本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

なぞってカンタン! パースグリッドスケッチ練習ノート ―図法に基づく立体フォルムの描き方―

簡単な図法(パースグリッド法)をもとにパースの書き順を学び、簡単かつより正確な立体物をうまく描写できるようにする、パース技法超入門書!

本書は、簡単な図法(パースグリッド法)をもとにパースの描き順を学び、簡単かつより正確な立体物をうまく描写できるようにする、パース技法超入門書です。
身近なものをモチーフとし、基本的なプロダクトデザインの手法としてのパースグリッド法でモチーフを立体化して描写スキルを習得するとともに、優れたデザインの物体の模写を通じ「なぜ、この形状なのか」を学びながら描写スキルを身に付けることができます。
「パースグリッドは緻密で難しそう」「どうやったらうまく描けるのだろう」とお悩みの方にも有用な1冊です。

試し読みをする
はじめに
実践練習編(第4章)の使い方
第1章 「かたち」の基本を理解する
 1-1立体を描くということ 
  1)立体とは何でしょう
  2)立体を平面空間に表す
  3)立体表現のいろいろ
 1-2基本となるかたち
  1)基本図形と基本立体
  2)基本図形から立体へ
  3)応用立体
  4)立体の中に基本的な形を見つける
 課題練習1 基本立体を見つける
 column01 キュビズムの挑戦
第2章 ずらして立体にするカンタン図法
 2-1 三つのカンタン図法で描く
  1)カバリエ図法
  2)ミリタリ図法
  3)軸測図法
  4)平面をずらして円柱や円錐を描く
 課題練習2 ずらして描く
 column02 透視図と浮世絵
第3章 パースグリッドを使ったカンタン図法
 3-1 消失点を使って描く
  1)1点と2点の消失点
  2)視点の高さと距離
 3-2 パースグリッドの基本
  1)パースグリッド法とは
  2)パースグリッドをつくる
  3)パースグリッドに形をプロットする
  4)パースグリッド内の円
 3-3 立体パースグリッドで描く
  1)立体パースグリッドの考え方
  2)立体パースグリッドに形をプロットする
  3)立体パースグリッドで描く手順
  4)立体パースグリッドの増減
  5)パースグリッド上の文字の描き方
  6)立体パースグリッドによる円の描き方
 column03 工業デザインの変遷
第4章 実践練習編
 4-1 道具を描く
  1)お椀
  2)キッコーマンしょうゆ 卓上びん
  3)腕時計
  4)ハイヒール
 4-2 電気製品を描く
  1)三口コンセント
  2)マウス
  3)液晶モニター
  4)デザイナーズ照明
 TIPS1 定規を使って簡単にグリッドを分割する方法
 4-3 容器やパッケージを描く
  1)砂糖袋
  2)牛乳パック
  3)ヤクルト容器
  4)香水びん
 4-4 乗り物を描く
  1)トラム(フランスの路面電車)
  2)セスナ機
  3)セグウェイ
  4)ショベルカー
 TIPS2 立体パースグリッドの設定方法
本書で設定した立体パースグリッド一覧

ここでは、本書で取り上げたモチーフの描き方とパースグリッドのデータファイルを、圧縮ファイル(zip形式)で提供しています。圧縮ファイル(978-4-274-21918-4.zip:約2MB)をダウンロードし、解凍(フォルダ付き)してご利用ください。

  • 本ファイルは、本書をお買い求めになった方のみご利用いただけます。本書をよくお読みのうえ、ご利用ください。また、本ファイルの著作権は、本書の著作者である、染森 健一氏とビーコムプラスに帰属します。
  • 本ファイルを利用したことによる直接あるいは間接的な損害に関して、著作者およびオーム社はいっさいの責任を負いかねます。利用は利用者個人の責任において行ってください。また、ソフトウェアの動作・実行環境、操作についての質問には一切お答えすることはできません。

関連書籍