「inrevium杯 第17回レスキューロボットコンテスト」参加チーム募集のお知らせ ※2017/1/31(火)締切

2017年8月11日・12日に開催される「inrevium杯 第17回レスキューロボットコンテスト」の参加チームの募集が始まりました。参加申し込みの締切は、2017年1月31日(火)になります。

レスコン17.png

※inrevium(インレビアム)は、ゴールドスポンサーの東京エレクトロン デバイス(株)の自社ブランド名です。

レスキューロボットコンテストは、災害救助を題材としたロボットコンテストです。このコンテストにおいて参加チームに課せられているのは、遠隔操縦のロボットなどによって、1/6スケールの被災した街の模型の中から要救助者を模擬したダミー(人形)を早くかつ優しく救助することです。チームは、自ら設計・製作したロボットで救助活動を競います。

レスキューロボットコンテストには、従来のロボットコンテストと同じように、創造性を育む場や機会を提供することに加えて、コンテストを通して、多くの方々に防災や減災についての啓発や広報を図るという狙いがあります。

第17回では、前回と異なり、予選を大阪と東京で開催されます。競技の内容では、レスキューダミーの「個体識別」が「容体判定」に変更になります。また、作戦会議の時間が2分から3分に変更となりました。

inrevium杯 第17回レスキューロボットコンテスト
■主 催:レスキューロボットコンテスト実行委員会、神戸サンボーホール
■ゴールドスポンサー:東京エレクトロン デバイス(株)
■オフィシャルサプライヤー:サンリツオートメイション(株)
■競技会:
・大阪予選 2017年6月25日(日) 大阪府立北大阪高等職業技術専門校
・東京予選 2017年7月 2日(日) 東京都立産業技術高専荒川キャンパス
・本選   2017年8月11日(金)・12日(土) 神戸サンボーホール

■申し込み方法:
参加を希望される方は、以下のURLより「参加申込用紙【表紙】」と「参加申込用紙【本文】」をダウンロード、必要事項を記入の上、要項に違って郵送にて提出してください。【2017/1/31(火)必着】
http://www.rescue-robot-contest.org/forTeam/17th-contest/bosyu/youkou

■初参加チーム向け情報
http://www.rescue-robot-contest.org/forTeam/17th-contest/bosyu/new-team

■参考:第16回大会と第15回大会の様子の写真やビデオが公式サイトに掲載されています。
第16回/競技本戦/ビデオ
第16回/競技本戦/写真
第15回/競技本戦/ビデオ
第15回/競技本戦/写真

■公式Facebookページ
https://www.facebook.com/rescon
■ 公式Twitterアカウント
https://twitter.com/rescon12

タマディック

アフレル

三和電気計器

ツクモROBOT王国

ヴイストンロボットセンター

秋月電子通商

近藤科学

Robotma.com

双葉電子工業

ロボット検定

国際ロボット展

リバスト

 

ヒューマンアカデミー
ロボットカレッジはこちら!

ヒューマンアカデミーロボットカレッジ

関連書籍新刊

アクリルロボット工作ガイド
アクリルロボット復刻!工作のアイデアが満載の一冊
ロボット考学と人間
─未来のためのロボット工学─

ロボットづくり、ものづくりの神髄はここに!
新しい機械の教科書 第2版
これからもの作りをはじめる人のための「機械の教科書」決定版
MATLAB/Simulinkによるモデルベースデザイン入門
数値解析ソフトのデファクト「MATLAB/Simulink」によるモデルベースデザイン入門書!
タミヤ工作パーツで作る しくみがわかるロボット工作教室
手軽にチャレンジ!簡単ロボット工作
PICではじめる! RCサーボロボット製作入門
複数のRCサーボの制御でユニークなロボットたちを動かそう!
災害とロボット ―大震災から見えてきたロボットのあり方―
3.11以降、日本の災害対応ロボットに求められたものとは
ARプログラミング ―Processingでつくる拡張現実感のレシピ―
ARで実世界をコントロール!
ロボコン部品ガイドブック
自作ロボットユーザーのための、部品の選び方、使い方ガイド
人工衛星をつくる
―設計から打ち上げまで―

次世代のはやぶさを作りたい人に贈る!人工衛星製作の解説本!
ロボットテクノロジー
最新のロボット技術を一望できる!
アンドロイドを造る
アンドロイドの構造を大公開!
モジュール化で理解する
電子工作の基本ワザ

「モジュール化」というマイコンの新しい楽しみ方を提案