩行動作をよく理解し,その知見を歩行補助の制御に応用することは有効なアプローチのひとつであろう.本講演では,我々が進めてきた歩行補助に向けた動作分析とその知見を基に開発した歩行補助ロボットの制御システムを紹介する.

16:40-16:50 <閉会挨拶>

■問合せ先
一般社団法人 日本ロボット学会 ロボット工学セミナー係
〒113-0033 東京都文京区本郷2-19-7 ブルービルディング2階
TEL:03-3812-7594 FAX:03-3812-4628
seminar[at]rsj.or.jp([at]を@に置き換えてください。)

日本ロボット学会主催のロボット工学セミナー第95回「数理モデルロボット-自然に潜む法則を役立てる-」が,10月15日(木)に開催されます.

セミナー口上
 近年,コンピュータの性能向上により,複雑な物理,生物の数理モデルでもそのふるまいをシミュレーションによって再現できるようになりつつあります.自然界にみられる諸現象をモデル化し,その特性をロボットの知能化や高効率な動作生成に役立てようとする最前線の研究紹介を通し,多様な数理モデルのロボットへの応用を学んでいただきます.

講演内容,タイムスケジュール,申込み方法など,くわしくは以下のWebサイトをご確認ください.
日本ロボット学会第95回ロボット工学セミナー

■遠隔セミナー:
本セミナーの有料ネット配信を行います.ご希望の方は,ロボット工学セミナー遠隔参加申し込みフォームにてお申し込みください.


数理モデルとロボット -自然に潜む法則を役立てる-

■オーガナイザー
 山岡 久俊((株)富士通研究所) 

■日時
 2015年10月15日(木)9:55-16:40(開場9:30)
■会場
 中央大学 後楽園キャンパス 2号館2階2221室(東京都文京区春日1-13-27)
 最寄り駅:「後楽園駅」(東京メトロ 丸ノ内線 / 南北線)徒歩5分,「春日駅」(都営地下鉄 三田線 / 大江戸線)徒歩6分
 会場へのアクセス
■主催
 一般社団法人 日本ロボット学会
■定員
 80名(定員になり次第締め切ります)
■参加費(税込)
 当学会及び協賛学会の正会員(個人)/8,500円,会員外(一般)/13,000円
 当学会及び協賛学会の学生会員(個人)/3,000円,会員外(学生)/4,500円
 当学会賛助会員 招待券ご利用/無料,優待券ご利用/3,000円,
 左記サービス券なし/13,000円
 特別優待券使用の場合:学生(RSJ会員非会員問わず)/無料,学生以外/3,000円
 ※賛助会員招待券/優待券および特別優待券の詳細は下記ご案内ページをご確認ください.
   http://www.rsj.or.jp/seminar/ticket

■講演内容
9:55-10:00 <開会挨拶・講師紹介>

10:00-11:00 
第1話 場を介した自己組織化を行う生物規範型ロボット集団
東京工業大学大学院理工学研究科 倉林 大輔
 本講演では,複数の自律ロボットからなる集団を想定し,個体の集団が何らかの形で秩序や情報を共有する「場」を作ることで効率的な制御を可能とする方法について実践例を紹介する.制御器内の抽象的・記号的表現と現実世界のモノ・コトを高度な推論等を用いることなく「楽に」実現することを目指す.真性粘菌を規範とする結合振動子系を用いた群ロボット誘導,アリのみちしるべフェロモンを規範とするRF-IDを用いた誘導場自己組織化,コオロギの順位づけを規範とする行動制御システムなどについて,その基礎となったモデルと実装方法,および実装上の解決課題等について説明する.

11:00-11:10 <休憩>

11:10-12:10 
第2話 双一次結合型連立微分方程式をベースにしたモデルにおけるセンシングとシステム同定技術
(株)富士通研究所/ユビキタスデバイスPJ 千田 陽介,伊東 利雄
 本講演では,双一次結合と連立微分方程式を組み合わせたニューラルネットワークモデルを用いたセンシングの実施例を紹介する.十数年前にロボット制御から始まった本モデルは,現在スマートフォンやIoTデバイスでのセンシングに活用されている.本モデルの特徴である双一次結合は弱い非線形なモデルを表現するのに優れたシステムであるため,弱い非線形で成り立つ現実世界をセンシングするのに向いている.このことを幾つかの事例を交えて考察する.また本モデルは弱い非線形よりシステムの挙動の見通しもよく,システム同定やモデル内の結線を推定する教師有学習にも取り組んでいる.後半ではシステム同定や本モデルの教師有学習についても紹介する.

12:10-13:10 <休憩(昼食)>

13:10-14:10 
第3話 視覚・錯視の数理科学とそのアート,画像処理への応用
東京大学大学院数理科学研究科 新井 仁之
 ものを見るメカニズムについて,これまでさまざまな分野で多くの研究がされてきた.しかし未解明の部分も多い.本講演では,先端的な数学を用いた数理科学的な研究成果を述べる.特に新井・新井が考案した「かざぐるまフレームレット」(pinwheel framelet)を用いた視覚の情報処理の数理モデルについて述べる.フレームレットはウェーブレットを一般化した枠組みとして知られているが,かざぐるまフレームレットは視覚研究のために構成した新しいフレームレットである.また,それを用いた色知覚,各種の目の錯覚(錯視)の解析への応用について述べる.さらにオプアートへの新しいアプローチ,画像処理技術への応用についても述べる.

14:10-14:20 <休憩>

14:20-15:20 
第4話 動物の生き生きとした振る舞いに内在する制御原理を探る
東北大学電気通信研究所 石黒 章夫
 動物は,身体に有する膨大な自由度を巧みに操りながら,予測不能的に変動する実世界環境にうまく適応している.このからくりが理解できれば,生物学的にはもちろんのこと,ロボット工学的にも大いに資することが期待できる.しかしながら,生物制御のからくりを抽出(数理モデリング)する過程では,さまざまな恣意性が入る可能性が否めない.その結果,当該現象をうまく説明できうる「スッキリと本質を掴んだ」数理モデルを構築することは困難を極めるのが普通である.本講演では特に,多脚動物が示す巧みな脚間協調に内在する自律分散制御のからくりの抽出に関するわれわれの事例研究を採り上げる.これら事例研究の成果から,動物が示す「コト」のモデリングの際のツボと注意点(罠)を考えてみたい.

15:20-15:30 <休憩>

15:30-16:30 
第5話 複雑系数理モデル学の基礎理論研究と応用研究
東京大学生産技術研究所 合原 一幸
 本セミナーでは,世の中に実在する複雑系の数理モデリングに関して,基礎理論研究と応用研究の概要を解説する.特に,制御理論と力学系理論の融合による複雑系制御理論,複雑ネットワーク理論,非線形データ解析理論を基盤とする複雑系数理モデル学の理論的プラットフォーム,さらにはその具体的な応用事例,たとえば,ハイブリッド力学系理論を用いた癌治療,動的ネットワークマーカーを用いた故障の予兆検出,脳型コンピュータなどを紹介する.

16:30-16:40 <閉会挨拶>

■問合せ先
一般社団法人 日本ロボット学会 ロボット工学セミナー係
〒113-0033 東京都文京区本郷2-19-7 ブルービルディング2階
TEL:03-3812-7594 FAX:03-3812-4628
seminar[at]rsj.or.jp([at]を@に置き換えてください。)

 

ロボットのある未来の暮らしを創造するために。
新進気鋭の研究者、開発者たちが語る、ロボットのおもしろさ

「このロボ」は新進気鋭の研究者・開発者たちがロボットとロボット研究のおもしろさを社会に向けて熱く語るためのイベントです.一般市民のもつロボットのイメージは研究者らが思っている以上にステレオタイプで狭いものであると思われます.本企画はそのようなイメージを払拭し,ロボットとその研究の多様性を社会に広く提示し,次世代のロボット研究志望者が増加することを期待して実施するものです.
 聴講者はロボットに興味のある方々で,特に高校生・大学生を歓迎します.
講演は各10分程度で,その研究・開発のおもしろさや裏話など,エッセンスを凝縮して語ってもらう予定です.
本フォーラムの講演はUstream,ニコニコ生放送といったウェブ中継サービスを利用して,遠隔地でも誰でも視聴できるようにします.また,映像アーカイブの保存によってより多くの方々にロボット研究の情熱的な発表を発信する予定です.
聴講無料で事前登録不要ですので,お気軽にご来場ください.

■開催日時:2015年9月5日(土)14:00-17:00
■会場:東京電機大学 東京千住キャンパス
■内容
 ロボット研究者・開発者による各10分(+質疑応答5分)程度の一般市民向け研究紹介・解説

■講演者(講演順,敬称略)
梶田 修司(産業技術総合研究所)
 「DARPAロボティクスチャレンジ参戦記」
山口 和真(アクティブリンク)
 「人の運動をアシストするパワーアシスト装置」
栗田 雄一(広島大学)
 「人の運動と感覚を拡張するアンプラグド・パワード・スーツ」
新山 龍馬(東京大学)
 「やわらかいロボット?ソフト・ロボティクス入門」
高橋 征資 (バイバイワールド)
 「ロボットで人々を笑顔に」
引間 奈緒子(naoko-robot)
 「夢を叶えるホビーロボット」
橋本 健二(早稲田大学)
 「常人ロボットから超人ロボットへ」
青木 俊介(ユカイ工学)
 「家族をつなぐコミュニケーションロボット『BOCCO』」
多田隈 建二郎(東北大学)
 「全方向駆動メカニズムをはじめとする,ロボット機構の創出過程? 極めて泥臭い,,, が,心が躍るアイディア出しと具現化の実際 ?」

■問合せ先
 「このロボットがすごい」Webサイト
 https://sites.google.com/site/konorobo/
 ニコニコ生放送チャンネル
 http://ch.nicovideo.jp/konorobo
 Ustream チャンネル
 http://www.ustream.tv/channel/b2YaPkTVR6s
 

ロボット検定

国際ロボット展

リバスト

タマディック

アフレル

三和電気計器

ツクモROBOT王国

ヴイストンロボットセンター

秋月電子通商

近藤科学

Robotma.com

双葉電子工業

 

ヒューマンアカデミー
ロボットカレッジはこちら!

ヒューマンアカデミーロボットカレッジ

関連書籍新刊

アクリルロボット工作ガイド
アクリルロボット復刻!工作のアイデアが満載の一冊
ロボット考学と人間
─未来のためのロボット工学─

ロボットづくり、ものづくりの神髄はここに!
新しい機械の教科書 第2版
これからもの作りをはじめる人のための「機械の教科書」決定版
MATLAB/Simulinkによるモデルベースデザイン入門
数値解析ソフトのデファクト「MATLAB/Simulink」によるモデルベースデザイン入門書!
タミヤ工作パーツで作る しくみがわかるロボット工作教室
手軽にチャレンジ!簡単ロボット工作
PICではじめる! RCサーボロボット製作入門
複数のRCサーボの制御でユニークなロボットたちを動かそう!
災害とロボット ―大震災から見えてきたロボットのあり方―
3.11以降、日本の災害対応ロボットに求められたものとは
ARプログラミング ―Processingでつくる拡張現実感のレシピ―
ARで実世界をコントロール!
ロボコン部品ガイドブック
自作ロボットユーザーのための、部品の選び方、使い方ガイド
人工衛星をつくる
―設計から打ち上げまで―

次世代のはやぶさを作りたい人に贈る!人工衛星製作の解説本!
ロボットテクノロジー
最新のロボット技術を一望できる!
アンドロイドを造る
アンドロイドの構造を大公開!
モジュール化で理解する
電子工作の基本ワザ

「モジュール化」というマイコンの新しい楽しみ方を提案