本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細

伝熱学の基礎(第2版)

伝熱学の基礎(第2版)

  • 著者吉田 駿
  • 定価2,310円 (本体2,100円+税)
  • 判型A5
  • 224頁
  • ISBN978-4-274-22438-6
  • 発売日2019/12/01
  • 発行元オーム社

「熱抵抗の概念」を用いて、初学者に向けてわかりやすく解説。

通常よく遭遇する伝熱計算に必要な式を示すとともに、例題を数多くあげて
考え方と問題を解く能力が十分に身につくよう配慮しました。
よりよく理解できるよう、第2版では内容の追加と見直しをしました。
機械系大学・高専の教科書として、機械系技術者の参考書として好適です。
1章 序論
1・1 伝熱学とは
1・2 伝熱の基本的な形態
1・3 基礎用語
 〔例題1・1〕

2章 熱伝導と熱通過
2・1 熱伝導の基礎理論
 2・1・1 フーリエの法則
 2・1・2 基礎微分方程式
 2・1・3 境界条件
 〔例題2・1〕~〔例題2・2〕
2・2 一次元定常熱伝導
 2・2・1 平板の場合
 〔例題2・3〕
 2・2・2 円管の場合
 〔例題2・4〕
 2・2・3 球殻の場合
 2・2・4 保温材
2・3 熱通過
 2・3・1 熱通過序論
 2・3・2 平板の場合
 〔例題2・5〕
 2・3・3 円管の場合
 〔例題2・6〕~〔例題2・8〕
 2・3・4 球殻の場合
 2・3・5 熱通過における伝熱促進の考え方
 〔例題2・9〕
2・4 フィンの伝熱
 2・4・1 細長い棒状フィンの場合
 2・4・2 四角フィンの場合
 2・4・3 フィン効率
 〔例題2・10〕~〔例題2・13〕
演習問題〔2・1~2・13〕

3章 対流伝熱
3・1 熱伝達率
 〔例題3・1〕
3・2 対流伝熱の理論
 3・2・1 基礎方程式
 〔例題3・2〕
 3・2・2 対流伝熱の相似則
3・3 強制対流熱伝達
 3・3・1 境界層と熱伝達
 3・3・2 平板に沿った流れ
 〔例題3・3〕~〔例題3・5〕
 3・3・3 円柱のまわりの流れ(管外流)
 〔例題3・6〕
 3・3・4 管内流
 〔例題3・7*〕~〔例題3・11〕
3・4 自然対流熱伝達
 3・4・1 自然対流
 3・4・2 垂直平板の場合
 〔例題3・12〕
 3・4・3 水平平板の場合
 3・4・4 垂直円柱の場合
 3・4・5 水平円柱の場合
 〔例題3・13〕
演習問題〔3・1~3・10〕

4章 相変化を伴う熱伝達
4・1 相変化と伝熱
4・2 沸騰熱伝達
 4・2・1 沸騰の現象とその分類
 4・2・2 プール沸騰熱伝達
 〔例題4・1〕~〔例題4・2*〕
 4・2・3 外部流動沸騰熱伝達
 4・2・4 管内流沸騰熱伝達
 〔例題4・3〕
4・3 凝縮熱伝達
 4・3・1 凝縮の現象とその分類
 4・3・2 体積力対流凝縮熱伝達
 〔例題4・4〕
 4・3・3 強制対流凝縮および共存対流凝縮の熱伝達
 4・3・4 管内流凝縮熱伝達
 4・3・5 滴状凝縮
演習問題〔4・1~4・2〕

5章 放射伝熱
5・1 熱放射の基本法則
5・2 黒体面間の放射伝熱
 〔例題5・1〕~〔例題5・2〕
5・3 灰色面間の放射伝熱
 5・3・1 灰色面における熱放射
 5・3・2 二面からなる系の場合
 〔例題5・3〕~〔例題5・11〕
 5・3・3 三以上の面からなる系の場合
 〔例題5・12〕~〔例題5・13*〕
5・4 ガス放射
演習問題〔5・1~5・11〕

6章 熱交換器
6・1 熱交換器序論
6・2 熱交換器の形式
 6・2・1 熱交換方式と構造による分類
 6・2・2 流動方向による分類
6・3 対数平均温度差による計算方法
 6・3・1 並流式および向流式熱交換器
 6・3・2 多重平行流式および直交流式熱交換器
 〔例題6・1〕~〔例題6・6〕
6・4 温度効率・熱交換単位数による計算方法
 〔例題6・7〕~〔例題6・9〕
6・5 汚れ係数
 〔例題6・10〕
演習問題〔6・1~6・9〕

演習問題解答/引用文献/索引