本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細


はじめてのロボット工学(第2版) 製作を通じて学ぶ基礎と応用

はじめてのロボット工学(第2版) 製作を通じて学ぶ基礎と応用

  • 著者石黒 浩浅田 稔大和 信夫
  • 定価2,640円 (本体2,400円+税)
  • 判型B5
  • 216頁
  • ISBN978-4-274-22340-2
  • 発売日2019/03/16
  • 発行元オーム社

お問合せ

常備書店一覧

内容紹介

2足歩行ロボットの製作を通じてロボット工学の基本がわかる!

ヒューマノイドロボットをベースとして、できるだけ数式を用いずに、図でわかりやすく説明したロボット工学の入門書です。
前半の章では、ロボットの歴史や構造から、モータやセンサ、機構や制御までを体系的に学習します。後半の章では、パーツの作成から組み立て、モーション作成までのロボットの作り方を解説します。
高校・専門学校・高専・大学などで、実習製作に利用できる内容です。また、通読することでロボティクスの全体像を俯瞰して理解できるため、各技術を深く学ぶ前の一冊としてもオススメです。
第2版は、2007年に発行された初版の基本的な構成はそのままに、10年のうちに著しく変化した情報を更新・追加しました。製品スペックなどの情報を最新のものに差し替え、また、実習で使用する部品も2018年現在容易に入手できるものに変更し、板金だけでなく3Dプリンタによる制作方法も追加しました。さらに、深層学習などにより飛躍的に進歩した分野について、「Chapter 9 ネットワークによる連携と発展」を新設しています。

目次

ダウンロード

ダウンロードデータはございません。

正誤表

正誤表はございません。

この商品をシェアする