本文へスキップします。

【参】モーダルJS:読み込み
書籍DB:詳細


Hyperledger Iroha入門 ―ブロックチェーンの導入と運営管理―

  • 紙の書籍を買う
  • 電子書籍を買う

お問合せ

常備書店一覧

内容紹介

まずは、動かしてみよう!(Ver.1.0.0、Ver.1.0.1、Ver.1.2.0、Ver.1.3.0対応サポートファイルあり)

 現代は、あらゆる場面でデジタル化が瞬く間に拡大浸透するようになりました。その反面、情報の複製や改ざんが簡単に行えるようになりました。そのため、情報の真偽のみならず、情報の正確性・原本性を担保する必要が生じています。
 そういったなか、ブロックチェーンは、情報の正確性や普遍性を担保する仕組みとして注目を浴びています。仮想通貨を実現するための基礎技術から発展して、より信頼性を求められる場面で正確性や普遍性(=改ざんされない性質)を担保する機能として期待されています。
 本書では、日本発のオープンソース ブロックチェーンフレームワーク「Hyperledger Iroha」(2019.5.6発表、ソラミツ株式会社(代表取締役社長宮沢和正)が最初の開発者)を使用して、ブロックチェーンを構築し、プログラミングやオペレーション、改ざん検知などを、実現するものです。
 なお、本書ではHyperledger IrohaをOracle VM VirtualBox内にUbuntu&Dockerを利用し、構築しました。短時間の作業で実際のブロックチェーン環境を利用できるようになります。本格導入はもちろん、予備導入、各種実験等に活用できます。

※デジタル地域通貨「Byacco/白虎」(HyperledgerIrohaベース)が2020年7月より、(有)スチューデントライフサポートが運営する会津大学内の売店やカフェテリア等にて運用開始。

※端末作業を容易にするため、以下のようなことを記述したテキストファイルもダウンロードできます。端末等にコピペして利用してください。
【念のため、v1.2で確認したファイルもダウンロードできます。 Iroha_Sample1.zipでは、sample.pdfの末尾に「本書に関係するHyperledeger Iroha Ver1.2.0の変更点」を記載してあります。】

[2.2.1 ①VirtualBoxの準備] (Windowsで実行)

VirtualBoxインストールファイルのダウンロードサイト(オラクル・コーポレーション:USサイト)
https://www.oracle.com/virtualization/technologies/vm/downloads/virtualbox-downloads.html
または
https://www.oracle.com/technetwork/server-storage/virtualbox/downloads/index.html

[2.2.2 ②Ubuntuの準備] (Windowsで実行)

Ubuntuのインストールイメージ(Canonical Ltd.サイト)
https://jp.ubuntu.com/download

[2.2.3 ③Dockerのインストール]

Dockerインストール(Terminal 2-2-1:Ubuntuのターミナルで実行)
sudo apt install curl
sudo curl -fsSL get.docker.com -o get-docker.sh
ls
sudo sh get-docker.sh
sudo docker -v

*アドバイス:Dockerインストール終了時点で仮想PCをクローンするなど現在の状態を保存することをお薦めします。
付録の「A.3 複数Peer構成の構築」は、この時点からスタートすることを想定しています。

[2.2.4 ④Dockerコンテナの作成]

Dockerコンテナ作成(Terminal 2-2-2:Ubuntuのターミナルで実行)
cd ~/
sudo docker network create iroha-network
sudo docker network list

sudo docker volume create blockstore
sudo docker volume list
some-postgresコンテナを作成(Terminal 2-2-3:Ubuntuのターミナルで実行)
sudo docker run -it -d --name some-postgres \
-e POSTGRES_USER=postgres \
-e POSTGRES_PASSWORD=mysecretpassword \
-p 5432:5432 \
--network=iroha-network \
postgres:9.5

目次

ダウンロード

 2021年11月19日にHyperledger Iroha Ver1.3.0がリリースされました。
 これまでは、ノード(peer)内のディレクトリにテキストファイルとしてブロックを格納してブロックチェーンを実現し、また、アカウントや権限さらにアセットなどの管理情報は、PostgreSQLに格納していました。
Hyperledger Iroha Ver1.3.0では、従来の方式に加えてRocksDBを選択できるようになりました。
 RocksDBは、Hyperledger Iroha Ver1.3.0に組み込まれており、Hyperledger Irohaプロセスのみでブロックおよび管理情報を処理/格納できるようになります。Hyperledger Iroha Ver1.3.0でも従来どおり PostgreSQL を使用することも可能です。
 2021年12月21日時点、Hyperledger IrohaのGitHub(ダウンロード元)の構成(ブランチおよびエイリアス)が変更になっています。そのため、この変更に合わせて、各サンプルファイルの内容を調整しました。

 本書に沿った作業の際に入力する文字・内容をまとめたテキストファイルや筆者が作成したサンプルプログラム等を圧縮ファイル(zip形式)で提供しています。各圧縮ファイルをダウンロードし、ご解凍してご利用ください。
各サンプルファイルは、2021年12月21日時点の状況に合わせて調整してあります。


Iroha_Sample.zip
Hyperledger Iroha Ver1.0.0およびVer1.0.1を使用して、本書の内容を実施いただけます。
Iroha_Sample1.zip
Hyperledger Iroha Ver1.2.0およびVer1.3.0で、PostgreSQLを使用して本書の内容を実施できます。
Iroha_Sample2.zip
Hyperledger Iroha Ver1.3.0にて、RocksDBを使用したインストールから例題「コワーキングスペース日本」までを実施いただけます。RocksDBを使用する場合、PostgreSQLに関する内容は実施いただけません。

sha256

Iroha_Sample.zip : e1f00808b6762bb8021daac6fe551055593d8cbe7fef0ec85b75e7fbc257611b

Iroha_Sample1.zip : 989d9cc7f83d7c3ac45cec62a426a90e5f733e7c3569edd39b28d11a5234c07c

Iroha_Sample2.zip : 27fd1b77a77950511329c84d5e358c72c81daa9d491de0f45ee113cf7c74146e

正誤表

正誤表はございません。

この商品をシェアする