本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

Pythonによるバイオデータ解析入門

Pythonによるバイオデータ解析入門

  • 著者山内 長承
  • 定価4,180円 (本体3,800円+税)
  • 判型A5
  • 352頁
  • ISBN978-4-274-22423-2
  • 発売日2019/11/21
  • 発行元オーム社

バイオのデータもPythonで!

生物学に関わる理解・研究では、コンピュータによるデータ処理が欠かせないものとなってきています。生物学の扱う系はもともと非常に複雑で雑音が多く、統計的な解析が広く使われてきましたが、特に最近のDNA/RNA解析ではいわゆる次世代シーケンサ(NGS)が大量のDNA配列データを生み出してそれを整理しなければならないなど、コンピュータによるデータ処理が必須になっています。
 本書は、生物学分野において行われる、さまざまなデータ解析処理について、Pythonを用いて行う方法を解説し、理解することを目的としています。従来、簡単な処理はExcel を使ったり、R やSPSSなどの統計処理を主目的とする言語・ソフトウェアパッケージが用いられてきました。そのなかで本書は、比較的新しく、機械学習やデータ分析に優れたプログラミング言語であるPython を使って、初歩的なデータ処理をどのように行えばよいのかを紹介しています。

ここでは、本書内で使用しているコードやCSV、サンプルデータを、圧縮ファイル(zip形式)にて提供しています(samples.zip;約295MB)。圧縮ファイルを解凍(フォルダ付き)してご利用ください。

  • 本ファイルは、本書をお買い求めになった方のみご利用いただけます。本書をよくお読みのうえ、ご利用ください。本ファイルの著作権は、本書の著者である山内長承氏に帰属します。
  • 本ファイルを利用したことによる直接あるいは間接的な損害に関して、著者およびオーム社はいっさいの責任を負いかねます。利用は利用者個人の責任において行ってください。

関連書籍