本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

薬効力 ―72の分子標的と薬の作用―

薬効力 ―72の分子標的と薬の作用―

目では見えない「くすり」の秘めた働きがわかる!

病気やその症状の解明が進み新薬が日々生み出されています。医療に携わる医師や薬剤師は、新しい薬に対する知識が常に求められています。本書は、薬がどのような仕組みで効くのかを病気別にできるだけ新しい薬を中心に解説しました。
 さらに、くすりにまつわる基礎的知識や最新の話題も掲載していますので、薬剤師や薬学部の学生、医師や看護師にも有効な書籍となっています。
第1部 72の分子標的と薬の作用
痛みを和らげる
・熱も痛みも大丈夫/さようなら片頭痛/神経障害性疼痛なら任せて/がん疼痛を抑える
炎症・アレルギーを抑える
・胃腸障害のない抗炎症薬/生物学的製剤・TNF α阻害薬が関節破壊をストップ/日本発のIL-6阻害薬は産学協同研究から誕生/臓器移植の救世主/免疫治療の切り札/眠気の副作用は改善されている/喘息・鼻炎の予防に
侵入微生物と戦う
・ウイルス粒子の放出を断つ/不治の病ではない/水疱を治す/抗生物質の覇者/呼吸器系感染症治療薬に進化/選択毒性の切り札による真菌感染症治療/表在性真菌症から深在性真菌症へ
生活習慣病を治す
・中性脂肪を減らす/血中コレステロールを減らす/小腸で食物からのコレステロールの吸収を阻害/ナトリウムや水分を排泄させて血圧低下/血管内へのカルシウムイオンの流入を抑え、血管を拡張し血圧低下/標的はRAA系の最上流/ヘビ毒からの発見、血圧上昇ホルモンの産生を抑制/血圧上昇ホルモンの作用を抑えて血圧低下/水分貯留ホルモンの作用を抑えて血圧低下/血糖を調節する主役/食後過血糖を防ぐ/肝臓での糖新生を抑える/糖・脂質代謝のキーマン脂肪細胞に働く/腸管ペプチドホルモンは血糖調節メッセンジャー/血糖調節ホルモンを生き返らせる/糖の腸からの吸収を下げる
血の巡りを正常に
・脳梗塞の再発予防に「血小板よ、静かにしていなさい!」/50年ぶりの新薬/イオンチャネルを遮断し、心臓の活動電位を正常に/腎性貧血患者に赤血球造血刺激因子製剤を補充
胃腸を健やかに
・胃酸の分泌をブロック/強力に胃酸分泌を抑制/男性限定、腸の不調を治療
呼吸をスムーズに
・茶葉から発見された気管支拡張薬/筋肉を弛緩して気管支を拡張/喘息の引金を絶つ
視力を守る
・植物アルカロイド由来の緑内障治療薬/強力な眼圧低下作用を示す/血管新生抑制で加齢黄斑変性症を治す
老化を改善する
・膀胱収縮を抑えて過活動膀胱症を治す/膀胱を弛緩させて過活動膀胱症を治す/尿道を緩めて排尿をしやすく/男性ホルモンの活性化を抑えて前立腺肥大を治療/閉経後の骨を守る/腸管からのカルシウム吸収を強化する/骨吸収を抑える/骨形成を促進し、骨折予防効果/神経伝達物質アセチルコリン- エステラーゼをブロック、神経機能を賦活/神経伝達物質・グルタミン酸の活動を遮断し、脳活動の異常を軽減
内乱細胞を鎮める
・固型がんを兵糧攻めにする!?/HERの怒りを抑えつける/造血器腫瘍の目印めがけて攻め込む!/廃棄物処理施設を攻撃する/小さな小さな染色体22 番の不思議に迫る/毛細血管に満ち満ちたがん組織を多方面から攻撃する/女性ホルモン作用を阻止して乳がんを抑える/女性ホルモンの合成を阻止して乳がんを抑える/男性ホルモン作用を阻止して前立腺がんを抑える/ホルモン分泌を抑制して前立腺がん・乳がんを抑える/抗がん薬による血液障害を治療する
心を癒す
・神経シナプス間隙のセロトニン濃度を上げてうつを改善/短時間で効果が発現される抗うつ薬/不安や緊張を取り除く/ドパミン作用を調整し気持ちを穏やかにする
第2部 くすりアラカルト
1.タンパク質の基礎知識
2.遺伝子の基礎知識
3.薬物受容体
4.創薬技術―「経験・勘」から「理論的アプローチ」へ
5.薬物スクリーニング―ランダムからキャッチボール型まで
6.臨床試験(治験)―創薬の最終コーナー
7.剤型開発・DDSからの創薬
8.華ひらく抗体医薬
9.医療技術の革新と薬―臓器移植を実用化した免疫抑制剤
10.薬の生体内運命―ADME
11.妊婦とくすり
12.副作用とは?
13.時間薬理学
14.薬物耐性―耐性菌と耐性がん細胞
15.個別化医療―患者一人ひとりに合わせた薬・医療
16.オーファンドラッグ
17.スイッチOTC薬
18.医療用添付文書―製薬企業から発行の基本的な医薬品情報
19.患者を守る担当薬剤師とお薬手帳
20.医薬品情報―インターネットで調べる
薬物名一覧
1.一般名
2.販売名