本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

SAS Studioによるやさしい統計データ分析

SAS Studioによるやさしい統計データ分析

  • 著者高浪 洋平舟尾 暢男
  • 定価2,420円 (本体2,200円+税)
  • 判型A5
  • 176頁
  • ISBN978-4-274-21862-0
  • 発売日2016/03/19
  • 発行元オーム社

無償版SASソフトウェア SAS OnDemand for Academics/SAS University Edition を使って今すぐデータ分析ができる!

本書は、2015年6月に公開された統計解析ソフトウェアSASの無償版『SAS OnDemand for Academics/SAS University Edition』をセットアップ方法から紹介し、基本的な使い方の解説を行います。また、データ解析のうち「タスク」と呼ばれる機能に用意された手法について、解析方法と手法の概要、さらにグラフの作成方法について紹介します。これからSASを始める方のために、コンパクトにまとまった内容となっております。

試し読みをする
1章 SAS OnDemand for Academics/SAS University Edition のセットアップ
1.1 SAS OnDemand for Academics のセットアップと起動
1.2 SAS University Edition のセットアップと起動( Oracle VM VirtualBoxを使う場合)
1.3 SAS University Edition のセットアップと起動(VMware Playerを使う場合)
2章 SAS Studio とSAS プログラミングの基礎
2.1 SAS Studio によるSAS プログラムの作成・実行・保存
2.2 SAS データセットとSAS 変数
2.3 SAS ライブラリ
2.4 DATA ステップによるSAS データセットの作成
2.5 SAS 変数に関する基本的な処理
2.6 DATA ステップにおける基本的なテクニック
2.7 タスクによるデータセットの操作
3章 データ解析
3.1 データ[ToothGrowth]の読み込み
3.2 要約統計量の算出
3.3 ヒストグラム
3.4 2 標本t 検定
3.5 相関分析
3.6 線形回帰分析
3.7 2 値データの生成と分割表
3.8 ロジスティック回帰分析
3.9 プログラムコード作成による解析例:生存時間解析
3.10 その他
4章 グ ラ フ
4.1 データ[IRIS]の読み込み
4.2 棒グラフ
4.3 箱ひげ図
4.4 ヒストグラム
4.5 折れ線グラフ
4.6 円グラフ
4.7 散布図
4.8 バブルプロット
4.9 時系列プロット
4.10 スニペット機能を用いたグラフ作成
4.11 その他
5章 補 足
5.1 SAS OnDemand for Academics とSAS University Edition の比較
5.2 SAS データセットの結合
5.3 SAS マクロ
5.4 SQL プロシジャとクエリ
5.5 行列計算と数値積分

ここでは、2~5章で取り上げたSASプログラムファイルを、圧縮ファイル(zip形式)で提供しています。圧縮ファイル(978-4-274-21862-0.zip;約24KB)をダウンロードし、解凍(フォルダ付き)してご利用ください。

  • 本ファイルは、本書をお買い求めになった方のみご利用いただけます。本書をよくお読みのうえ、ご利用ください。また、本ファイルの著作権は、本書の著作者である、高浪洋平氏および舟尾暢男氏に帰属します。
  • 本ファイルを利用したことによる直接あるいは間接的な損害に関して、著作者およびオーム社はいっさいの責任を負いかねます。利用は利用者個人の責任において行ってください。また、ソフトウェアの動作・実行環境、操作についての質問には一切お答えすることはできません。

 

全角データ(日本語データ)を含むCSVファイルを読み込む際の対応について

「データのインポート」によって全角データ(日本語データ)を含むCSVファイルを読み込む際は、csvファイルをSAS Studioのsasuser.v94フォルダにアップロードいただいた後、以下の命令をプログラム画面に入力いただき(プログラム画面は、左側のツリーの「タスク」→「ユーティリティ」→「SASプログラム」で開くことができます)、実行ボタンをクリックして下さい。
以下の「xxx.csv」は実際のファイル名、「xxxxxxxxxx」はSAS Studio のユーザー名に変更して下さい。
※なお、日本語データを含むcsvファイルをMicrosoft Excel形式に変換し、「データのインポート」によってExcelファイルを読み込むことでも、問題なく日本語データを取り込むことが可能です。

■SAS OnDemand for Academicsの場合

            FILENAME REFFILE "/home/xxxxxxxxxx/sasuser.v94/xxx.csv" encoding='shift-JIS' ;
            PROC IMPORT DATAFILE=REFFILE
               DBMS=CSV
               OUT=WORK.IMPORT replace;
               GETNAMES=YES ;
            RUN ;
        

■SAS University Editionの場合

            FILENAME REFFILE "/folders/myfolders/sasuser.v94/xxx.csv" encoding='shift-JIS' ;
            PROC IMPORT DATAFILE=REFFILE
               DBMS=CSV
               OUT=WORK.IMPORT replace;
               GETNAMES=YES ;
            RUN ;