本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

新世代工学シリーズ データベース

新世代工学シリーズ データベース

基礎から応用までを図解を用いてわかりやすく解説

 新世代工学シリーズは、セメスタ制に対応した構成で、図解を用いて基本的なポイントをわかりやすく解説する、新しいタイプの電気・電子・情報・システム工学系の教科書シリーズである。
 本書は、コンピュータによる情報処理技術の一つであるデータベースについてまとめている。データベースの基礎にはじまり、関係型・オブジェクト指向型といった各種データベースについての概念を理解することに重点をおきつつ、WWWとデータベースとの関連といったの最新の応用技術についても、具体例を用いてわかりやすく解説している。
1章 データベースを理解する
1.1 データベースはどう役に立つか
1.2 データベースシステムとは何か
1.3 データベース構造をどのように記述するのか
1.4 データベースシステムのしくみはどのようになっているか
2章 関係型データベースを勉強する
2.1 関係型データベースとは何か
2.2 関係型データベースを作ってみる
2.3 関係型データベースを使ってみる
2.4 関係型データベースの構造を理解する
3章 SQLで関係型データベースを操作する
3.1 単な検索をおこなう
3.2 雑な検索をおこなう
3.3 データの登録と更新,削除をおこなう
3.4 プログラムからSQLを使う
4章 オブジェクト指向概念を理解する
4.1 オブジェクトとは何だろう?
4.2 オブジェクト指向の考え方を分析する
5章 オブジェクト指向データベースとは何だろう?
5.1 オブジェクト指向データモデルを整理してみよう
5.2 OODBMSの機能的特徴を知ろう
5.3 OODBMS向きの応用分野は何だろう
6章 知識処理とデータベースを考えよう
6.1 知識処理とは何だろう
6.2 知識処理の方法を理解しよう
6.3 知識処理とデータベースの関連を考えよう
7章 知識データベースを理解しよう
7.1 述語論理でデータベースを考える
7.2 Datalog言語を理解する
7.3 Datalogを拡張しよう
8章 Webとデータベースの関連とは
8.1 Webサーバーとデータベースはどう繋がれる
8.2 Webデータモデルを知ろう
8.3 Web情報システムの連携を考えよう