本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

XHTML時代のWebデザインバイブル

XHTML時代のWebデザインバイブル

XHTMLに基づいたサイトデザインを体系的に解説

W3Cワーキンググループメンバーである著者が、XHTMLに基づいたサイトデザイン手法を体系的に解説。アクセシビリティやユーザビリティといった設計思想、色やフォントの決め方やイメージの使い方など、サイト制作に必要な知識を網羅している。
■Part1 XHTMLの基礎
第1章 XHTMLと互換性
1.1 はじめに
1.2 プラットフォーム、バージョン、およびテクノロジーの拡張
1.3 プラットフォームを問わない互換性
第2章 ブラウザ
2.1 ブラウザの歴史
2.2 現在のブラウザ事情
2.3 ブラウザ戦争
2.4 ブラウザの発展
2.5 ブラウザの発展とユーザーへの影響
2.6 今使われているブラウザ
第3章 XHTML文書の作成
3.1 エディタの選択
3.2 最初にすべきこと
3.3 本文(body要素)の役割
第4章 テキストと画像
4.1 リンクの設定
4.2 ブロック要素
4.3 テキスト表示の修正
4.4 特殊な文字実体
4.5 画像の処理
第5章 テーブルの作成
5.1 テーブルとは
5.2 テーブルの基本的な作成方法
5.3 テーブルの形式
5.4 行と列のグループ化
第6章 フレーム
6.1 フレーム機能
第7章 スタイルシート
7.1 正確なるデザインとは
7.2 スタイルシート言語の選択
7.3 スタイルの適用
7.4 スタイルシートのリソースオンライン
第8章 フォーム
8.1 サイト内のフォーム
8.2 フォームの準備
8.3 フォームの送信
8.4 フォームの組み立て
8.5 フォームのフィールド調整
8.6 データの処理
■Part2 Webサイトのデザインプロセス
第9章 サイト内のナビゲーション
9.1 Webサイト作成前のプランニング
9.2 ナビゲーションメニュー
9.3 イメージマップ
第10章 検索エンジン
10.1 検索エンジンとは
10.2 検索エンジンとインデックス
10.3 Yahoo!
10.4 Google
10.5 その他の主な検索エンジン
第11章 XHTMLの検証
11.1 妥当性が求められる理由
11.2 妥当性を検証するには
11.3 検証ツールのエラーレポートの見方
第12章 訪問者への配慮
12.1 訪問者に配慮する理由
12.2 パーソナル化
12.3 クッキーの効果的な使用方法
12.4 プライバシーに関する問題
第13章 Webサイトデザインのプランニング
13.1 最初に確認する事柄   13.2 何を伝えたいのか
13.3 ルック&フィールの確立
13.4 デザインに関する制約事項の明確化
13.5 既存の素材の収集
13.6 素材の選別
13.7 最後に確認する事柄
13.8 プランニング作業の流れ(ケーススタディ)
第14章 効果的な視覚表現
14.1 秘術的な原則
14.2 画像とテキスト
14.3 段組み
14.4 デザイン作業の流れ(ケーススタディ)
第15章 フォントの設定
15.1 タイプフェイスに関する基礎知識
15.2 デフォルトのフォント
15.3 XHTMLによるフォントの設定
第16章 Webにおける色の使用
16.1 色の原則
16.2 Webデザインにおける色の使用方法
16.3 色とコンピュータ
第17章 洗練されたグラフィックスの作成
17.1 デジタル画像の基礎知識
17.2 洗練された画像の作成
17.3 専用ツール
17.4 グラフィックスを作成せずに済ませる方法
第18章 Web上のマルチメディア
18.1 Macromedia Shockwave
18.2 JavaScriptによるアニメーション
18.3 音声と映像
第19章 Webサイトによるビジネス
19.1 オンラインで取引を成功させるコツ
19.2 Webサーバのセキュリティに関する基礎知識"
19.3 商取引とインターネットセキュリティ
19.4 税金に関する問題
19.5 「特定商取引に関する法律」について
第20章 アクセシビリティの問題
20.1 Webアクセシビリティイニシアチブ(WAI)
20.2 米国障害者法
■Part3 前進するXHTML
第21章 XHTML 1.1とXHTMLモジュール化の推進
21.1 XHML 1.1の構造
21.2 XHTMLモジュール化仕様(XHTML 1.1をサポートするフレームワーク)
第22章 XHTMLモジュールの作成
22.1 DTDの見方
22.2 独自要素の定義
APPENDIX A XHTML抽象モジュール定義
APPENDIX B XHTML要素と属性クイックリファレンス
APPENDIX C カラーセクション

ここでは、本書で解説されているサンプルプログラムを、圧縮ファイル(lzh形式)で提供しています(XHTMLsample.lzh;約2.17MB)。圧縮ファイルをディレクトリ付き解凍してご利用ください。

本ファイルを利用したことによる直接あるいは間接的な損害に関して、著者、監訳者およびオーム社はいっさいの責任を負いかねます。利用は利用者個人の責任において行ってください。