本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細


行動データの計算論モデリング 強化学習モデルを例として

行動データの計算論モデリング 強化学習モデルを例として

  • 著者片平 健太郎
  • 定価3,520円 (本体3,200円+税)
  • 判型A5
  • 224頁
  • ISBN978-4-274-22261-0
  • 発売日2018/09/26
  • 発行元オーム社

お問合せ

常備書店一覧

内容紹介

人や動物の行動データの背後にある計算過程をモデル化し,行動の理解と予測につなげる。

本書は,主に行動データの計算論モデリングの方法やその理論を初学者に向けて丁寧に解説します。実例として,心理学や神経科学の実験課題として良く用いられる,ギャンブル課題における選択行動データを扱います。本文では自分ではプログラミングをしない読者も想定して,プログラムは用いずに計算論モデリングの概要がイメージできるような解説をこころがけました。実際に計算論モデリングをするためのRコードやStanコードは付録やサポートページで解説しています。

目次

ダウンロード

ここでは、本書で使用したRコード,Stanコードを圧縮ファイル(zip形式)で提供しています。22261-0.zipをダウンロードし、解凍してご利用下さい。サンプルコードの使い方は、README.txtファイルを参照して下さい。

  • 本ファイルは、本書をよくお読みの上ご利用ください。本ファイルに含まれるRコード、Stanコードの著作権は本書の著作者である片平健太郎氏に帰属します。
  • 本ファイルを利用したことによる直接あるいは間接的な損害に関して、著作者およびオーム社はいっさいの責任を負いかねます。利用は利用者個人の責任において行ってください。また、ソフトウェアの動作・実行環境、操作についての質問には一切お答えすることはできません。

正誤表

正誤表はございません。

この商品をシェアする

関連書籍