2016年11月バックナンバー

2016年11月13日(日)にTEPIA先端技術館にて、「TEPIAロボットグランプリ2016」が開催されます。

「TEPIAロボットグランプリ2016」は、TEPIA先端技術館と株式会社リバネスが今年3月に創設した中高生のロボット開発者を支援する「TEPIAチャレンジ助成事業(サイエンスキャッスル連携事業)」の一環として開催されるロボットコンテストです。公募で選ばれた10チームが参加し、5ヶ月かけて開発したオリジナルロボットを競い合います。

今回のテーマは「『上下』に移動するロボットを開発せよ!」。各チームが6分のプレゼンテーションと、3分の実演を行います。1回の勝負で勝敗が決するロボットコンテストと違い、アイデアの独創性、パッション、技術力、開発期間における成長度など、多面的な視点からロボットを評価します。

コンテストの観覧は無料になっています。また、来年度の参加者の募集も始まっていますので、参加を検討している中高生や先生方は是非見学をしてみてください。

「TEPIAロボットグランプリ2016」

■概要
日時:2016年11月13日(日)10:30 - 17:00
場所:TEPIA先端技術館(東京都港区北青山2-8-44)
アクセス:東京メトロ銀座線 外苑前駅から徒歩4分
地図:http://www.tepia.jp/access
見学費:無料
主催:TEPIA
企画:株式会社リバネス

■審査員
古田貴之氏  千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター所長<審査員長>
荒木貴之氏  武蔵野大学教育学部特任教授/千代田女学園中学校高等学校副校長
占部浩一郎氏 TEPIA先端技術館 顧問
竹西素子氏  ロボコンマガジン編集長
永塚正樹氏  THK株式会社 技術本部 事業開発統括部

■当日参加方法
下記フォームよりお申込みください
https://goo.gl/H3a6LS

■TEPIAチャレンジ助成事業について
本取り組みは、中高生がチームごとに自ら社会課題を見つけ明確にすることから始まり、それを解決するためのロボットをデザイン・設計し、実際に作り上げることを通して、ロボティクス技術の習得や、エンジニアリングの考え方、姿勢を学ぶことができる教育プログラムです。対象は、身近な課題や社会課題を自分の力で解決したい、ものづくりの好きな中高生です。採択チームには、開発費30万円を提供、また、開発期間にはロボット開発の経験者数名が、質問への回答や相談にのります。毎年11月には、全国から開発者が集まりロボットを披露し競い合う「TEPIAロボットグランプリ」が開催されます。

■TEPIA先端技術館について
TEPIA先端技術館は、日本発の最先端技術を「見て」「触って」「体験す る」展示事業とロボット技術や3Dプリント技術を「学ぶ」事業を通じて、特に 中学生、高校生に重点を置き、産業や社会構造の変化を先取りしながら、先端技術の社会的重要性、果たす役割、先端技術が拓く近未来社会の可能性のみならず生み出される課題を喚起させるなど、先端的産業技術等が果たす役割についての普及啓発を核とした事業を展開しています。

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社リバネス 教育開発事業部  担当:立花・藤田
〒162-0822 東京都新宿区下宮比町1-4 飯田橋御幸ビル5階
TEL : 03-5227-4198 FAX:03-5227-4199
Email: ed(あ)lnest.jp ※(あ)を@に


リバスト

タマディック

アフレル

三和電気計器

ツクモROBOT王国

ヴイストンロボットセンター

秋月電子通商

近藤科学

Robotma.com

双葉電子工業

ロボット検定

国際ロボット展

 

ヒューマンアカデミー
ロボットカレッジはこちら!

ヒューマンアカデミーロボットカレッジ

関連書籍新刊

アクリルロボット工作ガイド
アクリルロボット復刻!工作のアイデアが満載の一冊
ロボット考学と人間
─未来のためのロボット工学─

ロボットづくり、ものづくりの神髄はここに!
新しい機械の教科書 第2版
これからもの作りをはじめる人のための「機械の教科書」決定版
MATLAB/Simulinkによるモデルベースデザイン入門
数値解析ソフトのデファクト「MATLAB/Simulink」によるモデルベースデザイン入門書!
タミヤ工作パーツで作る しくみがわかるロボット工作教室
手軽にチャレンジ!簡単ロボット工作
PICではじめる! RCサーボロボット製作入門
複数のRCサーボの制御でユニークなロボットたちを動かそう!
災害とロボット ―大震災から見えてきたロボットのあり方―
3.11以降、日本の災害対応ロボットに求められたものとは
ARプログラミング ―Processingでつくる拡張現実感のレシピ―
ARで実世界をコントロール!
ロボコン部品ガイドブック
自作ロボットユーザーのための、部品の選び方、使い方ガイド
人工衛星をつくる
―設計から打ち上げまで―

次世代のはやぶさを作りたい人に贈る!人工衛星製作の解説本!
ロボットテクノロジー
最新のロボット技術を一望できる!
アンドロイドを造る
アンドロイドの構造を大公開!
モジュール化で理解する
電子工作の基本ワザ

「モジュール化」というマイコンの新しい楽しみ方を提案