2016年4月バックナンバー

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、人工知能技術の進展により、日本の出口分野においてどのような効果がもたらされるのか、人工知能技術の進展予測も踏まえて時間軸上に可視化した「次世代人工知能技術社会実装ビジョン」を作成し、4月21日に公表した。これはNEDOのホームページよりPDFファイルがダウンロードできる。

このビジョンでは、現在から2020年、2020年?2030年、2030年以降の3つの時間軸で、「ものづくり」、「モビリティ」、「医療・健康、介護」、「流通・小売、物流」の4つの出口分野について、人工知能技術およびその関連技術の進展をその効果と併せて示している。人工知能技術とその関連技術は「認識能力関係」「運動能力関係」「言語・意味理解」「数値データの処理、人間やシステムのモデル化」「計算機システム等の必要なハードウェア」に分類されている。
このビジョンは、「全体版」として人工知能および関連技術の進展予測が網羅的にまとめられている。それに重ねるかたちで、4つの出口分野ごとに、どのような効果がもたらされるかがまとめられている。例えば、現在から2020年頃までの間には画像とテキストを相互変換する原始的シンボルグラウンディング技術が確立することで、医療・健康、介護分野では定型パターンに基づく診察支援エンジンができ、ものづくり分野では異常を知識とセンサ情報に基づき判断できるようになり、モビリティ分野では3次元地図情報と交通情報を照らし合わせて危険を予測できるであろうとしている。

このビジョンを作成するにあたって、「次世代人工知能技術社会実装ビジョン作成検討会」が昨年12月8日に発足した。構成員は国立研究開発法人産業技術総合研究所 人工知能研究センターの麻生秀樹副センター長、株式会社経営共創基盤 パートナー取締役マネージングディレクター・株式会社IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス 代表取締役CEOの川上登福氏、東京大学大学院技術経営戦略額専攻の松尾豊特任准教授。経済産業省産業技術環境局研究開発課が共催し、NEDOの技術戦略研究センター 新領域・融合ユニットが事務局となっている。検討会は現在まで4回開催されており、その間にも構成員と個別の意見交換が実施されている。
それらを経てこのたびの公表となったが、今後はこのビジョンを基に、産業界、学術界等さまざま方面と意見交換を行い、ブラッシュアップを行っていくとのこと。また、政府により設置された「人工知能技術戦略会議」において行われる予定の、人工知能の産業化のロードマップ策定に向けた議論にも貢献していく予定で、このビジョンはその議論の材料の一つとなるものであるとしている。

株式会社ビジネスインテリジェンスネットワークが2016年5月18日(水) にBINET戦略セミナー「2016年のロボット技術ネクスト・トレンド」を開催します。
産総研のヒューマノイド研究の講演に加え、ロボットクリエーター及び韓国企業の専門家を講師に迎え、2016年のロボット技術に関するネクストトレンドについて解説、紹介を行います。

■開催日時:2016年5月18日(水) 13:30 - 16:30
■場 所:渋谷ヒカリエカンファレンス
東京都渋谷区渋谷2-21-1
東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷駅」15番出口と直結。
■参加費: 一般:¥26,000 関連会員¥23,400 (いずれも税別) (20名限定で先着順に締め切り)


■プログラム


  1. 13:30 - 14:20 (以下質疑含め)
    「ホビーロボットから広がる世界」
    YouTubeで公開した「二足歩行ロボットを自転車に乗せてみた」「二足歩行ロボット に綱渡りをさせてみた」「バランスを取る二足歩行ロボット」「人間のような自然な歩き方をするロボット」などについて解説し、これらを実現した技術開発のフィロソフィーについて語る。
    講師:ロボットクリエーター 山口雅彦氏

  2. 14:30 - 15:20
    「 韓国のロボット動向とロボットビジネス展開」
    国家戦略としてロボット産業、技術者の育成からトップセールスまでを行い、世界シェア拡大を推進している韓国の動向。ブロック玩具からDRC仕様二足歩行ロボットまで、ロボット製品を世界市場に投入しているROBOTIS(ロボティズ)のビジネスモデル。その双方について語る。
    講師:ROBOTIS CO., LTD(韓国)R&D プラットフォームチーム主任研究員 柴田善広氏

  3. 15:30 - 16:20
    「DARPAロボティクスチャレンジ決勝戦から見えてきたもの」
    2015年6月、米国カリフォルニアで開催されたDARPAロボティクスチャレンジ(DRC) 決勝戦では世界の先端ロボット研究グループが、災害対応ロボット技術を競った。 産総研もチームを組織して参戦したが、23チーム中10位と結果は芳しくなかった。我々がDRC決勝戦のために行った技術開発と、ここから見えてきたロボット技術のネクスト・トレンドについて論ずる。
    講師:国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)
    知能システム研究部門 ヒューマノイド研究グループ 主任研究員 梶田秀司氏


以上


■参加方法
株式会社ビジネスインテリジェンスネットワーク公式HPよりお申し込みください。申込み締切は2016年5月18日(水)。

■問合せ先
株式会社ビジネスインテリジェンスネットワーク
TEL:03-5605-0875

robo_okoku.jpg
 ハウステンボスでは、光や花、ショーと音楽、ゲーム、健康の5つコンセプトを軸とする王国シリーズを展開。さらに、近い未来ロボットが日常生活で活躍することが期待されるようになり、メインスタッフがロボットの"変なホテル"の誕生が話題となりました。そして、今年新たに6つ目の王国として、店長と料理長がロボットの『変なレストラン』や体験型ミュージアム&ショップ『ロボットの館』など、ロボットと身近に触れ合っていただけるコンテンツを取り揃えた国内初のロボット複合施設『ロボットの王国』が誕生します。
 そして2016年7月16日(土)に予定されているグランドオープンに先駆け、4月29日(金・祝)から5月5日までのGW中にプレオープンイベントが開催されます。
 プレオープンイベントでは、コミカルな動きで魅了するロボットによるダンスショーや搭乗型ロボットの体験ブースなど「ロボットの館」の見どころの一部を体験いただけます。話題の家庭用ロボット各種が並ぶショップもオープンし、大人も子供もロボットと触れ合うことができます。

プレオープンイベント
期 間:2016年4月29日(金・祝) - 5月5日(木・祝)
場 所:メイン会場:アトラクションタウン そのほか、場内各所
内 容:
■ダンスロボットステージ...複数ロボットで魅せるコミカルなダンスショー
■搭乗型ロボット...操縦可能な搭乗型ロボットに乗って対戦ゲームを体験
■ロボットショップ...人気を集める家庭用ロボットたちの展示&販売
■ワンダーホイール...移動支援ロボットの試乗体験&販売ショップ
※そのほか、ソフトクリーム販売機「やすかわくん」や「変なホテル」でロボットが多数活躍中

グランドオープン
期 間:2016年7月16日(土)より常設
内 容:
■変なレストラン...200年後のレストランをテーマにした未来のレストラン
■ロボットの館...体験型ミュージアム、ロボットショップ、ロボット企業ブース

問い合わせ先:ハウステンボス総合案内ナビダイヤル 0570-064-110
URL:http://www.huistenbosch.co.jp/event/robot/

tamarobo.png

 玉川高島屋ショッピングセンターは4月22日(金)から5月5日(木・祝)の期間中、日本が誇るロボット技術を子供たちが身近に感じることができるイベント『たまがわロボットタウン - 近未来の世界を見てみよう - 』を開催します。
 期間中は、災害現場などで活躍している現役ロボットたちの展示や人間らしさを備えたリアルロボット「アクトロイド」、搭乗者の動力のみで動く全長約3mの「スケルトニクス」など約30種類のユニークなロボットたちが登場します。また、会場ではダンスを踊ったり、話すロボットたちとのふれあいや二足歩行ロボットを操作してのサッカーなど体験操縦を通じてロボットのいる未来をいち早く体験することができます。

【ロボットタウンの見どころ】


  • ロボットランド
    ロボット遊園地のメインキャラクター「MANOI」や、ダンスロボットの「MANOIGO」など個性豊かなロボットたちに出会えます!

  • ロボットラボ
    二足歩行ロボットによるロボットサッカーや、ミニドローンによる障害物競走を、コントローラーを操縦して楽しもう!

  • ロボットファクトリー
    人間そっくりな受付ロボット「アクトロイド」が登場! 詳しい仕組みがわかるパーツ展示や、操作パネルによる遠隔操作も体験できます。

  • ワーキングロボット
    災害現場などで活躍するロボットを、映像を交えて紹介します。

  • スケルトニクス展示

  • ワークショップ
    ゼンマイで動くオリジナルロボット作り(参加有料/数量限定)

  • ロボットタウンスタンプラリー

開催日:2016年4月22日(金) - 5月5日(木・祝) 10:00 - 20:00 ※最終日は18:00まで
会 場:玉川高島屋ショッピングセンター 西館1F アレーナホール
入場料:大人 600円 小人 400円(3歳 - 小学生) ※3歳未満無料
主 催:玉川高島屋ショッピングセンター
問合わせ先:玉川高島屋ショッピングセンター
TEL:03-3709-2222(代表)
URL:http://www.tamagawa-sc.com/




Robocon Magazine2016年5月号
■定価:1,080円(本体1,000円+税)
■判型:A4変形判 128頁
■発売日:2016年4月15日
■雑誌:09761

ご購入は、こちらからどうぞ。
定期購読のお申し込みは、こちらからお願い致します。

表紙のロボット:タレント、エンジニアの池澤あやかさん。今回の特集1でも、ロボット女子会の一員として参加していただいています。手に持っているのはご自分で製作されているマイクロマウス。
写真撮影:其田益成
撮影協力:DMM.make AKIBA
スタイリスト:武久真理江
ヘアメイク:大八木智之(eclat daikanyama)
衣装協力:MIDDLA
表紙・目次デザイン:岩郷重力+WONDER WORKZ。

受付は終了いたしました。たくさんのご応募、ありがとうございました!

お詫びと訂正
■本誌68頁「全日本中学校技術・家庭科研究会 第16回全国中学生創造ものづくり教育フェア 創造アイデアロボットコンテスト全国大会」の記事にて、同大会の【活用部門】優勝者の学校名に誤りがありました。
正しくは、下記のとおりです。
  (誤)【活用部門】優勝 芳賀町立芳賀中学校 「トム&ジェリー」チーム
  (正)【活用部門】優勝 宮崎市立大淀中学校 「トム&ジェリー」チーム
関係各方々に大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫びいたしますとともに、ここに訂正いたします。


ロボット女子と学ぶ はじめてのロボットプログラミング
  • ロボットとハードウェアとはどんな存在か?
  • ロボットプログラミングの学習は何歳からおすすめ?
  • ロボットの人工知能って?
  • ロボット作るにはソフトウェアが8割!
  • どんなロボットを学習するとよいのか?
  • おわりに
  • マイクロマウスではじめよう ロボットプログラミング with ロボット女子会
    第1回 Hello,ROBOT world!
ドローンレースのすすめ
  • 1 ドローンレースとは?
  • 2 ドローンレースに参加してみよう
  • 3 レース用ドローン(レーサー機)の種類としくみ
  • 4 レーサー機の飛ばし方
  • 隅に届く「ルーロ―の三角形」で「きめ細かい掃除」にこだわる ロボット掃除機「ルーロ」に新型登場
  • 松坂桃李そっくりの「トーリロボ」が誕生!ミントの香りを判別できる2足歩行ロボット
  • 第28回ROBO-ONE&第12回ROBO-ONE Lightテクニカルレポート
  • 36チームが参加。国際的な科学教育のコンテスト ファースト・レゴ・リーグ2015ジャパン・オープン
  • 第11回高校生ロボットアメリカンフットボール全国大会
  • IEEE中南米ロボットコンテスト参戦記
  • ロボコントップランナーに聞く オススメ工具ガイド
    第2回 ROBO-ONE
  • しくみがわかる!マナブとハジメの工作教室
    第2回 浮力とバランスが大切だ!
  • DIYレスキューロボットのすすめ―遠隔操作型調査ロボットの技術を作りながら学ぶ―
    第2回 通信技術と遠隔操作デバイスTPIP(開発環境の構築)
  • LEGO MINDSTORMSであそぼう!
    第25回 ディスクブレーキ
  • アクリルロボット研究所
    第23回 ウォーキング・カー...歩く自動車編
  • ▼ロボコンマガジン掲載ロボット一覧
  • 日本を救う災害対応ロボットの現状と未来
    第7回 NEDOが推進する「インフラ維持管理・更新分野の社会課題対応システム開発プロジェクト」
  • おれたちロボ部!
    第14回 奈良工業高等専門学校 奈良高専ロボコンプロジェクト
  • ロボコンOB・OGの履歴書
    第4回 西嶋 駿さん(かわさきロボット競技大会)
  • ロボットホビー最前線
    「組み換え出動!ポッドメカセット」登場!
  • BOOK REVIEW
    『ロデリック(または若き機械の教育)』
    『触楽入門 はじめて世界に触れるときのように』
  • 全日本中学校技術・家庭科研究会 第16回全国中学生創造ものづくり教育フェア 創造アイディアロボットコンテスト全国大会
  • 第2回のとロボット競技輪島大会/第2回わじまJrロボット競技大会
  • 大河原杯メカバトルトーナメント in メカデザイナーズサミット2015
  • 仏Parrot、超軽量で25分間連続飛行可能な新型ドローン「Bebop2」を発表
  • 攻殻機動隊REALIZE PROJECT the AWARD開催
  • Robotics×Future2016
  • 並木精密宝石と岐阜大学が、多自由度で大把持力50kgf以上を両立する多指ハンドを開発
  • G7関係各国のロボットが大集合!「つくばロボットフェスタ」開催
  • 関西ロボット情報局
  • ロボットがあるけん、福岡タイ!
  • 新製品情報
  • NEWS FLASH
  • 新刊案内
  • イベント情報
  • 読者プレゼント/ロボマガ編集部からのお知らせ
  • 編集後記




◆本誌記事に関するお問い合わせは、左のサイトマップより「ご意見・お問い合わせ」のページからお願いいたします。

◆本誌への広告掲載についてのお問い合わせは、オーム社広告部(TEL 03-3233-0531)で承ります。

◆定期購読のお申し込みは、オーム社直販サービス課(TEL 03-3233-0536)で承ります。



■読者懸賞プレゼントのお知らせ
本誌とじ込みの「愛読者ハガキ」のアンケートにお答えいただいた方の中から抽選で当たります。2016年6月15日までの消印有効です。詳しくは113ページをご覧ください。

→Web応募ページはこちらから



本誌に掲載する著作物の複製権・翻訳権・上映権・譲渡権・公衆送信権(送信可能化権を含む)は株式会社オーム社が保有します。
本誌に掲載されている会社名、および製品名は、一般に各社の登録商標または商標です。

『ロボコンマガジン』2016年5月号読者プレゼントへのご応募は締切りました。たくさんのご応募、ありがとうございました。

A賞
『Omniホイール100mm Double Aluminum』

A賞

5名様
(提供:株式会社リバスト)

B賞
『シャアザクのアンテナストラップ』

B賞

各1名様
(提供:MDS 大河原杯メカバトルトーナメント実行チーム)


C賞
『勇者警察マイトガインファイル』

C賞

5名様
(提供:MDS 大河原杯メカバトルトーナメント実行チーム)

D賞
『第11回、第12回ROBO-ONE記録DVD 2枚セット』

D賞

各1名様
(提供:MDS 大河原杯メカバトルトーナメント実行チーム)


E賞
書籍『ロデリック』
書籍『触楽入門 はじめて世界に触れるように』

E賞

各1名様
「BOOK REVIEW」紹介
※レビュー用の書籍のため、やや痛みがございます。あらかじめご了承ください。
 









TEPIA先端技術館が、ロボティクスをテーマに、創造力を発揮し、自ら挑戦する中学生、高校生を応援する「TEPIAチャレンジ助成事業」を創設した。募集テーマに沿ったロボットのアイデアを申請し、審査の上採択されると、オリジナルロボットの開発に要する経費として、30万円の助成が受けられる。対象となるのはオリジナルロボットの開発に挑戦する中学生、高校生、専門学校生(3年生以下)のチームで、今回の採択件数は最大10チーム。今回のテーマは「『上下』に移動するロボットを開発せよ!」で、上下に移動するロボットであればどんなロボットでも構わない。応募の締め切りは5月9日(月)。
採択されたチームは、専門家によるテクニカルサポートを受けることができ、11月13日(日)にTEPIAで開催されるコンテストに参加できる。コンテストの審査委員長は、千葉工業大学未来ロボット技術研究センターの古田貴之氏。コンテストに参加したロボットはその後、TEPIAで一定期間展示が行われる。また、コンテストの優勝チームは12月24日(土)に開催される「サイエンスキャッスル関東大会」で成果を発表する機会が設けられる。
ロボットを作ってみたいけれど、資金や技術力の制約があって諦めていた中高生、高専生のみなさん、この機会にチャレンジしてみてほしい。

TEPIAチャレンジ助成事業

オリジナルロボットの開発にチャレンジする中学生・高校生を応援します!

【今回の募集テーマ】「上下」に移動するロボットを開発せよ!

■募集対象:
 オリジナルロボットの開発に挑戦する中学生、高校生、高等専門学校生(3年生以下)のチーム
 ※学校・指導者の同意が必要
■助成範囲:募集テーマのオリジナルロボット開発に要する経費
■助成金額:30万円
■採択条件:最大10チーム
■参加特権
 ・開発中は、専門家によるテクニカルサポートを受けることができます。
 ・TEPIA先端技術館で開催されるコンテストで開発成果を発表し、評価を受けることができます。
  コンテスト 審査委員長 古田貴之氏(千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター所長)
 ・開発したロボットがTEPIA先端技術館に展示されます。
 ・コンテストの優勝チームは、サイエンスキャッスル関東大会(※)で成果を発表する機会があります。
  ※本助成事業は、サイエンスキャッスル連携事業です

【応募要項】
■申請条件
 ・開発に挑戦する中学生、高校生もしくは高等専門学校生(3年生以下)が、主体的に申請すること。
 ・開発を指導する指導者がおり、学校の同意があること。(推薦書、同意書の提出が必要です)
 ・申請書類に記入すべき情報(連絡先等を含む)の提供が可能であること。
 ・予備を含め2台のロボットを作成すること。(1台はTEPIA先端技術館に展示)
 ・申請書による一次審査と、オンライン面談による二次審査に参加可能であること。
 ・採択されたチームは、2016年11月13日(日)にTEPIA先端技術館(東京)で行われるコンテストに参加すること。
 ・開発進捗の報告を動画にてお願いする場合があります。(9月上旬を予定)
 ・コンテストの優勝者は、2016年12月24日(土)に実施されるサイエンスキャッスル関東大会で成果を発表する機会があります。
■助成金の使途
 オリジナルロボットの開発に要する経費(部品等購入費、設備費、試作費等。ただし飲食代は除く)
 ※既製のロボットキットの購入を妨げるものではありませんが、組み立てキットのままロボットを制作するのではなく、オリジナルの技術開発を伴う企画であることが必要です。
■応募方法
 以下のWebサイトを参照して、指定の申請書・推薦書・同意書をダウンロードし、記入、捺印のうえWebサイトより申請してください。
 https://ed.lne.st/tepiagrantsflow/
■募集期間
 2016年3月1日(火)?5月9日(月)
■選考について
 選考期間 2016年5月10日(火)?5月31日(火)
 第一次審査:申請書類選考
 第二次審査:オンライン面談(30分程度)
 選考基準 次の要件を総合的に審査し、選考します。
 1.独創性のあるロボットであること。
 2.期間中に2台のプロトタイプを完成できること。(1台は予備・展示用)
 3.生徒の挑戦意欲があること。

■主催:TEPIA(一般社団法人高度技術社会推進協会)
■事務局:株式会社リバネス
■問合せ先:
 株式会社リバネス TEPIAチャレンジ助成事業事務局 担当:立花・藤田
 TEL:03-5227-4198
 E-Mail:ed@lnest.jp
 URL https://www.tepia.jp/tcs/

日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門では、「ロボティクス・メカトロニクス講演会2016 in Yokohama」に合わせて、一般の方向けの公開講演会を開催いたします。
いま話題の最先端ロボットについて、研究開発に携わる先生方により、中学生から、一般の方にもわかりやすいように解説していただきます。
参加費は無料です。ロボットに興味を持つみなさん、ぜひお気軽にご参加ください。

■開催日時:2016年6月11日(土)10:00-16:05
■場 所:横浜市開港記念会館 講堂
 (JR・横浜市営地下鉄関内駅より徒歩10分または、みなとみらい線日本大通り駅より徒歩1分)
http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/acces.html
■主 催:一般社団法人日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門
■講 演:横浜市、神奈川県

■プログラム
10:00 開催あいさつ
10:10-10:50
 横浜市におけるライフイノベーション推進の取り組み
 横浜市経済局
10:50-11:30
 外科手術を支援するロボット
 東京医科歯科大学 川嶋健嗣先生
11:30-12:10
 マッスルスーツ(R) の現状と事業戦略
 東京理科大学 小林宏先生

(昼休み)

13:10-13:50
 福島原発で期待されるロボット
 東京大学 淺間一先生
13:50-14:30
 空の産業革命とドローンビジネス最前線
 千葉大学 野波健蔵先生

(休憩15分)

14:45-15:25
 災害ロボットの挑戦
 東北大学 田所諭先生
15:25-16:05
 さがみロボット産業特区でのロボット開発
 神奈川県産業技術センター 櫻井正己先生
16:05  閉会あいさつ

■参加方法
事前申し込みは不要です。当日直接ご来場ください。
満席の場合は入場をお断りする場合もありますので、ご了承ください。

■問合せ先
 一般社団法人 日本機械学会
 TEL:03-5360-3505(担当:熊谷)
URL http://robomech.org/2016/%E5%B8%82%E6%B0%91%E5%90%91%E3%81%91%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88/#open-seminer

二子玉川地区交通環境浄化推進協議会、東急電鉄、セグウェイジャパンは東京都世田谷区二子玉川周辺地区において交通マナー啓発を目的とした「セグウェイツアー in二子玉川」の実施を発表した。まずは4月5日からの関係者や地域住民を対象とした試験運用で安全性を実証の上、一般向けのツアーを今夏より開始する。


DSC_0036.JPG


 「セグウェイツアーin二子玉川」は、いつもより高い目線でゆったりとした移動が可能な次世代モビリティ「セグウェイ」で街を巡り、周囲を見渡し道行く人々とコミュニケーションを取ることで、交通マナーへの意識を深めることを目的としたツアー。
 コースは二子玉川駅周辺の公道のほか、区立二子玉川公園や多摩川河川敷を含む約6キロ。インストラクターによるセグウェイの運転講習も含めて約1時間のツアーとなることが予定されている。参加資格として普通自動車免許や普通自動二輪免許など、小型特殊自動車の運転が認められている運転免許証が必要となる。ツアー参加費は現在のところ未定。


0404_多摩川河川敷での走行3.jpg

 このツアーの実施にあたり、東急電鉄とセグウェイジャパンは産業競争力強化法に基づく「企業実証特例制度」を活用した次世代モビリティの公道走行に関わる道路交通法の特例措置を受けている。これにより、本来であれば屋内や私有地でしか走行できないセグウェイの公道走行が可能となる。


0404_公道走行用ナンバープレート.jpg

東急電鉄によるプレスリリース

ロボット検定

国際ロボット展

リバスト

タマディック

アフレル

三和電気計器

ツクモROBOT王国

ヴイストンロボットセンター

秋月電子通商

近藤科学

Robotma.com

双葉電子工業

 

ヒューマンアカデミー
ロボットカレッジはこちら!

ヒューマンアカデミーロボットカレッジ

関連書籍新刊

アクリルロボット工作ガイド
アクリルロボット復刻!工作のアイデアが満載の一冊
ロボット考学と人間
─未来のためのロボット工学─

ロボットづくり、ものづくりの神髄はここに!
新しい機械の教科書 第2版
これからもの作りをはじめる人のための「機械の教科書」決定版
MATLAB/Simulinkによるモデルベースデザイン入門
数値解析ソフトのデファクト「MATLAB/Simulink」によるモデルベースデザイン入門書!
タミヤ工作パーツで作る しくみがわかるロボット工作教室
手軽にチャレンジ!簡単ロボット工作
PICではじめる! RCサーボロボット製作入門
複数のRCサーボの制御でユニークなロボットたちを動かそう!
災害とロボット ―大震災から見えてきたロボットのあり方―
3.11以降、日本の災害対応ロボットに求められたものとは
ARプログラミング ―Processingでつくる拡張現実感のレシピ―
ARで実世界をコントロール!
ロボコン部品ガイドブック
自作ロボットユーザーのための、部品の選び方、使い方ガイド
人工衛星をつくる
―設計から打ち上げまで―

次世代のはやぶさを作りたい人に贈る!人工衛星製作の解説本!
ロボットテクノロジー
最新のロボット技術を一望できる!
アンドロイドを造る
アンドロイドの構造を大公開!
モジュール化で理解する
電子工作の基本ワザ

「モジュール化」というマイコンの新しい楽しみ方を提案