「OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2017」(11/5)

「OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2017」が2017年11月5日に開催されます。

OECU2017.png

 ヒト型レスキューロボットコンテストは、ヒト型ロボットによる災害救助をテーマにしたロボットコンテストです。ヒト型ロボットを遠隔操縦して、約4m×2mのフィールド内で「トンネルくぐり」「段差乗り越え」「ガレキ除去」「要救助者搬送」の四つのタスクを順に実行し、成功したタスクの数や、かかった時間の短さを競いあいます。また、各タスクに対する審査員による評価も重視されるのも特徴です。競技は、目視で操縦する「目視部門」と、搭載カメラの映像のみで操縦する「搭載カメラ部門」があります。

 本コンテストの基になっている「レスキューロボットコンテスト」は、2000年から毎年開催されており、ロボット競技を通じて、ものづくりの楽しさを伝えるとともに、防災や減災の大切さや難しさを考える機会を提供しています。本コンテストも、この考えを継承し、さらに多くの皆さんに輪を広げるために開催されています。

 ヒト型ロボットの多彩な動きが見所です。観覧は無料ですので、興味のある方は是非お越しください。なお、会場にお越しになれない方のために、インターネットで中継を行う予定です。

「OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2017」

■主 催: ヒト型レスキューロボットコンテスト実行委員会

■日 時: 2017年11月5日(日) 12:00 - 17:00

■場 所: 大阪電気通信大学 駅前キャンパス 1階 101号室
    (大阪府寝屋川市早子町12-16、京阪寝屋川市駅から徒歩3分)

■観覧料:無料

■問い合わせ先:humanoid-resconあgooglegroups.com

(「あ」を「@」に置き換えてください)


■公式Webサイト
http://jiyukobo-oecu.jp/?page_id=4527

■公式Facebookページ
http://www.facebook.com/humanoid.rescon

■公式Twitterアカウント
https://twitter.com/HumanoidRescon

■前回の記録(ウェブ、ビデオ)
http://jiyukobo-oecu.jp/?page_id=3971
http://jiyukobo-oecu.jp/?page_id=4338
■当日、会場の大阪電気通信大学では、大学祭とテクノフェアを開催しており、さまざまな展示や実演も行われます。
http://oecufesdaisai.wixsite.com/oecufes
http://www.osakac.ac.jp/event/237

リバスト

タマディック

アフレル

三和電気計器

ツクモROBOT王国

ヴイストンロボットセンター

秋月電子通商

近藤科学

Robotma.com

双葉電子工業

ロボット検定

国際ロボット展

 

ヒューマンアカデミー
ロボットカレッジはこちら!

ヒューマンアカデミーロボットカレッジ

関連書籍新刊

アクリルロボット工作ガイド
アクリルロボット復刻!工作のアイデアが満載の一冊
ロボット考学と人間
─未来のためのロボット工学─

ロボットづくり、ものづくりの神髄はここに!
新しい機械の教科書 第2版
これからもの作りをはじめる人のための「機械の教科書」決定版
MATLAB/Simulinkによるモデルベースデザイン入門
数値解析ソフトのデファクト「MATLAB/Simulink」によるモデルベースデザイン入門書!
タミヤ工作パーツで作る しくみがわかるロボット工作教室
手軽にチャレンジ!簡単ロボット工作
PICではじめる! RCサーボロボット製作入門
複数のRCサーボの制御でユニークなロボットたちを動かそう!
災害とロボット ―大震災から見えてきたロボットのあり方―
3.11以降、日本の災害対応ロボットに求められたものとは
ARプログラミング ―Processingでつくる拡張現実感のレシピ―
ARで実世界をコントロール!
ロボコン部品ガイドブック
自作ロボットユーザーのための、部品の選び方、使い方ガイド
人工衛星をつくる
―設計から打ち上げまで―

次世代のはやぶさを作りたい人に贈る!人工衛星製作の解説本!
ロボットテクノロジー
最新のロボット技術を一望できる!
アンドロイドを造る
アンドロイドの構造を大公開!
モジュール化で理解する
電子工作の基本ワザ

「モジュール化」というマイコンの新しい楽しみ方を提案