2017年8月バックナンバー

0000000050492.gif

■著者:近藤科学株式会社 監修/梓 みきお 著
■定価:1000 円(本体926 円+税)
■A4変 88頁
■ISBN RM-17080-RM-B
■発売日:2017/07
ご購入は、こちらからどうぞ。


組み換えて自分だけのオリジナルロボットを作ろう!
 2017年1月より発売が開始された、近藤科学株式会社の新製品「KXR」は、同社製の新型小型サーボモーターとコントロールボードと数種類のパーツからなるロボットキットで、これまでのKHRシリーズなどと異なるのはパーツの組合せを変えることで形状を組み換えられる商品です。
 本書は、KXRシリーズの簡単な構成・スペックの説明を行い、具体的な組換え例を紹介して、KXRの魅力と実際の使い方をわかりやすく解説したものです。

主要目次
Part I 「KXR」とはなんぞや? ~ "学べるロボット"+"遊べるロボット"=KXR ~
 ホビーロボット トップメーカーの最新作!
 KXR・ここがスゴい!
 KXR の駆けつけ3 特長・解説
 KXR シリーズの構成
 KXR 各パーツとその特徴

Part II 「KXR」を作ってみよう ~ 各部位の組立てと合体、モーション作り ~
 セット内容と組立ての準備
 ねじ込み・ねじ切り注意!
 バッテリーは組立て開始前に充電!
 組立てポイントの解説
 ソフトウェアのインストール
 初回の起動とプロジェクトのインポート
 トリム調整
 モーションはどうできている?
 「手を振る」動きを改造する
 イチからモーションを作る
 モーションの「ボタン番号」
 オプションの取付け〈無線化〉
 オプションの取付け〈ジャイロ〉

Part III 「KXR」を組み換えてみよう ~ 想像力でレッツ・トランスフォーム! ~
 「二足歩行型」→「カメ型」への組換え
 オリジナル「カメ型」を作ってみよう
 完全オリジナルロボットへの道!

 付録 用語集
 索 引

2017年11月5日に開催される「OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2017」の参加者募集が始まりました。応募締切は、10月20日(金)になります。

レスコン2017.png

 ヒト型レスキューロボットコンテストとは、2000年から毎年開催されている「レスキューロボットコンテスト」の新たな展開を目指し、ヒト型ロボット1台と操縦者1名で参加できるロボット競技です。ヒト型ロボットを遠隔操縦して、約4m×2mのフィールド内で「トンネルくぐり」「段差乗り越え」「ガレキ除去」「要救助者搬送」の四つのタスクを順にクリアし、かかった時間の短さを競うロボットコンテストです。また、各タスクに対する審査員による評価も重視されます。要救助者には、身長320mmのデッサン人形を用いられます。

 今回は、2016とタスクの内容は同じですが、フィールドの素材を変更し、道具の大きさが制限されます。また、前回同様、搭載カメラ部門を促進するために、有線による遠隔操縦を認められるとのことです。


「OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2017」

■日 時: 2017年11月5日(日)

10:00-12:00 ミーティング、ロボット検査、練習

12:00-17:30 競技(変更の可能性あり)

■場 所: 大阪電気通信大学 駅前キャンパス 1階 101号室

(大阪府寝屋川市早子町12-16、京阪寝屋川市駅から徒歩3分)

■主 催: ヒト型レスキューロボットコンテスト実行委員会

■共 催: 大阪電気通信大学 自由工房、一般社団法人R×Rコミュニティー

■参加費:無料

■問い合わせ先:humanoid-resconあgooglegroups.com

(「あ」を「@」に置き換えてください)

■申し込み方法:
参加を希望される方は、以下のURLにある募集要項と競技規定をご覧になった上で、2017年10月20日(金)必着で所定の様式のファイルを電子メールでお送りください。
http://jiyukobo-oecu.jp/?page_id=4527

■ポスター:
http://jiyukobo-oecu.jp/wp-content/uploads/2017/08/ohr2017-poster1.pdf

■ノウハウ集
http://jiyukobo-oecu.jp/?page_id=3996

■参考:2009年から2016年の競技のビデオを以下のURLに載せています。
http://jiyukobo-oecu.jp/?page_id=117
http://jiyukobo-oecu.jp/?page_id=300
http://jiyukobo-oecu.jp/?page_id=326
http://jiyukobo-oecu.jp/?page_id=308
http://jiyukobo-oecu.jp/?page_id=326
http://jiyukobo-oecu.jp/?page_id=348
http://jiyukobo-oecu.jp/?page_id=368
http://jiyukobo-oecu.jp/?page_id=3274
http://jiyukobo-oecu.jp/?page_id=3272
http://jiyukobo-oecu.jp/?page_id=4338

■公式Facebookページ
http://www.facebook.com/humanoid.rescon
■ 公式Twitterアカウント
https://twitter.com/HumanoidRescon

Japan Innovation Challenge 2017実行委員会は、『ロボットによる山での遭難救助』をテーマとしたロボコン「Japan Innovation Challenge 2017」の開催を発表した。災害対応におけるロボット技術の活用法を探り、同分野の発展と将来的な実用化を目指すコンテストであり、今回が第2回目の開催となる。
8月2日(水)には六本木ヒルズにて参加希望者向けの事前説明会が開催された。参加条件やレギュレーションが正式に発表されたほか、コンテストで使用されるマネキンやレスキューセットの貸出が行われた。

本コンテストは北海道上士幌町の町有林にて行われ、開催期間は10月16日(月)から20日(金)までの5日間。人力での救助が難しい天候条件のなか、山中で遭難した登山者を救助するべくロボットを派遣する、というシナリオが設定されている。広大なフィールドの中で、参加者は下記の3つの競技課題に挑むことになる。

課題1 「発見」
:山中に設置されたマネキンを発見し、位置情報と写真を取得する。賞金50万円(1組/日。昼間の部のみ)。夜間の部も期間中2回開催される。
課題2 「駆付」:レスキューキットをマネキンの周囲まで運ぶ。賞金500万円(期間中に同課題を達成したチームで分配)。
課題3 「救助」:マネキンを救助しスタート地点まで運搬する。賞金2,000万円(期間中1組)。

使用するロボット(ドローン含む)の台数、操縦方法などは自由で、重量制限や寸法制限はとくに定められていない。参加登録期間内に登録を済ませ、その後に提出する企画書が審査を通過すれば、基本的に誰でも参加することが可能だ。
ただし、ロボットは「人に危害を与えないための措置」「他のチームのロボットに危害を与えないための措置」「ロボット自体が紛失・破損等しないための措置」「ロボットが仮想フェンス外に出た場合の停止措置」の4つに対応している必要がある。また、通信や飛行にあたっては、電波法及び航空法に則ることが求められる。

昨年度は13チーム(計45名)が参加し、そのうち2チームが課題1を達成。課題2、3についてはクリアできたチームは出なかったという(昨年のコンテストの様子は「ロボコンマガジン」2017年1月号の"Robocon Report"にて紹介しているので一読されたい)。


170816_01.png 170816_02.png 170816_03.png
昨年開催された第1回大会の様子。左が救助対象のマネキン。中央と右が救助を行うロボットとドローン。ドローンは課題2「駆付」のレスキューキットを搭載している(写真3点の出典:「Japan Innovation Challenge 2016 実施報告書」(Japan Innovation Challenge 2016 実行委員会))

参加登録は9月15日(金)まで。詳しいルールや応募要項は公式ウェブサイトにて公開されている。

Japan Innovation Challenge 2017
URL:https://www.innovation-challenge.jp/

『ロボコンマガジン』2017年9月号読者プレゼントへのご応募は、2017年10月14日 23:59までです。
アンケートにお答えいただいた方の中から抽選で、下記の賞品を差し上げます。どなた様も奮ってご応募ください。たくさんのご応募、お待ちしております!

応募フォームへ↓↓↓

A賞
ラジオコントロール リアルライブテトラル

A賞

1名様
提供:株式会社シー・シー・ピー
B賞
オープンエア・スニーカー「UNEEK(ユニーク)」 26.5cm

C賞

1名様
提供:キーン・ジャパン

C賞
スーパーカミオ缶デ

C賞

3名様

提供:飛騨市役所
D賞
レールマウンテンバイクオリジナルグッズ詰合せ

D賞

3名様

提供:NPO法人神岡まちづくりネットワーク

E賞
書籍『〈弱いロボット〉の思考 わたし・身体・コミュニケーション』
書籍『12歳の少年が書いた量子力学の教科書』

E賞

各1名様

※レビュー用の書籍のため、やや痛みがございます。あらかじめご了承ください。また、ご希望の書籍がある場合は書名もご記載ください。








Robocon Magazine2017年9月号
■定価:1,080円(本体1,000円+税)
■判型:A4変形判 128頁
■発売日:2017年8月12日
■雑誌:09761

ご購入は、こちらからどうぞ。
定期購読のお申し込みは、こちらからお願い致します。

表紙:レゴマインドストームEV3とタブレットでロボットプログラミングを学ぶ、小金井 市立前原小学校の皆さん。
写真撮影:其田益成
表紙・目次デザイン:岩郷重力+WONDER WORKZ。

お詫びと訂正
■本誌2-3頁「速報!ロボカップ2017名古屋世界大会」の記事におきまして、「その他優勝チーム一覧」内の『シミュレーションリーグ(2D)』の優勝チーム名に誤りがありました。
正しくは、下記のとおりです。

(誤)HERIOS2017(福岡大学/大阪府立大学)
(正)HELIOS2017(福岡大学/大阪府立大学)

関係各方々にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げるとともに、ここに訂正いたします。

LEGOで学ぼう 小学生からのロボットプログラミング入門

  • ロボットプログラミング学習ができるLEGO製品を知ろう!
  • 小学校の授業でレゴマインドストームEV3を使って、プログラミング!
  • 速報!ロボカップ2017名古屋世界大会
  • 第4回ImPACTタフ・ロボティクス・チャレンジ公開フィールド評価会 開催
  • NHK学生ロボコン2017 - ABUアジア・太平洋ロボコン代表選考会 -
  • 第29回知能ロボットコンテスト2017
  • 第2回森のドローン・ロボット競技会

  • 新連載 いまさら聞けない 二足歩行ロボット製作超入門
    第1回
  • 新連載 行こう!使おう!工作スペース早わかりナビ
    第1回
  • ロボトレースのすすめ
    第2回
  • マイクロマウスではじめよう ロボットプログラミング with ロボット女子会
    第9回 マイクロマウスの制御の基礎を学ぼう
  • ロボコントップランナーに聞く オススメ工具ガイド
    第10回 NHK学生ロボコン
  • しくみがわかる!マナブとハジメの工作教室
    第10回 モーターは電気で回って、電気を作る!!
  • LEGO MINDSTORMSであそぼう!
    第33回 ボールカウンター
  • アクリルロボット研究所
    第31回 「メカ・カバ」を作ろう
  • ▼ロボコンマガジン掲載ロボット一覧
  • 新連載 業務に役立つ ドローン操縦士回転翼3級
    第1回 ドローン操縦士回転翼3級とは
  • 超人スポーツのすすめ
    第3回 野嶋琢也氏(電気通信大学准教授)
  • 人工知能とロボット技術の最前線
    第6回 大盛況だった「第1回 AI・人工知能EXPO」を振り返って
  • ロボコンOB・OGの履歴書
    第11回 田中邦裕さん(NHK高専ロボコン)
  • 俺たちロボ部!
    第19回 東京工業大学 Maquinista
  • ロボットホビー最前線
    ビギナー向け多機能ロボット、タクサノイド登場!!
  • BOOK REVIEW
    『<弱いロボット>の思考 わたし・身体・コミュニケーション』/『12歳の少年が書いた量子力学の教科書』
  • アカデミックな町を目指して - 飛騨市神岡町 -
  • アウトドア・フットウェアブランド「KEEN」、靴製造ロボット「UNEEKBOT」を開発
  • 第17回レスキューロボットコンテスト東京予選
  • 第5回ROBO-剣
  • 東京おもちゃショー
  • 日本ものづくりワールド2017 東京
  • FOOMA JAPAN(国際食品工業展)開催‐
  • ZMPフォーラムが開催、新製品・サービスの発表も
  • 関西ロボット情報局
  • ロボットがあるけん、福岡タイ!
  • NEWS FLASH
  • 新製品情報
  • イベント情報
  • 新刊案内
  • 読者プレゼント/ロボマガ編集部からのお知らせ
  • 編集後記




◆本誌記事に関するお問い合わせは、左のサイトマップより「ご意見・お問い合わせ」のページからお願いいたします。

◆本誌への広告掲載についてのお問い合わせは、オーム社広告部(TEL 03-3233-0531)で承ります。

◆定期購読のお申し込みは、オーム社直販サービス課(TEL 03-3233-0536)で承ります。



■読者懸賞プレゼントのお知らせ
本誌とじ込みの「愛読者ハガキ」のアンケートにお答えいただいた方の中から抽選で当たります。2017年10月14日までの消印有効です。詳しくは104ページをご覧ください。

→Web応募ページはこちらから



本誌に掲載する著作物の複製権・翻訳権・上映権・譲渡権・公衆送信権(送信可能化権を含む)は株式会社オーム社が保有します。
本誌に掲載されている会社名、および製品名は、一般に各社の登録商標または商標です。

ロボット検定

国際ロボット展

リバスト

タマディック

アフレル

三和電気計器

ツクモROBOT王国

ヴイストンロボットセンター

秋月電子通商

近藤科学

Robotma.com

双葉電子工業

 

ヒューマンアカデミー
ロボットカレッジはこちら!

ヒューマンアカデミーロボットカレッジ

関連書籍新刊

アクリルロボット工作ガイド
アクリルロボット復刻!工作のアイデアが満載の一冊
ロボット考学と人間
─未来のためのロボット工学─

ロボットづくり、ものづくりの神髄はここに!
新しい機械の教科書 第2版
これからもの作りをはじめる人のための「機械の教科書」決定版
MATLAB/Simulinkによるモデルベースデザイン入門
数値解析ソフトのデファクト「MATLAB/Simulink」によるモデルベースデザイン入門書!
タミヤ工作パーツで作る しくみがわかるロボット工作教室
手軽にチャレンジ!簡単ロボット工作
PICではじめる! RCサーボロボット製作入門
複数のRCサーボの制御でユニークなロボットたちを動かそう!
災害とロボット ―大震災から見えてきたロボットのあり方―
3.11以降、日本の災害対応ロボットに求められたものとは
ARプログラミング ―Processingでつくる拡張現実感のレシピ―
ARで実世界をコントロール!
ロボコン部品ガイドブック
自作ロボットユーザーのための、部品の選び方、使い方ガイド
人工衛星をつくる
―設計から打ち上げまで―

次世代のはやぶさを作りたい人に贈る!人工衛星製作の解説本!
ロボットテクノロジー
最新のロボット技術を一望できる!
アンドロイドを造る
アンドロイドの構造を大公開!
モジュール化で理解する
電子工作の基本ワザ

「モジュール化」というマイコンの新しい楽しみ方を提案