ROBOCON Magazine




Robocon Magazine2017年3月号
■付録付定価:1,080円(本体1,000円+税)
■判型:A4変形判 128頁
■発売日:2017年2月15日
■雑誌:09761

ご購入は、こちらからどうぞ。
定期購読のお申し込みは、こちらからお願い致します。

表紙のロボット:DJI社製「Inspire 2」
写真提供:DJI JAPAN株式会社
表紙・目次デザイン:岩郷重力+WONDER WORKZ。


お詫びと訂正
■本誌80-81頁「きのくにロボットフェスティバル2016」の記事におきまして、全日本小中学生ロボット選手権・中学生部門「ブロックタワー建設作戦!」の決勝戦に参加した選手の所属の記載に誤りがありました。
正しくは、下記のとおりです。

(誤)TAKATORA(奈良県学校法人高田学苑高田中学校・岩倉 光佑君)
(正)TAKATORA(三重県学校法人高田学苑高田中学校・岩倉 光佑君)

関係各方々にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げるとともに、ここに訂正いたします。

ドローン応用最前線

  • 全高の地域に密着した形で,カスタマイズされたマルチコプターのニーズを掘り起こす
    エンルート
  • 世界初! 12kmの長距離配送実験に成功、ドローン配送の行方は?
    自動制御システム研究所/千葉大学
  • i-Cnstructionで土木・建築の現場が変わる! 空撮写真による3次元点群データの活用
    セキド/福井コンピュータ
  • ドローンスクール 双葉電子工業

2016-2017 ロボットコンテストレポート

  • 第37回全日本マイクロマウス大会
  • 第29回アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト
  • 2年連続ロボコン大賞受賞! 奈良高専ロボコンプロジェクト「DELTA」
  • WRO2016インド国際大会
  • 第28回全日本ロボット相撲大会全国大会
  • 第25回全国専門学校ロボット競技会

  • つくばチャレンジにおける画像処理技術の活用について
    Mercury(Laser Model)による信号の認識
  • 新連載 新設計ホビーロボットキット「KXR」レビュー 第1回

  • レースドローンを作ろう - ドローンレーサーのすすめ -
    最終回(前編)
  • マイクロマウスではじめよう ロボットプログラミング with ロボット女子会
    第6回 マイクロマウス大会参加体験記
  • ロボコントップランナーに聞く オススメ工具ガイド
    第7回 アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト
  • しくみがわかる!マナブとハジメの工作教室
    第7回 測って、描いて、それから作ろう!
  • LEGO MINDSTORMSであそぼう!
    第30回 遠隔給餌装置
  • アクリルロボット研究所
    第28回 「イルミネーションLEDロボット」を作ろう
  • ▼ロボコンマガジン掲載ロボット一覧
  • 人工知能とロボット技術の最前線
    第3回 日本アイ・ビー・エム東京基礎研究所は、ロボットに対するコグニティブの実装をどう捉えているか?
  • ロボットホビー最前線
    遊び応えバツグン! 12メカトロウィーゴに新色登場
  • おれたちロボ部!
    第17回 立命館大学 ロボット技術研究会
  • BOOK REVIEW
    『アイアンバディ』
    『量子コンピュータが人工知能を加速する』
  • きのくにロボットフェスティバル2016
  • 第3回トマトロボット競技会
  • ジャパンマイコンカーラリー2017全国大会
  • 「World Robot Summit」の開催形式および競技種目が発表に
  • 第1回ロボデックス - ロボット開発・活用展
  • コミュニケーションロボット「タチコマ」による商品受け渡しサービスの実証実験を実施
  • 羽田空港でHaneda Robotics Labによるロボットの実証実験を実施
  • Ogaki Mini Maker Faire
  • 「未来」を作る、アイデア溢れるハードウェアが大集合!「GUGEN2016」
  • 「漱石アンドロイド」完成披露記者発表会
  • Amazon、"サイバーマンデーウィーク 2016"にてAmazonRoboticsを公開
  • ANA AVATAR XPRIZE ANAがサポートするテレプレゼンスロボットのコンテストはどのようなものか
  • 関西ロボット情報局
  • ロボットがあるけん、福岡タイ!
  • 新製品情報
  • NEWS FLASH
  • 新刊案内
  • イベント情報
  • 読者プレゼント/ロボマガ編集部からのお知らせ
  • 編集後記




◆本誌記事に関するお問い合わせは、左のサイトマップより「ご意見・お問い合わせ」のページからお願いいたします。

◆本誌への広告掲載についてのお問い合わせは、オーム社広告部(TEL 03-3233-0531)で承ります。

◆定期購読のお申し込みは、オーム社直販サービス課(TEL 03-3233-0536)で承ります。



■読者懸賞プレゼントのお知らせ
本誌とじ込みの「愛読者ハガキ」のアンケートにお答えいただいた方の中から抽選で当たります。2017年4月15日までの消印有効です。詳しくは111ページをご覧ください。

→Web応募ページはこちらから



本誌に掲載する著作物の複製権・翻訳権・上映権・譲渡権・公衆送信権(送信可能化権を含む)は株式会社オーム社が保有します。
本誌に掲載されている会社名、および製品名は、一般に各社の登録商標または商標です。




Robocon Magazine2017年1月号
■付録付定価:1,080円(本体1,000円+税)
■判型:A4変形判 128頁
■発売日:2017年1月15日
■雑誌:09761

ご購入は、こちらからどうぞ。
定期購読のお申し込みは、こちらからお願い致します。

表紙のロボット:株式会社株式会社Xiborgのサイボーグ義足を着用して、サイバスロンの課題の練習に取り組む眞野雄輝氏。
写真撮影:其田益成
表紙・目次デザイン:岩郷重力+WONDER WORKZ。

受付は終了いたしました。たくさんのご応募、ありがとうございました!


お詫びと訂正
■本誌12頁「動力付き義足レース編 能動型ロボット義足で、健常者と障がい者のボーダーラインが消える日は来るのか?」の記事におきまして、図1のキャプションに誤りがありました。
正しくは、下記のとおりです。
(誤)ソニーコンピュータサイエンス研究所(SonyCSL)アソシエイトリサーチャー 兼 Xiborg 代表取締役社長 遠藤 謙氏(右)、Xiborg 最高技術責任者 田原 哲雄 氏(左)
(正)ソニーコンピュータサイエンス研究所(SonyCSL)アソシエイトリサーチャー 兼 Xiborg 代表取締役社長 遠藤 謙氏(左)、Xiborg 最高技術責任者 田原 哲雄 氏(右)

■本誌81頁「第7回ロボット大賞も決定!「Japan Robot Week 2016」」の中の、「第7回ロボット大賞」の記事におきまして、CYBERDYNE株式会社の受賞賞の記載に誤りがありました。
正しくは、下記のとおりです。
(誤)経済産業大臣賞
(正)厚生労働大臣賞

関係各方々にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げるとともに、ここに訂正いたします。

ヒトの身体能力を拡張するロボット技術

  • サイバスロンレポート&和歌山大学 RT-Moversの取り組み
  • すべての人の能力を拡張してスポーツをさらに楽しむ

  • サイバスロン競技で加速する研究開発の最前線
  • 動力付き義足レース編 能動型ロボット義足で、健常者と障がい者のボーダーラインが消える日は来るのか?
  • 動力付き義手レース&機能的電気刺激(FES)バイクレース編 電通大発ベンチャーの筋電義手で、世界から身体的バリアーを取り除く!

いまほしい!遊んでみたい!コミュニケーション&ホビー ロボット

  • コミュニケーション/ホビーロボットカタログ
  • BOCCO(ユカイ工学株式会社)
  • Musio(AKA LLC)
  • unibo(ユニロボット株式会社)
  • KXR(近藤科学株式会社)
  • 特別編 こんなロボットが欲しい!
    コトブキヤ×近藤科学のコラボレーション試作機「KHR-轟雷」
  • ロボットホビー最前線
  • 癒し系ロボット・ロビジュニアがリニューアル!

  • 韓国International Robot Contest 2016レポート
  • MISUMI presents 第29回ROBO-ONE&第13回ROBO-ONE Lightテクニカルレポート
  • 第3回ImPACTタフ・ロボティクス・チャレンジフィールド評価会が開催
    災害対応重作業ロボットが初公開
  • 民間月面探査チーム「HAKUTO」が鳥取砂丘でフィールド試験を実施

  • レースドローンを作ろう - ドローンレーサーのすすめ -
    第2回
  • マイクロマウスではじめよう ロボットプログラミング with ロボット女子会
    第5回 オリジナルモードを作ろう!
  • ロボコントップランナーに聞く オススメ工具ガイド
    第6回 かわさきロボット競技大会
  • しくみがわかる!マナブとハジメの工作教室
    第6回 100円ショップをうまく使おう!
  • DIYレスキューロボットのすすめ―遠隔操作型調査ロボットの技術を作りながら学ぶ―
    最終回 SLAM(自己位置推定とマッピング)
  • LEGO MINDSTORMSであそぼう!
    第29回 荷物の分類装置
  • アクリルロボット研究所
    第27回 「赤外線リモコン・フラットロボット」を作ろう
  • ▼ロボコンマガジン掲載ロボット一覧
  • 人工知能とロボット技術の最前線
    第2回 NVIDIAの「GTC Japan 2016」に見るGPUディープラーニングによるロボット革命
  • ロボコンOB・OGの履歴書
    第9回 向井 裕貴さん(レスキューロボットコンテスト)
  • MOVIE REVIEW
    『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』
  • World Robot Olympiad 第13回WRO Japan決勝大会
  • 第24回全国高等学校ロボット競技大会
  • つくばチャレンジ2016 本走行
  • TEPIAロボットグランプリ2016
  • ESSロボットチャレンジ2016
  • Japan Innovation Challenge 2016
  • 山車ロボットコンテスト2016
  • ETロボコン2016チャンピオンシップ大会
  • CEATEC JAPAN2016
  • 第7回ロボット大賞も決定!「Japan Robot Week2016」
  • 第42回国際福祉機器展 H.C.R.2016
  • 関西ロボット情報局
  • ロボットがあるけん、福岡タイ!
  • 新製品情報
  • NEWS FLASH
  • 新刊案内
  • イベント情報
  • 読者プレゼント/ロボマガ編集部からのお知らせ
  • 編集後記




◆本誌記事に関するお問い合わせは、左のサイトマップより「ご意見・お問い合わせ」のページからお願いいたします。

◆本誌への広告掲載についてのお問い合わせは、オーム社広告部(TEL 03-3233-0531)で承ります。

◆定期購読のお申し込みは、オーム社直販サービス課(TEL 03-3233-0536)で承ります。



■読者懸賞プレゼントのお知らせ
本誌とじ込みの「愛読者ハガキ」のアンケートにお答えいただいた方の中から抽選で当たります。2017年2月15日までの消印有効です。詳しくは111ページをご覧ください。

→Web応募ページはこちらから



本誌に掲載する著作物の複製権・翻訳権・上映権・譲渡権・公衆送信権(送信可能化権を含む)は株式会社オーム社が保有します。
本誌に掲載されている会社名、および製品名は、一般に各社の登録商標または商標です。




Robocon Magazine2016年11月号
■定価:1,080円(本体1,000円+税)
■判型:A4変形判 128頁
■発売日:2016年10月15日
■雑誌:09761

ご購入は、こちらからどうぞ。
定期購読のお申し込みは、こちらからお願い致します。

株式会社エンルートのクアッドコプター「ZION PG700」。
写真撮影:其田益成
表紙・目次デザイン:岩郷重力+WONDER WORKZ。


お詫びと訂正
■本誌66頁「ものづくり好きが集まる、みんなのお祭り Maker Faire Tokyo 2016」の中の「ニフティ30周年 ヘボコン・ワールド・チャンピオンシップ2016」の記事におきまして、優勝したロボット名の記載に誤りがありました。
正しくは、下記のとおりです。
(誤)Robot Controlled Robot
(正)Robot Controlled Controller Robot
関係各方々にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げるとともに、ここに訂正いたします。

農業分野で活用されるロボット技術

  • 農業分野の課題をロボットで解決する
  • クボタスマートアグリシステム「KSAS」に見る、現代の農業の課題とソリューション、そして技術活用
  • イチゴやトマトを収穫する施設園芸ロボット農研機構の取り組み
  • 「不定形軟弱体」である食肉をロボットで加工する前川製作所
  • 農業分野での活用をテーマとしたロボットコンテスト

本格化するインフラ点検ロボット

  • わずか2年半で実用化に目処! パナソニックの粋を集めた水中ロボットシステムの秘密を探る
  • マルチコプタを利用し、老朽化した橋梁点検の深刻な課題に挑む!
  • 効率的に道路橋を点検する主桁吊下げ型道路橋点検用ロボット

  • IDCロボットコンテスト 大学国際交流大会 第27回 in タイ・バンコク
  • 第10回日本工業大学マイクロロボットコンテスト高校生大会
  • ものづくり好きが集まる、みんなのお祭り Maker Faire Tokyo 2016 

  • 新連載 レースドローンを作ろう - ドローンレーサーのすすめ -
    第1回
  • ロボット専用サーボモータ「ダイナミクセル」で1ランク上のロボットを作ろう
    ROSによるダイナミクセル応用編
  • マイクロマウスではじめよう ロボットプログラミング with ロボット女子会
    第4回 タイマーについて学ぼう!
  • ロボコントップランナーに聞く オススメ工具ガイド
    第5回 ルネサスマイコンカーラリー競技会
  • しくみがわかる!マナブとハジメの工作教室
    第5回 ミニ四駆を改ぞうしよう!
  • DIYレスキューロボットのすすめ―遠隔操作型調査ロボットの技術を作りながら学ぶ―
    第5回 センシング(センサー情報の取得)
  • LEGO MINDSTORMSであそぼう!
    第28回 カード織り機
  • アクリルロボット研究所
    第26回 「ステゴサウルス」を作ろう
  • ▼ロボコンマガジン掲載ロボット一覧
  • おれたちロボ部!
    第16回 大阪工業大学 大工大エンジュニア
  • ロボコンOB・OGの履歴書
    第8回 山口辰久さん(知能ロボットコンテスト
  • ロボットホビー最前線
    2段階自動変形! 集大成のロボットホビーが登場!!
  • BOOK REVIEW
    『人工知能のための哲学塾』
    『なぜ日本の大学には工学部が多いのか 理系大学の近現代史』
  • サンデンまえばしロボコン2016
  • ロボカップ2016ライプチヒ世界大会レポート―ジュニア編― 
  • inrevium 杯 第16回レスキューロボットコンテスト
  • 第23回かわさきロボット競技大会 
  • 2016年度ルネサスマイコンカーラリー競技会&技術交流会
  • '16 水中ロボットコンベンションin JAMSTEC - 海と日本プロジェクト - 水中ロボコンin JAMSTEC'16 
  • 第6回 ヒューマンアカデミー ロボット教室 全国大会 
  • au × HAKUTO MOON CHALLENGE ローバーフライトモデル デザイン発表会
  • 関西ロボット情報局
  • ロボットがあるけん、福岡タイ!
  • 新製品情報
  • NEWS FLASH
  • 新刊案内
  • イベント情報
  • 読者プレゼント/ロボマガ編集部からのお知らせ
  • 編集後記




◆本誌記事に関するお問い合わせは、左のサイトマップより「ご意見・お問い合わせ」のページからお願いいたします。

◆本誌への広告掲載についてのお問い合わせは、オーム社広告部(TEL 03-3233-0531)で承ります。

◆定期購読のお申し込みは、オーム社直販サービス課(TEL 03-3233-0536)で承ります。



■読者懸賞プレゼントのお知らせ
本誌とじ込みの「愛読者ハガキ」のアンケートにお答えいただいた方の中から抽選で当たります。2016年12月15日までの消印有効です。詳しくは111ページをご覧ください。

→Web応募ページはこちらから



本誌に掲載する著作物の複製権・翻訳権・上映権・譲渡権・公衆送信権(送信可能化権を含む)は株式会社オーム社が保有します。
本誌に掲載されている会社名、および製品名は、一般に各社の登録商標または商標です。




Robocon Magazine2016年9月号
■定価:1,080円(本体1,000円+税)
■判型:A4変形判 128頁
■発売日:2016年8月12日
■雑誌:09761

ご購入は、こちらからどうぞ。
定期購読のお申し込みは、こちらからお願い致します。

表紙のロボット:6人組アイドルユニット「妄想キャリブレーション」。 メジャー1stシングル「ちちんぷいぷい♪」のMVでもメンバーのみなさんが装着した「アームスカート」については29ページからの記事をご覧ください。
写真撮影:其田益成
撮影協力:株式会社ソニーミュージックレーベルズ
ヘアメイク:MINEKO、市川良子(Hair Make吉野事務所)
表紙・目次デザイン:岩郷重力+WONDER WORKZ。

受付は終了いたしました。たくさんのご応募、ありがとうございました!

お詫びと訂正

■本誌38頁「第28回知能ロボットコンテスト2016」の記事におきまして、「マスターズコース優勝・最優秀技術賞」のチームの所属の記載に誤りがありました。
正しくは、下記のとおりです。
 (誤)大阪工業大学生活支援ロボットシステム研究室(T-Semi)
 (正)大阪工業大学生活支援ロボットシステム研究室

■本誌の45頁「ロボット専用サーボモーター「ダイナミクセル」で1ランク上のロボットを作ろう? チュートリアル編」記事に誤りがありました。
正しくは、下記のとおりです。
 (誤)RoboCupジャパンオープン2016@ホーム オープンプラットフォーム優勝
大阪工業大学 情報学部 http://www.oit.ac.jp/is/
 (正) RoboCupジャパンオープン2016@ホーム オープンプラットフォーム優勝
大阪工業大学 工学部ロボット工学科、情報学部合同チーム
http://www.oit.ac.jp/bme/~hiroi/
http://www.oit.ac.jp/is/

関係各方々に大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫びいたしますとともに、ここに訂正いたします。

ロボットが拓く 物流の未来
  • ティーチレスピッキングロボットで物流業の悩みに光を照らす アスクル×MUJIN
  • Amazon Picking Challenge 2016参加レポート
  • Amazon Picking Challenge 2016参加ロボット解剖
  • 倉庫のオートメーションで世界を牽引する GreyOrange

ロボット研究者・ロボットクリエイターに聞く 私を変えたフィクション
  • 高西淳夫(早稲田大学)
  • きゅんくん(ロボットファッションクリエイター/ロボットエンジニア)
  • 水川真(芝浦工業大学名誉教授)
  • 松井龍哉(フラワー・ロボティクス)
  • 園山隆輔(デザイナー)
  • 谷口恒(ZMP)
  • 高橋智隆(ロボットクリエイター)
  • 梶田秀司(産業技術総合研究所)
(登場順、敬称略)
  • スカートから伸びるロボットアームが乙女を守る「アームスカート」とは!?
  • 東北大学で「タフ・ロボティクス・チャレンジ」公開フィールド評価会が開催!
  • 第28回知能ロボットコンテスト2016
  • NHK学生ロボコン2016 Clean Energy Recharging the World
  • ロボット専用サーボモータ「ダイナミクセル」で1ランク上のロボットを作ろう
    How to Use? Dynamixcel SDK編
  • マイクロマウスではじめよう ロボットプログラミング with ロボット女子会
    第3回 PWMを覚えて初心者卒業!
  • Arduinoを採用した18自由度の二足歩行エデュテイメントロボット
    「XYZrobot Blide」レビュー(後編)
  • ロボコントップランナーに聞く オススメ工具ガイド
    第4回 知能ロボットコンテスト
  • しくみがわかる!マナブとハジメの工作教室
    第4回 ギヤボックスを比べてみよう!
  • DIYレスキューロボットのすすめ―遠隔操作型調査ロボットの技術を作りながら学ぶ―
    第4回 モータの駆動方法と角度制御
  • LEGO MINDSTORMSであそぼう!
    第27回 水平を保つ車
  • アクリルロボット研究所
    第25回 「トリケラトプス」を作ろう
  • ▼ロボコンマガジン掲載ロボット一覧
  • 新連載 人工知能とロボット技術の最前線
    第1回 最先端のコミュニケーションロボットに利用されるNTTグループのAI技術
  • ロボコンOB・OGの履歴書
    第7回 上村 龍文 さん(NHK学生ロボコン)
  • ロボットホビー最前線
    ド迫力のボリューム!「サイコ・ガンダム Mk-II」!!
  • Movie Review
    『セルフレス/覚醒した記憶』
  • ロボカップ2016ライプチヒ世界大会レポート?メジャー編?
  • 第4回ROBO-剣
  • JAPAN DRONE NATIONALS
  • サービスロボット開発技術展
  • 三菱重工と千葉工大、防爆性能を備えた遠隔操作ロボット「桜II号」を開発
  • 東京おもちゃショー2016
  • 日本モノづくりワールド2016「第27回設計・製造ソリューション展」
  • 熊本の小学校をPepperが訪問 
  • GEO SPACE ADVENTURE&ロボットプロレス できんのか!volume 27 in HIDA
  • 関西ロボット情報局
  • ロボットがあるけん、福岡タイ!
  • 新製品情報
  • NEWS FLASH
  • 新刊案内
  • イベント情報
  • 読者プレゼント/ロボマガ編集部からのお知らせ
  • 編集後記




◆本誌記事に関するお問い合わせは、左のサイトマップより「ご意見・お問い合わせ」のページからお願いいたします。

◆本誌への広告掲載についてのお問い合わせは、オーム社広告部(TEL 03-3233-0531)で承ります。

◆定期購読のお申し込みは、オーム社直販サービス課(TEL 03-3233-0536)で承ります。



■読者懸賞プレゼントのお知らせ
本誌とじ込みの「愛読者ハガキ」のアンケートにお答えいただいた方の中から抽選で当たります。2016年10月15日までの消印有効です。詳しくは114ページをご覧ください。

→Web応募ページはこちらから



本誌に掲載する著作物の複製権・翻訳権・上映権・譲渡権・公衆送信権(送信可能化権を含む)は株式会社オーム社が保有します。
本誌に掲載されている会社名、および製品名は、一般に各社の登録商標または商標です。




Robocon Magazine2016年7月号
■定価:1,080円(本体1,000円+税)
■判型:A4変形判 128頁
■発売日:2016年6月15日
■雑誌:09761

ご購入は、こちらからどうぞ。
定期購読のお申し込みは、こちらからお願い致します。

表紙のロボット:ロボティクスファッションクリエイター/メカエンジニアのきゅんくん。手にしているのは今年3月に発表したウェアラブルロボットの「METCALF clione」。本誌では「マイクロマウスではじめよう ロボットプログラミング with ロボット女子会」にロボット女子会の一員として参加していただいています。
写真撮影:其田益成
撮影協力:HAP factory
ヘアメイク:aco(RICCA)
衣装協力:chloma
表紙・目次デザイン:岩郷重力+WONDER WORKZ。

受付は終了いたしました。たくさんのご応募、ありがとうございました!



お詫びと訂正

■本誌4頁「目次」に記載されている「【Focus】金メダルチームに学ぶ、WROチャレンジのポイント」の著者の所属に誤りがありました。
正しくは、下記のとおりです。
 (誤)近藤靖通(愛知県立八幡浜工業高等学校 電気技術科)
 (正)近藤靖通(愛媛県立八幡浜工業高等学校 電気技術科)
関係各方々に大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫びいたしますとともに、ここに訂正いたします。


おもしろアイデアロボット大集合
  • TONY ROBOT
  • デスクトップ・ロボット GR
  • 書き時計
  • トマタン
  • 弱いロボット
  • 手のひらサイズペンプロッタ
  • ごえん
  • 論文まもる君
  • 全自動引きこもり機
  • めだかRobo君
  • カニニカ

オススメロボットスポット 観光ガイド
  • ハウステンボス
  • ロボスクエア
  • 安川電機みらい館
  • 浜松科学館
  • あつぎロボットゆうえんち
  • 日本科学未来館
  • TEPIA先端技術館
  • 科学技術館
  • おすすめロボットスポット&イベント
  • ロボカップジャパンオープン2016 愛知
  • 人に寄り添い人の自己肯定感を高めるロボット開発を目指す新ベンチャー「GROOVE X」 
    目標は2019年発売予定
  • 金メダルチームに学ぶ、WROチャレンジのポイント
  • ロボット専用サーボモータ「ダイナミクセル」で1ランク上のロボットを作ろう
    チュートリアル編
  • マイクロマウスではじめよう ロボットプログラミング with ロボット女子会
    第2回 開発環境の構築とLチカ!
  • Arduinoを採用した18自由度の二足歩行エデュテイメントロボット
    「XYZrobot Blide」レビュー(前編)
  • ロボコントップランナーに聞く オススメ工具ガイド
    第3回 マイクロマウス
  • しくみがわかる!マナブとハジメの工作教室
    第3回 ギヤボックスは何のため?
  • DIYレスキューロボットのすすめ―遠隔操作型調査ロボットの技術を作りながら学ぶ―
    第3回 操縦(操作)インターフェース
  • LEGO MINDSTORMSであそぼう!
    第26回 ボールを移動させる装置
  • アクリルロボット研究所
    第24回 ロボクラフト改造...メカ・ライオン
  • ▼ロボコンマガジン掲載ロボット一覧
  • おれたちロボ部!
    第15回 大阪市立都島工業高等学校 都工機械電気チーム
  • ロボコンOB・OGの履歴書
    第6回 牛嶋 裕之さん(NHK学生ロボコン)
  • ロボットアニメ最前線
    迫力のドッグファイトとライブシーン!「マクロスΔ」!!
  • BOOK REVIEW
    『柔らかヒューマノイド』
    『メイカーズのエコシステム 新しいモノづくりがとまらない。』
  • 第19回ロボットグランプリ
  • 第20回熱田の森ロボット競技会
  • 早稲田大学の脚型ロボット、垂直はしごを1段10秒で登れるように 従来比12倍、将来は1段4秒をめざす
  • Doog、自動追従運搬ロボット『サウザー』を改良、狭い通路でもなめらかに走行可能に
  • 第2回国際ドローン展
  • ドローンレースも同時開催!「ジャパン・ドローン2016」
  • 関西ロボット情報局
  • ロボットがあるけん、福岡タイ!
  • 新製品情報
  • NEWS FLASH
  • 新刊案内
  • イベント情報
  • 読者プレゼント/ロボマガ編集部からのお知らせ
  • 編集後記




◆本誌記事に関するお問い合わせは、左のサイトマップより「ご意見・お問い合わせ」のページからお願いいたします。

◆本誌への広告掲載についてのお問い合わせは、オーム社広告部(TEL 03-3233-0531)で承ります。

◆定期購読のお申し込みは、オーム社直販サービス課(TEL 03-3233-0536)で承ります。



■読者懸賞プレゼントのお知らせ
本誌とじ込みの「愛読者ハガキ」のアンケートにお答えいただいた方の中から抽選で当たります。2016年8月15日までの消印有効です。詳しくは113ページをご覧ください。

→Web応募ページはこちらから



本誌に掲載する著作物の複製権・翻訳権・上映権・譲渡権・公衆送信権(送信可能化権を含む)は株式会社オーム社が保有します。
本誌に掲載されている会社名、および製品名は、一般に各社の登録商標または商標です。




Robocon Magazine2016年5月号
■定価:1,080円(本体1,000円+税)
■判型:A4変形判 128頁
■発売日:2016年4月15日
■雑誌:09761

ご購入は、こちらからどうぞ。
定期購読のお申し込みは、こちらからお願い致します。

表紙のロボット:タレント、エンジニアの池澤あやかさん。今回の特集1でも、ロボット女子会の一員として参加していただいています。手に持っているのはご自分で製作されているマイクロマウス。
写真撮影:其田益成
撮影協力:DMM.make AKIBA
スタイリスト:武久真理江
ヘアメイク:大八木智之(eclat daikanyama)
衣装協力:MIDDLA
表紙・目次デザイン:岩郷重力+WONDER WORKZ。

受付は終了いたしました。たくさんのご応募、ありがとうございました!

お詫びと訂正
■本誌68頁「全日本中学校技術・家庭科研究会 第16回全国中学生創造ものづくり教育フェア 創造アイデアロボットコンテスト全国大会」の記事にて、同大会の【活用部門】優勝者の学校名に誤りがありました。
正しくは、下記のとおりです。
  (誤)【活用部門】優勝 芳賀町立芳賀中学校 「トム&ジェリー」チーム
  (正)【活用部門】優勝 宮崎市立大淀中学校 「トム&ジェリー」チーム
関係各方々に大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫びいたしますとともに、ここに訂正いたします。


ロボット女子と学ぶ はじめてのロボットプログラミング
  • ロボットとハードウェアとはどんな存在か?
  • ロボットプログラミングの学習は何歳からおすすめ?
  • ロボットの人工知能って?
  • ロボット作るにはソフトウェアが8割!
  • どんなロボットを学習するとよいのか?
  • おわりに
  • マイクロマウスではじめよう ロボットプログラミング with ロボット女子会
    第1回 Hello,ROBOT world!
ドローンレースのすすめ
  • 1 ドローンレースとは?
  • 2 ドローンレースに参加してみよう
  • 3 レース用ドローン(レーサー機)の種類としくみ
  • 4 レーサー機の飛ばし方
  • 隅に届く「ルーロ―の三角形」で「きめ細かい掃除」にこだわる ロボット掃除機「ルーロ」に新型登場
  • 松坂桃李そっくりの「トーリロボ」が誕生!ミントの香りを判別できる2足歩行ロボット
  • 第28回ROBO-ONE&第12回ROBO-ONE Lightテクニカルレポート
  • 36チームが参加。国際的な科学教育のコンテスト ファースト・レゴ・リーグ2015ジャパン・オープン
  • 第11回高校生ロボットアメリカンフットボール全国大会
  • IEEE中南米ロボットコンテスト参戦記
  • ロボコントップランナーに聞く オススメ工具ガイド
    第2回 ROBO-ONE
  • しくみがわかる!マナブとハジメの工作教室
    第2回 浮力とバランスが大切だ!
  • DIYレスキューロボットのすすめ―遠隔操作型調査ロボットの技術を作りながら学ぶ―
    第2回 通信技術と遠隔操作デバイスTPIP(開発環境の構築)
  • LEGO MINDSTORMSであそぼう!
    第25回 ディスクブレーキ
  • アクリルロボット研究所
    第23回 ウォーキング・カー...歩く自動車編
  • ▼ロボコンマガジン掲載ロボット一覧
  • 日本を救う災害対応ロボットの現状と未来
    第7回 NEDOが推進する「インフラ維持管理・更新分野の社会課題対応システム開発プロジェクト」
  • おれたちロボ部!
    第14回 奈良工業高等専門学校 奈良高専ロボコンプロジェクト
  • ロボコンOB・OGの履歴書
    第4回 西嶋 駿さん(かわさきロボット競技大会)
  • ロボットホビー最前線
    「組み換え出動!ポッドメカセット」登場!
  • BOOK REVIEW
    『ロデリック(または若き機械の教育)』
    『触楽入門 はじめて世界に触れるときのように』
  • 全日本中学校技術・家庭科研究会 第16回全国中学生創造ものづくり教育フェア 創造アイディアロボットコンテスト全国大会
  • 第2回のとロボット競技輪島大会/第2回わじまJrロボット競技大会
  • 大河原杯メカバトルトーナメント in メカデザイナーズサミット2015
  • 仏Parrot、超軽量で25分間連続飛行可能な新型ドローン「Bebop2」を発表
  • 攻殻機動隊REALIZE PROJECT the AWARD開催
  • Robotics×Future2016
  • 並木精密宝石と岐阜大学が、多自由度で大把持力50kgf以上を両立する多指ハンドを開発
  • G7関係各国のロボットが大集合!「つくばロボットフェスタ」開催
  • 関西ロボット情報局
  • ロボットがあるけん、福岡タイ!
  • 新製品情報
  • NEWS FLASH
  • 新刊案内
  • イベント情報
  • 読者プレゼント/ロボマガ編集部からのお知らせ
  • 編集後記




◆本誌記事に関するお問い合わせは、左のサイトマップより「ご意見・お問い合わせ」のページからお願いいたします。

◆本誌への広告掲載についてのお問い合わせは、オーム社広告部(TEL 03-3233-0531)で承ります。

◆定期購読のお申し込みは、オーム社直販サービス課(TEL 03-3233-0536)で承ります。



■読者懸賞プレゼントのお知らせ
本誌とじ込みの「愛読者ハガキ」のアンケートにお答えいただいた方の中から抽選で当たります。2016年6月15日までの消印有効です。詳しくは113ページをご覧ください。

→Web応募ページはこちらから



本誌に掲載する著作物の複製権・翻訳権・上映権・譲渡権・公衆送信権(送信可能化権を含む)は株式会社オーム社が保有します。
本誌に掲載されている会社名、および製品名は、一般に各社の登録商標または商標です。




ROBOCON Magazine 2016年3月号
■定価:1,080円(本体1,000円+税)
■判型:A4変形判 128頁
■発売日:2016年2月15日
■雑誌:09761

ご購入は、こちらからどうぞ。
定期購読のお申し込みは、こちらからお願い致します。

表紙のロボット:DMM.make ROBOTSが監修し、ロボットゆうえんちが開発した卓上ロボットアイドル「プリメイドAI」
写真撮影:其田益成
表紙・目次デザイン:岩郷重力+WONDER WORKZ。

受付は終了いたしました。たくさんのご応募、ありがとうございました!

お詫びと訂正
■本誌26頁(第36回全日本マイクロマウス大会)に記載の著者名に誤りがありました。
正しくは、下記のとおりです。
  (誤)編集部
  (正)三月兎
関係各方々に大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫びいたしますとともに、ここに訂正いたします。
人工知能が加速させる ロボットの進化
  • ディープラーニングが加速させる、IoT・自動化の深化 Preferred Networks
  • 音声技術(音声合成)で拓く21世紀の文化 エーアイ
  • 世界一のモーションプランニング技術で製造業と物流業の未来を変える MUJIN
  • 人工知能でロボットがあなたの好みを理解する UBIC
2015-2016ロボットコンテストまとめ
  • アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2015
  • 優勝&大賞のW受賞! 奈良高専「大和」
  • 第36回全日本マイクロマウス大会
  • 第27回全日本ロボット相撲全国大会
  • 第2回トマトロボット競技会
  • 第24回全国専門学校ロボット競技会
  • ジャパンマイコンカーラリー2016全国大会
  • 第9回きのくにロボットフェスティバル
  • 第3回ロボ剣
新学期からチャレンジ! ロボットスクール
  • ロボット製作で科学を学ぶ教室 ロボット科学教育Crefus
  • 作りたくなる。学びたくなる。夢中になる。 ロボットプログラミング教室 WAO!LAB(ワオラボ)
  • 感動と驚きで子どもたちを理科好きに! プライマリーコース(未就学児)新設! ヒューマンアカデミーロボット教室
  • 2015国際ロボット展
  • インターナショナルロボットハイスクール2015
  • 吸引力に自信、日本国内市場で掃除力を磨く「Dyson 360 Eye」
  • つくばチャレンジ2015完走!「MercuryMega(SICK-Laser Model)」の秘密に迫る
  • ドローンの未来と現状 
  • ロボコントップランナーに聞く オススメ工具ガイド
    第1回 かわさきロボット競技大会
  • しくみがわかる!マナブとハジメの工作教室
    第1回 ロボットを動かすエネルギー
  • DIYレスキューロボットのすすめ―遠隔操作型調査ロボットの技術を作りながら学ぶ―
    第1回 レスキューロボットに必要な技術
  • LEGO MIDSTORMSであそぼう!
    第24回 4モーターの車
  • アクリルロボット研究所
    第22回 ロボクラフトを赤外線リモコンに改造・その2...ボクシングファイター編
    ▼ロボコンマガジン掲載ロボット一覧
  • 日本を救う災害対応ロボットの現状と未来
    第6回 福島第一原子力発電所の上部階の除染が可能な専用装置(ロボット)が完成!
  • ロボコンOB・OGの履歴書
    第3回 武井 祐介さん(サンデンまえばしロボコン)
  • ロボットホビー最前線
    ド迫力のバトル!「ブラストファイター」新登場!!
  • BOOK REVIEW
    『すごい家電 いちばん身近な最先端技術』
    『物を作って生きるには 23人のMaker Proが語る仕事と生活』
  • 次世代のハードウェアがここに集結!「GUGEN 2015」
  • アクセンチュアが横浜市とともに「STEM人材育成」授業を実施
  • 第2回ウェアラブルEXPO
  • 早稲田大学 次世代ロボット研究機構 キックオフシンポジウム
  • GROUND(株)事業戦略・業務提携に関する記者会見
  • 関西ロボット情報局
  • ロボットがあるけん、福岡タイ!
  • 新製品情報
  • 新刊案内
  • イベント情報
  • 読者プレゼント/ロボマガ編集部からのお知らせ
  • 編集後記


◆本誌記事に関するお問い合わせは、左のサイトマップより「ご意見・お問い合わせ」のページからお願いいたします。
◆本誌への広告掲載についてのお問い合わせは、オーム社広告部(TEL 03-3233-0531)で承ります。
◆定期購読のお申し込みは、オーム社直販サービス課(TEL 03-3233-0536)で承ります。


■読者懸賞プレゼントのお知らせ
本誌とじ込みの「愛読者ハガキ」のアンケートにお答えいただいた方の中から抽選で当たります。2016年4月15日までの消印有効です。詳しくは109ページをご覧ください。
→Web応募ページはこちらから


本誌に掲載する著作物の複製権・翻訳権・上映権・譲渡権・公衆送信権(送信可能化権を含む)は株式会社オーム社が保有します。
本誌に掲載されている会社名、および製品名は、一般に各社の登録商標または商標です。



ROBOCON Magazine 2016年1月号
■定価:1,080円(本体1,000円+税)
■判型:A4変形判 130頁
■発売日:2015年12月15日
■雑誌09761

ご購入は、こちらからどうぞ。
定期購読のお申し込みは、こちらからお願い致します。

表紙のロボット:安川電機本社、ロボット工場内にある"ロボットをつくるロボット"
写真提供:株式会社安川電機
表紙・目次デザイン:岩郷重力+WONDER WORKZ。

受付は終了いたしました。たくさんのご応募、ありがとうございました!
産業用ロボット最前線
  • 100周年を機に、本社に「ロボット村」が誕生! 世界各地で地産地消型を目指す
    〜安川電機〜
  • 国内で初めて産業用ロボットの生産を開始! 人間と協働する、使いやすいロボットを
    〜川崎重工業〜
  • Industrie4.0の台風の目! ドイツのトップメーカーが目指す、人とロボットの共存
    〜KUKA〜
日本で進む 災害対応ロボットの競技会
  • 日本で開催されている災害対応ロボットの競技会について
  • 日本で進む 災害対応ロボットの競技会1 ジャパン・バーチャル・ロボティクス・チャレンジ(JVRC)
  • 日本で進む 災害対応ロボットの競技会2 ロボカップレスキュー実機リーグ(ジャパンオープン)
  • 日本で進む 災害対応ロボットの競技会3 レスキューロボットコンテスト
  • 災害対応ロボットの競技会を見に行こう
  • iRobot社、ビジュアルSLAMを行う「ルンバ980」を発売
    システムナビゲーションと統計的動きの組み合わせでロボット掃除機の頂点へ
  • 早稲田大学・三菱重工業 垂直はしごを昇降できる四肢ロボットを開発
    災害時の極限環境下等での活用を目指す
  • HRP-4Cを1/3.5スケールで実現した驚異のロボットに学ぶ
    構造美と機能を両立させるテクニック
  • bCoreではじめるボクのロボット 実践編
  • 機構学でグングン進化!ロボット製作
    アルミフラットレバーで作るレグ系直立歩行ロボット 最終回
  • ワイヤレスの世界から始まる新たなモノづくりへの提案
    最終回 家庭内の電力の見える化(その4)とウエアラブルセンサー
  • LEGO MIDSTORMSであそぼう!
    第23回 重心の低い二足歩行ロボット
  • 中学生からはじめる!オリジナルロボットを作ろう
    最終回 ツクル幸せ、ハジメる楽しさ
  • アクリルロボット研究所
    第21回 ロボクラフトを赤外線リモコンに改造・その1...インセクト、カブト、クワガタ編
    ▼ロボコンマガジン掲載ロボット一覧
  • 日本を救う災害対応ロボットの現状と未来
    第5回 世界初! 産学官連携で開発を進める ユニークなワーム型の災害対応ロボット
  • おれたちロボ部!
    第13回 芝浦工業大学SRDC
  • ロボットホビー最前線
    「ユナイトウォリアーズ」にデバスターが新登場!
  • Book Review
    『これができればノーベル賞』/『世界一ときめく質問、宇宙一優しい答え 世界の第一人者は子どもの質問にこう答える』
  • ROBO-ONEテクニカルレポート 27th ROBO-ONE&11th ROBO-ONE Light
  • World Robot Olympiad 第12回WRO Japan決勝大会
  • つくばチャレンジ2015
  • ETロボコン2015 チャンピオンシップ大会
  • 第23回全国高等学校ロボット競技大会
  • DMM.make ROBOTS、"卓上ロボットアイドル"『プリメイドAI』の予約販売を開始
  • CEATEC2015
  • 第42回国際福祉機器展 H.C.R.2015
  • 次世代のデジタルコンテンツが集結!「デジタルコンテンツEXPO2015」
  • 第44回東京モーターショー2015
  • TOKYO DESIGN WEEK 2015
  • UBICとヴイストン、好みや感覚を理解する生活密着型ロボット「Kibiro」を開発
  • 関西ロボット情報局
  • ロボットがあるけん、福岡タイ!
  • 新製品情報
  • TOPICS
  • イベント情報
  • 新刊案内
  • 読者プレゼント/ロボマガ編集部からのお知らせ
  • 編集後記


◆本誌記事に関するお問い合わせは、左のサイトマップより「ご意見・お問い合わせ」のページからお願いいたします。
◆本誌への広告掲載についてのお問い合わせは、オーム社広告部(TEL 03-3233-0531)で承ります。
◆定期購読のお申し込みは、オーム社直販サービス課(TEL 03-3233-0536)で承ります。


■読者懸賞プレゼントのお知らせ
本誌とじ込みの「愛読者ハガキ」のアンケートにお答えいただいた方の中から抽選で当たります。2016年2月15日までの消印有効です。詳しくは113ページをご覧ください。
→Web応募ページはこちらから


本誌に掲載する著作物の複製権・翻訳権・上映権・譲渡権・公衆送信権(送信可能化権を含む)は株式会社オーム社が保有します。
本誌に掲載されている会社名、および製品名は、一般に各社の登録商標または商標です。
2015_11.png


ROBOCON Magazine 2015年11月号
■定価:1,080円(本体1,000円+税)
■判型:A4変形判 130頁
■発売日:2015年10月15日
■雑誌09761

ご購入は、こちらからどうぞ。
定期購読のお申し込みは、こちらからお願い致します。

表紙のロボット:RoboCup2015合肥(Hefei)世界大会のヒューマノイドリーグ・Kidsサイズで優勝した「CIT Brains」のロボット
撮影協力:「CIT Brains」(千葉工業大学)
表紙撮影:其田益成
表紙・目次デザイン:岩郷重力+WONDER WORKZ。

受付は終了いたしました。たくさんのご応募、ありがとうございました!

go_dl.gif
下記の目次のgo_dl_s.gifマークをクリックすると、ロボマガダウンロードサービスのコーナーにジャンプしますので、→ [Download] のリンクをクリックするとダウンロードが開始されます。
お詫びと訂正
■本誌79頁1段目24行目以降「ロボットバトルゲーム」の項にて、エントリークラス優勝者のお名前に誤りがありました。
正しくは、下記のとおりです。
  (誤)製作者は、山田光君
  (正)製作者は、三田光君
関係各方々に大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫びいたしますとともに、ここに訂正いたします。


世界で進む 災害対応ロボットの競技会
  • 災害対応をテーマとしたロボットの競技会を俯瞰する
  • DARPA ROBOTICS CHALLENGEから学ぶ 今後の災害対応ロボット開発について
  • 世界で進む災害対応ロボットの競技会1-1 ロボカップレスキュー ロボットリーグ
  • 世界で進む災害対応ロボットの競技会1-2 ロボカップレスキュー シミュレーションリーグ
  • 世界で進む災害対応ロボットの競技会2 ARGOS Challenge
  • 世界で進む災害対応ロボットの競技会3 euRathlon
  • 災害対応ロボットの競技会にどう取り組むか
特集2 ロボコン参加者のための工具ガイド
  • あなたの工具を見せてください!No.1
    CIT Brains:ロボカップヒューマノイドリーグ Kidsサイズ部門、Adultサイズ部門
  • あなたの工具を見せてください!No.2
    大工大エンジュニア:レスキューロボットコンテスト
  • あなたの工具を見せてください!No.3
    長野県駒ケ根工業高等学校ロボット研究製作部マイコンカー班:ルネサスマイコンカーラリー競技会・全国高校マイコンカーラリー大会
  • おすすめの工具は何ですか? 秋月電子通商さんに訊いてみました!
  • 直前特集!2015国際ロボット展
  • ロボカップ2015合肥世界大会レポート
  • RoboCup2015Hefei(中国)にてリーグ2連覇!
    千葉工業大学「CIT Brains」の強さの秘密とは?
  • IDCロボットコンテスト大学国際交流大会
  • 第9回日本工業大学マイクロロボットコンテスト高校生大会
  • モノづくりの祭典、再び! Maker Faire Tokyo2015
  • Maker Media,Inc. デール・ダハディ―氏インタビュー
  • bCoreではじめるボクのロボット
  • 機構学でグングン進化!ロボット製作
    アルミフラットレバーで作るレグ系直立歩行ロボット 第2回
  • ワイヤレスの世界から始まる新たなモノづくりへの提案
    第5回 家庭内の電力の見える化(その3)
  • カメ型ロボで自律ロボット競技に挑戦してみようgo_dl_s.gif
    最終回
  • トイラジコンではじめるロボット制御入門 後編
  • LEGO MINDSTORMSであそぼう!
    第22回 織機
  • 中学生からはじめる! オリジナルロボットを作ろう
    第87回 カラクリ大好き!〜カラクリ・自動ドア〜
  • アクリルロボット研究所
    第20回 この夏、私がかかわったロボットイベント
     ▼ロボコンマガジン掲載ロボット一覧
  • 日本を救う災害対応ロボットの現状と未来
    第4回 福島第一原子力発電所2号機に満を持して投入! 東芝の原子炉格納容器内部調査ロボット開発担当者に訊く
  • Cubeくんと行く!超小型衛星の未来
    最終回 「ほどよし」1号/2号の成果と超小型衛星の未来
  • ロボコンOB・OGの履歴書
    第2回 林田 敦さん(ETロボコン)
  • ロボットホビー最前線
    『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』HGシリーズで新発売!!
  • ロボマガ映画館
    『サイボーグ009 VS デビルマン』
  • BOOK REVIEW
    『生まれながらのサイボーグ』
  • 第5回ヒューマンアカデミー ロボット教室全国大会
  • inrevium杯第15回レスキューロボットコンテスト
  • 第22回かわさきロボット競技大会
  • 水中ロボコン in JAMSTEC'15
  • 姫路ロボ・チャレンジ「第20回大会2015年初秋の陣」
  • 2015年度ルネサスマイコンカーラリー競技会&技術交流会
  • サンデンまえばしロボコン2015
  • HSRハッカソン2015 in MEGA WEB
  • フランスのロボット関連展示会 Innorobo2015
  • ワクドキロボットパーク in MEGA WEB
  • DMM.make ROBOTS「Palmi」デベロッパー向け開発環境発表会
  • 関西ロボット情報局
  • ロボットがあるけん、福岡タイ!
  • 新製品情報
  • イベント情報
  • 新刊案内
  • 読者プレゼント/ロボマガ編集部からのお知らせ
  • 編集後記


ロボマガダウンロードサービス


『カメ型ロボで自律ロボット競技に挑戦してみよう』

『カメ型ロボで自律ロボット競技に挑戦してみよう』で紹介しているサンプルプログラムです。

データ:kamerobo4.zip → [Download]
データ:filter.zip → [Download]


[免責事項]
これらのファイルの著作権は、オープンソースのプログラムを除き、著作者に帰属します。本ファイルを利用したことによる直接あるいは間接的な損害に関して、著作者およびオーム社はいっさいの責任は負いかねます。利用は利用者個人の責任で行ってください。

◆本誌記事に関するお問い合わせは、左のサイトマップより「ご意見・お問い合わせ」のページからお願いいたします。
◆本誌への広告掲載についてのお問い合わせは、オーム社広告部(TEL 03-3233-0531)で承ります。
◆定期購読のお申し込みは、オーム社直販サービス課(TEL 03-3233-0536)で承ります。


■読者懸賞プレゼントのお知らせ
本誌とじ込みの「愛読者ハガキ」のアンケートにお答えいただいた方の中から抽選で当たります。2015年12月15日までの消印有効です。詳しくは113ページをご覧ください。
→Web応募ページはこちらから


本誌に掲載する著作物の複製権・翻訳権・上映権・譲渡権・公衆送信権(送信可能化権を含む)は株式会社オーム社が保有します。
本誌に掲載されている会社名、および製品名は、一般に各社の登録商標または商標です。

2015_09.png


ROBOCON Magazine 2015年9月号
■定価:1,080円(本体1,000円+税)
■判型:A4変形判 128頁
■発売日:2015年8月11日
■雑誌09761

ご購入は、こちらからどうぞ。
定期購読のお申し込みは、こちらからお願い致します。

表紙のロボット:空気圧駆動の手術支援ロボット「IBIS」
撮影協力:東京医科歯科大学 川嶋研究室
表紙撮影:其田益成
表紙・目次デザイン:岩郷重力+WONDER WORKZ。

受付は終了いたしました。たくさんのご応募、ありがとうございました!

go_dl.gif
下記の目次のgo_dl_s.gifマークをクリックすると、ロボマガダウンロードサービスのコーナーにジャンプしますので、→ [Download] のリンクをクリックするとダウンロードが開始されます。
お詫びと訂正
■本誌86頁「カメ型ロボで自律ロボット競技に挑戦してみよう 第四回」の記事内の「図1 制御システム」におきまして、図内に記載されているデータに一部誤りがありました。
正しくは、下記のとおりです。
 (誤)mosi(P6) miso(P5)
 (正)mosi(P5) miso(P6)
関係各方々に大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫びいたしますとともに、ここに訂正いたします。

医療に役立つ手術ロボットシステムを大解剖!
  • 特集概要
  • da Vinci基本の基本
  • da Vinci手術のトップ・ランナー、東京医科大学に訊く!
  • 国内の研究事例1 東京工業大学 只野研究室・東京医科歯科大学 川嶋研究室
  • 国内の研究事例2 東京大学 光石・杉田研究室
  • 手術支援ロボットの今後の展開
DARPA ROBOTICS CHALLENGE FINALS 2015
  • DRCのコース設定とルール
     車両の運転、バルブ締め...ロボットたちが行ったミッションをすべて解説
  • 出場チーム各機体の説明
     HUBO、ATLAS、Jaxon...特色のある参加ロボットをチェック
  • NHK学生ロボコン2015
    〜ABUアジア・太平洋ロボコン代表選考会〜
  • 第27回知能ロボットコンテスト2015
  • Doog、行楽施設用モビリティ「モビリス」を実証実験
    ベンチ型で横並び可能。幅広い世代が思い出を共有できる
  • 東京おもちゃショー2015
  • 機構学でグングン進化!ロボット製作
    アルミフラットレバーで作るレグ系直立歩行ロボット 第1回
  • ワイヤレスの世界から始まる新たなモノづくりへの提案
    第4回 家庭内の電力の見える化(その2)
  • カメ型ロボで自律ロボット競技に挑戦してみようgo_dl_s.gif
    第3回
  • トイラジコンではじめるロボット制御入門 前編
  • LEGO MINDSTORMSであそぼう!
    第21回 電子オルゴール
  • 中学生からはじめる! オリジナルロボットを作ろう
    第86回 カラクリ大好き!〜カラクリ・天体模型〜
  • アクリルロボット研究所
    第19回 ロボクラフト改造・スピードコントロール付歩行テントウムシ
  • おれたちロボ部!
    第12回 FIRST FUJISAN/FIRST FUJISAN Jr./Climbers
  • 日本を救う災害対応ロボットの現状と未来
    第3回 原子力発電所の除染作業を支援する「アトックス」の技術開発センターを探訪
  • Cubeくんと行く!超小型衛星の未来
    第23回 「ほどよし」3号・4号の成果に迫る
  • ロボコンOB・OGの履歴書
    第1回 ETロボコン 西村里沙さん
  • ロボットホビー最前線
    限定販売で新登場! 千値練の「ULTRAMAN」!!
  • ロボマガ映画館
    『ターミネーター:新機動/ジェネシス』
  • マンガ ワザモノ探訪
    最終回 株式会社エンルート 代表取締役 伊豆智幸さん
  • BOOK REVIEW
    『人工知能 人類最悪にして最後の発明』
  • 第16回KONDO BATTLE
  • 第15回レスキューロボットコンテスト東京予選
  • 第1回国際ドローン展
  • 日本ものづくりワールド2015「第26回設計・製造ソリューション展(DMS)」
  • ラーニングテクノロジー2015
  • Japan Drone2016特別講演会&開催説明会
  • ソフトバンクのPepper、一般発売へ
  • Parrot社 第2世代Mini Drone記者発表会
  • DMM.make ROBOTS×Tech Kids School「DMMキッズソン」開催
  • 信州大学 先鋭領域融合研究群「歩行アシストサイボーグプロジェクト」キックオフシンポジウム
  • 株式会社テレノイド計画、「テレノイドTM」の事業化を発表
  • 機動戦士ガンダム展、六本木ヒルズにて開催
  • 関西ロボット情報局
  • ロボットがあるけん、福岡タイ!
  • 新製品情報
  • イベント情報
  • 新刊案内/ロボマガ編集部からのお知らせ
  • 読者プレゼント
  • 編集後記


ロボマガダウンロードサービス


『カメ型ロボで自律ロボット競技に挑戦してみよう』

『カメ型ロボで自律ロボット競技に挑戦してみよう』で紹介しているサンプルプログラムです。

データ:Kamerobo3.zip → [Download]


[免責事項]
これらのファイルの著作権は、オープンソースのプログラムを除き、著作者に帰属します。本ファイルを利用したことによる直接あるいは間接的な損害に関して、著作者およびオーム社はいっさいの責任は負いかねます。利用は利用者個人の責任で行ってください。

◆本誌記事に関するお問い合わせは、左のサイトマップより「ご意見・お問い合わせ」のページからお願いいたします。
◆本誌への広告掲載についてのお問い合わせは、オーム社広告部(TEL 03-3233-0531)で承ります。
◆定期購読のお申し込みは、オーム社直販サービス課(TEL 03-3233-0536)で承ります。


本誌に掲載する著作物の複製権・翻訳権・上映権・譲渡権・公衆送信権(送信可能化権を含む)は株式会社オーム社が保有します。
本誌に掲載されている会社名、および製品名は、一般に各社の登録商標または商標です。

三和電気計器

ツクモROBOT王国

ヴイストンロボットセンター

秋月電子通商

近藤科学

Robotma.com

双葉電子工業

ロボット検定

国際ロボット展

リバスト

タマディック

アフレル

 

ヒューマンアカデミー
ロボットカレッジはこちら!

ヒューマンアカデミーロボットカレッジ

関連書籍新刊

アクリルロボット工作ガイド
アクリルロボット復刻!工作のアイデアが満載の一冊
ロボット考学と人間
─未来のためのロボット工学─

ロボットづくり、ものづくりの神髄はここに!
新しい機械の教科書 第2版
これからもの作りをはじめる人のための「機械の教科書」決定版
MATLAB/Simulinkによるモデルベースデザイン入門
数値解析ソフトのデファクト「MATLAB/Simulink」によるモデルベースデザイン入門書!
タミヤ工作パーツで作る しくみがわかるロボット工作教室
手軽にチャレンジ!簡単ロボット工作
PICではじめる! RCサーボロボット製作入門
複数のRCサーボの制御でユニークなロボットたちを動かそう!
災害とロボット ―大震災から見えてきたロボットのあり方―
3.11以降、日本の災害対応ロボットに求められたものとは
ARプログラミング ―Processingでつくる拡張現実感のレシピ―
ARで実世界をコントロール!
ロボコン部品ガイドブック
自作ロボットユーザーのための、部品の選び方、使い方ガイド
人工衛星をつくる
―設計から打ち上げまで―

次世代のはやぶさを作りたい人に贈る!人工衛星製作の解説本!
ロボットテクノロジー
最新のロボット技術を一望できる!
アンドロイドを造る
アンドロイドの構造を大公開!
モジュール化で理解する
電子工作の基本ワザ

「モジュール化」というマイコンの新しい楽しみ方を提案